倉敷 岡山 ガラスコート Ripica

岡山・倉敷を拠点に頑張ってます^^ こだわりの車磨き職人のブログです。各種パーツ持ち込み取り付けもOK~。

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
 

☆ TOYOTA PRIUS α ☆ 

GWも終わってしまいましたねぇ。。。

しっかり休めましたでしょうか

渋滞、混雑の中。。バテバテって方もいらっしゃるのでは

お疲れさまでした。

さあ、明日からまた仕事です。

私もまた気合い入れなおして頑張りますよ~




今回のお車はこちら。。。。。

GW前に施工させて頂きました。

UPが遅くなってしまいました。。。すみません

p1005_2018043022324122c.jpg p1006_201804302232439d9.jpg

PRIUS α。。。平成26年式 走行108,000Km カラー/パールホワイト

日々お仕事に使われているお車ですので走行距離が結構出てますよねぇ

オーナーのFさま。。。

こちらのお客さまもこのブログを見てくださってからのご依頼です。

本当にありがとうございます感謝、感謝です。

いつも通り事前にお越し頂いてお車を視させて頂き、

Glass coatについて少々お話ししてあとは釣り談議に花が咲き

後にお魚2匹も頂いてしまいました。。。めっちゃ美味しくいただきました

ごちそうさまでした

そんなこんなで

今回は更に気合いを入れてピッカピカに仕上げさせて頂きますよ


まずは洗車から。。。

p1001_20180430223301bbc.jpg p1002_20180430223302446.jpgp1003_20180430223304d05.jpgp1004_20180430223305071.jpg

しっかりとお手入れをされているみたいで

とてもキレイですね。。。

若干、鉄粉が付着してるようですけど普段からよく洗車をされてるようです。

隅々までお手入れが行き届いてました。

この日は夕方でしたので洗車のみで翌日からの作業となりました。。。。



翌朝、改めてお車の状態をチェックをさせて頂きました。

p1005_2018043022324122c.jpg p1006_201804302232439d9.jpgp1007_2018043022324434d.jpgp1008_20180430223246041.jpgp1009_20180430223247529.jpgp1010_2018043022322108d.jpg

メタルハライドランプを点灯して。。。。。

ボンネット。。。。。

p1011_20180430223223a48.jpg p1012_20180430223224da1.jpgp1013_20180430223226241.jpgp1014_2018043022322825e.jpgp1015_20180430223135cd8.jpgp1016_20180430223136876.jpg


ルーフパネル。。。。。

p1022_20180430223105e3e.jpg p1023_20180430223107c3f.jpgp1024_20180430223108f39.jpgp1025_20180430223037880.jpgp1026_2018043022303815f.jpgp1027_20180430223040f6b.jpgp1028.jpg


側面。。。。。

p1017_20180430223138234.jpg p1018_2018043022313924e.jpgp1019_20180430223141e77.jpgp1020_20180430223102662.jpgp1021_20180430223104ee7.jpg


全体的にデポジット。。。特にルーフは結構凄いことになってますねぇ


その他もこんな感じです。。。

p1029.jpg p1030.jpgp1031.jpgp1032.jpgp1033.jpgp1034.jpgp1035.jpgp1036.jpgp1037.jpgp1038.jpg


とても10万オーバー走られてるお車には見えないくらいよくお手入れされてますねぇ。

細かい所の汚れは手作業で可能な限り除去していきます。


さあ、それでは早速作業に掛からせて頂きます

まずは研磨前の下準備。。。マスキングから

p2001_20180430222950b5d.jpg p2002_2018043022291538a.jpgp2003_201804302229177a0.jpgp2004_20180430222918417.jpgp2005_2018043022291980a.jpgp2006_20180430222921f4f.jpgp2007_20180430222845ef7.jpgp2008_20180430222847f58.jpgp2009_20180430222848342.jpgp2010_20180430222850629.jpg

お客さまからお預かりした大切なお車です。。。

研磨の際にキズでも入れたら大変ですし、また隅々までキッチリと研磨する為にも

このマスキングはとても重要な工程なんですよ。


で、洗車の際に気になったTOP面の鉄粉を除去していきますね。

ボンネット。。。。。p2011_201804302228514ec.jpg


p2012_20180430222816fee.jpg p2013_20180430222818fc0.jpg やはりそこそこの鉄粉が。。。


ルーフ。。。。p2014_20180430222820c05.jpgp2015_20180430222821565.jpg


R/バンパー。。。。。p2016_201804302228225dc.jpgp2017_20180430222744c1c.jpg


。。。と、こんな感じで各所除去していきます。


で、ここからが本番。。。

ポリッシング工程となります。。。p3001_201804302227467bc.jpgp3002_201804302227472c3.jpg

まずはシングルアクションP&ウールバフで研磨していきます。

バフが2枚あるのは研磨剤を使い分けるのでそれぞれに1枚ずつ使用して研磨する為です。


ボンネットから。。。p3003_20180430222749082.jpg

1st cut 。。。

p3004_20180430222750b54.jpg p3005_201804302227187a1.jpgp3006_20180430222720f24.jpgp3007_2018043022272176b.jpgp3008_201804302227232f8.jpgp3009_2018043022272450d.jpgp3010_20180430222647293.jpgp3011_2018043022264812b.jpg


2nd cut 。。。p3012_201804302226501ae.jpgp3013_20180430222651758.jpg バフ、研磨剤をチェンジして


p3014_20180430222653805.jpg p3015_201804302226220b7.jpgp3016_20180430222623b5c.jpgp3017_20180430222625d40.jpgp3018_20180430222626f48.jpg


3rd cut 。。。p3019_2018043022262823b.jpgp3020_201804302225581cb.jpg ギヤアクションP&ウレタンバフで。。。


p3021_2018043022255969c.jpg p3022_201804302226010d0.jpgp3023_20180430222602205.jpgp3024_20180430222604bb8.jpgp3025_20180430222525637.jpg


磨き上がったボンネットがこちら。。。。。

p3026_20180430222527513.jpg p3027_20180430222528014.jpgp3028_201804302225304e5.jpgp3029_20180430222531bb2.jpgp3030_20180430222448055.jpgp3031_20180430222450506.jpgp3032_20180430222451f54.jpgp3033_2018043022245329f.jpg


デポジットもキレイに除去できてツルピカ状態になりましたよ

てな感じでパネル1枚1枚を丁寧に確実に磨き上げていきます。

分かり易く言うと。。。

木工とかの際に紙やすりを当ててつるつるに仕上げるでしょう。

その際に紙やすりの番手を上げて磨いていくあの状態ですよ。

ここではその紙やすりが研磨剤と言うことです

ボディー全体をほぼこんな感じで研磨してGlass coat する前に下地を整えていくワケです。

ポリッシャー、研磨剤をとっかえひっかえ3周するってことになります。

手間と時間はめっちゃ掛かりますが、ここをキッチリやっておかないと

仕上がりに大きな差が出てしまいますからね。

ここが私の一番こだわっているところでもあります。


。。。てな感じでパネル1枚1枚を丁寧にキッチリと磨き上げていきます。


フロント廻り。。。。。p3034_20180430222455e8e.jpg


1st cut 。。。。。。。p3041_201804302223324df.jpg

p3035_2018043022235927a.jpg p3036_2018043022240089c.jpgp3037_20180430222401bca.jpgp3038_20180430222403ffb.jpgp3039_20180430222405793.jpgp3040_20180430222331f89.jpg


2nd cut 。。。。。。。p3051_2018043022223084b.jpg

p3042_20180430222334982.jpg p3043_20180430222335aa1.jpgp3044_20180430222337a99.jpgp3045_2018043022230513a.jpgp3046_201804302223075b7.jpgp3047_20180430222308386.jpgp3048_2018043022230931e.jpgp3049_20180430222311ccc.jpgp3050_20180430222229648.jpg


3rd cut。。。。。。。p3052_201804302222314e5.jpgp3053_201804302222333c1.jpg 

p3054_2018043022223509f.jpg p3055_20180430222144d46.jpgp3056_201804302221453c3.jpgp3057_2018043022214758a.jpgp3058_201804302221484fb.jpgp3059_20180430222150219.jpg


磨き上がった画像がこちら。。。。。

p3060_2018043022212257e.jpg p3061_201804302221240fc.jpgp3062_20180430222125057.jpgp3063_20180430222127127.jpgp3064_20180430222128290.jpgp3065_20180430222054d26.jpgp3066_20180430222055bcc.jpgp3067_201804302220572bc.jpg

p3068_20180430222058da9.jpg p3069_20180430222100409.jpgp3070_20180430222026c24.jpg


前廻り。。。スッキリと磨き上がりました


さあ、今回のメインイベント。。。ルーフですね

気合い入れて頑張りまっせぇ~。。p4001_2018043022202839f.jpgp4002_20180430222029dfd.jpg


p4003_20180430222031d2d.jpg 。。。手強い。。

p4004_201804302220321f0.jpg。。。ひたすら磨く。。

p4005_20180430221942df6.jpg。。。ただ、ひたすら磨く

p4006_20180430221944f1b.jpg。。。かなりの強敵

ガラスならもう少しガンガンといけちゃうんですけど。。アクリルみたいに柔らかいものですから

あまり強引なことはできませんからねぇ

この部分だけでも3時間以上掛かってしまいました

最後はガラス用の研磨剤で仕上げておきました。。。

p4007_201804302219455ff.jpgp4009_2018043022194765a.jpg


ルーフ。。。残りの部分   p4010_2018043022194812e.jpg

p4011_20180430221922012.jpg p4012_20180430221923ba2.jpgp4013_20180430221925ba2.jpg


リヤー廻り。。。。。

p4014_2018043022192697e.jpg p4015_20180430221928c6d.jpgp4016_20180430221900dbf.jpgp4017_201804302219016f2.jpgp4018_20180430221903901.jpgp4019_20180430221904307.jpgp4020_201804302219067ab.jpg


ドア廻り。。。。一気にいっちゃいます。

p4021_2018043022183772d.jpg p4022_201804302218393ae.jpgp4023_201804302218411d7.jpgp4024_20180430221842b1a.jpgp4025_20180430221843968.jpgp4026_20180430221816506.jpgp4027.jpgp4028.jpgp4029.jpgp4030.jpgp4031.jpgp4032.jpgp4033.jpgp4034.jpgp4035.jpgp4036.jpgp4037.jpgp4038.jpgp4039.jpgp4040.jpgp4041.jpgp4042.jpgp4043.jpgp4044.jpgp4045.jpgp4046.jpgp4047.jpgp4048.jpgp4049.jpgp4050.jpgp4051.jpgp4052.jpgp4053.jpgp4054.jpgp4055.jpgp4056.jpgp4057.jpg


側面も同じく3工程で研磨していきます。


p4059.jpg 。。。こういった細かい所は綿棒等を使ってチマチマと


で、研磨作業。。。終了です。  p4058.jpg


マスキングテープを剥がし脱脂して。。。

完全どスッピン状態となったプリウスくんがこちら


p5001_20180430221535bb3.jpg p5002_20180430221503b0b.jpgp5003_201804302215048d2.jpgp5004_20180430221506673.jpgp5005_201804302215077da.jpgp5006_201804302215096b1.jpgp5007_2018043022142643c.jpgp5008_201804302214285c7.jpgp5009_20180430221429f95.jpgp5010_2018043022143125f.jpgp5011_20180430221432cbb.jpgp5012_20180430221358dbc.jpgp5013_20180430221359253.jpg

p5014_20180430221401d98.jpgp5015_20180430221402098.jpgp5016_20180430221403a17.jpgp5017_2018043022132420a.jpgp5018_20180430221325fbd.jpgp5019_20180430221327016.jpgp5020_2018043022132855c.jpgp5021_2018043022133065f.jpgp5022_20180430221252b58.jpgp5023_20180430221253f1e.jpgp5024_20180430221255f03.jpgp5025_20180430221256d71.jpgp5026_20180430221258fc0.jpgp5027_201804302212283b8.jpg


各ドアを開けた所、ピラー廻りも手作業でポリッシング

p5028_20180430221229aaf.jpg p5029_2018043022123103a.jpgp5030_20180430221232f43.jpgp5031_20180430221234efa.jpgp5032_20180430221201338.jpg


取り外しておいたワイパーアーム、ナンバープレート等も研磨。。。

p5033_20180430221202b89.jpg 


全てのポリッシング作業が終了~。。。これでやっと下地処理が完了です。

p5034_2018043022120346c.jpg   ふぅ。。。この日はここまで


翌日。。。。。

今日からコーティング工程へ



ベースコートとTopコートを別々に分けてコートしていきます。

で、こちらが当店一押しのコート剤b6009.jpg

この2つのコート剤をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。



Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。



m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg




大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。



(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

通常、当店ではこのコート材をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。


上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

ホントはもっと楽な材料、施工方法もあるんですけどねぇ。。


車は「汗を搔いた分キレイになる」。。。


これもまた、私の「こだわり」ですかね



1st coat 。。。。。p6001_2018043022120568b.jpgp6002_20180430221207a7b.jpg



ボンネット。。。

p6003_20180430203834ee2.jpg p6004_20180430203835a81.jpgp6005_20180430203836e9e.jpg

                

p6006_201804302038386a6.jpg p6007_2018043020383967c.jpgp6008_2018043020381170b.jpg


こんな感じでパネル1枚1枚をキッチリとコートしていきます。


フロント廻り。。。。。

p6009_20180430203812c95.jpg p6010_20180430203813854.jpgp6011_201804302038155e3.jpgp6012_20180430203817b21.jpgp6013_20180430203733847.jpgp6014_20180430203734bb9.jpgp6015_2018043020373642f.jpg

                

p6016_20180430203737d39.jpgp6017_20180430203738c2f.jpgp6018_201804302037049ed.jpgp6019_20180430203705432.jpgp6020_201804302037069d2.jpgp6021_2018043020370873e.jpg


ルーフ。。。。。

p6022_20180430203709201.jpg p6023_2018043020363715b.jpgp6024_20180430203638e3c.jpgp6025_20180430203639cf5.jpgp6026_20180430203641346.jpgp6027_201804302036424ef.jpg

                

p6028_20180430203559b61.jpg p6029_20180430203601a05.jpgp6030_20180430203601f7a.jpgp6031_20180430203603cf9.jpg



リヤゲート、リヤ廻り。。。。

p6032_20180430203605a03.jpg p6033_2018043020353460f.jpgp6034_201804302035362f4.jpg

                

p6035_20180430203537927.jpg p6036_20180430203538028.jpgp6037_201804302035401e2.jpg



p6039_20180430203516570.jpg p6040_201804302035171ba.jpgp6041_20180430203518c0b.jpgp6042_20180430203520aae.jpgp6043_20180430203453888.jpgp6044_201804302034556d8.jpgp6045_20180430203455010.jpg

               

p6046_20180430203457cfc.jpg p6047_20180430203458cbf.jpgp6048.jpgp6049.jpgp6050.jpgp6051.jpgp6052.jpgp6053.jpg



F/ドアパネル。。。。。

p6054.jpg p6055.jpgp6056.jpgp6057.jpgp6058.jpgp6059.jpgp6060.jpgp6061.jpg

               

p6062.jpg p6063.jpgp6065.jpgp6066.jpgp6067.jpg


R/ドア。。。。。

p6068.jpg p6069.jpgp6070.jpgp6071.jpgp6072.jpg

               

p6073.jpg p6074.jpgp6075.jpgp6076.jpgp6077.jpg


左側面も同様にキッチリとコートしておきました。


更に。。。。。

p7001_20180430202828b72.jpg p7002_20180430202743432.jpgp7003_2018043020274469d.jpgp7004_201804302027459e4.jpgp7005_2018043020274621a.jpgp7006_20180430202748fcf.jpgp7007_20180430202708eb0.jpgp7008_20180430202710991.jpgp7009_201804302027111f2.jpgp7010_20180430202712a2e.jpgp7011_20180430202714e16.jpgp7012_201804302026242c3.jpgp7013_201804302026255d0.jpgp7014_20180430202626b23.jpgp7015_20180430202627008.jpgp7016_20180430202629b83.jpgp7017_2018043020255730c.jpgp7018_20180430202559658.jpgp7019_2018043020260096a.jpgp7020_20180430202601764.jpg


こういった所にもしっかりとコートしておきます。

手間も時間もめっちゃ掛かりますけど、もし自分の車ならここまではしておきたいですからね

更に、更に。。。

p7021_2018043020260317d.jpg p7023_20180430202517357.jpg

         

p7031_20180430202518cd5.jpg p7032_20180430202519eac.jpg

カウルトップ。。。ここもキッチリとコートです。

ただし、このように塗装を施されていない所はコート剤が染み込んでしまいますので

しっかりとは定着しませんが。。。しないよりはマシかなと


エンジンルーム内にも出来る範囲でコートしておきました。

p7033_2018043020252175d.jpg p7034_201804302024423ea.jpgp7035_201804302024447d3.jpg


アルミホイール。。。。。

p7036_20180430202445f15.jpg p7037_20180430202446ec2.jpg  p7038_201804302024488b2.jpg


ワイパーアーム、ナンバープレート等にも。。。p6082.jpg


1st coat 終了~。。。p7039_20180430202413021.jpgp7040_20180430202414341.jpg

でもって、この日の作業はここまで。。。

この状態で一晩放置。。。翌朝まで硬化乾燥をさせておきます。

同じ2コートするのであれば表面硬度が上がってからの方がより確実にコート被膜厚が稼げますからね。。

このまま2コート目をいっちゃうとせっかくの1コート目を溶かしながらのコートになってしまいますので。

これもまた私の「こだわり」なんです


んなワケで。。。

     
     。
     。
     。。。。
     。
     。
     あさァ~~




一晩寝かせたことによって表面硬度は3Hくらいになってます。。。p8001_20180430202415b41.jpg



p8002_2018043020241788a.jpg p8003_20180430202418363.jpgp8004_20180430202258355.jpgp8005_201804302022595fa.jpgp8006_20180430202300f33.jpgp8007_20180430202301cc2.jpgp8008_2018043020230395f.jpgp8009_201804302022246d9.jpgp8010_20180430202225840.jpgp8011_20180430202226453.jpgp8012_20180430202227ed1.jpgp8013_201804302022297b2.jpgp8014_20180430202147a66.jpg


1st coat 。。。イイ感じに仕上がってますね

さあ、それではもう1コート

2nd coat  いっちゃいます。。。。。p8015_201804302021484c0.jpg


作業そのものは1st coat とほとんど同じなんですけど

このラウンドではTHP-PROを主に施工していきます。。。z5053_20170901222500a89.jpg

Hi Glass coat とは違い施工にはちょいとばかしコツが必要となります。


ボンネット。。。

p8017_20180430202151207.jpg p8018_20180430202152902.jpgp8019_20180430202052e32.jpg

               

p8020_201804302020541bc.jpg p8021_20180430202055acb.jpgp8022_201804302020565f6.jpg


F/廻り。。。。。

p8023_201804302020586b8.jpg p8024_201804302020261ef.jpgp8025_20180430202027f5b.jpgp8026_20180430202028941.jpgp8027_20180430202030804.jpgp8028_20180430202031ec0.jpgp8029_20180430201617f97.jpg

              

p8030_20180430201618ae5.jpg p8031_201804302016197dc.jpgp8032_201804302016208e3.jpgp8033_2018043020162298b.jpgp8034_20180430201525900.jpg


ルーフ。。。。。

p8035_2018043020152769d.jpg p8036_2018043020152833c.jpgp8037_201804302015297f9.jpg

               

p8038_20180430201531235.jpg p8039_201804302014405c8.jpgp8040_20180430201441c0b.jpg


残りのパネル。。。一気にいかせて頂きます。

リヤー廻り。。。。

p8041_201804302014425f8.jpg p8042_20180430201443353.jpgp8043_2018043020144573b.jpgp8044_20180430201325ab0.jpgp8045_2018043020132709e.jpgp8046_20180430201328a7b.jpgp8047_20180430201329297.jpgp8048_20180430201331d04.jpgp8049_201804302012381ec.jpgp8050_20180430201240a15.jpg


ドアパネル。。。。。

p8051.jpg p8052.jpgp8053.jpgp8054.jpgp8055.jpgp8056.jpgp8057.jpgp8058.jpgp8059.jpgp8060.jpg


p8063.jpg 


2nd coat 。。。終了~

p8061.jpg p8062.jpg

最後にいつもの硬化確認用のサンプルを採って。。。p8064.jpg

このブルーのちっこいスポンジの硬化具合を確認してお客さまにお渡し出来る日を決めております。


このまま3,4日 このブース内で硬化乾燥させておきます。

硬化していない状態でお渡しすることはできません。

これもまた私の「こだわり」なんです。



で、こちらが完成画像となります。


p9001_20180430200936f6a.jpg p9002_201804302009370e6.jpgp9003_20180430200939a62.jpgp9004_201804302009401f5.jpgp9005_20180430195254792.jpgp9006_20180430195255127.jpg

p9007_201804301952564c6.jpgp9008_2018043019525776f.jpgp9009_20180430195259643.jpgp9010_20180430195218b36.jpgp9011_20180430195220812.jpg

p9012_2018043019522152e.jpgp9013_201804301952222a8.jpgp9014_20180430195224764.jpgp9015_20180430195142bcd.jpgp9016_20180430195144e70.jpgp9017_20180430195145b28.jpg

p9018_20180430195146b31.jpgp9019_20180430195148cbb.jpg
p9020_20180430195106937.jpgp9021_20180430195108d2a.jpg

p9022_20180430195109ddc.jpg p9023_2018043019511146c.jpgp9024_20180430195112d13.jpgp9025_20180430195002731.jpgp9026_201804301950044c4.jpgp9027_20180430195005679.jpgp9028_2018043019500606a.jpgp9029_20180430195008905.jpgp9030_201804301949183cc.jpgp9031_20180430194919b99.jpgp9032_20180430194920cda.jpgp9033_20180430194922c71.jpgp9034_20180430194923c1b.jpgp9035_20180430194851840.jpgp9036_20180430194853ce9.jpgp9037_201804301948545d0.jpgp9038_20180430194855976.jpgp9039_2018043019485730b.jpgp9040_201804301948039ad.jpgp9041_20180430194804e81.jpgp9042_20180430194806e9e.jpgp9043_20180430194807fa7.jpgp9044_201804301948093b3.jpgp9045_2018043019473156d.jpgp9046_201804301947321ca.jpgp9047_201804301947341a6.jpgp9048_201804301947357cd.jpgp9049_20180430194737e97.jpgp9050_20180430194639a0c.jpgp9051_2018043019464082c.jpgp9052_20180430194642b49.jpg

p9053_2018043019464300b.jpg p9054_20180430194645e65.jpgp9055_2018043019461449b.jpgp9056_20180430194616a2d.jpgp9057.jpgp9058.jpgp9059.jpgp9060_20180430194530a21.jpgp9061_201804301945325a5.jpgp9062_20180430194533690.jpgp9063.jpgp9064.jpgp9065.jpgp9066.jpgp9067.jpgp9068.jpgp9069.jpgp9070.jpg


p9071_20180430194437b30.jpg 


どうでしょうか。。。とってもイイ感じに仕上がりましたよ

Fさまにお渡し出来る頃には更に光沢度UPしておりますので

私が出来ることはここまでです。

ここからはFさまのお手入れにかかっております。

今まで同様、しっかりと洗車をしてあげてくださいませ


今回も納得の作品に仕上がりました。。。ありがとうございました

これを機会に今後ともまた何かございましたらその節にはどうぞ宜しくお願い致します。


最後にいつものアレを。。。

p9074_201804301944411c8.jpg p9073_201804301944396b2.jpg

おお~Goodですぢゃ


本当はGW前にUPしたかったんですけど。。。

遅くなってしまいました



スポンサーサイト

カテゴリ: ガラスコート(経年車)

[edit]

Posted on 2018/05/07 Mon. 01:24    TB: 0    CM: 0

☆ VW GOLF TSI ☆ 

あと少しでGW。。。。。

今年は最長9連休だとか。。。羨ましいです。

私は取れてもせいぜい3連休くらいですかねぇ

カヌーに揺られてのんびり。。。川下りなんてのもいいですね

でも、その前にやっておかないといけないことがまだまだ山積みですわ

頑張りまっせぇ~


さて、

今回のお車はこちら。。。。。

a1001_201804190006181d4.jpg a1002_201804190006198ba.jpg

2014年式 VW GOLF TSI  カラー/シルバーM 走行。。53000KM

オーナーのTさま。。。

実は、丁度4年前。。新車ご購入時に当店のこのブログを見られて施工させて頂いたお客様なんです。

その節は本当にありがとうございました

今回は再施工ということで。。。

再度ご用命くださいまして光栄です

重ね重ね本当にありがとうございます。


さあ、気合い入れてピッカピカに仕上げさせて頂きますよ~


洗車後。。。。

まずは前回の施工から4年経った現在の状態を確認させて頂きます。


a1003_20180419000620ecb.jpg a1004_20180419000622482.jpga1005_201804190005347af.jpga1006_2018041900053547e.jpga1007_201804190005376a1.jpg


よくお手入れをされているみたいでキレイですね

ただ、Top面にはどうしても出来ちゃいますねぇ。。。デポジット

お色がシルバーなのでそんなには目立ってないのですが。。。。。

メタルハライドランプを点灯してチェックしてみますね。

ボンネット。。。

a1007a.jpg a1008_201804190005391b0.jpga1009_20180419000512468.jpga1010_2018041900051345d.jpg


ルーフ。。。

a1011_20180419000514935.jpg a1012_201804190005151e3.jpg


でも、普段のお手入れを結構されてますから大丈夫ですよ。

Glass coat の上に乗っかってるだけですから。。。

この程度でしたらオリジナルの塗装面まで削ることはありません。

ひとつ気になるのが。。。

鉄粉が結構付着しているようでまずはこいつを除去しておかないと。。。




さあ、それでは研磨作業に入る前にいつもの下準備。。。

マスキング。。ますきんぐ

a2001_2018041900051729e.jpg a2002_20180419000442dbb.jpga2003_2018041900044348d.jpga2004_20180419000444957.jpga2005_20180419000445cd8.jpga2006_2018041900044782d.jpga2007_20180419000416139.jpga2008_2018041900041784f.jpga2009_20180419000418408.jpg


で、ここで先ほどの気になる鉄粉をまずは取り除いていきますね。

ボンネット。。。a2010_201804190004205c5.jpga2011_201804190004214ab.jpg


ルーフ。。。a2012_20180419000348bf5.jpga2013_20180419000349274.jpg

そこそこの量の鉄粉がボディー全体に付着してました

あとでお話を聞くと近くに鉄道が。。。。とのことでした。納得

でも、新車の時にGlass coat しててホント良かったですよ。

してなかったら今回、オリジナルの塗装面を削ることになってましたからねぇ


ポリッシング準備完了~。。。a3001_20180419000350650.jpg


研磨は最小限でやっていきます

まずはシングルアクションPで。。。。。a3002_20180419000352b3a.jpga3003_20180419000353dba.jpg


続いてギヤアクションP&ウレタンバフで。。。a3005_2018041900032310e.jpga3004_20180419000321bc8.jpg
                        
                               

         a3006_20180419000324003.jpg a3007_20180419000325d9c.jpga3008_2018041900032629d.jpg

磨き上がった画像がこちら。。。。。

         a3010_201804190002569f0.jpga3011_201804190002573f9.jpga3012_20180419000258d5a.jpg    

こんな感じでパネル1枚1枚をキッチリと磨き上げていきます


ルーフパネルも。。。。。  a3013_20180419000300c03.jpg   


a3014_201804190002272ff.jpg a3015_2018041900022945c.jpga3016_2018041900023065c.jpg

               

            a3017_201804190002317a1.jpg   

               

a3018_201804190002339fc.jpga3019_20180419000159a69.jpga3020_20180419000201d36.jpga3021_20180419000202be4.jpga3022_20180419000203621.jpg

               

a3023_20180419000205987.jpg a3024_201804190001280ea.jpga3025_201804190001304aa.jpga3026_20180419000130807.jpga3027_201804190001324c3.jpga3028_201804190001338a4.jpga3029_2018041900005657c.jpga3030_20180419000057b3e.jpg

Top面のデポジットはキレイに無くなりました


リヤーゲート。。。。。a3031_20180419000058d29.jpg

       a3032_20180419000100eef.jpg a3033_20180419000101e20.jpg

              

  a3034_20180419000025515.jpga3036_20180419000028f91.jpga3035_201804190000271dc.jpg


  a3037_20180419000029d0a.jpga3038_20180419000031805.jpga3039_20180418235958a84.jpg  

              
こういった細かい所はポリッシャー。。。手作業で根気よく


では残りのパネル。。。一気にいかせて頂きます。

a3040_20180419000000239.jpg a3041_201804190000018e0.jpga3042_201804190000021da.jpga3043_201804190000047a5.jpga3044_201804182359347b7.jpga3045_20180418235935678.jpga3046_20180418235937ade.jpga3047_2018041823593857f.jpga3048_20180418235939f49.jpga3049_20180418235912ad6.jpga3050_20180418235915d2e.jpga3051_201804182359142ae.jpga3052_201804182359168c5.jpga3053_20180418235917627.jpga3054_20180418235848607.jpga3055_20180418235850996.jpga3056_2018041823585063d.jpga3057_201804182358526ee.jpga3058_20180418235853eb0.jpga3059_20180418235818f1f.jpga3060_2018041823582015e.jpga3061_201804182358209e9.jpga3062_201804182358221bf.jpga3063_20180418235823c59.jpga3064_201804182357480fc.jpga3065_20180418235749401.jpga3066_20180418235750b80.jpga3067.jpga3068.jpga3069.jpga3070.jpg


で、磨き上がって完全どスッピン状態となったGOLFくんがこちら。。。

a4001_2018041823571878c.jpg a4002_20180418235719b6c.jpga4003_20180418235721334.jpga4004_201804182356360a5.jpga4005_201804182356376f6.jpga4006_201804182356384f9.jpga4007_201804182356394c7.jpga4008_20180418235641ed2.jpga4009_201804182356003d4.jpga4010_20180418235602629.jpga4011_201804182356024dc.jpga4012_20180418235604cd1.jpga4013_2018041823560578a.jpga4014_20180418235533943.jpga4015_201804182355355d9.jpga4016_2018041823553524c.jpga4017_20180418235537bbe.jpg


どうでしょうか。。。とってもイイ感じに磨き上がりましたよ

4年前の状態に復活ですね


これでやっと下地処理が完了です。

いつも言ってますが、コーティングはこの下地処理にかかってます。

ここでキッチリと仕上げておかないと、どんなに素晴らしいコート剤を使っても

仕上がりはそれなりですからねぇ。。。

なのでここは手間と時間は惜しまず納得いくまでキッチリと仕上げていきます


んなワケで。。。ちと休憩ですな  
Tさまから頂いた美味しいクッキーを食べて。。。


元気が出たところで。。。。。


コーティング工程に移らせて頂きます。

4年前とはコート剤も少し変わってます。。。

ベースコートとTopコートを別々に分けてコートしていきます。

で、こちらが当店一押しのコート剤b6009.jpg

この2つのコート剤をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。



Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。



m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg




大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。



(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

通常、当店ではこのコート材をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。


上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

ホントはもっと楽な材料、施工方法もあるんですけどねぇ。。


車は「汗を搔いた分キレイになる」。。。


これもまた、私の「こだわり」ですかね




よっしゃ  1st coat いっちゃいますよ。。。。a5001_2018041823553813a.jpg

このラウンドで施工するコート剤はこちら。。。z5002_201709012234080b0.jpg

ベースコートとして使うには勿体ないような気もしますが

こいつをTop coat の下に入れることによって光沢に深みが増しますし

同時に保護膜の被膜厚UPにも貢献してくれますからね。


ボンネットから。。。

a5003_20180418235429da9.jpg a5004_20180418235429f82.jpga5005_20180418235431dd1.jpg

               

a5006_2018041823543246a.jpg a5007_201804182353590a0.jpga5008_20180418235401f02.jpg


ルーフ。。。。。

a5009_20180418235402078.jpg a5010_20180418235403105.jpga5011_201804182354041c7.jpg

                

a5012_20180418235337d95.jpg a5013_20180418235339f42.jpga5014_201804182353405e8.jpg


リヤーゲート。。。。。

       a5015_20180418235341f80.jpg a5016_20180418235343c62.jpg

                

           a5019_20180418235315dbd.jpg a5018_2018041823531473c.jpga5017_201804182353154ad.jpg


フロント廻り。。。。。

a5020_201804182353171ef.jpg a5021_20180418235318f92.jpga5022_20180418235217a98.jpga5023_20180418235219e95.jpga5024_20180418235219969.jpga5025_2018041823522150e.jpg

                 

a5026_20180418235224fed.jpg a5027_20180418235147009.jpga5028_20180418235149a48.jpga5029_20180418235150778.jpg


ドア廻り。。。。。

a5030_20180418235151cf7.jpg a5031_20180418235153ece.jpga5032_20180418235120186.jpga5033_201804182351210e1.jpga5034_2018041823512258d.jpga5035_20180418235123ddb.jpga5036_20180418235125ba9.jpga5037_201804182350503ae.jpga5038_20180418235051148.jpg


リヤー廻り。。。。。

a5039_20180418235052b34.jpg a5040_20180418235053efd.jpga5041_201804182350555a8.jpga5042_2018041823502608b.jpga5043_201804182350273bc.jpg


ドアを開けた内側の部分。。。。。

a5044_201804182350280cf.jpg a5045_201804182350294a3.jpg フューエルリッドの中にも。。。

a5046_20180418235031f5c.jpg a5047_20180418234957594.jpga5048_20180418234959275.jpga5049_20180418234959465.jpga5050_20180418235001e18.jpga5051.jpga5052.jpga5053.jpga5054.jpga5055.jpga5056.jpga5057.jpga5058.jpg


もちろんホイルにも。。。a5059.jpga5060.jpg


取り外しておいたワイパーアーム、ナンバープレートにも。。a5062.jpg


こんな感じでパネル1枚1枚をキッチリとコートしていきます。

もしもこれが自分の車ならここまではコートしてて欲しいよなあ。。。

って、所は全てコートしてます


こちらが1st coat 終了の画像となります。

a5063.jpg a5064.jpga5065.jpga5066.jpga5067.jpga5068.jpga5069.jpga5070.jpga5071.jpga5072.jpga5073.jpga5074.jpga5075.jpg


でもって、この日の作業はここまで。。。a5076.jpg 

この状態で一晩放置。。。翌朝まで硬化乾燥をさせておきます。

同じ2コートするのであれば表面硬度が上がってからの方がより確実にコート被膜厚が稼げますからね。。

このまま2コート目をいっちゃうとせっかくの1コート目を溶かしながらのコートになってしまいますので。

これもまた私の「こだわり」なんです


んなワケで。。。

     
     。
     。
     。。。。
     。
     。
     あさァ~~




一晩寝かせたことによって表面硬度は3Hくらいになってます。。。a6001_20180418234648289.jpg



こちらが寝起き画像です。。。。。

a6002_20180418234649d40.jpg a6003_201804182346501bc.jpga6004_20180418234651887.jpga6005_20180418234652bbd.jpga6006_201804182346215cc.jpga6007_20180418234622c0b.jpga6008_201804182346240e7.jpg

ほっほぉ。。。スッキリしてますなあ

硬化した分、光沢度もUPしてます。


ここで更にもう1コート。。。。。

2nd coat  いっちゃいますよ。a6009_20180418234625e0f.jpg


作業そのものは1st coat とほとんど同じなんですけど

このラウンドではTHP-PROを主に施工していきます。。。z5053_20170901222500a89.jpg

Hi Glass coat とは違い施工にはちょいとばかしコツが必要となります。


ボンネット。。。。。

a6011_20180418234558dfb.jpg a6012_20180418234559e5e.jpga6013_201804182346010c2.jpg

              

a6014_20180418234602639.jpg a6015_201804182346058a5.jpga6016_20180418234533b9d.jpg


こんな感じでコート剤を上塗りしていきます。

それでは残りのパネル。。。一気にいかせて頂きますね。


a6017_20180418234535f35.jpg a6018_20180418234537980.jpga6019_20180418234538ad3.jpga6020_2018041823453958d.jpga6021_20180418234509ae1.jpga6022_2018041823451014e.jpga6023_20180418234512656.jpga6024_20180418234513c6b.jpga6025_20180418234515f66.jpga6026_2018041823443942a.jpga6027_2018041823444100c.jpga6028_20180418234442a8b.jpga6029_20180418234443c05.jpga6030_201804182344456a1.jpga6031_20180418234401de0.jpga6032_20180418234402954.jpga6033_20180418234404c2e.jpga6034_20180418234405ef0.jpga6035_20180418234407278.jpga6036_201804182343303bd.jpga6037_2018041823433142c.jpga6038_201804182343321dd.jpga6039_2018041823433444e.jpga6040_20180418234336600.jpga6041_20180418234302db3.jpg


最後に。。いつもの硬化チェック用のサンプルを採って。。。a6042_201804182343041d3.jpg


このちっこいブルーのスポンジの硬化具合を確認してお客さまにお渡し出来る日を決めております。

その時の気温、湿度の状態によって硬化速度は変わってきます。

今の時期ですと、施工後3,4日くらいは掛かります。


で、こちらが完成画像となります。

a7001_20180418234307360.jpg a7002_20180418234309a25.jpga7003_20180418234234605.jpga7004_201804182342360e9.jpga7005_20180418234237c9e.jpga7006_201804182342391e3.jpga7007_20180418234240854.jpga7008_20180418234210c3d.jpga7009_20180418234211347.jpga7010_20180418234212be1.jpga7011_20180418234214445.jpga7012_2018041823421620b.jpga7013_20180418234141d26.jpga7014_20180418234143738.jpga7015_201804182341440df.jpga7016_201804182341464b1.jpg


a7017_2018041823414955b.jpga7018_201804182341210cf.jpga7019_201804182341222e0.jpga7020_20180418234124f59.jpga7021_20180418234125c67.jpga7022_20180418234127734.jpga7023_20180418234059e53.jpga7024_20180418234100b0b.jpga7025_20180418234102693.jpga7026_20180418234103ab7.jpga7027_20180418234105aaf.jpga7028_201804182340373a7.jpga7029_20180418234040366.jpga7030_20180418234040046.jpga7031_20180418234042084.jpga7032_2018041823404315a.jpga7033_201804182340110c2.jpga7034_201804182340133ad.jpga7035_20180418234013a75.jpga7036_20180418234015cb8.jpga7037_201804182340160d2.jpga7038_20180418233805edd.jpg


a7039_20180418233807413.jpg a7040_20180418233809281.jpga7042_20180418233812cb0.jpga7043_201804182337408ca.jpga7044_20180418233741dcc.jpga7045_20180418233743a3b.jpga7046_20180418233745986.jpga7047_20180418233746935.jpga7048_201804182337187ce.jpga7049_201804182337181f7.jpga7050.jpg


どうでしょうか。。。とってもイイ感じに仕上がりましたよ

殆ど4年前の状態に戻りました

ここから先はTさまのお手入れに掛かってます。。

いままで同様のお手入れで充分ですのでしっかりと洗車をしてあげてくださいませ。


今回も納得の作品に仕上がりました。。。ありがとうございました

最後にいつもの。。。。。

スッキリどや顔を


a8001_20180418233720475.jpg a8002_20180418233723a3c.jpg

おお~男前ですぢゃ


また何かございましたらその節にはどうぞ宜しくお願い致します。



年末はまたお世話になります。。。


カテゴリ: ガラスコート(経年車)

[edit]

Posted on 2018/04/19 Thu. 00:33    TB: 0    CM: 0

☆ LEXUS GS350 F SPORT ☆ 

毎年のことですが、嫌な黄砂の季節になってきましたねぇ

洗車しても洗車しても降ってくる黄砂。。。

ホント最悪ですわ

車をだいじにされてる方は大変ですよ。。。ほんまにもぉ

でも、諦めないで

「汚れたら洗車」。。。ですからね


んなワケで

今回のお車はこちら。。。。。

g1001_201804100134158e4.jpg g1002_201804100133571ed.jpg

LEXUS GS350 F-SPORT カラー/スターライトブラック ガラスフレーク

平成27年 走行10000Km


オーナーのBさま。。。

当店のこのブログを見られてのご依頼です。。。ありがとうございます。


まずはお車の状態を見させてくださいと事前に一度ご来店頂きました。

その際、毎回のことですが当店施工のGlass coat についてお話をさせて頂きました。

メリットもあればデメリットもありますからね

主にお手入れについてお話をさせて頂きましたが。。。

いつも言ってますが、Glass coat したからと言って

決して「車が汚れなくなる」ってことではありませんから

今の時期みたいに黄砂が鬼のように降ってきてそれを放置して雨にあたる。。。

これを更に放置していたら黄砂はどんどん固まって取れにくくなってしまいます。

いくらGlass coat していても放置してたらダメですからね。

「汚れたら洗車」ですよ

その洗車を楽ちんにしてくれるのがこのGlass coat なんですよ。

大切なお車です。。。いつまでもキレイに保とうと思えば

「汚れたら洗車」。。。これに勝るものはありません。


おっと、前置きが長くなってしまいました


さあ、今回もキッチリと仕上げさせて頂きますからね


施工前の状態はこちら。。。g1003_20180410013359617.jpgg1004_20180410013359bde.jpg

めっちゃキレイですねぇ

メタルハライドランプを点灯しても。。。

g1005_201804100134012fd.jpg g1006.jpgg1007.jpgg1008.jpgg1009.jpgg1010.jpgg1011.jpgg1012.jpgg1013.jpgg1014.jpgg1015.jpgg1016.jpgg1017.jpgg1018.jpgg1019.jpgg1020.jpg

本当にキレイなお車ですねぇ。。。

普段のお手入れもキッチリされているみたいです

ただ、少し気になったのが洗車をさせて頂いたときに若干ですがクロスが引っかかってました



まずは軽く研磨して様子をみてみましょう。。。

その前にいつも通りのマスキングですね


g2001_201804100133023c7.jpg g2002_201804100132343b3.jpgg2003_20180410013236ee0.jpgg2004_20180410013237210.jpgg2005_20180410013238430.jpgg2006_20180410013239bc4.jpgg2007_2018041001321117f.jpgg2008_20180410013213c84.jpgg2009_20180410013213742.jpg


ポリッシング準備完了。。。g3001_20180410013140a25.jpgg3002_201804100131413fc.jpg


ギヤアクションP&ウレタンバフで。。。

ボンネットから。。。g3003_201804100131423e5.jpg


g3004_201804100131430ae.jpg g3005_20180410013145052.jpgg3006_20180410013118319.jpg

               

g3008_20180410013120c05.jpg g3007_20180410013119b5e.jpgg3009_201804100131223bc.jpg


メタルハライドランプを消して。。。。

g3012_2018041001305965e.jpg g3013_201804100131000e1.jpgg3014_2018041001310152e.jpgg3015_201804100131030eb.jpg


どうも気になる。。。ホントにかすかですがカサカサしてるような。。。

ちょいと粘土で撫でてみましょう。。。

g3016_201804100130315cd.jpg g3017_201804100130333cd.jpg

薄っすらですが、やはり鉄粉がありましたねぇ

ボンネットとF/フェンダーのTop。。。鉄粉除去

多分ルーフもトランクも同じでしょうね。


で、鉄粉を取り除いたらウレタンバフってわけにはいきませんので

シングルアクションP&ウールバフで。。。g3019_201804100130357a1.jpgg3020_201804100130365cf.jpg


軽く研磨して。。。g3021_201804100129548a6.jpg  g3022_201804100129562e0.jpg


g3025.jpg g3023_20180410012957538.jpgg3024.jpg

g3026.jpg g3027.jpgg3028.jpg


正解ですねスッキリしました納得


こんな感じでフロント廻りを仕上げていきます。

g3031.jpg g3032.jpgg3033.jpgg3034.jpgg3035.jpg

              

g3036.jpg g3037.jpgg3038.jpgg3039.jpgg3040.jpgg3041.jpgg3042.jpg


ルーフパネル。。。。。

g3043.jpg g3044.jpgg3045.jpgg3046.jpgg3047.jpg


トランクパネル。。。。。

g3048.jpg g3049.jpgg3050.jpg


残りのパネルも。。。。。

g3051.jpg g3052.jpgg3053.jpgg3054.jpgg3055.jpgg3056.jpgg3057.jpgg3058.jpgg3059.jpgg3060.jpgg3061.jpgg3062.jpgg3063.jpgg3064.jpgg3065.jpg


ふぅ。。。ポリッシング終了~

このあと脱脂して。。。。。g3066.jpg

この日の作業はここまででこらえちゃろ



翌朝。。。。

磨き上がった画像がこちら。。。。。。。

g4001_201804100126156e0.jpg g4002_20180410012617207.jpgg4003_201804100126180f7.jpgg4004_20180410012619b17.jpgg4005_201804100126213b2.jpgg4006_20180410012553a5a.jpgg4007_20180410012554a70.jpgg4008_201804100125552eb.jpgg4009_20180410012556619.jpgg4010_20180410012558b4d.jpgg4011_20180410012531d96.jpgg4012_20180410012532484.jpgg4013_201804100125333b8.jpgg4014_20180410012534e20.jpgg4015_20180410012536203.jpgg4016_201804100125031f9.jpgg4017_20180410012505e35.jpg

どうでしょうかとってもイイ感じに磨き上がってますよ

下地処理にはしっかりと時間を掛けてとことん納得がいくまで遣り抜きます

。。。時間掛けすぎってよく言われますが仕方ありませんねアホですから

でも、どんなに素晴らしいコート剤を使って施工しても下地がしっかりと整っていないと駄目ですからねぇ。。。ここが一番だいじです


てなワケで。。。

コーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート剤b6009.jpg

この2つのコート剤をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。



Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。



m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg




大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。



(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

通常、当店ではこのコート材をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。


上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

ホントはもっと楽な材料、施工方法もあるんですけどねぇ。。


車は「汗を搔いた分キレイになる」。。。


これもまた、私の「こだわり」ですかね




よっしゃ  1st coat いっちゃいますよ。。。。g5001_201804100125064af.jpg

このラウンドで施工するコート剤はこちら。。。z5002_201709012234080b0.jpg

ベースコートとして使うには勿体ないような気もしますが

こいつをTop coat の下に入れることによって光沢に深みが増しますし

同時に保護膜の被膜厚UPにも貢献してくれますからね。


まずはボンネットから。。。

g5003_20180410012509d48.jpg g5004_20180410012439fc5.jpgg5005_2018041001244188c.jpg

              

g5006_2018041001244284b.jpg g5007_20180410012443867.jpgg5008_20180410012445c80.jpg


こんな感じでパネル1枚1枚をキッチリとコートしていきます。


フロント廻り。。。。。

g5009_20180410012420b34.jpg g5010_201804100124213a8.jpgg5011_2018041001242229f.jpgg5012_20180410012424f17.jpgg5013_20180410012425b0e.jpgg5014_20180410012358b8f.jpgg5015_20180410012359cb9.jpg

              

g5016_20180410012400dcc.jpg g5017_20180410012402096.jpgg5018_20180410012403a3a.jpgg5019_20180410012333f29.jpgg5020_20180410012335df2.jpgg5021_2018041001233576a.jpg


カウルトップ&エンジンルーム。。。。。

g5022_201804100123375b9.jpg g5023_20180410012338c24.jpgg5024_20180410012307e76.jpgg5025_20180410012309dd4.jpg


ルーフ。。。。。

g5026_20180410012310ad4.jpg g5027_201804100123118ab.jpgg5028.jpgg5029.jpg

              

g5030.jpg        g5031.jpg   


トランクパネル。。。。。

g5032.jpg g5033.jpgg5034.jpgg5035.jpgg5036.jpg

               

g5037.jpg g5038.jpgg5039.jpg


g5040.jpg g5041.jpg

       

g5042.jpg g5043.jpgg5044.jpg


リヤー廻り。。。。。

g5045.jpg g5046.jpgg5047.jpgg5048.jpgg5049.jpgg5050.jpgg5051.jpgg5052.jpgg5053.jpgg5054.jpgg5055.jpgg5056.jpgg5057.jpgg5058.jpg

フューエルリッド内部までキッチリとコートしておきますよ。

              

g5059.jpg g5060.jpgg5061.jpgg5062.jpgg5063.jpgg5064.jpgg5065.jpgg5066.jpgg5067.jpg


ドア廻り。。。。。

g5068.jpgg5069.jpgg5070.jpgg5071.jpgg5072.jpgg5073.jpgg5074.jpgg5075.jpgg5076.jpgg5077.jpg   


ドア内側&各ピラー廻り。。。。。。

g5078.jpg g5079.jpgg5080.jpgg5081.jpgg5082.jpgg5083.jpgg5084.jpgg5085.jpgg5086.jpgg5087.jpgg5088.jpgg5089.jpgg5090.jpg


ホイール。。。。。g5091.jpgg5092.jpg


取り外しておいたワイパーアーム、ナンバープレートにも。。g5097.jpg

で、1st coat 終了です。。。

g5093.jpg g5094.jpgg5095.jpgg5096.jpg


この日の作業はここまで。。。

このまま翌朝まで放置。。。硬化乾燥させておきます。

同じ2コートするのであれば表面硬度が上がってからの方がより確実にコート被膜厚が稼げますからね。。

このまま2コート目をいっちゃうとせっかくの1コート目を溶かしながらのコートになってしまいますので。

これもまた私の「こだわり」なんです


んなワケで。。。

     
     。
     。
     。。。。
     。
     。
     あさァ~~




一晩寝かせたことによって表面硬度は3Hくらいになってます。



こちらが寝起き画像です。。。。。

g6001_20180410011626898.jpg g6002_20180410011627d7e.jpgg6003_201804100116280ae.jpgg6004_201804100116300dd.jpgg6005_2018041001155671f.jpgg6006_20180410011558048.jpgg6007_20180410011559b1c.jpgg6008_2018041001160000c.jpgg6009_20180410011602881.jpgg6010_201804100115296a5.jpgg6011_201804100115317a2.jpgg6012_2018041001153277b.jpgg6013_2018041001153316b.jpg

ほっほぉ、ええ感じじゃのぉ。。。

硬化した分、光沢度もUPしてますからね


さっ、それでは更にもう1コート。。。。。

2nd coat  いっちゃいます。g7001_20180410011535bb9.jpg

作業そのものは1st coat とほとんど同じなんですけど

このラウンドではTHP-PROを主に施工していきます。。。z5053_20170901222500a89.jpg

Hi Glass coat とは違い施工にはちょいとばかしコツが必要となります。


では、早速。。。。。

ボンネット。。。

g7003_20180410011505d88.jpg g7004_201804100115072ba.jpgg7005_20180410011508a94.jpg

               

g7006_201804100115098a5.jpg g7007_20180410011439ce7.jpgg7008_2018041001144021a.jpg


こんな感じで1st coat 同様、パネル1枚1枚をキッチリとコートしていきます。

それでは残りのパネル一気にいかせて頂きます。


g7009_20180410011441a7f.jpg g7010_20180410011442212.jpgg7010b.jpg


g7011_201804100113518aa.jpgg7012_20180410011352582.jpgg7013_2018041001135447d.jpgg7014_20180410011313b20.jpgg7015_201804100113156e5.jpg

g7016_20180410011316310.jpg g7017_20180410011317ed2.jpgg7018_20180410011319304.jpgg7019_201804100112534fc.jpgg7020_201804100112548a5.jpgg7021_201804100112557bb.jpg


g7022_2018041001125636e.jpg g7023_20180410011258e84.jpgg7024_20180410011228feb.jpgg7025_20180410011230f80.jpgg7026_201804100112312cd.jpgg7027_20180410011232e0f.jpgg7028_20180410011234c44.jpgg7029_20180410011202d7f.jpgg7030_2018041001120405e.jpgg7031_2018041001120453f.jpgg7032_2018041001120671f.jpgg7033_20180410011207352.jpgg7034_20180410011130f3c.jpg


g7035_20180410011132f75.jpg g7036_201804100111339e7.jpgg7037_20180410011134b3d.jpgg7038_20180410011136a52.jpgg7039_201804100111030a0.jpgg7040_20180410011104c4d.jpgg7041_20180410011106f63.jpgg7042_20180410011107778.jpgg7043_20180410011108fb1.jpgg7044_20180410011032b06.jpg


2nd coat 終了~。。。g7045_201804100110339f2.jpgg7046_201804100110343ae.jpg


最後にいつものサンプルを採って。。。g7047.jpgg7048.jpg

このちっこいブルーのスポンジの硬化具合をチェックしてお客さまにお渡し出来る日を決めております。

いつもこんな感じでコートしていきます。

自分の車だったらここまではコートするだろ。。。のイメージですよ

まあ、その分手間も時間も掛かりますけどね これも性分ですわ

あっ、逆にお急ぎの方は当店では無理ですので



で、こちらが完成画像となります。

g8001_20180410011008de6.jpg g8002_201804100110100e4.jpgg8003_20180410011011788.jpgg8004_20180410011012adc.jpgg8005_20180410011014016.jpgg8006_20180410010939119.jpg


g8007_20180410010941c36.jpgg8008_201804100109429cb.jpgg8009_20180410010943156.jpgg8010_20180410010945df7.jpg


g8011_2018041001091683d.jpgg8012_2018041001091717d.jpgg8013_201804100109186e6.jpgg8014_20180410010920ed7.jpgg8015_20180410010921662.jpgg8016_20180410010854fdf.jpgg8017_20180410010855d4d.jpgg8018_2018041001085690d.jpg


g8019_20180410010858358.jpgg8020_20180410010859094.jpgg8021_20180410010828be7.jpgg8022_201804100108304ea.jpgg8023_20180410010831139.jpgg8024_20180410010832e62.jpgg8025_20180410010834ff2.jpgg8026_201804100108077ea.jpgg8027_20180410010808d85.jpgg8028_201804100108097b4.jpgg8029_201804100108108ec.jpg


g8030_20180410010812956.jpg g8031_20180410010740e5b.jpgg8032_20180410010742343.jpgg8033_201804100107437fb.jpgg8034_20180410010744fe7.jpgg8035_20180410010746e5f.jpgg8036_201804100107103b6.jpgg8037_201804100107126e9.jpgg8038_2018041001071213a.jpgg8039_20180410010714bc6.jpgg8040_2018041001071539c.jpgg8041_20180410010646201.jpgg8042_20180410010648ac0.jpgg8043_2018041001064999a.jpgg8044_201804100106504fc.jpgg8045.jpgg8046.jpgg8047.jpgg8048.jpgg8049.jpgg8050.jpg


g8051.jpg g8052.jpgg8053.jpgg8054.jpg


g8055.jpg g8056.jpgg8057.jpgg8058.jpgg8059.jpgg8060.jpgg8061.jpgg8062.jpgg8063.jpgg8064.jpgg8065.jpgg8066.jpgg8067.jpgg8069.jpgg8070.jpgg8071.jpgg8072.jpg


g8073.jpg g8068.jpg


あとは、このまま3,4日このブース内で硬化乾燥させておき

硬化状態をみてそれからの納車となります。


どうでしょうか。。。とてもイイ感じに仕上がりましたよ

私の仕事はここまでです。

ここから先はBさまのお手入れに掛かってきます。

ボディー色の濃いお車は特にお手入れが大変ですからね。

でも、Bさまでしたら今まで通りのお手入れをされていたら大丈夫だと思いますよ

これからもより一層可愛がってあげてくださいませ。


最後にいつもの。。。スッキリどや顔を

g9001_201804100057038e7.jpg g9002.jpg

ほっほぉ。。。Goodですぢゃ


Bさま。。。

今回は数多い施工店の中から当店をお選びくださいまして本当にありがとうございました

これを機会に今後とも何かございましたらその節にはどうぞ宜しくお願い致します。


また、納車の際にBさまから頂いた一言。。。

「ここにして良かった」

この一言が施工する側の私にとって最高の喜びです

本当にありがとうございました。




カテゴリ: ガラスコート(経年車)

[edit]

Posted on 2018/04/13 Fri. 00:52    TB: 0    CM: 1

☆ BMW 528i ☆ 


桜もそろそろ限界ですねぇ。。。

この週末まで何とか持ってくれないでしょうかね

まあ、葉桜もおつなもんなんですけどね



さあ、今夜も限界まで頑張りますよ


今回のお車はこちら。。。。。

b1001_20180403010048200.jpg b1002_201804030100500a5.jpg

BMW 528i  2010年式   カラー/ガンメタ

オーナーのMさま。。。

このブログを見られてからのご依頼です。。。ありがとうございます

いつもと同じように事前に一度お車を視させて頂いて

その際にGlass coat について少しお話をさせて頂きました。

ブログだけでは分からないこともありますし。。。

ましてや、ご自分の大切なお車を預けるわけですからね。

どんなおっさんがやってるのかもちゃんと確認しておきませんと


んなワケで、今回もキッチリと作業させて頂きますよ

お車の状態はこんな感じです。。。

b1003_20180403010051eb1.jpg b1004_20180403010052da0.jpgb1005_201804030100542c0.jpgb1006_201804030100556ec.jpg

画像ではお分かり辛いかも。。。ですが、全体的にくすんでますねぇ

これはちょいと手強いかも。。。です。


洗車後。。。まずはいつものマスキング

b2001_20180403010027b3a.jpg b2002_20180403010029dd3.jpgb2003_201804030100308b2.jpgb2004_20180403010031c0f.jpgb2005_201804030100336b8.jpgb2006_20180403010010746.jpgb2007_20180403010012da8.jpgb2008_2018040301001305b.jpgb2009_20180403010014b76.jpg

ドア廻りのモールはどうしてもウロコ状態になってますねぇ。。。

これはMさまにもお話をして今回はそこはそのままで。。。と言うことに

これはホントに取り除くのが大変ですからね


あと、年数も少し経っていますので膜厚測定をしておきます。

ボンネット。。。。。b2010_20180403010016957.jpgb2011_2018040300594832b.jpg


ルーフ。。。。。。。b2012_20180403005949a1f.jpgb2013_20180403005950561.jpg


トランク。。。。。。b2014_20180403005951413.jpgb2015_20180403005953eef.jpg


サイド。。。。。。。b2016_2018040300592009b.jpgb2017_20180403005922565.jpgb2018_20180403005922d41.jpgb2019_201804030059249e3.jpg


そこそこ塗りが入ってますねぇ。。。

経年車ですからある程度は加修歴もありますよ。

大丈夫ですいつも通りキッチリと仕上げさせて頂きますのでお任せください。


それでは研磨作業に取り掛からせて頂きます。。。。b2020_201804030059250b8.jpg


今回は全部で3工程。。。分かり易く言うと

研磨剤を大、中、小。。。と段階的に小さく落としていく感じです。

木工とかをされたことがある人はお分かり頂けるとおもいますが

サンドペーパーで仕上げていくときに番手を上げていくでしょう。

あれと同じです。。。ここでは研磨剤がサンドペーパーみたいなものですから。

バフと研磨剤をとっかえひっかえ、車を磨きながら3周するってことですね


因みに当店ではバフは1台1台新品のものを使っております。。。b2021_20180403005834a95.jpg

さあ、それでは気合い入れて磨き上げていきますよ~


ボンネット。。。1st cut   b2022.jpg

バフと研磨剤を換えて。。。2nd cut   b2023.jpgb2024.jpg


ポリッシャーを換えて。。。3rd cut    b2026.jpgb2027.jpg   


で、磨き上がった画像がこちら。。。b2028.jpgb2029.jpg


研磨剤のチョイスもこれでOKです。。。イイ感じ

残りも同じように磨き上げていきます。。。メタルハライドランプ点灯

b2034.jpg b2035.jpgb2036.jpg

                

       b2037.jpgb2038.jpg  

                

       b2039.jpgb2040.jpg  

                

b3001_20180403005644a44.jpg b3002_20180403005645285.jpgb3003_20180403005646987.jpgb3004_20180403005647880.jpgb3005_201804030056490ad.jpgb3006_20180403005619f53.jpgb3007_20180403005621de7.jpgb3008_20180403005621567.jpgb3009_20180403005623b26.jpg

    
フムフム。。。Goodですぢゃ


こんな感じでフロント廻りを仕上げていきます。

1st cut。。。。。。。。

b3010_20180403005624f4f.jpg b3011_20180403005553962.jpgb3012_20180403005555a9a.jpgb3013_2018040300555679f.jpg

2nd cut。。。。。。。

b3014_2018040300555727a.jpg b3015_2018040300555989a.jpgb3016_201804030055313bf.jpgb3017_20180403005533bfb.jpg

3rd cut。。。。。。。

b3018_20180403005534e25.jpg b3019_20180403005535d06.jpgb3020_20180403005537386.jpgb3021_20180403005444365.jpg

               

b3022_201804030054462cd.jpg b3023_2018040300544796e.jpgb3024_20180403005448b91.jpgb3025_2018040300545036e.jpgb3026_20180403005423fab.jpgb3027_2018040300542501e.jpgb3028_20180403005426be5.jpgb3029_20180403005427498.jpgb3030.jpgb3031.jpgb3032.jpg


ルーフ。。。。。

b3033.jpg b3034.jpgb3035.jpg


b3036.jpg b3037.jpgb3038.jpgb3039.jpgb3040.jpgb3041.jpgb3042.jpgb3043.jpgb3044.jpgb3045.jpg

                  

b3046.jpg b3047.jpgb3048.jpgb3049.jpgb3050.jpgb3051.jpgb3052.jpg




トランクパネル&リヤ廻り。。。。

b3053.jpg b3054.jpgb3055.jpgb3056.jpgb3057.jpgb3058.jpgb3059.jpgb3060.jpgb3061.jpg

                  

b3062.jpg b3063.jpgb3064.jpgb3065.jpgb3066.jpgb3067.jpgb3068.jpgb3069.jpgb3070.jpg


ドア廻り。。。。。

b4001_20180403005012a15.jpg b4002_20180403005013930.jpgb4003_20180403005014a2c.jpgb4004_20180403005015f42.jpgb4005_2018040300501721f.jpgb4006_201804030049480e7.jpgb4007_201804030049503ca.jpgb4008_201804030049516be.jpgb4009_20180403004952a96.jpgb4010_201804030049542a2.jpgb4011_2018040300492657a.jpgb4012_2018040300492765b.jpgb4013_2018040300492871a.jpgb4014_201804030049309bb.jpgb4015_20180403004931d76.jpgb4016_20180403004904459.jpgb4017_201804030049062a6.jpgb4018_201804030049070aa.jpgb4019_20180403004908bec.jpgb4020_201804030049092b7.jpgb4022_20180403004810fe7.jpgb4023_2018040300481285f.jpgb4024_201804030048128d4.jpgb4025_201804030048147c4.jpgb4026_20180403004815798.jpg


ふぅ。。。何とか磨き上げましたよ



磨き上がって完全どスッピン状態となったBMWくんがこちら。。。。

b5001_20180403004749557.jpg b5002_20180403004750f77.jpgb5003_201804030047519a0.jpgb5004_20180403004752ade.jpgb5005_20180403004754e90.jpgb5006_20180403004728abf.jpgb5007_20180403004730d55.jpgb5008_2018040300473013b.jpgb5009_201804030047325ea.jpgb5010_20180403004733ef6.jpgb5011_2018040300470369a.jpgb5012_20180403004704bb6.jpgb5013_2018040300470544a.jpgb5014_20180403004707b92.jpgb5015_20180403004708437.jpgb5016_20180403004639b13.jpg

どうでしょうかイイ感じに磨き上がっちゃいましたよ

これでやっと下地処理が完了です。

今日の作業はここまでにしてと。。コーティングは明日ということで。。。。。


んなワケで。。。

     
     。
     。
     。。。。
     。
     。
     あさァ~~


昨日磨き上げたBMWくんは。。。。

そうだ

入庫されたときの画像と比べてみましょうか


b1003_20180403010051eb1.jpg b5017_20180403004641e2b.jpg

b1006_201804030100556ec.jpg b5020_20180403004645039.jpg

ほっほぉ。。。どうじゃ

今の段階ではまだコーティング前ですからね。

下地を整える大切さ。。。お分かり頂けましたでしょうか

どうせ施工するならここまでには仕上げておきたいですからねえ。

手間と時間はめっちゃ掛かりますけど。。。これもまた私の「こだわり」なんです


てなワケで。。。

コーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート剤b6009.jpg

この2つのコート剤をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。



Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。



m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg




大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。



(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

通常、当店ではこのコート材をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。


上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

ホントはもっと楽な材料、施工方法もあるんですけどねぇ。。


車は「汗を搔いた分キレイになる」。。。


これもまた、私の「こだわり」ですかね




よっしゃ  1st coat いっちゃいますよ。。。。b6001_201804030046107d4.jpg

このラウンドで施工するコート剤はこちら。。。z5002_201709012234080b0.jpg

ベースコートとして使うには勿体ないような気もしますが

こいつをTop coat の下に入れることによって光沢に深みが増しますし

同時に保護膜の被膜厚UPにも貢献してくれますからね。


まずはボンネットから。。。


b6002_201804030046128cc.jpg b6003_20180403004612268.jpgb6004_20180403004614f85.jpg

                

b6005_20180403004615052.jpg b6006_201804030045465a0.jpgb6007_20180403004547388.jpg


フロント廻り。。。。。

b6008_201804030045481b1.jpg b6009_20180403004549822.jpgb6010_20180403004551555.jpgb6011_20180403004520d4a.jpgb6012_20180403004522f1e.jpgb6013_201804030045231c8.jpg

                

b6014_2018040300452424b.jpg b6015_20180403004526032.jpgb6016_20180403004452fb6.jpgb6017_20180403004454180.jpg


こんな感じでパネル1枚1枚をキッチリとコートしていきます。

それでは、残りのパネル。。。一気にいかせて頂きます。

ルーフ。。。。。

b6018_201804030044552a9.jpg b6019_2018040300445604a.jpgb6020_20180403004458041.jpg


トランクパネル、リヤー廻り。。。。。

b6021_20180403004431334.jpg b6022_20180403004432f69.jpgb6023_20180403004433605.jpgb6024_20180403004434f51.jpgb6025_20180403004436f32.jpgb6026_20180403004410b39.jpgb6027_201804030044110bf.jpgb6028_201804030044122c7.jpg

             

b6029_201804030044144d4.jpg b6030_20180403004415ff3.jpgb6031_20180403004349d4a.jpgb6032.jpgb6033.jpgb6034.jpgb6035.jpg

               
ドア廻り。。。。。

b6036.jpg b6037.jpgb6038.jpgb6039.jpgb6041.jpgb6042.jpgb6046.jpgb6047.jpgb6048.jpgb6049.jpgb6050.jpgb6051.jpgb6052.jpg

              

b6043.jpg b6044.jpgb6045.jpgb6053.jpgb6054.jpgb6055.jpg


ホイール。。。

b6056.jpg b6057.jpgb6058.jpg


更にこういった所にも。。。

b6059.jpg b6060.jpgb6061.jpgb6062.jpg


ご自分で取り付けられる予定の持ち込みされたスポイラーにも。。。。

b6066.jpg 



今回はドアの内側、ピラー辺りのコーティングは不要とお聞きしておりましたので無しです。


で、1st coat 終了です

b6063.jpg b6064.jpg


この日の作業はここまで。。。


このまま翌朝まで放置。。。硬化乾燥させておきます。

同じ2コートするのであれば表面硬度が上がってからの方がより確実にコート被膜厚が稼げますからね。。

このまま2コート目をいっちゃうとせっかくの1コート目を溶かしながらのコートになってしまいますので。

これもまた私の「こだわり」なんです


んなワケで。。。

     
     。
     。
     。。。。
     。
     。
     あさァ~~




一晩寝かせたことによって表面硬度は3Hくらいになってます。


b7001_20180403004053e7d.jpg b7002_20180403004054c95.jpgb7003_20180403004056dd2.jpgb7004_20180403004057ac1.jpgb7005_20180403004028741.jpgb7006_20180403004030b08.jpgb7007_2018040300403084c.jpgb7008_20180403004032b39.jpg


硬化した分、光沢度もUPしてます。

どうでしょうか1コートでも充分輝いてますでしょう

なんですが。。。

当店では更にもう1コートいっちゃいますよ


2nd coat 。。。。。。b7009_201804030040337f6.jpg


作業そのものは1st coat と殆ど同じなんですけど

このラウンドではTHP-PROを主に施工していきます。z5053_20170901222500a89.jpg


ボンネット。。。

b7010_20180403004004800.jpgb7011_2018040300400635c.jpgb7012_20180403004007673.jpg  

             

b7013_2018040300400836d.jpgb7014_2018040300400991b.jpgb7015_20180403003938749.jpg  



ルーフ。。。。。

b7016_201804030039400e6.jpgb7017_2018040300394181e.jpgb7018_201804030039424d3.jpg   

            

b7019_20180403003944ad4.jpgb7020_20180403003917cbb.jpgb7021_20180403003918b32.jpg   




トランクパネル。。。。。

b7022_20180403003919865.jpgb7023_20180403003921bf5.jpgb7024_20180403003922c02.jpg  

             

b7025_20180403003855886.jpgb7026_20180403003856575.jpgb7027_20180403003858351.jpg   


こんな感じで1st coat 同様、再びパネル1枚1枚をキッチリとコートしていきます。

では、残りのパネル。。。一気にいかせて頂きます。


b7028_201804030038596e0.jpgb7029_201804030039018e2.jpgb7030_20180403003833554.jpgb7031_201804030038348af.jpgb7032_2018040300383502c.jpgb7033_20180403003837347.jpg 


b7034_20180403003838056.jpg b7035_20180403003810c8e.jpgb7036_20180403003812fc0.jpgb7037_2018040300381339d.jpgb7038_20180403003815694.jpg


b7039_20180403003816ee1.jpg b7040_20180403003748eca.jpgb7041_20180403003749b24.jpgb7042_20180403003750650.jpgb7043.jpgb7044.jpgb7045.jpgb7046.jpgb7047.jpgb7048.jpgb7049.jpgb7050.jpg



b7053.jpg b7054.jpgb7055.jpg



b7051.jpg 


最後にいつもの硬化確認用のサンプルを採って。。。b7052.jpg


このブルーのちっこいスポンジ、これでサンプルを採って硬化具合を確認し

お客さまにお渡し出来る日を決めております。

その時の気温、湿度にもよりますが。。。

通常ですと施工後3,4日くらいです。(完全硬化には約一週間くらいは必要です)



で、こちらが完成画像となります。

b8001_20180403003639c50.jpg b8002_201804030036413ce.jpgb8003_20180403003642ba4.jpgb8004_20180403003644e15.jpgb8005_20180403003609354.jpgb8006_2018040300361040c.jpgb8007_201804030036124de.jpgb8008_2018040300361375d.jpgb8009_20180403003615458.jpgb8010_201804030035399ff.jpgb8011_201804030035403b8.jpg


b8012_20180403003542e65.jpg b8013_2018040300354388c.jpgb8014_2018040300354547a.jpg


b8015_201804030035050e6.jpg b8016_2018040300350715e.jpgb8017_201804030035083cc.jpg


b8018_201804030035105d4.jpg b8019_20180403003511902.jpgb8020_20180403003441eee.jpgb8021_201804030034426d5.jpgb8022_20180403003444a4c.jpgb8023_2018040300344517b.jpgb8024_20180403003447d2d.jpgb8025_20180403003418692.jpgb8026_20180403003420b0f.jpgb8027_20180403003423724.jpgb8028_20180403003424a27.jpgb8029_20180403003424094.jpgb8030_20180403003347afa.jpgb8031_201804030033484ba.jpgb8032_20180403003350c08.jpgb8033_20180403003351b94.jpgb8034_20180403003353756.jpgb8035_20180403003322b34.jpgb8036_201804030033240e4.jpgb8037_20180403003325eb6.jpgb8038_20180403003327ad0.jpgb8039_20180403003328f19.jpgb8040_20180403003235a0a.jpgb8041_20180403003236fbc.jpgb8042_20180403003238953.jpgb8043_20180403003239798.jpgb8044_2018040300324178c.jpgb8045_20180403003212afe.jpgb8046_2018040300321383f.jpgb8047_2018040300321577a.jpgb8048_20180403003216c30.jpgb8049_20180403003218ee9.jpg


いつも通りの仕上がりです

納車までには更に硬度も上がり光沢度もUPしますので。。。


今回も納得の作品に仕上がりました。。。Mさま本当にありがとうございました。

ここから先はMさまのお手入れに掛かってます。

しっかりと洗車をしてあげてくださいませ。



また、これを機にまた何かございましたらその節にはどうぞ宜しくお願い致します。


最後にいつもの。。。

スッキリどや顔を


b9001_20180403003129439.jpg b9003_20180403003132d20.jpgb9002_201804030031317a6.jpg


更に今回は納車当日に撮影した画像がありますので。。。

b9010_201804030031349f2.jpg b9011_20180403003136e02.jpgb9012_201804030030596f7.jpgb9014_2018040300310618e.jpgb9016_2018040300310654e.jpgb9015_20180403003106501.jpgb9013_20180403003106412.jpg

画像では分かり難いかもですが。。。更に光沢度UPしてますよ



んなワケで。。。そろそろ限界です。。。

落ちます。。。おやすみなさいましぃ~


カテゴリ: ガラスコート(経年車)

[edit]

Posted on 2018/04/04 Wed. 01:24    TB: 0    CM: 1

☆ MINI COOPER S ☆ 

ここのところあったかい日が続いてますねぇ春。。近し

けど、今夜は台風並みの春の嵐も来るみたいです。。。

年々、何かおかしくなってきてますねぇ  大丈夫か地球。。。



あっ、さて。。

今回のお車はこちら。。。。。

s1001_20180227215408d0e.jpg s1002_20180227215351229.jpg

2014年 MINI COOPER S   カラー/ブラックM/ホワイト 走行50000Km

オーナーのMさま。。。

当店もお世話になっているMINI倉敷さまからのご紹介でお越しくださいました。

ありがとうございます。

いつも通りですが、今回もキッチリと仕上げさせて頂きます。


では、早速お車の状態を。。。。。

s1003_20180227215352b43.jpg s1004_2018022721535314f.jpgs1005_20180227215355c7e.jpgs1006_20180227215356ff0.jpg

普段のお手入れをよくされているお車ですねぇ。。。キレイです。

ただ、少し残念なのが。。。全体に洗車キズと言いますか擦りキズのようなものが多数。。

メタルハライドランプを点灯して点検してみましょう。。。s1007_20180227215329068.jpg


分かり易いボンネットで見てみましょう。。。s1008_2018022721533161e.jpg


s1009_20180227215332d97.jpg s1010_20180227215334309.jpgs1011_20180227215335630.jpg

こんな感じで結構やられてますねぇ

この状態がほぼボディー全体に見られます。。。

中には深そうなキズも見受けられますし。。。

またまた燃えてきましたよ~

キッチリ仕上げてピッカピカにしちゃいましょう


まずは。。。マスキング、ますきんぐ

s2001_20180227215309c66.jpg s2002_2018022721531014d.jpgs2003_20180227215311d46.jpgs2004_2018022721531214c.jpgs2005_201802272153149a6.jpgs2006_201802272152383e9.jpgs2007_20180227215239cc1.jpgs2008_20180227215240111.jpg

隅々までキッチリと磨きたいですからね。。。マスキングもキッチリと

フェンダーアーチ、ステップ廻りとか。。。研磨剤が付くと取れにくいですしね。

時間と手間は掛かりますが、この作業とても大切です。


ポリッシング準備完了です。。。s2009_20180227215242f83.jpg

が、ここでもう一度見ておきましょうか。

s2010_201802272152438e8.jpg s2011_20180227215212cc7.jpgs2012_20180227215214bf3.jpgs2013_20180227215215ca8.jpgs2014_20180227215216fb0.jpgs2015_20180227215218815.jpgs2016_201802272151478af.jpg


因みに新車ご購入時に一度Glass coat?されてるみたいでした。

ピラーにステッカーが貼ってありましたので。。。

Glass coatであれば被膜は残っているはず。。。

だとすれば、そこそこ本気で研磨出来るのですが、

ガラス系のコート剤であればそれは無理ですからねぇ。

まあ、いずれにしても、このキズは何とかしませんとね


今回の研磨は3工程で仕上げていきます。

ポリッシャー、研磨剤、バフをとっかえひっかえながらの作業となります。

ただし、研磨は最小限に抑えていきますよ。


それでは、ポリッシング。。。スタート s3001_20180227215149e28.jpg  

まずはシングルPでボンネットからやっつけちゃいましょう

1st cut 。。。。。

s3002_20180227215150b53.jpg s3003_20180227215151298.jpgs3004_201802272151534e8.jpg


2nd cut 。。。。。(バフを替えて)s3005_20180227215121b67.jpg


s3006_201802272151225a5.jpg s3007_20180227215123e2b.jpgs3008_20180227215125366.jpgs3009_20180227215126730.jpg


3rd cut 。。。ギヤアクションP&ウレタンバフで。。。s3010_20180227215057cef.jpg

s3011_20180227215059557.jpg s3012_20180227215100b13.jpgs3013_20180227215101b5b.jpg


で、こんな感じです。

s3014_20180227215103c65.jpg s3015_201802272150263eb.jpgs3016_20180227215028945.jpgs3017_2018022721502819b.jpgs3018_20180227215030ef3.jpgs3019_20180227215032db3.jpgs3020_20180227215000b0e.jpg


ブログで見るとあっと言う間に。。。って感じですけど

実際にはここまでに磨き上げるのにはこのボンネット1枚でそこそこの時間を掛けているんですよ。

どうでしょうか、スッキリしたでしょう

でも、磨ききれない少し深めのキズもありますけどね。。。深追い厳禁です。

s2012_20180227215214bf3.jpg s3018_20180227215030ef3.jpg


s2010_201802272152438e8.jpg s3015_201802272150263eb.jpg


こんな感じでパネル1枚1枚をキッチリと丁寧に磨き上げていきます。

フロント廻り。。。。。

s3021_20180227215001ee7.jpg s3022_20180227215002bd8.jpgs3023_20180227215003a0d.jpgs3024_20180227215005047.jpgs3025_20180227214936680.jpgs3026_2018022721493822a.jpgs3027_20180227214939b86.jpg

s3028_20180227214940123.jpg s3029_20180227214942e07.jpgs3030_2018022721491534e.jpg


前廻り。。。研磨終了~   s3031_20180227214917852.jpg


側面。。。。。

s3032_20180227214917c8e.jpg s3033_201802272149185dc.jpgs3034_2018022721492084f.jpgs3035_20180227214845ca2.jpgs3036_20180227214847455.jpgs3037_201802272148470fe.jpgs3038_20180227214849a59.jpgs3039_20180227214850ee2.jpgs3040_20180227214817e65.jpgs3041_20180227214818529.jpgs3042_20180227214820eea.jpgs3043_2018022721482146b.jpgs3044_20180227214822e22.jpgs4053_20180227214708298.jpgs4054_20180227214710884.jpgs4055_20180227214641131.jpgs4056_201802272146437b2.jpg


ルーフ。。。。。

s3045_201802272147505b9.jpg s3046_201802272147519b1.jpgs3047_2018022721475257f.jpgs4048_201802272147535b8.jpgs4049_20180227214755f2a.jpgs4050_201802272147043b2.jpgs4051_20180227214706ff2.jpgs4052_2018022721470603d.jpg


リヤー廻り。。。。。s4057_20180227214644739.jpg

s4058_201802272146454bf.jpg s4059_20180227214647ad8.jpgs4060_201802272146160a4.jpgs4061_2018022721461836f.jpgs4062_20180227214619eb3.jpgs4063_20180227214620eeb.jpgs4064_20180227214622261.jpgs4065_20180227214550d08.jpgs4066_20180227214552908.jpgs4067_20180227214553672.jpgs4068_20180227214554889.jpgs4069_201802272145568b9.jpgs4070_20180227214525217.jpgs4071_20180227214526dae.jpgs4072_20180227214527fdb.jpgs4073_201802272145296aa.jpgs4074_201802272145308a2.jpgs4075.jpgs4076.jpgs4077.jpg



こうなるとマフラーカッターも気になっちゃいますねぇ

s4078.jpg s4079.jpg


ポリッシング。。。終了~~

ピッカピカに磨き上がったCOOPERくんがこちら。。。。。

s5001_20180227214426e13.jpg s5002_201802272144282c0.jpgs5003_2018022721442969a.jpgs5004_20180227214430ca9.jpgs5005_201802272144333d4.jpgs5006_20180227214401e0f.jpgs5007_201802272144024f4.jpgs5008_20180227214404ede.jpgs5009_2018022721440526b.jpgs5010_20180227214407e89.jpgs5011_20180227214336139.jpgs5012_20180227214338278.jpgs5013_20180227214338af2.jpgs5014_20180227214340069.jpgs5015_201802272143411a8.jpgs5016_20180227214312dfd.jpgs5017_20180227214314ee2.jpgs5018_20180227214315e7a.jpgs5019_20180227214317c9e.jpgs5020_20180227214318e22.jpgs5021_20180227214244839.jpgs5022_20180227214246fed.jpg

完全どスッピン状態ですけど、ここまで磨き上げておけばです。

これでやっと下地処理が完了です。

どんなに素晴らしいコート剤を使っても下地がキッチリ整っていないと意味ないですからね。


ふぅ。。。ちと休憩ですなあ





んなワケで。。。


コーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート剤b6009.jpg

この2つのコート剤をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。



Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。



m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg




大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。



(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

通常、当店ではこのコート材をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。


上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

ホントはもっと楽な材料、施工方法もあるんですけどねぇ。。


車は「汗を搔いた分キレイになる」。。。


これもまた、私の「こだわり」ですかね




よっしゃ  1st coat いっちゃいますよ。。。。s6001_20180227214247016.jpg

このラウンドで施工するコート剤はこちら。。。z5002_201709012234080b0.jpg

ベースコートとして使うには勿体ないような気もしますが

こいつをTop coat の下に入れることによって光沢に深みが増しますし

同時に保護膜の被膜厚UPにも貢献してくれますからね。


ボンネットから。。。

s6003_20180227214250a95.jpg s6004_20180227214146d5b.jpgs6005_20180227214147d49.jpg

             

s6006_20180227214148e8d.jpg s6007_20180227214150594.jpgs6008_201802272141528b4.jpg


カウルトップ。。。。s6029_2018022721394040f.jpg  s6039_20180227213745c99.jpg


ルーフ。。。。。

s6009_20180227214122a14.jpg s6010_201802272141234fe.jpgs6011_20180227214124b41.jpg

             

         s6012_20180227214126e04.jpg 

リヤー廻り。。。

s6013_201802272141270e0.jpg s6014_20180227214055198.jpg

        

s6019_201802272140301cf.jpg s6020_20180227214032b08.jpgs6021_20180227214033eb8.jpg


s6022_20180227214034478.jpg s6023_20180227214035c40.jpgs6024_20180227214006099.jpgs6025_20180227214008c44.jpgs6026_20180227214009d13.jpgs6027_2018022721401058f.jpgs6028_2018022721401480c.jpg


こんな感じでパネル1枚1枚をキッチリとコートしていきます。

s6030_201802272139412cc.jpg s6031_20180227213942e3c.jpgs6032_20180227213944485.jpgs6033_20180227213945eb5.jpgs6034_20180227213844977.jpgs6035_20180227213846c29.jpgs6036_20180227213847e73.jpgs6037_20180227213848ab5.jpgs6038_20180227213850d47.jpg


s6040_201802272137475b5.jpg s6041_20180227213748d14.jpgs6042_20180227213749d51.jpgs6043_20180227213751501.jpg


更にドアを開けた内側、各ピラーにも。。。

s6044_20180227213708f6b.jpg s6045_201802272137105e6.jpgs6046_20180227213711626.jpgs6047_20180227213712fd6.jpgs6048_20180227213713c60.jpgs6049_20180227201939b45.jpgs6050_201802272019415b6.jpgs6051_201802272019410d0.jpg


ホイール。。。。。

クリップボルトも外してホールにもコートしておきました

s6052_20180227201943728.jpg s6053_20180227201944d33.jpgs6054_20180227201845c4a.jpg

              

          s6055_20180227201846394.jpg   

エンジンルームにも。。。。。  s6060.jpgs6061.jpg  


取り外しておいたワイパーアーム、ナンバープレートにも。。。s6062.jpg


1st coat 。。。終了~   s6063.jpg


この日の作業はここまで。。。


この状態で翌朝まで放置。。硬化乾燥させておきます。

このまま2コート目をいっちゃうとせっかくの1コート目を溶かしながらのコートとなってしまいますからね。

同じ2コートするのであれば表面硬度が上がってからの方がより確実にコート被膜厚が稼げますので


これもまた私の「こだわり」なんです。



んなワケで。。。

     
     。
     。
     。。。。
     。
     。
     あさァ~~




一晩寝かせたことによって表面硬度は3Hくらいになってます。


こちらが寝起き画像となります。


s7001_2018022720173896f.jpg s7002_20180227201739811.jpg

s7003_201802272017401ab.jpg s7004_20180227201741d71.jpgs7005_20180227201743c44.jpgs7006_20180227201711bee.jpgs7007_2018022720171397c.jpgs7008_20180227201713f1c.jpgs7009_20180227201715236.jpgs7010_201802272017168e6.jpgs7011_20180227201602ff7.jpg


一晩寝かせて硬化した分、光沢度もUPしております。

ほとんどの施工店さんではここで完成なんでしょうけど。。

わたくし、欲どおしいもので更なる光沢を求め

もう1コート


てなワケで。。。。。

2nd coat  いっちゃいます。。。。。s7012_201802272016049c0.jpg

作業そのものは1st coat と殆ど同じなんですけど

このラウンドではTHP-PROを主に施工していきます。。。z5053_20170901222500a89.jpg

1st coat と同じような画像となりますがお許しくださいませ。。。

ボンネット。。。。。

s7014_20180227201606e30.jpg s7015_20180227201608ac9.jpgs7016_201802272015284ce.jpg

               

s7017_20180227201530be3.jpg s7018_2018022720153112e.jpgs7019_20180227201532212.jpg


フロント廻り。。。。。

s7020_2018022720153443d.jpg s7021_20180227201455921.jpgs7022_201802272014565a9.jpgs7023_2018022720145819e.jpgs7024_20180227201459a11.jpgs7025_20180227201500370.jpgs7026_20180227201427fe1.jpgs7027_20180227201428628.jpgs7028_20180227201429ac6.jpg


ルーフ。。。。。

s7029_2018022720143163d.jpg s7030_20180227201432539.jpgs7031_201802272013553d3.jpg

              

s7032_20180227201356cd9.jpgs7033_20180227201358e4b.jpgs7034_20180227201359e37.jpg


リヤゲート。。。。。

s7035_201802272014004b7.jpg s7036_20180227201331fd0.jpg

        

s7037_201802272013332d4.jpg s7038_20180227201333000.jpgs7039_201802272013350f1.jpg


ドア廻り。。。。。

s7040_2018022720133691c.jpg s7041_20180227201307ccc.jpg

        

s7042_201802272013090a5.jpg s7043_20180227201309a82.jpgs7044_20180227201311494.jpg


s7052_20180227201217f79.jpg s7053_201802272012180b2.jpgs7054_2018022720121991d.jpg


リヤー廻り。。。。。

s7045_201802272013138bd.jpg s7046_201802272012411f9.jpgs7047_2018022720124343e.jpgs7048_201802272012437b9.jpgs7049_20180227201245d86.jpgs7050_20180227201247193.jpgs7051_20180227201215c3b.jpg


しめはこちらで。。。 s7058_20180227201152bdd.jpg

いつも通り、コート終了後に硬化確認用のサンプルを採っておきます。

少し見難いかもしれませんが、ブルーのちっこいスポンジ。。。

こいつの硬化具合を確認してお客さまにお渡し出来る日を決めております。

そのときの気温、湿度によって硬化スピードは変わってきます。

冬場は気温、湿度ともに低いので施工終了後ブース内の温度を上げて加湿器で湿度を上げてやっております。


てなワケで、

2nd coat 。。。終了です。


s7059_2018022720115479f.jpg s7060_2018022720115501f.jpgs7061_20180227201121c4e.jpg


で、こちらが完成画像となります。


s8001_201802272011230e9.jpg s8002_20180227201124557.jpgs8003_20180227201125726.jpgs8004_20180227201127c41.jpgs8005_2018022720102203f.jpgs8006_20180227201023788.jpgs8007_201802272010245f8.jpgs8008_20180227201025bc1.jpgs8009_20180227201027010.jpgs8010_20180227200954967.jpgs8011_201802272009561a9.jpgs8012_201802272009577c7.jpgs8013_20180227200958777.jpgs8014_201802272010006b2.jpgs8015_201802272009274f2.jpgs8016_20180227200928663.jpgs8017_20180227200929496.jpgs8018_20180227200930afa.jpgs8019_20180227200932cfe.jpgs8020_201802272009030db.jpgs8021_20180227200905782.jpgs8022_20180227200905558.jpgs8023_201802272009078bc.jpgs8024_201802272009085c3.jpgs8025_20180227200841a52.jpgs8026_20180227200842392.jpgs8027_20180227200843cd2.jpgs8028_20180227200844f96.jpgs8029_2018022720084672e.jpgs8030_20180227200817ec6.jpgs8031_20180227200819d5b.jpgs8032_20180227200819144.jpgs8033_2018022720082100e.jpgs8034_2018022720082389f.jpgs8035_20180227200749da1.jpgs8036_20180227200751e59.jpgs8037_20180227200751d6b.jpgs8038_20180227200753dc7.jpgs8039_201802272007558c3.jpgs8040_20180227200722d89.jpgs8041_201802272007248ca.jpgs8042_20180227200725338.jpgs8043_2018022720072628f.jpgs8044_20180227200727f3f.jpgs8045_201802272006587ea.jpgs8046_201802272007004ab.jpgs8047_20180227200700ae4.jpgs8048_20180227200702920.jpgs8049_2018022720070349a.jpgs8050_201802272006333cb.jpgs8051_201802272006353b5.jpgs8052_201802272006361c8.jpgs8053_201802272006375d1.jpgs8054_2018022720063942a.jpgs8055_20180227200607617.jpgs8056_201802272006097de.jpgs8057_20180227200609e9b.jpgs8058_20180227200611565.jpgs8059_20180227200612bd7.jpgs8060_2018022720053305e.jpgs8061.jpgs8062.jpg


ふぅ。。。ちと画像が多すぎましたねお許しを。。。

まっ、いつものことですけどね


いつも通り、気が済むまでキッチリとコートさせて頂きました。

イイ感じに仕上がりましたよ。

タイヤとガラス以外は、ほぼコートしておきました。

このままこのブース内で3,4日硬化乾燥させておきます。

お渡し出来る頃には更に輝いてますから




実は、昨日(2月27日)Mさまにお渡し致しました。

その際、改めてお手入れの仕方、注意点。。。等々をお話しさせて頂きました。

ここから先はMさまのお手入れ次第です

と、言っても基本は「洗車」ですから

汚れたら洗車です。

雨が降ったら洗車です。

する事無かったら。。まずは洗車です。

拭き取りは丁寧に。。。水滴を残さないようにです。

ドア、ボンネット、バックドア。。。全てを開けてそこの水滴も拭き取ってください。

今回の施工により洗車は凄く楽になりますので、まずはご自身で体験されてみてくださいませ

何かあればまたいつでもお越しください。。。


今回も納得の作品に仕上がりました。。。ありがとうございました。

これを機会に今後ともどうぞ宜しくお願い致します。


最後にいつもの。。スッキリどや顔を

s9001_20180227200537c3a.jpg s9002_20180227200538f24.jpg

おお~Goodですぢゃ



ふぅ。。。何とか今夜中に書き終わりましたよ。。
けど。。限界でございます
おやすみなさいませ~


カテゴリ: ガラスコート(経年車)

[edit]

Posted on 2018/02/28 Wed. 01:22    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード