倉敷 岡山 ガラスコート Ripica

岡山・倉敷を拠点に頑張ってます^^ こだわりの車磨き職人のブログです。各種パーツ持ち込み取り付けもOK~。

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
 

☆ NISSAN SERENA Highway STAR ☆ 

こんだけあったかくなってきますと。。。

桜も一気に開き始めるでしょうねぇ

この辺りだと今週末くらいですかねぇ。。。

お花見今年も行きますよ~

その前に。。。仕事、頑張りまっせ~



んなワケで

今回のお車はこちら。。。。。

s1001_201803242230429f0.jpg s1002_201803242230439a0.jpg

日産セレナ Highway STAR  S-HYBRID カラー/ブラック

今回も日産サティオさまからのご依頼です。。。いつもありがとうございます。

いつも通りキッチリと仕上げさせて頂きます。


まずは。。。マスキングですね。

当店ではたとえ新車でも必ずひと磨きさせていただいております。

一番の目的はコート剤との密着度を上げてやるってことなんですが

同時に水染みとか洗車キズも取り除けますので。。。

そのひと磨きをキッチリとするためにはこのマスキングはとても重要なんですよ

では。。。

s2001_201803242230440b6.jpg s2002_20180324223019532.jpgs2003_20180324223021374.jpgs2004_2018032422302298c.jpgs2005_20180324223023dbd.jpgs2006_201803242230250ea.jpgs2007_2018032422295934a.jpgs2008_20180324223000878.jpgs2009_20180324223001ebb.jpgs2010_20180324223003deb.jpg

手間も時間も掛かりますけどねだいじ、だいじ

ポリッシング準備完了。。。。s3001_20180324223004e0d.jpgs3002_201803242229302e9.jpg

いつものギヤアクションP&ウレタンバフで。。。

研磨剤はRipicaスーパーコンパウンド。。0.3ミクロン超微粒子ノンシリコンです。


まずは、ボンネットから。。。

s3003_20180324222932046.jpg s3005_201803242229345ed.jpgs3006_20180324222936a6d.jpg

こんな感じでパネル1枚1枚をキッチリと磨き上げていきます。

では残りのパネル。。。一気にいかせて頂きます。

s3007_2018032422290745f.jpg s3008_20180324222909eb9.jpgs3009_20180324222910b95.jpgs3010_20180324222911b51.jpgs3011_2018032422291354a.jpgs3012_20180324222845c13.jpgs3013_20180324222846710.jpgs3014_20180324222847366.jpgs3015_20180324222848f4f.jpgs3016_20180324222850d61.jpgs3017_20180324222820993.jpgs3018_20180324222821591.jpgs3019_20180324222823927.jpgs3020_20180324222824ef7.jpgs3021_20180324222825651.jpgs3022_2018032422275522e.jpgs3023_2018032422275633c.jpgs3024_201803242227576a6.jpg


ポリッシング。。終了~  s3026_2018032422280119a.jpgs3025_20180324222759b8e.jpg


磨き上がって完全どスッピン状態となったSERENAくんがこちら。。。

s4001_20180324222730492.jpg s4002_201803242227329ca.jpgs4003_20180324222733fd8.jpgs4004_201803242227341c7.jpgs4005_201803242227361ef.jpgs4006_201803242227045cc.jpgs4007_201803242227066a5.jpgs4008_20180324222706f0c.jpgs4009_20180324222708cbe.jpgs4010_201803242227096cf.jpgs4011_20180324222643159.jpgs4012_2018032422264605e.jpgs4013_20180324222646731.jpg


画像では分かり難いかも。。ですが

この時点で新車よりも輝いてますよ

これでやっと下地処理が完了です。


ここまでの作業をキッチリとやるかやらないかで仕上がりに大きな差が出ちゃいますからねぇ

たとえ時間が掛かっても気が済むまでとことんやってます

これもまた私の「こだわり」なんです。




てなワケで。。。

コーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート剤b6009.jpg

この2つのコート剤をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。



Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。



m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg




大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。



(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

通常、当店ではこのコート材をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。


上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

ホントはもっと楽な材料、施工方法もあるんですけどねぇ。。


車は「汗を搔いた分キレイになる」。。。


これもまた、私の「こだわり」ですかね




よっしゃ  1st coat いっちゃいますよ。。。。s5001_201803242226477c8.jpg

このラウンドで施工するコート剤はこちら。。。z5002_201709012234080b0.jpg

ベースコートとして使うには勿体ないような気もしますが

こいつをTop coat の下に入れることによって光沢に深みが増しますし

同時に保護膜の被膜厚UPにも貢献してくれますからね。


まずはボンネットから。。。

s5003_20180324222612e82.jpg s5004_2018032422261496d.jpgs5005_20180324222615cdc.jpg

               

s5006_20180324222616db6.jpg s5007_201803242226189f8.jpgs5008_20180324222543c84.jpg


こんな感じでパネル1枚1枚をキッチリとコートしていきます。


リヤーゲート廻り。。。

s5009_20180324222545a23.jpg s5010_2018032422254559f.jpgs5011_20180324222547510.jpgs5012_201803242225484e4.jpgs5013_20180324222512c1f.jpg

ハッチを開けて中側のパネルにも。。。

s5014_20180324222514286.jpg s5015_20180324222514e72.jpgs5016_2018032422251670f.jpg

               

s5017_20180324222518352.jpg s5018_201803242224459b1.jpgs5019_20180324222447ac7.jpgs5020_20180324222448948.jpgs5021_20180324222449918.jpg


ルーフ。。。。。

s5022_20180324222451d22.jpg s5023_201803242224190e5.jpgs5024_20180324222421af2.jpgs5025_20180324222422345.jpgs5026_20180324222423845.jpg

               

s5027_20180324222425a90.jpg s5028_201803242223536d1.jpgs5029_201803242223555c6.jpg


残りのパネルもこんな感じでコートしていきます。

s5030_20180324222355b65.jpg s5031_20180324222357791.jpgs5032_20180324222358dff.jpgs5033_20180324222324a49.jpgs5034_20180324222326b93.jpgs5035_201803242223276a7.jpgs9010_2018032500380296c.jpgs9011_20180325003803d4a.jpgs9012_20180325003805188.jpgs9013_20180325003807589.jpgs9014_201803250038080aa.jpgs9015_20180325003742507.jpgs9016_201803250037448c7.jpgs9017_201803250037453b4.jpgs9018_201803250037471b0.jpgs9019_20180325003748f27.jpgs5036_201803242223282e1.jpg


更に。。。。。

s6001_20180324222330b7c.jpg s6002_201803242223016e6.jpgs6003_20180324222302890.jpgs6004_20180324222303941.jpgs6005_20180324222304fbb.jpg


s6006_20180324222306618.jpg s6007_20180324222235e5e.jpg


s6008_20180324222236859.jpg s6009_2018032422223767b.jpgs6010_201803242222386e9.jpgs6011_20180324222240810.jpgs6012_20180324222211479.jpgs6013_201803242222120cd.jpgs6014_201803242222137be.jpgs6015_201803242222151c4.jpgs6016_201803242222168c1.jpg


s6018_20180324222150a73.jpg s6019_20180324222150a72.jpgs6020_20180324222152264.jpgs6021_20180324222153dc1.jpgs6022_20180324222119e3c.jpgs6023_20180324222120e46.jpg


s6027_201803242220528aa.jpg s6028_201803242220537fe.jpg


こんな所にも可能な限りコートしていきます。

これも結構な手間ですけどね。

洗車終了後の拭き取りの際にこういった所も水滴を軽くでいいですから拭き取ってやってくださいね。

そうすることによって結構「キレイ」を保てますから


で、1st coat 終了です。。。。

この日の作業はここまで。。。

このまま翌朝まで放置。。。硬化乾燥させておきます。

同じ2コートするのであれば表面硬度が上がってからの方がより確実にコート被膜厚が稼げますからね。。

このまま2コート目をいっちゃうとせっかくの1コート目を溶かしながらのコートになってしまいますので。

これもまた私の「こだわり」なんです


んなワケで。。。

     
     。
     。
     。。。。
     。
     。
     あさァ~~




一晩寝かせたことによって表面硬度は3Hくらいになってます。


こちらが寝起き画像となります。

s7001_2018032422203077c.jpg s7002_20180324222031d73.jpgs7003_201803242220325fd.jpgs7004_20180324222034b63.jpgs7005_201803242220066d1.jpgs7006_20180324222007e5d.jpgs7007_2018032422200835e.jpgs7008_20180324222010ec8.jpgs7009_201803242220128d4.jpgs7010_20180324221941358.jpg


硬化した分、光沢度もUPしてます。

さて。。ここでもう1コートいっちゃいますよ


2nd coat 。。。。。。s7011_20180324221943fa4.jpg


作業そのものは1st coat と殆ど同じなんですけど

このラウンドではTHP-PROを主に施工していきます。z5053_20170901222500a89.jpg


ボンネットから。。。

s7013_201803242219455a6.jpg s7014_20180324221946ee7.jpgs7015_201803242219164a5.jpg

               

s7016_20180324221917969.jpg s7017_201803242219183a3.jpgs7018_20180324221920836.jpg



ルーフ。。。。。

s7022_201803242218259fc.jpg s7023_2018032422182601f.jpgs7024_201803242218270ea.jpg

               

s7025_20180324221757d00.jpg s7026_201803242217586f0.jpgs7027_20180324221759fe4.jpg


1st coat と同じくパネル1枚1枚をキッチリとコートしていきます。

残りのパネル。。。一気にいっちゃいます。


s7019_20180324221921630.jpg s7020_20180324221822c53.jpgs7021_2018032422182306d.jpgs7028_20180324221801953.jpgs7029_2018032422180356c.jpgs7030_20180324221731899.jpgs7031_2018032422173321a.jpgs7032_20180324221733c99.jpgs7033_20180324221735035.jpgs7034_20180324221737c7a.jpgs7035_20180324221704512.jpgs7036_20180324221706d36.jpgs7037_20180324221706bcc.jpgs7038_201803242217083ac.jpgs7039_20180324221709a6b.jpgs7040_20180324221629298.jpgs7041_20180324221630908.jpgs7042_20180324221631a72.jpgs7043_20180324221633e87.jpgs7044_20180324221634fea.jpg


アルミホイール。。。

s7045_20180324221554233.jpg s7046_20180324221552705.jpgs7047_201803242215503a2.jpg


エンジンルーム。。。。。s7048_20180324221550200.jpg オマケしておきますね


ワイパーアーム。。等々。。。s7049_20180324221548b4d.jpg


最後にいつもの硬化確認用のサンプルを採ってと。。。s7050_20180324221147167.jpg

このブルーのちっこいスポンジ、これでサンプルを採って硬化具合を確認し

お客さまにお渡し出来る日を決めております。

その時の気温、湿度にもよりますが。。。

通常ですと施工後3,4日くらいです。(完全硬化には約一週間くらいは必要です)



で、こちらが完成画像となります。

s8001_20180324221148a39.jpg s8002_2018032422115098e.jpgs8003_20180324221106e35.jpgs8004_20180324221108945.jpgs8005_20180324221109b39.jpgs8006_20180324221111693.jpgs8007_20180324221112e51.jpgs8008_20180324221044445.jpgs8009_2018032422104636c.jpgs8010_20180324221047e29.jpgs8011_2018032422104971a.jpg


s8031_20180324220854a84.jpgs8032_20180324220855ef5.jpgs8033_20180324220825fc4.jpgs8034_20180324220827cdf.jpgs8035_2018032422082849a.jpgs8036_20180324220830b49.jpgs8037_20180324220831954.jpgs8018_201803242209460ff.jpg


s8012_201803242210508e6.jpg s8013_20180324221020f48.jpgs8014_201803242210216bc.jpgs8015_20180324221023897.jpgs8016_20180324221024234.jpgs8017_2018032422102620c.jpg


s8019_20180324220947e1c.jpg s8020_2018032422094908f.jpgs8021_2018032422095189a.jpgs8022_20180324220952d2d.jpgs8023_2018032422092487a.jpgs8024_20180324220925384.jpgs8025_20180324220927c8e.jpgs8026_2018032422092814d.jpgs8027_2018032422093030c.jpgs8028_2018032422084965a.jpgs8029_20180324220851c71.jpgs8030_201803242208527c6.jpgs8038_20180324220759be2.jpgs8039_2018032422080099b.jpgs8040_201803242208014ed.jpgs8041_20180324220803948.jpgs8042_20180324220804642.jpgs8043_2018032422032461d.jpgs8044_2018032422032613d.jpgs8045_20180324220327547.jpgs8046_20180324220328374.jpg


s8047_20180324220330555.jpg s8048_20180324220225c1b.jpgs8049_20180324220226558.jpgs8050_201803242202282e0.jpgs8051_20180324220229d44.jpgs8052_201803242202315f7.jpgs8053_20180324220156ff1.jpgs8054_20180324220157ae3.jpgs8055_2018032422015937b.jpgs8057_2018032422020099e.jpgs8058_201803242202023a6.jpgs8059_201803242201297e2.jpgs8060_201803242201317d1.jpgs8061_20180324220133629.jpgs8062_20180324220134dab.jpgs8063.jpgs8064.jpgs8065.jpgs8066.jpg


フルコース・コーティング。。。

イイ感じに仕上がりました

このまま納車までこのブース内で硬化乾燥させておきますので

お客さまにお渡し出来る頃には更に光沢度UPしてますよ。



今回も納得の作品に仕上がりました。。。ありがとうございました

また次回も何かありましたらどうぞ宜しくお願い致します。


最後にいつものスッキリどや顔を。。。。。

s9001_20180324220111825.jpg s9002_20180324220113182.jpg

おお~男前ですぢゃ



今夜はいつもよりは少し早く終わりました。。。

こんな日は。。。。。寝ます

おやすみなさいましぃ~


スポンサーサイト

カテゴリ: ガラスコート(新車)

[edit]

Posted on 2018/03/25 Sun. 00:22    TB: 0    CM: 0

☆ SUZUKI Spacia HYBRID-X ☆ 

春が来たあ~。。。と思えば

関東辺りではいきなりの冬。。。

各地の観光地も大混乱でしたねぇ

せっかく開きかけた桜もフリーズ状態ですかねぇ。。。

また明後日からは気温一気に急上昇とか。。。

変な天候が続きますが皆様も体調管理に気を付けてくださいませ。。。

それでは。。。また


。。。って、おいおい


はいはい今夜も頑張ってUPしまんがな


さて。。。と
今回のお車はこちら。。。。。

s1001_20180321113547cfb.jpg s1002_20180321113548934.jpg

スズキ Spacia HYBRID-X カラー/オフブルーメタリック

オーナーのMさま。。今回も当店でのお買い上げありがとうございます

いつも通りキッチリと仕上げさせて頂きます。


今回のOPはこちら。。。s1003_20180321113550918.jpg

ナビ、バックカメラ、ETC、ドラレコ・・・他

それと、もちろんGlass coat です。


それでは、早速作業に取り掛からせて頂きましょう

まずは室内作業から。。。。s1004_201803211135518d9.jpgs1005_2018032111355301c.jpg

配線をキッチリと納めていきたいので取り回しがやり易いように各パーツを取り外していきます。

リヤーゲート。。。

s1006_201803211135268d3.jpg s1007_201803211135274ef.jpgs1008_20180321113529ff4.jpg


前廻り。。。。。

s1009_20180321113530e44.jpg s1010_20180321113532b1b.jpgs1011_2018032111350500b.jpgs1012_201803211135071f4.jpg


取り外したパーツはこちら。。。。。s1013_20180321113508600.jpg

TVフィルムアンテナ、ETC,ドラレコ等を貼り付けてと。。。

s1014_20180321113510e0a.jpg s1015_20180321113511f4e.jpg

各ハーネスをセンターへ。。。s1016_2018032111343784f.jpg

振動音等が出ないようにスポンジテープでしっかりと養生しておきます。

センターユニットを組み付けて。。。s1017_201803211134380b5.jpg

スッキリと純正ぽく組み込めましたね

s1019_201803211134411e2.jpg s1020_20180321113443d73.jpgスマホのCHG用とオーディオ用のUSBハブです。


ETC本体とドラレコも。。。。。s1021_201803211134125b6.jpgs1022_2018032111341473f.jpg

ETCも最近は純正を売りたいんでしょうねぇ。。。

外品が取り付け難くしてますよわざとくりを大きくしてみたり純正のステーを使わないと付かないみたいな。。。

もう少しユーザーさんのことを考えて造ればいいと思いますけどねぇ。。ホントにもう

意地でも純正取り付け位置に付けてやりましたけどね


さてと。。。

あとはバックカメラの取り付けですね。

取り外したガーニッシュの加工から。。。s1023_2018032111341527e.jpg

s1024_20180321113417cb1.jpg  他の所にキズが入らないように養生して。。。

えいやあとカットします。。。s1025_20180321113418aa6.jpg とっても気を遣います


で、モニターでチェックしながらカメラを取り付けて。。。s1026_201803211133478d0.jpg


水の侵入を防ぐための防水処置もキッチリ施して。。。s1027_20180321113348cad.jpg

あとはハーネスを前まで持って行きます。。。これがちと大変かな。

s1028.jpg s1029.jpgもちろんハーネスには振動音防止のスポンジを巻いております。


でもって、バックカメラも無事に取り付け完了です。 s1030.jpgs1031.jpg


ガイドラインの設定もキッチリとしておきます。

s1032.jpg s1033.jpg


室内作業。。終了~。。。。。ふぅ。。ちょいと休憩ですな


よっしゃあ~ Glass coat いっちゃいましょう  s2001_2018032111332660d.jpg


いつものようにまずはマスキングから。。。

s2002_20180321113328232.jpg s2003_20180321113257cce.jpgs2004_20180321113259da5.jpgs2005_20180321113259b09.jpgs2006_20180321113301cd0.jpgs2007_20180321113302708.jpgs2008_20180321112508872.jpg


ポリッシング準備完了~。。。s3001_20180321112509cb8.jpg

気になるダメージはありませんでしたので、いつもの相棒。。。s3002_2018032111251106b.jpg

ギヤアクションP&ウレタンバフで。。。

当店ではたとえ新車でも必ずひと磨きしております。

一番の目的はコート剤との密着度を上げてやるってことなんですけど

同時に水染みとか洗車キズとかの除去もしていきます。

ひと磨きすることによって光沢度もUPしますしね


それでは。。。ポリッシングすたーとです。

s3003_20180321112512547.jpg s3004_201803211125143f3.jpgs3005_20180321112446080.jpgs3006_201803211124471c3.jpgs3007_2018032111244900b.jpgs3008_20180321112450837.jpgs3009_20180321112451da1.jpgs3010_201803211124253c5.jpgs3011_20180321112427295.jpgs3012_201803211124283da.jpgs3013_2018032111243038a.jpgs3014_20180321112431b9e.jpgs3015_20180321112403a06.jpgs3016_2018032111240520b.jpgs3017_20180321112406a20.jpgs3018_20180321112408524.jpgs3019_20180321112409aaf.jpgs3020_20180321112340c06.jpgs3021_20180321112342d31.jpgs3022_201803211123435e7.jpgs3023_201803211123444bf.jpgs3024_2018032111234698c.jpgs3025_201803211123120a7.jpgs3026_20180321112314f0c.jpgs3027_20180321112315552.jpg


こんな感じでパネル1枚1枚をキッチリと磨き上げていきます。


で、磨き上がって完全どスッピン状態となったSpaciaくんがこちら。。。

s4001_201803211123179c6.jpg s4002_20180321112318580.jpgs4003_20180321112251007.jpgs4004_2018032111225376f.jpgs4005_20180321112254428.jpgs4006_2018032111225673d.jpgs4007_201803211122574a3.jpgs4008_20180321112230073.jpg

イイ感じに磨き上がりましたよ。

これでやっと下地処理が完了したわけであります。

同じコーティングするのであればここまでは仕上げておきませんとね。。。


。。。って、これが私の「こだわりの下地処理」なんです。


時間が掛かってもやはり自分自身が納得出来るまで磨き上げる。。。


こだわりを持って磨き上げている職人さんは皆同じだと思いますよ。


どんなに凄い、どんなに高価なコート剤を使って施工しても


この下地処理がいい加減だと出来上がったものもそれなりになってしまうと思います。


結果、お客さまからは笑顔は頂けないんだと。。常に私はそう考えます。。。(ほっほぉ



それでは。。。


コーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート剤。。。。。b6009.jpg

この2タイプのコート剤をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。。。

Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。

m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg

大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。

(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

当店ではこのコート剤をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。

上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

ホントはもっと楽な材料、施工方法もあるんですけどねぇ。。


車は「汗を搔いた分キレイになる」。。。


これも私の「こだわり」ですかね



1st coat 。。。。。s5001_20180321112232297.jpg


ボンネット。。。。。

s5003_20180321112235dab.jpg s5004_20180321112236d6c.jpgs5005_20180321112204637.jpg

               

s5006_20180321112205725.jpg s5007_2018032111220784a.jpgs5008_201803211122088c5.jpg


カウルトップも。。s5009_20180321112210f09.jpgs5010_201803211121357c9.jpg


前廻り。。。。。

s5011_20180321112136d0e.jpg s5012_20180321112138146.jpgs5013_20180321112139ae8.jpgs5014_20180321112141dca.jpgs5015_20180321112114e28.jpgs5016_20180321112116993.jpg


ルーフ。。。。。

s5017_2018032111211794c.jpg s5018_201803211121190c0.jpgs5019_20180321112120752.jpg

               

      s5020_20180321112045f2b.jpg s5021_20180321112047f19.jpg


リヤーゲート。。。

s5022_201803211120480e9.jpg s5023_20180321112050825.jpgs5024_20180321112051b82.jpg

               

          s5025_20180321112008a0a.jpg  


こんな感じでパネル1枚1枚をキッチリとコートしていきます。

では、残りのパネル。。。一気にいかせて頂きます。

s5026a.jpgs5026b.jpgs5026c.jpgs5026d.jpgs5026e.jpgs5026f.jpgs5026g.jpgs5026h.jpgs5026i.jpg   


一般的にはコーティングってここまでの作業なんですが

当店では更に。。。。

s5027_20180321111854122.jpgs5028_20180321111855299.jpgs5029_20180321111857ae7.jpgs5030_201803211118593df.jpgs5031_201803211118241a5.jpgs5032_201803211118253b9.jpgs5033_2018032111182723a.jpgs5034_20180321111828265.jpgs5035_2018032111182934c.jpgs5036_20180321111800680.jpgs5037_20180321111802841.jpgs5038_20180321111803ae5.jpgs5039_20180321111805220.jpgs5040_201803211118060b2.jpgs5041_20180321111738062.jpgs5042_201803211117408a6.jpgs5043_201803211117417c5.jpgs5044_20180321111743788.jpgs5045_20180321111744e14.jpgs5046_20180321111715ce5.jpgs5047_2018032111171783a.jpgs5048_2018032111171799a.jpgs5049_20180321111719b46.jpgs5050_20180321111720a8d.jpgs5051_20180321111520cc5.jpg  

。。。と、ここまでしっかりとコートしていきます。

手間と時間は掛かりますが

こういった所もボディーの一部ですからね

ただし、洗車の際にここも軽くでいいですから水滴を拭き取ってやってくださいね。

そうするだけでいつまでもキレイを保てますから

外はキレイになってもドアを開けたらってのはいただけませんからね


更に更に。。。。s5051a.jpgs5051b.jpg ホイルにもキッチリとコートですよ。

ブレーキダストの汚れから守ります。

あと、この時点ではまだ登録が終わってませんでしたのでここにはありませんが

ナンバープレートにもしっかりとコートしておきますよ。

これからの季節。。生活に疲れたバグの飛び込み自殺が増えちゃいますからね。。。

ナンバープレートへのコート。。。効果有りですよ


おっと、忘れてました。。。s5055_20180321111455a25.jpg こいつにもコートです。


で、1st coat 終了~

s5053_20180321111526704.jpg s5052_201803211115248b9.jpgs5054_201803211114545fd.jpg


この日の作業はここまで。。。

この状態で一晩放置してこのまま硬化乾燥させておきます。

この上に2コート目をいくとせっかくの1コート目を溶かしながらのコートとなってしまいますからね。

同じ2コートするのであれば表面硬度が上がってからの方がより確実にコート被膜厚が稼げますので


これもまた私の「こだわり」なんです





。。。と、いうわけで。。。。。

     
     。
     。
     。。。。グガアァ~・・ンゴゴゴゴ・・グガァ~
     。
     。
     あさァ~~




一晩寝かせたことによって表面硬度は3Hくらいになってます。


で、こちらが寝起きの私です。。。。。。はい要らないねぇおいおい。


すんません


こちらが一晩寝かせて表面硬化したSpaciaくんです。

s6001_201803211114573af.jpg s6002_20180321111458cc8.jpgs6003_20180321111500abd.jpgs6004_201803211114301c4.jpgs6005_20180321111432c3e.jpgs6006_20180321111433291.jpgs6007_20180321111435ef1.jpgs6008_20180321111436ce7.jpgs6009_20180321111403b3d.jpgs6010_201803211114056e5.jpgs6011_2018032111140677a.jpgs6012_20180321111408dd9.jpg

おおー 私と違ってスッキリしてますなあ

このままでも充分な感じなんですけどねぇ。。。なんちゃって


2nd coat  いっちゃいます

作業そのものは1st coat と殆ど同じなんですけど

このラウンドではTHP-PROを主に施工していきます。。。z5053_20170901222500a89.jpg


ボンネット。。。。。

s7003_20180321111345727.jpg s7004_201803211113466d4.jpgs7005_20180321111348bad.jpg

               

s7006_20180321111349b22.jpg s7007_20180321111322b90.jpgs7008_20180321111323fa3.jpg


こんな感じで重ね塗りをしていきます。

では、残りのパネル。。ここからは一気にいかせて頂きます。

s7009_201803211113259fd.jpg s7010_2018032111132609b.jpgs7011_20180321111328ada.jpgs7012_2018032111125508a.jpgs7013_20180321111257f90.jpgs7014_20180321111258051.jpgs7015_20180321111300508.jpgs7016_201803211113018b7.jpgs7017_20180321111210e6b.jpgs7018_20180321111211ffe.jpgs7019_201803211112133ab.jpgs7020_201803211112146cb.jpgs7021_20180321111216a7e.jpgs7022_201803211111394eb.jpgs7023_2018032111114078a.jpgs7024_20180321111142c66.jpgs7025_20180321111143449.jpgs7026_20180321111145621.jpgs7027_20180321111113e69.jpgs7028_201803211111148b5.jpgs7029_201803211111168b1.jpgs7030_201803211111171f2.jpgs7031_2018032111111946b.jpgs7032_20180321111050a4b.jpgs7033_2018032111105204a.jpgs7034_20180321111053dd8.jpgs7035_20180321111055ea9.jpgs7036_201803211110566a5.jpg


2nd coat 終了~。。。。。s7037_20180321111023a58.jpg


s7038_20180321111024cb5.jpg s7039_201803211110266ca.jpg

最後にいつものサンプルを採って。。。(ブルーのちっこいスポンジ)

こいつの硬化具合を確認してお客さまにお渡し出来る日を決めております。

施工時の気温、湿度によって硬化速度は異なりますので。。。

これからの季節ですと施工後早ければ3,4日くらいでお渡し出来ると思います。

ただし、完全硬化には施工後約一週間が必要となります。


てなワケで。。。。。

こちらが完成画像となります。


s8001_20180321111029833.jpg s8002_20180321110956370.jpgs8003_20180321110958f75.jpgs8004_20180321110958659.jpgs8005_20180321111000323.jpgs8006_20180321111001034.jpgs8007_20180321110441e65.jpgs8008_2018032111044344d.jpgs8009_20180321110444f79.jpgs8010_201803211104459e4.jpgs8011_20180321110447726.jpgs8012_20180321110415fd6.jpgs8013_20180321110416864.jpgs8014_2018032111041770e.jpgs8015_20180321110419ce0.jpg


s8016_20180321110421fb1.jpg s8017_20180321110345fd9.jpgs8018_20180321110347cfc.jpgs8019_20180321110348ee1.jpgs8020_20180321110350f04.jpgs8021_20180321110351145.jpgs8022_20180321110323cf2.jpgs8023_201803211103252d3.jpgs8024_20180321110326204.jpgs8025_2018032111032862f.jpgs8026_20180321110329677.jpgs8027_20180321110301c31.jpgs8028_20180321110303fe8.jpgs8029_2018032111030495c.jpgs8030_201803211103061f8.jpgs8031_20180321110307e66.jpgs8032_20180321110237b98.jpgs8033_20180321110239fc4.jpgs8034_20180321110240b76.jpg


s8035_2018032111024218d.jpg s8036_20180321110243669.jpgs8037_20180321110215e76.jpgs8038_20180321110216b81.jpgs8039_20180321110218a02.jpgs8040_20180321110219761.jpgs8041_20180321110221cf7.jpgs8042_20180321110153e9d.jpgs8043_20180321110155b89.jpgs8044_20180321110156cae.jpg


とてもイイ感じに仕上がりましたよ。

Mさまにお渡し出来る頃には更に光沢度UPしてますから


さあ、ここから先はMさまのお手入れ次第ですよ。

この状態を維持するには。。。。。

「洗車」あるのみ あとは拭き取りをキッチリとね。

デポジットを作らせない為にも洗車と拭き取り。。。水滴を残さない。。これだいじです


最後にいつもの。。。

スッキリどや顔を


s9001_201803211101575e4.jpg s9002_2018032111015975f.jpg

おおーーいい笑顔ですぢゃ




そろそろ限界です。。。落ちます。。。

おやすみなさいませ~

カテゴリ: ガラスコート(新車)

[edit]

Posted on 2018/03/22 Thu. 01:04    TB: 0    CM: 0

☆ NISSAN X-TRAIL ☆ 

今年は桜の開花が早いみたいですねぇ。

花見の日程を繰り上げないと駄目かもですね。

その前に溜まりに溜った仕事を何とかやっつけてしまわないと。。。

頑張りまっせぇ~


さてと。。。

今回のお車はこちら。。。。。

x1001_201803161345346f0.jpg x1002_20180316134536e4f.jpg

日産 X-TRAIL 20Xi カラー/ダイヤモンドブラックP

いつもお世話になっております。。。日産サティオさまからのご依頼です。

黒いお車が続きますが。。。今回も頑張ります


まずは。。。

毎度おなじみのマスキングから


x2001_201803161345372cf.jpg x2002_20180316134538c4c.jpgx2003_201803161345405cb.jpgx2004_20180316134450e17.jpgx2005_201803161344520ca.jpgx2006_20180316134453da8.jpgx2007_20180316134454f62.jpgx2008_20180316134456343.jpg

コート前のひと磨き。。。いっちゃいます

ここでのひと磨きはとても重要なんです。

一番の目的はコート剤との密着度を上げてやるってことなんですけど

同時に表面に付いている水染みとか洗車キズとかも除去しますからね。

さらには磨くことによって光沢度も上がりますし。。。

とにかく、何もしないでこのままコーティングってのはウチでは考えられません


んなワケで。。。ポリッシングです。x3001_201803161344290d6.jpgx3002_20180316134431a71.jpg

今回は気になるダメージはありませんでしたので

いつもの相棒。。。ギヤアクションP&ウレタンバフで。。。

研磨剤はRipicaスーパーコンパウンド 0.3ミクロン超微粒子ノンシリコンを使います。


x3003_2018031613443256e.jpg x3004_201803161344345ca.jpgx3005_20180316134435c9f.jpgx3006_201803161344040df.jpgx3007_20180316134406640.jpgx3008_20180316134407b55.jpgx3009_20180316134409c67.jpgx3010_2018031613441056e.jpgx3011_20180316134343f03.jpgx3012_201803161343440e3.jpgx3013_20180316134346f42.jpgx3014_2018031613434731f.jpgx3015_201803161343494e3.jpgx3016_20180316134320aa9.jpgx3017_20180316134321114.jpgx3018_201803161343231c6.jpgx3019_20180316134325b43.jpgx3020_20180316134326b85.jpgx3021_2018031613423877d.jpgx3022_2018031613424050b.jpgx3023_20180316134241798.jpgx3024_20180316134243e02.jpg

こんな感じでパネル1枚1枚をキッチリと磨き上げていきます。

このためにマスキングが必要なんです。


で、磨き上がって完全どスッピン状態となったX-TRAILくんがこちら。。。

x4010_20180316134156a44.jpgx4011_201803161341586cd.jpgx4012_20180316134126aac.jpgx4013_201803161341274dd.jpgx4014_20180316134129ab8.jpgx4015_20180316134130196.jpgx4016_20180316134132ed6.jpgx4017_201803161341042c4.jpg

既にこの時点で新車よりも輝いてますよ

コート前に、ここまでには仕上げておきませんとね。

はい、これでやっと下地処理が完了しました


んなワケで。。。


コーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート剤b6009.jpg

この2つのコート剤をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。



Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。



m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg




大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。



(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

通常、当店ではこのコート材をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。


上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

ホントはもっと楽な材料、施工方法もあるんですけどねぇ。。


車は「汗を搔いた分キレイになる」。。。


これもまた、私の「こだわり」ですかね



よっしゃ  1st coat いっちゃいますよ。。。。x5001_20180316134105e41.jpg

このラウンドで施工するコート剤はこちら。。。z5002_201709012234080b0.jpg

ベースコートとして使うには勿体ないような気もしますが

こいつをTop coat の下に入れることによって光沢に深みが増しますし

同時に保護膜の被膜厚UPにも貢献してくれますからね。


ボンネット。。。。。

x5003_20180316134108dfa.jpg x5004_201803161341105f1.jpgx5005_20180316134040294.jpg

             

x5006_20180316134041d4d.jpg x5007_2018031613404319a.jpgx5008_20180316134044405.jpg


ルーフ。。。

x5009_201803161340468da.jpg x5010_20180316134014a79.jpgx5011_20180316134015e44.jpg

                

      x5013_20180316134018470.jpg x5014_20180316134020efe.jpg


リヤーゲート。。。

x5015_20180316133951964.jpg x5016_20180316133952272.jpgx5018_201803161339553fa.jpg

                

      x5020_20180316133923153.jpgx5021_20180316133925c69.jpg   


。。。と、こんな感じでパネル1枚1枚をキッチリとコートしていきます。

では、残りのパネル。。。一気にいかせて頂きます。

x5022_20180316133926a17.jpgx5023_20180316133928e08.jpgx5024_20180316133929121.jpgx5025_201803161338563bf.jpgx5026_20180316133857640.jpgx5027_201803161338590f8.jpgx5028_20180316133900702.jpgx5029_20180316133902b86.jpgx5030_2018031613382982e.jpgx5031_20180316133830782.jpgx5032_20180316133831045.jpgx5033_201803161338339dd.jpgx5034_2018031613383479b.jpgx5035_2018031613380317f.jpgx5036_201803161338053bb.jpg   


で、普通にコーティングって言ったらここまでで終了なんですけど。。。

当店では更にここから。。。。。

x5041_201803161337361c6.jpgx5042_20180316133738e71.jpgx5043_20180316133739c18.jpgx5044_20180316133741f33.jpgx5045_20180316133742916.jpgx5046_201803161337162f2.jpgx5047_20180316133718a24.jpgx5048_2018031613371970b.jpgx5049_201803161337218ac.jpgx5050_201803161337220bb.jpgx5051_20180316133656b9a.jpgx5052_20180316133658718.jpgx5053_201803161336592d8.jpgx5054_2018031613370172e.jpgx5055_201803161337028db.jpg 

ボディーは奇麗になってもドアを開けたら。。。ってのは嫌ですからねぇ。

ただし、洗車後には各ドアを開けて軽くでいいですから水滴は拭き取るようにしてくださいませ。

それだけで結構「キレイ」が保てますから。

 

カウルトップにも。。。x5059.jpgx5060.jpg

殆どの人がここは洗いませんが是非是非ここも洗ってあげてください。

ここって、結構汚れちゃいますからね。

ただ、ここは塗装が施されていませんのでコート剤も浸透してしまって

あまり長くはもちませんが。。。

何もしないよりはいいですからね。

黒い所は黒くあってほしいですから


エンジンルーム。。。。。x5061.jpg

更にはアルミホイールも。。。

x5064.jpg x5065.jpgx5066.jpg

ブレーキダストの汚れから守ってくれます。


と、まあ

手間も時間も掛かりますけど

もしこの車が私の車だったら。。。

ここまではやってて欲しいですからね

そんな思いでいつもコートさせて頂いております。


で、1st coat 終了~。。。。。x5067.jpg

この日の作業はここまで。。。

このまま2コート目をいっちゃうとせっかくの1コート目を溶かしながらのコートとなってしまいますからね。

同じ2コートするのであれば表面硬度が上がってからの方がより確実にコート被膜厚が稼げますので

このままこの状態で一晩放置。。。硬化乾燥させておきます。


これもまた私の「こだわり」なんです。



んなワケで。。。

     
     。
     。
     。。。。
     。
     。
     あさァ~~




一晩寝かせたことによって表面硬度は3Hくらいになってます。



で、こちらが寝起き画像となります。。。。


x6001_201803161335548b1.jpg x6002_20180316133555230.jpgx6003_20180316133557bdf.jpgx6004_20180316133529453.jpgx6005_20180316133531a99.jpgx6006_20180316133532049.jpgx6007_201803161335332c6.jpgx6008_201803161335352d7.jpgx6009.jpgx6010.jpg


一晩寝かせて硬化した分、光沢度もUPしてます。

これだけでもホント充分な感じなんですけどね

いえいえ。。。欲どおしい私としましては更なる光沢を求めて・・・

更にもう1コート。。。。。


2nd coat  いっちゃいます。。。。。x6011.jpg


作業そのものは1st coat と殆ど同じなんですけど

このラウンドではTHP-PROを主に施工していきます。。。z5053_20170901222500a89.jpg



ボンネット。。。。。

x6013.jpg x6014.jpgx6015.jpg

               

x6017.jpg x6016.jpgx6018.jpg


こんな感じで上塗りしていきます。

では、残りのパネル。。。一気にいかせて頂きます。


x6019.jpg x6020.jpgx6021.jpgx6022.jpgx6023.jpgx6024.jpgx6025.jpgx6026.jpgx6027.jpgx6028.jpgx6029.jpgx6030.jpgx6031.jpgx6032.jpgx6033.jpgx6034.jpgx6035.jpgx6036.jpgx6037.jpgx6038.jpgx6039.jpgx6040.jpg


x6041.jpg x6042.jpgx6043.jpgx6044.jpg


ナンバープレート、ワイパーアームにもキッチリとコートしておきます。

           x6045.jpg   

最後にいつものサンプルを採って。。。 x6046.jpg  


このブルーのちっこいスポンジの硬化具合を確認してお客さまにお渡し出来る日を決めております。

その時の気温、湿度によって硬化速度は変わってきます。

ペンキ塗りたて状態のお車をお渡しすることは絶対にありえませんので


で、こちらが完成画像となります。

x8001_20180316133241c46.jpg x8002_20180316133243548.jpgx8003_20180316133210115.jpgx8004_20180316133212c9e.jpgx8005_201803161332136af.jpgx8006_20180316133215d4d.jpgx8007_20180316133216352.jpgx8008_201803161331413ce.jpgx8009_20180316133143089.jpgx8010_20180316133144a5e.jpgx8011_20180316133146408.jpgx8012_201803161331470b9.jpgx8013_20180316133120c88.jpgx8014_20180316133121ef8.jpgx8015_20180316133123853.jpg



x8016_201803161331244d1.jpgx8017_201803161331261d7.jpgx8018_201803161330557db.jpgx8019_20180316133057ac2.jpgx8020_20180316133058eee.jpgx8021_20180316133100c19.jpgx8022_20180316133101dc2.jpgx8023_20180316133031943.jpgx8024_2018031613303379c.jpgx8025_2018031613303525f.jpgx8026_2018031613303676d.jpgx8027_20180316133037c90.jpgx8028_201803161330081ca.jpgx8029_201803161330099f1.jpgx8030_20180316133011d1a.jpgx8031_20180316133012f3e.jpgx8032_20180316133014662.jpgx8033_20180316132944262.jpgx8034_20180316132946f01.jpgx8035_20180316132947ccd.jpgx8036_2018031613294933a.jpgx8037_20180316132950fa2.jpgx8038_2018031613292029d.jpgx8039_201803161329226d9.jpg



x8040_201803161329230d9.jpg x8041_2018031613292521c.jpgx8042_201803161329268f4.jpgx8043_2018031613283962b.jpgx8044_20180316132840968.jpgx8045_20180316132842096.jpgx8046_20180316132843259.jpgx8047_20180316132845fca.jpgx8048_2018031613281736b.jpgx8049_20180316132819bb0.jpgx8050.jpgx8051.jpgx8054.jpgx8055.jpgx8052.jpgx8053.jpg


どうでしょうかとってもイイ感じに仕上がりましたよ。

このまま3,4日はブース内で硬化乾燥させておきます。

お客さまにお渡し出来る頃には更に光沢度UPしております。


今回も納得の作品に仕上がりました。。。ありがとうございました

最後にいつもの。。。

スッキリどや顔を


x9001_20180316132758d84.jpg x9002_20180316132800fff.jpg

おおーGoodですぢゃ


次のお車も近々ご入庫とのこと。。。

お待ち致しております



カテゴリ: ガラスコート(新車)

[edit]

Posted on 2018/03/19 Mon. 00:06    TB: 0    CM: 0

☆ SUZUKI ALTO TURBO-RS ☆ 

しかし、今年の冬はホント寒かったですよねぇ

おかげで、今シーズンはSKIに3回も行っちゃいましたよ

って、言ってもほとんど温泉目当てですけどね

ブーツもヒビが入ってしまって新調したことですし来シーズンはもう少し頑張って行きますよ。

。。。って、そうこう言ってるうちにもうすぐお花見のシーズンですよ

ホント一年なんて、あっという間ですねぇ。。。



さあ、今夜も頑張ってUPUP



今回のお車はこちら。。。。。

a1001_20180306004522748.jpg a1002_2018030600452456e.jpg

スズキ アルトTURBO-RS AGS カラー/ブルーイッシュブラックパール3

オーナーのSさま。。。

今回お車の買い替えで、当初は中古車をということでしたが

ここらあたりになりますと新車と値段がくっついてきますし

事故車も結構多いですからねぇ。。。

で、新車の見積もりをさせて頂いた結果。。

こちらの「新車」をご購入頂きました。。。ありがとうございました


主に通勤用として使われるので

ナビは今乗られてるお車からの移設となりました。

ただ、「音は少しでもいい音で聴きたい」。。。とのことで

a1003_20180306004525410.jpg  F/スピーカーは交換します。

純正スピーカーはちと貧弱ですからねぇ

それと、もちろんGlass coat もSETで


さあ、それでは早速作業に取り掛かりましょう

まずは室内作業から。。。。。

a1004_201803060045272c8.jpg a1005_20180306004528eb5.jpga1006_20180306004500694.jpg

いつも通り、配線の取り回しがし易いように各パーツの取り外しを。。。

そこそこ冷えていたのでまずはヒーター全開で室内をガンガンに温めておいて。。

こうすることによって、パネルを止めてあるピンが柔らかくなって取り外しが楽になるんですよ


スピーカー交換

純正のペラいスピーカーを取り外して。。。

a1007_20180306004501e8a.jpg a1008_20180306004502d7d.jpga1009_201803060045042b6.jpg

吸音スポンジを貼り付けて。。。a1010_20180306004505c34.jpg

スピーカーをキッチリと取り付けて。。。。。a1011_2018030600443200a.jpg

交換終了~  a1012_20180306004434ca0.jpga1013_20180306004435262.jpg 


センターユニット。。。。。

TVのフィルムアンテナは古いのを張り替えるわけにはいかないので新品を貼り付けです。

各ハーネスをキッチリとクランプしながらセンターへ。。。

a1014_20180306004436fbc.jpg 

メーターパネルを外してその奥を通しました。。。a1015_20180306004438c8a.jpg


カプラーには音止めのスポンジを巻きつけて。。。a1016_20180306004405208.jpg

センターユニットを納めて。。。a1017_20180306004407548.jpg


室内作業。。終了~  a1018_201803060044082f7.jpg


あっ、オーディオ用のUSBハブ rs01.jpg これはサービスしておきましたよ



よっしゃあ Glass coat いっちゃいましょう  a1019_2018030600441076f.jpg


コート前のひと磨き。。。マスキング。。ますきんぐ

a2001_20180306004411dc9.jpg a2002_2018030600433344a.jpga2003_201803060043351dc.jpga2004_2018030600433658d.jpga2005_20180306004338222.jpga2006_2018030600434084e.jpga2007_20180306004311289.jpg

たとえ新車でも必ずひと磨きをしております。。。これだいじ

一番の目的はコート剤との密着度を上げてやることにあります。

表面に付着したシリコン等の除去。。。

更には研磨することによって洗車キズ、小キズ、水染み等々の除去も出来ますし

同時に光沢度もUPしますからねえ


ポリッシング。。。

a2008_20180306004313c67.jpg 

今回、気になるようなダメージはありませんでしたので

いつもの相棒。。。a2009_2018030600431480c.jpg ギヤアクションP&ウレタンバフで。。。

バフはもちろん新品ですよ。。。当たり前ですけどね


では。。。。。一気に

a2010_20180306004316f0c.jpg a2011_20180306004317094.jpga2012_201803060042426a4.jpga2013_20180306004244c20.jpga2014_20180306004245c95.jpga2015_201803060042471a8.jpga2016_20180306004248119.jpga2017_201803060042182ab.jpga2018_2018030600422097d.jpga2019_20180306004221a1d.jpga2020_20180306004223b19.jpga2021_2018030600422437a.jpga2022_20180306004154ee3.jpga2023_20180306004156739.jpga2024_20180306004157a0d.jpga2025_20180306004159a24.jpga2026_20180306004200e8c.jpga2027_20180306004111abd.jpga2028_201803060041125cb.jpga2029_20180306004114b3e.jpg

。。。と、こんな感じでパネル1枚1枚をキッチリと磨き上げておきました。


で、こちらが完全どスッピン状態になったアルトくんになります。。。。。

a3001_2018030600411571c.jpg a3002_201803060041174bb.jpga3003_20180306004051586.jpga3004_201803060040522b5.jpga3005_20180306004053068.jpga3006_201803060040553c7.jpga3007_201803060040567da.jpga3008_20180306004022187.jpg

当店「こだわりのひと磨き」どうでしょうかイイ感じに磨き上がってますでしょう。。。

下地処理は手間も時間も掛かりますが、とても重要な工程なんですよ

コーティングは下地処理がキッチリと出来ているか否か。。。ここに掛かっています。

んなワケで。。。


コーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート剤b6009.jpg

この2つのコート剤をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。



Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。



m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg




大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。



(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

通常、当店ではこのコート材をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。


上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

ホントはもっと楽な材料、施工方法もあるんですけどねぇ。。


車は「汗を搔いた分キレイになる」。。。


これもまた、私の「こだわり」ですかね



よっしゃ  1st coat いっちゃいますよ。。。。a4001_20180306004024116.jpg

このラウンドで施工するコート剤はこちら。。。z5002_201709012234080b0.jpg

ベースコートとして使うには勿体ないような気もしますが

こいつをTop coat の下に入れることによって光沢に深みが増しますし

同時に保護膜の被膜厚UPにも貢献してくれますからね。


ボンネット。。。。。

a4003_20180306004026d55.jpg a4004_2018030600402852f.jpga4005_2018030600395668e.jpg

                 

a4007_20180306003959a36.jpg a4006_20180306003957b62.jpga4008_20180306004000739.jpg


カウルトップ。。。a4009_20180306004002c88.jpga4010_201803060039343b8.jpg


フロント廻り。。。。。

a4011_20180306003936d1a.jpg a4012_20180306003937d0f.jpga4013_20180306003939af3.jpga4014_20180306003941e4d.jpga4015_20180306003853d3e.jpga4016_201803060038548a4.jpg

                 

a4017_2018030600385611a.jpg a4018_201803060038584b4.jpga4019_20180306003859496.jpga4020_20180306003832eb2.jpg




ルーフ。。。

a4021_2018030600383465b.jpg a4022_20180306003835311.jpga4023_20180306003837d1a.jpg

                

      a4024_20180306003838481.jpg a4025_20180306003808a45.jpg


リヤーゲート。。。。。

a4026_20180306003809ec9.jpg a4027_201803060038117ab.jpga4028_20180306003813b2c.jpg

               

      a4029_201803060038147e8.jpga4030_20180306003741199.jpg



リヤー廻り。。。。

a4031_201803060037422c9.jpga4032_20180306003744a50.jpga4033_20180306003745984.jpg

               

a4034_20180306003747561.jpga4035_201803060037126c4.jpga4036_20180306003714427.jpga4038_20180306003717c6c.jpga4039_20180306003718638.jpg


ドア廻り。。。。。

a4040_201803060036145fe.jpga4041_20180306003615f50.jpga4042_201803060036179c3.jpga4043_20180306003618516.jpga4044_20180306003620e05.jpga4045_20180306003550aa7.jpga4046_2018030600355157b.jpga4047_2018030600355302f.jpga4048_20180306003554840.jpga4049_20180306003556d86.jpga4050_20180306003524691.jpga4051_20180306003526677.jpga4052_20180306003527b69.jpga4053_20180306003529acb.jpg


a4054_201803060035307ff.jpga4055_20180306003455687.jpg

一般的なコーティングですと、ここで完成となるんでしょうけど

当店では更に。。。。。

a4057_201803060034584ae.jpg a4058_20180306003459106.jpga4059_20180306003501a99.jpga4060_20180306003431485.jpga4061_201803060034332d1.jpga4062_20180306003434eba.jpga4063_20180306003436d02.jpga4064_20180306003437a86.jpga4065_201803060034065dd.jpga4066_201803060034085c6.jpga4067_201803060034102b2.jpga4068_20180306003411cc4.jpga4069_2018030600341266d.jpg

おぉ~デカい手ぢゃのぉ。。。いやいや、これで結構ええ仕事するんですよぉ

と、まあこういった所にもキッチリとコートしております。

なので、洗車の際にここも軽くでいいですから水滴を拭き取ってやってくださいませ。

それだけでも結構「キレイ」を保てますから

手間も時間も掛かるんですけど。。。

「もし、私の車だったら絶対にここまではコートするだろう」。。ってところはしっかりコートしておりますので


更に。。。。。

a4070_20180306003338170.jpg a4071_20180306003340aa2.jpga4072_201803060033412ae.jpg

ホイルにもコートです

ブレーキダストの汚れから守ってくれますので。


更に更に。。。。。

a4073_201803060033430f1.jpg alt01_20180308180754858.jpg

ワイパーアーム、ナンバープレートにもコートです。

ナンバープレートってクリアー塗装なんてしてませんからねぇ。。。

すぐ白ぼけてきちゃうんですよ。

Glass coat することによって硬い被膜が出来ますから色ボケもしにくくなります。

それにこれからの季節は虫の飛び込み自殺も増えてきますし。。。

なかなか取れないですよね

これもGlass coat することによって簡単に除去できますよ。


a4074_20180306003344102.jpg  で、これでやっと1st coat 終了です。。。ふぅ。。


この日の作業はここまで。。。

このまま2コート目をいっちゃうとせっかくの1コート目を溶かしながらのコートとなってしまいますからね。

同じ2コートするのであれば表面硬度が上がってからの方がより確実にコート被膜厚が稼げますので

このままこの状態で一晩放置。。。硬化乾燥させておきます。


これもまた私の「こだわり」なんです。



んなワケで。。。

     
     。
     。
     。。。。
     。
     。
     あさァ~~




一晩寝かせたことによって表面硬度は3Hくらいになってます。



で、こちらが寝起き画像となります。。。。

a5001_20180306003315032.jpg a5002_2018030600331686e.jpga5003_20180306003318792.jpga5004_20180306003320797.jpga5005_20180306003240ae8.jpga5006_201803060032424ee.jpga5007_20180306003244be0.jpg


硬化した分、光沢度もUPしてます。

これだけでも充分な感じなんですけどね。。。

ダメなんです。。。欲どおしい私としましては更なる光沢を求めて・・・

更にもう1コート。。。。。


2nd coat  いっちゃいます。。。。。a6001_20180306003245584.jpg


作業そのものは1st coat と殆ど同じなんですけど

このラウンドではTHP-PROを主に施工していきます。。。z5053_20170901222500a89.jpg


ボンネット。。。。。

a6003_201803060031591c9.jpg a6004_201803060032017d4.jpga6005_20180306003203865.jpg

               

a6006_20180306003204303.jpg a6007_20180306003205942.jpga6008_20180306003135954.jpg


1st coat 同様、こんな感じでパネル1枚1枚をキッチリとコートしていきます。


ここから先は一気にいかせて頂きますね

a6009_20180306003136969.jpg a6010_20180306003138415.jpga6011_20180306003139dc4.jpga6012_20180306003141a09.jpga6013_20180306003113180.jpga6014_20180306003114e98.jpga6015_20180306003116732.jpga6016_20180306003117a29.jpga6017_2018030600311990f.jpga6018_20180306003045f26.jpga6019_20180306003046814.jpga6020_20180306003048be2.jpga6021_2018030600304978d.jpga6022_20180306003051d5f.jpga6023_201803060030195de.jpga6024_20180306003020ea9.jpga6025_2018030600302225d.jpga6026_20180306003023c64.jpga6027_201803060030251e1.jpga6028_20180306002952bfb.jpga6029_20180306002954027.jpga6030_20180306002955754.jpga6031_2018030600295753e.jpga6032_20180306002958b88.jpga6033_20180306002927550.jpga6034_20180306002928b99.jpga6035_20180306002930fdf.jpga6036_201803060029310e6.jpga6037_20180306002933efe.jpga6038_20180306002850792.jpga6039_201803060028528d2.jpga6040_20180306002853080.jpga6041_20180306002855481.jpga6042_20180306002856952.jpga6043_20180306002828cba.jpga6044_20180306002829e26.jpga6045_20180306002831be6.jpga6046_20180306002832976.jpg


a6047_20180306002834638.jpg a6048_20180306002804fdf.jpga6049_20180306002806e7d.jpga6050_20180306002807cde.jpg



最後にいつものサンプルを採って。。。a6051_201803060028093ee.jpg


2nd coat 終了~

a6052_20180306002810a2f.jpg  

このブルーのちっこいスポンジの硬化具合を確認してお客さまにお渡し出来る日を決めております。

その時の気温、湿度によって硬化速度も変わってきます。

今の時期ですと空気が乾燥しておりますので天気のいい日には加湿器で湿度を上げて硬化速度を調整しております。

逆に夏場は高温多湿になってきますのでエアコンで除湿しながらやっております。

Glass coat の施工には空調設備が必要ですね



んなワケで。。。

こちらが完成画像となります。

a7001_20180306002742d09.jpg a7002_20180306002743e5e.jpga7003_201803060027445f8.jpga7004_201803060027469ee.jpga7005_20180306002748dd1.jpga7006_20180306002651a2d.jpga7007_20180306002653463.jpga7008_20180306002654225.jpga7009_20180306002656837.jpga7010_20180306002657567.jpga7011_20180306002624571.jpga7012_20180306002626b59.jpga7013_20180306002628511.jpga7014_20180306002629cfa.jpga7015_20180306002630e1f.jpg


a7016_20180306002601eac.jpg a7017_20180306002602b1a.jpga7018_2018030600260455a.jpga7019_2018030600260504e.jpga7020_20180306002607267.jpga7021_20180306002537070.jpga7022_20180306002539bea.jpga7023_2018030600254038d.jpga7024_20180306002542814.jpga7025_201803060025430a1.jpga7026_20180306002514aac.jpga7027_2018030600251538d.jpga7028_20180306002518a3e.jpga7029_20180306002518cf6.jpga7030_201803060025201c0.jpga7031_201803060024537ea.jpga7032_2018030600245463e.jpga7033_2018030600245548c.jpga7034_20180306002456e9e.jpga7035_20180306002458da1.jpg


a7036_20180306001658965.jpg a7037_20180306001700e25.jpga7038_20180306001701d6b.jpga7039_20180306001703a75.jpga7040_201803060017047b2.jpga7041_2018030600163403c.jpga7042_2018030600163582c.jpga7044_201803060016389eb.jpga7045_20180306001640c01.jpg


a7046_20180306001606dd1.jpg a7047_20180306001607668.jpga7043_20180306001637d64.jpg


どうでしょうかとってもイイ感じに仕上がりましたよ。

このまま3,4日このブース内で硬化乾燥させておきますので

Sさまにお渡し出来る頃には更に輝いてますよ



今回も納得の作品に仕上がりました。。。ありがとうございました。

ここから先はSさまのお手入れ次第ですよ

頑張って洗車洗車洗車。。。です。


最後にいつもの

スッキリどや顔を。。。


a8001_20180306001610706.jpg a8002_201803060016115ef.jpg

ほっほぉ~ 男前ぢゃあ~



てなワケで。。。。。本日もいい時間になってしまいました
そろそろ限界ですな

落ちます。。。おやすみなさいませ




カテゴリ: ガラスコート(新車)

[edit]

Posted on 2018/03/10 Sat. 01:08    TB: 0    CM: 0

☆ SKYLINE 200GTt ☆ 

それにしても今年の冬は超寒いですねぇ

連日シャッター閉めて作業してますよ。

あっ、シャッター閉まっていても中でしっかり作業しておりますので

たまに。。うたた寝してることもありますけどね


さあ、今回も頑張ってUPさせて頂きますよ


今回のお車はこちら。。。。。

s1001_20180203225255615.jpg s1002_20180203225256a8d.jpg

NISSAN SKYLINE 200GTt 

入庫時の写真を撮るのを忘れてました

入庫した日は雪が降ってまして。。。雪の中、洗車したもので寒くて


オーナーのUさま。。。日産サティオさまからのご紹介です。

いつも本当にありがとうございます

今回もいつも通りキッチリと仕上げさせて頂きます。


それでは早速。。。。。

洗車後、まずはいつも通りのマスキングから。。。

s2001_20180203225257ba1.jpg s2002_20180203225259319.jpgs2003_20180203225300d01.jpgs2004_20180203225238155.jpgs2005_20180203225240be8.jpgs2006_20180203225241d4a.jpg

当店ではたとえ新車でも必ずひと磨きをさせて頂いております。

一番の目的はコート剤との密着度を上げてやるってことです

表面に付着しているシリコン等の除去。。。

と、同時に雨染み、洗車キズ等の除去もしていきます。

Glass coatは表面を硬い被膜で覆ってしまいますので

その前に、可能な限り下地を整えておきたいですからね。


ポリッシング。。。スタート  s3001_2018020322524216d.jpgs3002_201802032252443c5.jpg

いつもの相棒。。ギヤアクションP&ウレタンバフで。。。

研磨剤はRipicaスーパーコンパウンド 0.3ミクロン、超微粒子ノンシリコン・コンパウンド


ボンネット。。。前廻りから

s3003_20180203225220ac6.jpg s3004_20180203225221cf2.jpgs3005_20180203225222e84.jpgs3006_20180203225223c0c.jpgs3007_201802032252255f4.jpgs3008_201802032251576a6.jpg

こんな感じでパネル1枚1枚をキッチリと磨き上げていきます。

残りのパネル。。。一気にいかせて頂きます。

s3009_20180203225159a27.jpg s3010_201802032251592e3.jpgs3011_20180203225201634.jpgs3012_20180203225203ae7.jpgs3013_20180203225136df6.jpgs3014_2018020322513760a.jpg

で、磨き上がって完全どスッピン状態となったSKYLINEくんがこちら。。。

s3018_20180203225138c2e.jpg s3019_201802032251399a0.jpg

ポリッシング。。終了~

この時点で既に新車よりも輝いてますよ

ひと磨き入れるのと入れないのとでは仕上がりに大きな差が出ちゃいますからねぇ。

Glass coatは下地造りが一番大切ですから

これも私の「こだわり」なんですわ


んなワケで。。。


コーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート剤b6009.jpg

この2つのコート剤をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。



Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。



m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg




大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。



(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

通常、当店ではこのコート材をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。


上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

ホントはもっと楽な材料、施工方法もあるんですけどねぇ。。


車は「汗を搔いた分キレイになる」。。。


これもまた、私の「こだわり」ですかね




よっしゃ  1st coat いっちゃいますよ。。。。s4001_2018020322514106f.jpg

このラウンドで施工するコート剤はこちら。。。z5002_201709012234080b0.jpg

ベースコートとして使うには勿体ないような気もしますが

こいつをTop coat の下に入れることによって光沢に深みが増しますし

同時に保護膜の被膜厚UPにも貢献してくれますからね。


まずはボンネットから。。。

s4002_20180203225112b81.jpg s4003_20180203225113f06.jpg

         

s4004_20180203225114e48.jpg s4005_20180203225116263.jpgs4006_20180203225117c93.jpg


フロント廻り。。。。。

s4007_20180203225050260.jpg s4008_20180203225051d92.jpgs4009_2018020322505334f.jpgs4010_201802032250545c1.jpg


ルーフパネル。。。。。

s4011_20180203225056a87.jpg s4012_20180203225029a0f.jpgs4013_20180203225030410.jpg


トランクパネル。。。。。

s4015_20180203225033747.jpg s4016_20180203225034e3d.jpg

         

s4017_2018020322500401e.jpg s4018_20180203225005c9a.jpgs4019_201802032250064ff.jpg


。。。こんな感じでパネル1枚1枚をキッチリとコートしていきます。


残りのパネル。。。一気にいかせて頂きます。

s4022_20180203224940d85.jpg s4023_201802032249428b4.jpgs4024_20180203224943f45.jpgs4025_20180203224944110.jpgs4026_20180203224946da7.jpgs4027_20180203224918a95.jpgs4028_201802032249190b9.jpgs4029_20180203224920616.jpgs4030_2018020322492128c.jpgs4031_2018020322492375a.jpg


更にドアを開けた内側、各ピラーにも。。。。。

s4032_20180203224855b45.jpg s4033_201802032248561b4.jpgs4034_20180203224858c5c.jpgs4035_20180203224859592.jpgs4036_20180203224901eaa.jpgs4037_20180203224833981.jpgs4038_20180203224835035.jpgs4039_20180203224836470.jpgs4040_20180203224838f73.jpgs4041_20180203224839583.jpgs4042_20180203224812727.jpgs4043_20180203224814148.jpgs4044_201802032248155be.jpgs4045_2018020322481762c.jpgs4046_2018020322481823a.jpg

フューエルリッド内部にも。。。s4020_201802032250082a0.jpgs4021_20180203225009781.jpg

s4047_201802032247519b3.jpg s4048_201802032247539ad.jpg こういった所もボディーの一部ですからね。

ポイントアドバイス
洗車終了後の拭き取りの際にはこの画のようにドアを全て開けて(ボンネット、トランクも)
ウェザーストリップより外側に付いた水滴も拭き取るように心掛けてください。
その水滴をいつも拭き取ってさえいたら結構いつまでもキレイを保ってくれますよ。
殆どの方は外側しか拭き取っていないと思いますが。。。
Glass coatしてたらホント楽ちんですから是非とも


あと、カウルパネルとエンジンルームにも。。。

s4049_20180203224754261.jpg s4050_201802032247556e7.jpgs4051_201802032247567af.jpgs4052_201802032247274dc.jpgs4053_201802032247297bc.jpgs4054_201802032247302bd.jpgs4055_20180203224732cce.jpgs4056_20180203224733b10.jpg

アルミホイールにも。。。これ、結構大変なんですよぉ

s4057_20180203224701784.jpg s4058_201802032247027f9.jpgs4059_20180203224704076.jpg


取り外しておいたこういった所にも。。。s4060_20180203224705ac8.jpg


で、1st coat 終了~。。。s4061_201802032247076a2.jpg

この日の作業はここまで。。。

この状態で一晩放置。。。翌朝まで硬化乾燥させておきます。

このまま2コート目をいっちゃうとせっかくの1コート目を溶かしながらのコートとなってしまいます。。。

同じ2コートするのであれば表面硬度が上がってからの方がより確実にコート被膜厚が稼げますから


これもまた私の「こだわり」なんです。



んなワケで。。。

     
     。
     。
     。。。。
     。
     。
     あさァ~~




一晩寝かせたことによって表面硬度は3Hくらいになってます。


こちらが寝起き画像となります。


s5001_20180203224639f80.jpg s5002_2018020322464083d.jpgs5003_20180203224642353.jpgs5004_20180203224643f56.jpgs5005_201802032246458cc.jpgs5006_20180203224612817.jpgs5007_20180203224614d91.jpg


どうですか朝っぱらからこのスッキリした感じ。。

私とはえらい違いですわ


よっしゃ、2コート目いっちゃいますよ

作業そのものは1st coat と殆ど同じなんですけど

このラウンドではTHP-PROを主に施工していきます。z5053_20170901222500a89.jpg



それでは早速。。。。。2nd coat    s6001_20180203224615288.jpg


一気にいかせて頂きます。

s6002_201802032246176b0.jpg s6003_20180203224618e09.jpgs6004_20180203224533da6.jpgs6005_20180203224535d6f.jpgs6006_20180203224536e7b.jpgs6007_20180203224538d40.jpgs6008_20180203224539110.jpgs6009_2018020322451332a.jpgs6010_20180203224514474.jpgs6011_2018020322451618c.jpgs6012_201802032245171ab.jpgs6013_2018020322451990b.jpgs6014_20180203224449459.jpgs6015_201802032244504fb.jpgs6016_201802032244525a9.jpgs6017_201802032244538b2.jpgs6018_201802032244553a5.jpgs6019_20180203224428ca2.jpgs6020_2018020322443079e.jpgs6021_20180203224432577.jpgs6022_201802032244334c4.jpgs6023_201802032244345f8.jpgs6024_20180203224406896.jpgs6025_20180203224408560.jpgs6026_20180203224409181.jpgs6027_20180203224411fda.jpgs6028_2018020322441213e.jpgs6029_20180203224341926.jpgs6030_2018020322434382d.jpgs6031_20180203224344743.jpgs6032_201802032243461b8.jpgs6033_201802032243475cd.jpgs6034_20180203224317db1.jpgs6036_2018020322432050f.jpg


2nd coat 終了~。。。

最後に硬化具合を確認するためのサンプルを採って。。。s6037_201802032243223a2.jpg

このちっこいブルーのスポンジです。

こいつの硬化具合を確認してお客さまにお渡し出来る日にちを決めております。



今回はナンバープレートの画像がありませんが

この時点ではまだ登録が出来てませんでしたので。。。

納車までにはキッチリとコートしておきましたので


で、こちらが完成画像となります。

s7001_201802032243232ed.jpg s7002_201802032242537ca.jpgs7003_201802032242555fd.jpgs7004_20180203224256e85.jpgs7005_201802032242586ac.jpgs7006_20180203224259a1e.jpgs7007_20180203224233161.jpgs7008_201802032242353f6.jpgs7009_20180203224236ba1.jpgs7010_20180203224237ea5.jpgs7011_2018020322423999c.jpgs7012_201802032242130a5.jpgs7013_20180203224214a37.jpgs7014_20180203224216550.jpgs7015_20180203224218c49.jpgs7016_20180203224219d58.jpgs7017_20180203224152945.jpgs7018_20180203224154060.jpgs7019_20180203224155513.jpgs7020_20180203224157034.jpgs7021_20180203224158a6f.jpgs7022_20180203224129c80.jpgs7023_2018020322413189d.jpgs7024_2018020322413249b.jpgs7025_20180203224134680.jpgs7026_20180203224135d66.jpgs7027_201802032241077ca.jpgs7028_20180203224108bd4.jpgs7029_201802032241102a6.jpgs7030_20180203224111ac1.jpgs7031_20180203224113c31.jpg


s7032_20180203224041e8f.jpg s7033_20180203224042f1a.jpgs7034_2018020322404478f.jpgs7035_20180203224045f8a.jpgs7036_2018020322404713f.jpgs7037_20180203224019ab9.jpgs7038_20180203224020e14.jpgs7039_20180203224022efc.jpgs7040_20180203224023e3b.jpgs7041_20180203224025539.jpgs7042_2018020322395292f.jpgs7043_20180203223954963.jpgs7044_20180203223955253.jpg


どうでしょうか。。。

とってもイイ感じに仕上がりましたよ。

お客さまにお渡し出来る頃には更に光沢度はUPしております。

いつも言っておりますが。。。。

もし自分の愛車だったらここまではコートするであろうってとこは全てやっておきました。

ここから先はお客さまご自身のお手入れに掛かっております。

とにかく、洗車です

汚れたらまず洗車です。

慣れればお出かけ前の30分もあれば充分ですから

ただし、水滴は出来るだけ残さないようにキッチリと拭き上げてくださいませ。

何かご不明な点がございましたらいつでもお立ち寄りくださいませ



今回も納得の作品に仕上がりました。。。ありがとうございました

最後にいつもの。。。

スッキリどや顔を


s8001_201802032239560bb.jpg s8002_20180203223958e55.jpg

おお~男前ぢゃあGoodです。


ふぅ。。。何とか持ちました

眠気が半端ないです。。。今夜はここらで。。。

おやすみなさいませ  


カテゴリ: ガラスコート(新車)

[edit]

Posted on 2018/02/04 Sun. 01:04    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード