倉敷 岡山 ガラスコート Ripica

岡山・倉敷を拠点に頑張ってます^^ こだわりの車磨き職人のブログです。各種パーツ持ち込み取り付けもOK~。

01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03
 

☆ SKYLINE 200GTt ☆ 

それにしても今年の冬は超寒いですねぇ

連日シャッター閉めて作業してますよ。

あっ、シャッター閉まっていても中でしっかり作業しておりますので

たまに。。うたた寝してることもありますけどね


さあ、今回も頑張ってUPさせて頂きますよ


今回のお車はこちら。。。。。

s1001_20180203225255615.jpg s1002_20180203225256a8d.jpg

NISSAN SKYLINE 200GTt 

入庫時の写真を撮るのを忘れてました

入庫した日は雪が降ってまして。。。雪の中、洗車したもので寒くて


オーナーのUさま。。。日産サティオさまからのご紹介です。

いつも本当にありがとうございます

今回もいつも通りキッチリと仕上げさせて頂きます。


それでは早速。。。。。

洗車後、まずはいつも通りのマスキングから。。。

s2001_20180203225257ba1.jpg s2002_20180203225259319.jpgs2003_20180203225300d01.jpgs2004_20180203225238155.jpgs2005_20180203225240be8.jpgs2006_20180203225241d4a.jpg

当店ではたとえ新車でも必ずひと磨きをさせて頂いております。

一番の目的はコート剤との密着度を上げてやるってことです

表面に付着しているシリコン等の除去。。。

と、同時に雨染み、洗車キズ等の除去もしていきます。

Glass coatは表面を硬い被膜で覆ってしまいますので

その前に、可能な限り下地を整えておきたいですからね。


ポリッシング。。。スタート  s3001_2018020322524216d.jpgs3002_201802032252443c5.jpg

いつもの相棒。。ギヤアクションP&ウレタンバフで。。。

研磨剤はRipicaスーパーコンパウンド 0.3ミクロン、超微粒子ノンシリコン・コンパウンド


ボンネット。。。前廻りから

s3003_20180203225220ac6.jpg s3004_20180203225221cf2.jpgs3005_20180203225222e84.jpgs3006_20180203225223c0c.jpgs3007_201802032252255f4.jpgs3008_201802032251576a6.jpg

こんな感じでパネル1枚1枚をキッチリと磨き上げていきます。

残りのパネル。。。一気にいかせて頂きます。

s3009_20180203225159a27.jpg s3010_201802032251592e3.jpgs3011_20180203225201634.jpgs3012_20180203225203ae7.jpgs3013_20180203225136df6.jpgs3014_2018020322513760a.jpg

で、磨き上がって完全どスッピン状態となったSKYLINEくんがこちら。。。

s3018_20180203225138c2e.jpg s3019_201802032251399a0.jpg

ポリッシング。。終了~

この時点で既に新車よりも輝いてますよ

ひと磨き入れるのと入れないのとでは仕上がりに大きな差が出ちゃいますからねぇ。

Glass coatは下地造りが一番大切ですから

これも私の「こだわり」なんですわ


んなワケで。。。


コーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート剤b6009.jpg

この2つのコート剤をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。



Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。



m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg




大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。



(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

通常、当店ではこのコート材をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。


上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

ホントはもっと楽な材料、施工方法もあるんですけどねぇ。。


車は「汗を搔いた分キレイになる」。。。


これもまた、私の「こだわり」ですかね




よっしゃ  1st coat いっちゃいますよ。。。。s4001_2018020322514106f.jpg

このラウンドで施工するコート剤はこちら。。。z5002_201709012234080b0.jpg

ベースコートとして使うには勿体ないような気もしますが

こいつをTop coat の下に入れることによって光沢に深みが増しますし

同時に保護膜の被膜厚UPにも貢献してくれますからね。


まずはボンネットから。。。

s4002_20180203225112b81.jpg s4003_20180203225113f06.jpg

         

s4004_20180203225114e48.jpg s4005_20180203225116263.jpgs4006_20180203225117c93.jpg


フロント廻り。。。。。

s4007_20180203225050260.jpg s4008_20180203225051d92.jpgs4009_2018020322505334f.jpgs4010_201802032250545c1.jpg


ルーフパネル。。。。。

s4011_20180203225056a87.jpg s4012_20180203225029a0f.jpgs4013_20180203225030410.jpg


トランクパネル。。。。。

s4015_20180203225033747.jpg s4016_20180203225034e3d.jpg

         

s4017_2018020322500401e.jpg s4018_20180203225005c9a.jpgs4019_201802032250064ff.jpg


。。。こんな感じでパネル1枚1枚をキッチリとコートしていきます。


残りのパネル。。。一気にいかせて頂きます。

s4022_20180203224940d85.jpg s4023_201802032249428b4.jpgs4024_20180203224943f45.jpgs4025_20180203224944110.jpgs4026_20180203224946da7.jpgs4027_20180203224918a95.jpgs4028_201802032249190b9.jpgs4029_20180203224920616.jpgs4030_2018020322492128c.jpgs4031_2018020322492375a.jpg


更にドアを開けた内側、各ピラーにも。。。。。

s4032_20180203224855b45.jpg s4033_201802032248561b4.jpgs4034_20180203224858c5c.jpgs4035_20180203224859592.jpgs4036_20180203224901eaa.jpgs4037_20180203224833981.jpgs4038_20180203224835035.jpgs4039_20180203224836470.jpgs4040_20180203224838f73.jpgs4041_20180203224839583.jpgs4042_20180203224812727.jpgs4043_20180203224814148.jpgs4044_201802032248155be.jpgs4045_2018020322481762c.jpgs4046_2018020322481823a.jpg

フューエルリッド内部にも。。。s4020_201802032250082a0.jpgs4021_20180203225009781.jpg

s4047_201802032247519b3.jpg s4048_201802032247539ad.jpg こういった所もボディーの一部ですからね。

ポイントアドバイス
洗車終了後の拭き取りの際にはこの画のようにドアを全て開けて(ボンネット、トランクも)
ウェザーストリップより外側に付いた水滴も拭き取るように心掛けてください。
その水滴をいつも拭き取ってさえいたら結構いつまでもキレイを保ってくれますよ。
殆どの方は外側しか拭き取っていないと思いますが。。。
Glass coatしてたらホント楽ちんですから是非とも


あと、カウルパネルとエンジンルームにも。。。

s4049_20180203224754261.jpg s4050_201802032247556e7.jpgs4051_201802032247567af.jpgs4052_201802032247274dc.jpgs4053_201802032247297bc.jpgs4054_201802032247302bd.jpgs4055_20180203224732cce.jpgs4056_20180203224733b10.jpg

アルミホイールにも。。。これ、結構大変なんですよぉ

s4057_20180203224701784.jpg s4058_201802032247027f9.jpgs4059_20180203224704076.jpg


取り外しておいたこういった所にも。。。s4060_20180203224705ac8.jpg


で、1st coat 終了~。。。s4061_201802032247076a2.jpg

この日の作業はここまで。。。

この状態で一晩放置。。。翌朝まで硬化乾燥させておきます。

このまま2コート目をいっちゃうとせっかくの1コート目を溶かしながらのコートとなってしまいます。。。

同じ2コートするのであれば表面硬度が上がってからの方がより確実にコート被膜厚が稼げますから


これもまた私の「こだわり」なんです。



んなワケで。。。

     
     。
     。
     。。。。
     。
     。
     あさァ~~




一晩寝かせたことによって表面硬度は3Hくらいになってます。


こちらが寝起き画像となります。


s5001_20180203224639f80.jpg s5002_2018020322464083d.jpgs5003_20180203224642353.jpgs5004_20180203224643f56.jpgs5005_201802032246458cc.jpgs5006_20180203224612817.jpgs5007_20180203224614d91.jpg


どうですか朝っぱらからこのスッキリした感じ。。

私とはえらい違いですわ


よっしゃ、2コート目いっちゃいますよ

作業そのものは1st coat と殆ど同じなんですけど

このラウンドではTHP-PROを主に施工していきます。z5053_20170901222500a89.jpg



それでは早速。。。。。2nd coat    s6001_20180203224615288.jpg


一気にいかせて頂きます。

s6002_201802032246176b0.jpg s6003_20180203224618e09.jpgs6004_20180203224533da6.jpgs6005_20180203224535d6f.jpgs6006_20180203224536e7b.jpgs6007_20180203224538d40.jpgs6008_20180203224539110.jpgs6009_2018020322451332a.jpgs6010_20180203224514474.jpgs6011_2018020322451618c.jpgs6012_201802032245171ab.jpgs6013_2018020322451990b.jpgs6014_20180203224449459.jpgs6015_201802032244504fb.jpgs6016_201802032244525a9.jpgs6017_201802032244538b2.jpgs6018_201802032244553a5.jpgs6019_20180203224428ca2.jpgs6020_2018020322443079e.jpgs6021_20180203224432577.jpgs6022_201802032244334c4.jpgs6023_201802032244345f8.jpgs6024_20180203224406896.jpgs6025_20180203224408560.jpgs6026_20180203224409181.jpgs6027_20180203224411fda.jpgs6028_2018020322441213e.jpgs6029_20180203224341926.jpgs6030_2018020322434382d.jpgs6031_20180203224344743.jpgs6032_201802032243461b8.jpgs6033_201802032243475cd.jpgs6034_20180203224317db1.jpgs6036_2018020322432050f.jpg


2nd coat 終了~。。。

最後に硬化具合を確認するためのサンプルを採って。。。s6037_201802032243223a2.jpg

このちっこいブルーのスポンジです。

こいつの硬化具合を確認してお客さまにお渡し出来る日にちを決めております。



今回はナンバープレートの画像がありませんが

この時点ではまだ登録が出来てませんでしたので。。。

納車までにはキッチリとコートしておきましたので


で、こちらが完成画像となります。

s7001_201802032243232ed.jpg s7002_201802032242537ca.jpgs7003_201802032242555fd.jpgs7004_20180203224256e85.jpgs7005_201802032242586ac.jpgs7006_20180203224259a1e.jpgs7007_20180203224233161.jpgs7008_201802032242353f6.jpgs7009_20180203224236ba1.jpgs7010_20180203224237ea5.jpgs7011_2018020322423999c.jpgs7012_201802032242130a5.jpgs7013_20180203224214a37.jpgs7014_20180203224216550.jpgs7015_20180203224218c49.jpgs7016_20180203224219d58.jpgs7017_20180203224152945.jpgs7018_20180203224154060.jpgs7019_20180203224155513.jpgs7020_20180203224157034.jpgs7021_20180203224158a6f.jpgs7022_20180203224129c80.jpgs7023_2018020322413189d.jpgs7024_2018020322413249b.jpgs7025_20180203224134680.jpgs7026_20180203224135d66.jpgs7027_201802032241077ca.jpgs7028_20180203224108bd4.jpgs7029_201802032241102a6.jpgs7030_20180203224111ac1.jpgs7031_20180203224113c31.jpg


s7032_20180203224041e8f.jpg s7033_20180203224042f1a.jpgs7034_2018020322404478f.jpgs7035_20180203224045f8a.jpgs7036_2018020322404713f.jpgs7037_20180203224019ab9.jpgs7038_20180203224020e14.jpgs7039_20180203224022efc.jpgs7040_20180203224023e3b.jpgs7041_20180203224025539.jpgs7042_2018020322395292f.jpgs7043_20180203223954963.jpgs7044_20180203223955253.jpg


どうでしょうか。。。

とってもイイ感じに仕上がりましたよ。

お客さまにお渡し出来る頃には更に光沢度はUPしております。

いつも言っておりますが。。。。

もし自分の愛車だったらここまではコートするであろうってとこは全てやっておきました。

ここから先はお客さまご自身のお手入れに掛かっております。

とにかく、洗車です

汚れたらまず洗車です。

慣れればお出かけ前の30分もあれば充分ですから

ただし、水滴は出来るだけ残さないようにキッチリと拭き上げてくださいませ。

何かご不明な点がございましたらいつでもお立ち寄りくださいませ



今回も納得の作品に仕上がりました。。。ありがとうございました

最後にいつもの。。。

スッキリどや顔を


s8001_201802032239560bb.jpg s8002_20180203223958e55.jpg

おお~男前ぢゃあGoodです。


ふぅ。。。何とか持ちました

眠気が半端ないです。。。今夜はここらで。。。

おやすみなさいませ  


スポンサーサイト

カテゴリ: ガラスコート(新車)

[edit]

Posted on 2018/02/04 Sun. 01:04    TB: 0    CM: 0

☆ SUBARU WRX S4 ☆ 

またまた大寒波が来るみたいですねぇ

インフルエンザも凄いみたいですし

皆様もどうぞお気を付けくださいませ

私も気をつけないと



ここんとこ忙しくてなかなかUP出来てません。。。すんません。

今夜は頑張ってUPさせて頂きますよ



今回のお車はこちら。。。。。

s1001_20180116235137cc8.jpg s1002_2018011623513809c.jpg

SUBARU WRX S4  カラー/WRブルー・パール

オーナーのNさま。。。

このブログを見られてお越しくださいました

最初はお問合せくださいまして、何度かメールでお話しをさせて頂き。。。

さらに詳しく。。。と言うことで当店にお越しくださいました。

その節はお忙しい中、わざわざお越し頂きまして本当にありがとうございました

今回もいつも通りキッチリと施工させて頂きます。


お車のご入庫は昨年末ギリギリでした。(岡山スバルさんが直に持って来られました)

なので、このS4くんは当店で新年を迎えたってことになりますね


さあ、それではその時の作業内容を。。。。。

まずはポリッシング前の下準備。。。マスキングから

s2002_2018011623511114a.jpg s2001_201801162351399fe.jpgs2003_20180116235112d0e.jpgs2004_20180116235113d04.jpgs2005_201801162351152e7.jpgs2006_201801162351165e8.jpgs2007_20180116235047981.jpg

地味ぃ~な作業ですが、これが結構大事なんですよ

ポリッシングの際に研磨剤が付いては困る箇所もありますし。。。

何よりもお客さまからお預かりした大切なお車ですからね

手間と時間は掛かりますが、ここ。。だいじデス


s3001_20180116235049d37.jpg s3002_20180116235049d36.jpg

んなワケで。。。いつもの相棒。。ギヤアクションP&ウレタンバフで。。。

バフはその都度新品を使用しております。。使い回しはしておりません。

研磨剤はRipicaスーパーコンパウンド。。超微粒子ノンシリコン(0.3ミクロン)

当店ではたとえ新車であっても必ず「ひと磨き」入れております。

一番の目的はコート剤との密着度を上げてやるためです。

と、同時に小キズ、洗車キズ、雨染み。。。等の除去もしていきます。



さあ気合い入れてピッカピカに磨き上げまっせぇ

まずはボンネット、前廻りから。。。

s3004_20180116235052514.jpg s3005_201801162350186af.jpgs3006_20180116235019ffc.jpg

側面を。。。。。

s3007_201801162350205ad.jpg s3008_201801162350223ac.jpgs3009_20180116235023c4c.jpgs3010_20180116234956a6a.jpgs3015_2018011623493328e.jpgs3016_201801162349352a8.jpgs3017_201801162349364cc.jpg


ルーフ。。。。。

s3011_201801162349573b8.jpg s3019_20180116234939d5f.jpg


トランクパネル。。。

s3012_201801162349588fc.jpgs3013_20180116234959f6b.jpgs3014_201801162350015ec.jpg


s3018_20180116234938039.jpg 


ポリッシング。。終了~

気合い入れて磨き上がった画像がこちら。。。

s4001_20180116234912ad3.jpg s4002_20180116234913d07.jpgs4003_20180116234914be5.jpgs4004_20180116234915235.jpgs4005_20180116234917fcd.jpgs4006_20180116234845a93.jpgs4007_20180116234846fea.jpgs4008_20180116234847736.jpgs4009_20180116234848806.jpgs4010_20180116234850982.jpgs4011_201801162348235e9.jpgs4012_201801162348256fa.jpgs4013_201801162348253ed.jpg

完全どスッピン状態ですが、ハッキリ言ってこの時点で既に新車よりも輝いてますよ


ふぅ。。。これでやっと下地処理が完了です。

ここまでの作業をキッチリとやるかやらないかで仕上がりに大きな差が出ちゃいますからねぇ

たとえ時間が掛かっても気が済むまでとことんやってます

これもまた私の「こだわり」なんです。




てなワケで。。。

コーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート剤b6009.jpg

この2つのコート剤をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。



Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。



m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg




大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。



(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

通常、当店ではこのコート材をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。


上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

ホントはもっと楽な材料、施工方法もあるんですけどねぇ。。


車は「汗を搔いた分キレイになる」。。。


これもまた、私の「こだわり」ですかね




よっしゃ  1st coat いっちゃいますよ。。。。s5001_20180116234827417.jpg

このラウンドで施工するコート剤はこちら。。。z5002_201709012234080b0.jpg

ベースコートとして使うには勿体ないような気もしますが

こいつをTop coat の下に入れることによって光沢に深みが増しますし

同時に保護膜の被膜厚UPにも貢献してくれますからね。


まずはボンネットから。。。

s5002_20180116234828e07.jpg s5003_20180116234801580.jpg

         

s5004_201801162348038ab.jpg s5005_201801162348042ff.jpgs5006_20180116234805fec.jpg


フロント廻り。。。

s5007_20180116234806014.jpg s5008_20180116234729db5.jpgs5009_201801162347301c0.jpgs5010_2018011623473169d.jpgs5011_20180116234733f8f.jpgs5012_20180116234734ee6.jpgs5013_20180116234657714.jpg

こんな感じでパネル1枚1枚をキッチリとコートしていきます。

時間が経つと白ぼけてくるカウルパネルにも。。。

s5014_201801162346591ed.jpg s5015_20180116234700a62.jpgs5016_2018011623470135d.jpg

洗車の際にここも洗ってやってくださいね。。。殆どの方がここは洗ってないみたいですけど

ここも大事ですよ


ルーフパネル。。。

s5017_2018011623470384f.jpg s5018_201801162346220b4.jpg

         

s5019_2018011623462410f.jpg s5020_20180116234624f75.jpg


トランクパネル。。。

s5022_20180116234627967.jpg s5023_20180116234602034.jpg

         

s5024_20180116234604fd2.jpg s5025_201801162346054ac.jpgs5026_20180116234606ae0.jpg


フューエルリッド内部にもキッチリとコートしておきますよ。

s5027_2018011623460746f.jpg s5028_201801162345263f8.jpg


リヤー廻り。。。

s5029_20180116234528682.jpg s5030_2018011623452916f.jpgs5031_2018011623453028c.jpgs5032_20180116234532ad1.jpgs5033_2018011623445209c.jpg


各ドアパネル。。。。。

s5041_201801162344203dd.jpg s5042_20180116234422d47.jpgs5043_2018011623434686e.jpgs5044_20180116234347f3e.jpg

                  

s5034_2018011623445322a.jpg s5035_201801162344540c6.jpgs5036_20180116234455e28.jpgs5037_20180116234457f14.jpgs5038_20180116234417395.jpgs5039_20180116234418159.jpgs5045_20180116234348116.jpgs5046_2018011623435054a.jpgs5047_2018011623435161e.jpg


s5050_2018011623430833a.jpg 

更に。。。ドアを開けた内側、各ピラーにも

s5051_2018011623430935c.jpg s5052_20180116234311b2d.jpgs5053_20180116234235f06.jpgs5054_20180116234237cab.jpgs5055_20180116234238b6e.jpgs5056_2018011623423937b.jpgs5057_2018011623424180b.jpgs5058_2018011623420742a.jpgs5059_20180116234209dec.jpgs5060_2018011623421064c.jpg


s5063_201801162341157ed.jpgs5064_20180116234117ef8.jpgエンジンルーム内にも。。。


まだまだ。。。

取り外しておいたワイパーアーム、ナンバープレートにも。。。

s5065_20180116234118d16.jpg 


でもって、1st coat 終了~   s5061_20180116234211cfc.jpgs5050_2018011623430833a.jpg


この日の作業はここまで。。。

ここでこのまま2コート目をいっちゃいますと

まだ硬化しきれてない表面を溶かしながらのコートとなってしまいますからねぇ

同じ2コートするのであれば表面硬度が上がってからの方がより確実にコート被膜厚が稼げます。

これもまた私の「こだわり」なんです。



んなワケで。。。

     
     。
     。
     。。。。
     。
     。
     あさァ~~




一晩寝かせたことによって表面硬度は3Hくらいになってます。


こちらが寝起き画像となります。

s6001_20180116234121328.jpg s6002_2018011623405142c.jpgs6003_20180116234052f15.jpgs6004_20180116234053af1.jpgs6005_20180116234054b18.jpg


画像ではちょいと分かり辛いですかねぇ。。。

これだけでも充分な感じに輝いてますよ

でも、欲どおしい私としましては。。ですぢゃ

更なるコート被膜厚と光沢度UPを。。。と言うことで


2nd coat 。。。いっちゃいます。

s6006_20180116234056987.jpg s6007_20180116234015579.jpg


作業そのものは1st coat と殆ど同じなんですが

このラウンドではTHP-PROを主に施工していきます。。z5053_20170901222500a89.jpg


ボンネット。。。

s6008_201801162340172e0.jpg s6009_201801162340187d6.jpgs6010_20180116234019e91.jpg

              

s6011_20180116234021053.jpg s6012_20180116233925567.jpgs6013_20180116233926e50.jpg


フロント廻り。。。。。

s6014_20180116233927c82.jpg s6015_201801162339296e9.jpgs6016_201801162339308d7.jpgs6017_20180116233805052.jpgs6018_20180116233806bc0.jpgs6019_20180116233807523.jpgs6020_20180116233809f5f.jpgs6021_201801162338101e7.jpgs6022_20180116233732136.jpgs6023_201801162337332c5.jpg


ルーフ。。。。。

s6024_20180116233734954.jpg s6025_20180116233735bec.jpg

         

s6026_2018011623373776f.jpg s6027_20180116233708083.jpg


トランクパネル。。。。。

s6028_201801162337090a9.jpg s6029_20180116233710b36.jpg

         

s6030_20180116233711a73.jpg s6031_20180116233713856.jpgs6032_20180116233622749.jpg


リヤー廻り。。。

s6034_20180116233624e2b.jpg s6036_20180116233627373.jpgs6037_20180116233512b86.jpgs6038_201801162335139f3.jpgs6039_20180116233514d69.jpgs6040_20180116233515fae.jpgs6041_20180116233517e12.jpg


各ドアパネル。。。。。

s6042_20180116233435809.jpg s6043_201801162334374c6.jpgs6044_2018011623343778e.jpgs6045_2018011623343900a.jpgs6046_201801162334401d6.jpgs6047_2018011623340976b.jpgs6048_2018011623341081e.jpgs6049_20180116233411c43.jpgs6050_20180116233413391.jpgs6051_201801162334141d0.jpg


カウルパネル。。。。。s6052_201801162333439fc.jpg


アルミホイール。。。

s9001_201801220015342f3.jpg s9002_2018012200153526c.jpgs9003_201801220015362c6.jpg


更には。。。s6053_20180116233344292.jpgs6054_2018011623334558c.jpg

最後の画像のちっこいブルーのスポンジ。。。

終了後にこのスポンジにもコート剤を染み込ませてサンプルを採っておきます。

こいつの硬化具合を確認してお客さまにお渡し出来る日を決めております。

その時の気温、湿度によって硬化スピードは違ってきます。。。

今の時期は低温、低湿度。。。硬化速度はかなり遅いですねぇ。。。

特に湿度が低かったら硬化スピードは落ちてきますので

ブース内の気温を上げてやるのと同時に加湿器で湿度を調整しながら硬化させていきます

Glass coatはこだわるとホント手間が掛かるコート剤なんですよ。


てなわけで。。。2nd coat 終了~。。。。。s6055_20180116233346473.jpg

表面が少し硬化するのを待って取り外しておいたパーツを組み付けて

マスキングテープも外して。。。。


で、こちらが完成画像となります。


s7001_201801162332480cc.jpg s7002_201801162332503e7.jpgs7003_201801162332517f8.jpgs7004_201801162332525a8.jpgs7005_20180116233254883.jpgs7006_20180116233215d82.jpgs7007_20180116233216b05.jpgs7008_20180116233218a51.jpgs7009_20180116233219110.jpgs7010_20180116233221158.jpgs7011_20180116233134362.jpgs7012_2018011623313611c.jpgs7013_20180116233137f1b.jpgs7014_20180116233139922.jpgs7015_20180116233140020.jpgs7016_2018011623310252a.jpgs7017_20180116233104e4f.jpgs7018_201801162331051fa.jpgs7019_20180116233107cde.jpgs7020_20180116233108a4c.jpgs7021_20180116233019b59.jpgs7022_2018011623302062f.jpgs7023_20180116233021b30.jpgs7024_2018011623302341f.jpgs7025_20180116233025105.jpgs7026_20180116232954d09.jpgs7027_201801162329552d1.jpgs7028_20180116232957ae6.jpgs7029_20180116232958fbd.jpgs7030_20180116233000b8d.jpgs7031_2018011623292318b.jpgs7032_20180116232924320.jpgs7033_201801162329260e4.jpgs7034_201801162329275b3.jpgs7035_20180116232929344.jpgs7036_20180116232852064.jpgs7037_2018011623285346e.jpgs7038_2018011623285572a.jpgs7039_201801162328565e2.jpgs7040_20180116232858dc3.jpgs7041_2018011623282636c.jpgs7042_2018011623282753b.jpgs7043_20180116232829cf2.jpgs7044_20180116232830526.jpgs7045_20180116232832cf4.jpgs7046_20180116232758446.jpgs7047_2018011623280071b.jpgs7048_2018011623280151f.jpgs7049_201801162328039c7.jpgs7050_20180116232804b04.jpgs7051_20180116232729108.jpgs7052_20180116232731124.jpgs7053_20180116232732263.jpg


どうでしょう。。。とってもイイ感じに仕上がりましたよ。

Nさまにお渡し出来る頃には硬度もUPして光沢度も増して

更にテッカテカのピッカピカになってますから


今回も納得の作品に仕上がりました。。。ありがとうございました

ここから先はNさまのお手入れにお任せ致しますしっかりと可愛がってあげてくださいませ。

汚れたら洗車、雨が降ったら洗車、拭き取りは確実に。。。

キレイを保つには洗車あるのみ。。ですよ

また、何かありましたらいつでもお立ち寄りくださいませ。

今回は本当にありがとうございました。


最後にいつもの。。。

スッキリどや顔を


s8001_2018011623273385d.jpg s8002_201801162327356b7.jpg

おお~Goodですぢゃ


UPが遅くなって申し訳ございませんでした

カテゴリ: ガラスコート(新車)

[edit]

Posted on 2018/01/19 Fri. 01:04    TB: 0    CM: 0

☆ TOYOTA VOXY ☆ 

成人式を迎えられた方。。。おめでとうございます

でも天気が良くなかったですよねぇ。。。

成人式の日ってどうしていつも天気が悪いんでしょうかねぇ

。。。。。



さあ、今年一発目のUPです

今回のお車はこちら。。。。。

v1001_201712282356178d1.jpg v1002_201712282356184ae.jpg

新型VOXY ZS煌 カラー/ブラック(202)

オーナーのNさま。。。

実は以前当店で2台施工させて頂きましたKさまからのご紹介でお越しくださいました。

その節は本当にありがとうございました。

オーナーのNさまとは施工前に一度ご来店頂き、Glass coatについて説明をさせて頂きました。

ちょうどお越し頂いた際に施工中のお車がありましたので分かり易かったのでは。。。

お話の流れで。。以前Kさまのクラウンには3coat をさせて頂いてました。。。とお話してたら

それではVOXYにも3coat を。。。とありがとうございますぅ

更には美味しいお菓子も頂きまして

もぉ、そんなこんなで。。。今回も気合い入れてキッチリと仕上げさせて頂きますよ



それでは早速、作業スタートでございます。

まずは、いつも通りのマスキングから。。。

v2001_201712282356190f8.jpg v2002_20171228235620642.jpgv2003_20171228235556671.jpgv2004_201712282355589b2.jpgv2005_20171228235559849.jpgv2006_201712282356003af.jpg

当店では施工前には必ず「ひと磨き」をさせて頂いております。

たとえ新車といえども洗車キズがあったり、雨染みがあったり。。。

今回のような濃色のお車は結構そういったものが気になっちゃうんですよね。。

それと、一番の目的はコート剤との密着度を上げてやることにあります

この「ひと磨き」入れてやることによりキズ、雨染み、表面に付着しているシリコン等の除去。。

どんなに素晴らしいコート剤を使ってもこの下地処理がキッチリと出来ていなかったら意味ないですからね。


んなワケで。。。ポリッシングです。

v3001_201712282356027c7.jpg v3002_2017122823553395e.jpg

ギヤアクションP&ウレタンバフで表面を軽く研磨させて頂きます。

研磨剤はRipicaスーパーコンパウンド 超微粒子ノンシリコン。。。


まずはボンネット、前廻りから。。。

v3003_201712282355359e6.jpg v3004_20171228235536107.jpgv3005_20171228235537469.jpgv3006_201712282355396d6.jpg


ルーフ。。。。。

v3007_20171228235508c04.jpg v3008_2017122823550999f.jpgv3009_20171228235510dcf.jpgv3010_201712282355117a4.jpgv3011_20171228235513fa5.jpg


途中、ルーフに大きなデポジットを発見。。v3012_20171228235447081.jpg優しく手作業で。。

こんな感じでパネル1枚1枚をキッチリと仕上げていきます。

残りのパネル。。。一気にいかせて頂きますね。

v3014_201712282354491c0.jpg v3015_20171228235451124.jpgv3016_20171228235452b49.jpgv3017_20171228235418180.jpgv3018_20171228235419472.jpgv3019_201712282354202b8.jpgv3020_201712282354220c5.jpgv3021_2017122823542397b.jpgv3022_20171228235351759.jpgv3023_2017122823535296e.jpgv3024_201712282353533e3.jpgv3025_2017122823535588d.jpg


ポリッシング。。終了~


で、磨き上がった状態がこちら。。。。

v4001_2017122823535724d.jpg v4002_201712282353200a9.jpgv4003_20171228235322596.jpgv4004_2017122823532211c.jpgv4005_20171228235324794.jpgv4006_2017122823532542d.jpgv4007_201712282352336d2.jpgv4008_20171228235234f1f.jpg

この時点ですでに新車よりも輝いてますよ

手間と時間は掛かりますがこの工程は絶対に必要ですからね。

これもまた私の「こだわり」なんです。



これでやっと下地処理が完了です。

さあ、ここからコーティングです。。。今回は3coat です。

あらかじめ言っておきますが。。。

同じような画像の繰り返しになります。。お許しくださいませ。



てなワケで。。。

コーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート剤b6009.jpg

この2つのコート剤をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。



Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。



m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg




大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。



(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

通常、当店ではこのコート材をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。


今回はトリプルコートですけどね。



上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

ホントはもっと楽な材料、施工方法もあるんですけどねぇ。。


車は「汗を搔いた分キレイになる」。。。


これもまた、私の「こだわり」ですかね




よっしゃ  1st coat いっちゃいますよ。。。。v5001_201712282352352d1.jpg

このラウンドで施工するコート剤はこちら。。。z5002_201709012234080b0.jpg

ベースコートとして使うには勿体ないような気もしますが

こいつをTop coat の下に入れることによって光沢に深みが増しますし

同時に保護膜の被膜厚UPにも貢献してくれますからね。



まずはボンネットから。。。

v5002_201712282352361e4.jpg v5003_20171228235238af7.jpgv5003a.jpg

              

v5004_20171228235155f3f.jpg v5005_20171228235156bca.jpgv5006_20171228235157c68.jpg

カウルパネルにも。。。v5007_2017122823515837c.jpgv5008_201712282351275af.jpg

シャッターを閉める前にリヤー廻りを。。。

v5009_201712282351292dc.jpg v5010_2017122823512971c.jpgv5011_201712282351310a6.jpgv5012_20171228235132d29.jpgv5013_2017122823510468b.jpgv5014_20171228235106615.jpgv5015_201712282351075b0.jpgv5016_201712282351096fe.jpgv5017_201712282351103ce.jpgv5018_201712282350297f7.jpgv5019_20171228235030eaf.jpgv5020_2017122823503112f.jpg

こんな感じでパネル1枚1枚をキッチリとコートしていきます


ここからはシャッターを閉めて。。。。

ルーフ。。。側面。。。

v5021_201712282350320d7.jpg v5022_20171228235033f0b.jpg

         

v5023_2017122822222054a.jpg v5024_20171228222222d30.jpgv5025_20171228222222004.jpg


v5026_20171228222224a2a.jpg v5027_20171228222226803.jpgv5028_201712282221526dc.jpgv5029_20171228222154843.jpg


ドアを開けた内側、各ピラーにも。。。

v5030_20171228222154c02.jpg v5031_20171228222156976.jpgv5032_201712282221575e6.jpgv5033_2017122822211133c.jpgv5034_20171228222112186.jpgv5035_20171228222113d73.jpgv5036_201712282221158ff.jpgv5037_201712282221164e4.jpg


もちろん、ホイールにも。。。v5041_20171228222053dd8.jpgv5042_20171228222054a73.jpg

更には取り外しておいたこういったものにも。。。v5040_2017122822205152f.jpg

今回はナンバープレートにも3コートですからね効くでぇ~


更に更に。。。スタッドレス用に購入されたホイルにも

v5043_201712282220206e9.jpg v5044.jpgv5045.jpgv5046.jpg

なんか盛沢山でしょう


こんな感じで何とか1st coat 終了です。。。

v5049.jpg 

この日の作業はここまで。。。

翌朝までこの状態で硬化乾燥をさせておきます。

このまま2コート目をいっちゃうとせっかくの1コート目を溶かしながらのコートとなってしまいますからね。

同じ2コートするのであれば表面硬度が上がってからの方がより確実にコート被膜厚が稼げますので

これもまた私の「こだわり」なんです。


んなワケで。。。

     
     。
     。
     。。。。
     。
     。
     あさァ~~




一晩寝かせたことによって表面硬度は3Hくらいになってます。


こちらが寝起き画像となります。

v6001_201712282219130e5.jpg v6002_20171228221915de9.jpgv6003_20171228221916956.jpgv6004_20171228221841d09.jpgv6005_20171228221842c69.jpgv6006_2017122822184350f.jpgv6007_20171228221845d3c.jpg

どうでしょうか。。。硬化した分、光沢度もUPしてます。


それでは、2nd coat いっちゃいます。

v6008_20171228221846e77.jpg 


作業そのものは1st coat と同じなので一気にいかせて頂きます。

v6015_20171228221711bee.jpg v6016_20171228221712ed5.jpgv6017_20171228221713b26.jpg

               

v6018_20171228221714cca.jpg v6019_20171228221609027.jpgv6020_2017122822161076d.jpg


v6021_20171228221611d6b.jpg v6022_201712282216135ac.jpgv6023_20171228221614fc8.jpgv6024_201712282215104fd.jpgv6025_201712282215122ae.jpgv6026_20171228221513b04.jpgv6027_20171228221514549.jpgv6028_20171228221515fac.jpgv6029_20171228221439723.jpgv6030_2017122822144168a.jpgv6031_201712282214420cc.jpgv6010_201712282218177e6.jpgv6011_20171228221817226.jpgv6012_2017122822181935d.jpgv6013_20171228221820e0a.jpgv6014_20171228221709b4c.jpgv6032_201712282214432f7.jpgv6033_20171228221445390.jpgv6034_20171228221416e45.jpgv6035_20171228221418003.jpgv6036_20171228221419b8e.jpgv6037_20171228221420f98.jpgv6038_201712282214219bc.jpgv6039_2017122822133635d.jpgv6040_20171228221337182.jpgv6041_20171228221338bba.jpgv6042_20171228221340e5c.jpgv6043.jpg


エンジンルーム内にも。。。

v6044.jpg v6045.jpgv6046.jpg

最後に。。。v6047.jpg


2nd coat終了~。。。

v6048.jpg v6049.jpgv6050.jpg


で、やはり同じくこの状態で一晩寝かせて硬化乾燥をさせておきます。

んなワケで。。。

     
     。
     。
     。。。。
     。
     。
     あさァ~~



で、こちらが2日目の朝を迎えたVOXYくんとなります

v7001_2017122821472815b.jpg v7002_20171228214729907.jpgv7003_20171228214731966.jpgv7004_201712282147001cf.jpgv7005_201712282147023b2.jpgv7006_20171228214703c62.jpgv7007_20171228214705bd6.jpg

どうでしょうかとってもイイ感じに輝いてますよ。

通常はこの時点でコート終了となるのですが、今回は更にもう1コート


3rd coat いっちゃいますよ。。。。。v7008_201712282147069c1.jpg


こちらも作業そのものは同じようなものなのですが

このラウンドではTHP-PROを主に施工していきます。。z5053_20170901222500a89.jpg

1st coat 、2nd coat の施工に使ったHi Glass coatはいわゆるベースコート。。。

このTHP-PROをTop coatとして施工しています。


v7010_20171228214638499.jpg v7011_20171228214638835.jpgv7012_20171228214640ea5.jpgv7013_20171228214642d2c.jpgv7014_201712282139261f4.jpgv7015_20171228213927440.jpgv7016_2017122821392895c.jpgv7017_201712282139309e0.jpgv7018_20171228213931dd1.jpgv7019_20171228213902892.jpgv7020_2017122821390496f.jpgv7021_20171228213904a7e.jpgv7022_20171228213906ee9.jpgv7023_20171228213907350.jpgv7024_20171228213832f7a.jpgv7025_2017122821383335c.jpgv7026_20171228213834d5e.jpgv7027_201712282138369fe.jpgv7028_20171228213837f6c.jpgv7029_201712282138032ed.jpgv7030_20171228213805a1d.jpgv7031_201712282138068d4.jpgv7032_20171228213808032.jpgv7033_20171228213809bca.jpgv7034_20171228213656e42.jpgv7035_201712282136572be.jpgv7036_20171228213659ece.jpgv7037_20171228213701599.jpgv7038_20171228213702336.jpg

3rd coat 終了~v7041_20171228213628882.jpg

こちらが今回施工に使用したスポンジです。。。

v7039_201712282136257e0.jpg v7040_20171228213627d2b.jpg 

このブルーのちっこいスポンジは硬化具合の確認用です。

こいつの硬化具合をチェックしてお客さまにお渡し出来る日にちを決めております。

硬化していない状態での納車は出来ませんからねぇ

そんなこんなで、本当に手間と時間が掛かるコーティングなんですよ。

こだわりをもってコーティングしてたらここに行き着きました

しゃあないですわ



で、もって。。。。

こちらが完成画像となります。


v8001_20171228213631609.jpg v8002_201712282135597ca.jpgv8003_201712282136019c9.jpgv8004_20171228213602a50.jpgv8005_2017122821360418b.jpgv8006_201712282136055d5.jpgv8007_201712282135209e5.jpgv8008_20171228213522a51.jpgv8009_20171228213523c8c.jpgv8010_20171228213525302.jpgv8011_20171228213526ffb.jpgv8012_20171228213455555.jpgv8013_20171228213457d5d.jpgv8014_2017122821345884f.jpgv8015_20171228213500486.jpgv8016_2017122821350120e.jpgv8017_20171228213430237.jpgv8018_20171228213432eb2.jpgv8019_201712282134338a0.jpgv8020_20171228213435143.jpgv8021_201712282134374e3.jpgv8022_20171228213351e8b.jpgv8023_2017122821335361f.jpgv8024_201712282133546dd.jpgv8025_20171228213356456.jpgv8026_20171228213357ad8.jpgv8027_20171228213315c4f.jpgv8028_20171228213317617.jpgv8029_2017122821331824e.jpgv8030_20171228213320b48.jpgv8031_201712282133211d9.jpgv8032_20171228213254c7d.jpgv8033_20171228213255214.jpgv8034_20171228213257796.jpgv8035_20171228213258863.jpgv8036_20171228213300d2e.jpgv8037_20171228213221bd6.jpgv8038_20171228213222e03.jpgv8039_20171228213224f21.jpgv8040_20171228213225ca5.jpgv8041_201712282132278e7.jpgv8042_20171228213118acf.jpgv8043_201712282131208ea.jpgv8044_20171228213121f11.jpgv8045_20171228213123ee7.jpgv8046_20171228213124526.jpgv8047_2017122821302877a.jpgv8048_20171228213030499.jpgv8049_20171228213031bc5.jpg

私の車ならここまではするであろう。。。。って所は全てコートしておきました。

このまま硬化するまでこのブース内にてキッチリと保管させて頂きます。

Nさまにお渡し出来る頃には更に光沢度もUPしておりますので。。。


私が出来るのはここまでです。

あとはNさまのお手入れしだいです

愛情を持ってしっかりと洗車をしてあげてくださいませ。

汚れたら洗車。

雨が降ったら洗車。

色の濃いお車ほどコマメな洗車は必須です。。。大変ですけど、それもまた楽しです。


最後にいつもの。。。スッキリどや顔を

v9001_20171228213032fd7.jpg 

ほっほぉ。。男前ぢゃあ


Nさま。。。UPが遅くなって申し訳ございませんでした。

また何かございましたらその節にはどうぞ宜しくお願い致します。

今回は本当にありがとうございました


        

カテゴリ: ガラスコート(新車)

[edit]

Posted on 2018/01/07 Sun. 01:10    TB: 0    CM: 0

☆ TOYOTA TANK-G ☆ 

気が付くともう12月。。。。。

ホント1年は、あっっちゅうまですわ

。。。毎年この時期になると口にしてますね

さっ、今夜は何とか頑張りますよ。。。たぶん



今回のお車はこちら。。。。。

t1001_20171204003145c81.jpg t1002_2017120400314757f.jpg

TANK G カラー/ブライトシルバーM

オーナーのMさま。。大変長いことお待たせ致しました。

8月にご注文頂いてやっと先日入ってきました。。。3ヶ月チョイ掛かりましたよ

さあ、それでは早速仕事にかからせて頂きます。

今回もいつも通り、キッチリと仕上げさせて頂きますよ

まずはOPの取り付けから。。。。t1003_20171204003148317.jpg

ナビ・ドラレコ・ETC。。。等々

バックカメラはMOPでナビレディーをチョイス。

では、室内のバラシから。。。。。t1004_201712040031492b4.jpg


t1005_2017120400315148b.jpg t1006_20171204003124e85.jpgt1007_20171204003125b19.jpgt1008_201712040031274ae.jpg

いつも通り配線をキッチリと通してクランプしておきたいですからね

邪魔するものは片っ端から取っ払っていきます。

この季節になると冷えてピンが硬くなっちゃいますので取り外す前に

ヒーター全開で室内を温めておいた方がパネルが外し易くなります。(ワンポイントアドバイス)

あとはそれぞれをキッチリと取り付けてハーネスをしっかりとクランプして。。。

t1009_20171204003128149.jpg t1010_20171204003130fa8.jpgt1011_20171204003102e9f.jpgt1012_20171204003104773.jpg

室内の取り付け作業は終了です。。。t1014_2017120400310750d.jpgt1013_201712040031058ea.jpg

バックカメラのガイドラインを設定して。。。t1015_2017120400310821e.jpgt1016_20171204003033ed7.jpg

あっ、こちらは当店からのサービスで取り付けさせて頂いておきました。t1017_20171204003035fa5.jpg

スマホの充電端子と音楽DataのUSB入力端子です。。。純正ぽくてイイ感じでしょ。




よっしゃ、それではGlass coat いっちゃいますよ。

まずは。。。下地処理の下準備、マスキングから

t2001_201712040030364fc.jpg t2002_20171204003038aed.jpgt2003_20171204003040888.jpgt2004_20171204003011e96.jpgt2005_20171204003012da8.jpgt2006_201712040030147af.jpg

当店ではたとえ新車であっても必ず施工前の「ひと磨き」をやっております。

いわゆる下地処理ですね。

隅々までキッチリと磨き上げたいのとコンパウンドが着いては困るような所もあります。

そして何よりも、大切なお客さまからお預かりしたお車にキズがつかないようにと。。。

そういった意味でもこのマスキングはとっても大事なんですよ



この磨きを入れることによって雨染みであったり洗車の際に付いた小さなキズであったり。。

そういったものを除去することが出来ます。

そして一番の目的はコート剤との密着度を上げてやるってことです。

軽く研磨することによって表面に付着しているシリコン等を除去してどスッピンにしてやるってことです。

汚れ、雨染み、小キズ、シリコン等々を残したままその上を硬い被膜で覆ってしまう。。。

これはいかがなものでしょう。。。

自分の車にそういった施工は絶対にしてもらいたくありませんからね。。ほっほぉ

んなワケで、私はいつも「自分の車だったら。。。」を意識して施工させて頂いております。


では、ポリッシング。。。スタートt3001_201712040030156b3.jpgt3002_201712040030173ee.jpg  

こちらのTANKくんには大したダメージも無く問題ありませんでしたので

いつもの相棒。。ギヤアクションP&ウレタンバフで。。。

バフは使い回しをしておりません。その都度新品を使用しております。。。当然ですけどね。

研磨剤はRipicaスーパーコンパウンド超微粒子(ノンシリコン)


まずはボンネット、前廻りから。。。

t3003_2017120400295064d.jpg t3004_20171204002951d67.jpgt3005_201712040029534d5.jpgt3006_201712040029542e3.jpgt3007_20171204002956a91.jpgt3008_201712040029289b8.jpg


ルーフ。。。。。

t3021_20171204002843807.jpg t3022_20171204002845522.jpg


。。。と、こんな感じでパネル1枚1枚をキッチリと磨き上げていきます。

では、残りのパネルも。。。一気に

t3009_20171204002930be2.jpg t3010_20171204002931e50.jpgt3011_20171204002933c94.jpgt3012_2017120400293402d.jpgt3013_2017120400290648a.jpgt3014_201712040029085a5.jpgt3015_20171204002909802.jpgt3016_20171204002911434.jpgt3017_20171204002912ba0.jpgt3018_20171204002839428.jpgt3019_2017120400284083a.jpgt3020_201712040028427dd.jpgt3023_201712040028132d3.jpgt3024_20171204002815a91.jpg


ポリッシング。。終了~

で、こちらが磨き上がって完全どスッピン状態となったTANKくんとなります。

t4001_20171204002817d8e.jpg t4002_201712040028183e4.jpgt4003_20171204002819d45.jpgt4004_20171204002753ca1.jpgt4005_20171204002755e75.jpgt4006_201712040027566fd.jpgt4007_20171204002757761.jpg

ハッキリいって、この段階で新車よりも輝いてますよ


これでやっと下地処理が完了しました。。。ふぅ。。ちと休憩ですな



てなワケで。。。

コーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート剤b6009.jpg

この2つのコート剤をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。



Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。



m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg




大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。



(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

当店ではこのコート材をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。



上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

ホントはもっと楽な材料、施工方法もあるんですけどねぇ。。


車は「汗を搔いた分キレイになる」。。。


これもまた、私の「こだわり」ですかね




よっしゃ  1st coat いっちゃいますよ。

このラウンドで施工するコート剤はこちら。。。z5002_201709012234080b0.jpg

ベースコートとして使うには勿体ないような気もしますが

こいつをTop coat の下に入れることによって光沢に深みが増しますし

同時に保護膜の被膜厚UPにも貢献してくれますからね。


t5001_20171204002759d54.jpg t5002_2017120400272791c.jpg



まずはボンネットから。。。

t5003_20171204002729491.jpg t5004_2017120400273098c.jpgt5005_2017120400273141a.jpg

             

t5006_20171204002733529.jpg t5007_2017120400250717d.jpgt5008_20171204002508f9e.jpg

カウルパネルにも。。。。。t5009_2017120400250951e.jpg


ルーフパネル。。。。。

t5016_20171204002438e7e.jpg t5017_20171204002410b8b.jpg

         

t5018_20171204002411618.jpg t5019_20171204002412420.jpgt5020_20171204002413df6.jpg


こんな感じでパネル1枚1枚をキッチリとコートしていきます。

では、残りのパネル。。。一気にいかせて頂きます。


t5010_20171204002510854.jpg t5011_20171204002512b87.jpgt5012_20171204002432f17.jpgt5013_20171204002434d66.jpgt5014_20171204002435b6d.jpgt5015_20171204002437cef.jpgt5021_20171204002415389.jpgt5022_20171204002346c3b.jpgt5023_2017120400234716c.jpgt5024_20171204002349f07.jpgt5025_20171204002349c6d.jpgt5026_20171204002351285.jpgt5027_20171204002251b19.jpgt5028_201712040022527df.jpgt5029_20171204002253f29.jpgt5030_2017120400225522a.jpgt5031_20171204002256851.jpgt5032_2017120400222954f.jpgt5033_2017120400223050f.jpgt5034_201712040022317ef.jpgt5035.jpgt5036.jpgt5037.jpg

1st coat 終了~

この日の作業はここまで。。。t5038.jpg

このまま2コート目をいっちゃうとせっかくの1コート目を溶かしながらのコートとなってしまいます。。。

一晩寝かせて表面を硬化させたところで2コート目を入れていきます。

同じ2コートするのであれば表面硬度が上がってからの方がより確実にコート被膜厚が稼げますので

手間と時間は掛かりますが。。これもまた私の「こだわり」なんです。


んなワケで。。。

     
     。
     。
     。。。。
     。
     。
     あさァ~~




一晩寝かせたことによって表面硬度は3Hくらいになってます。


こちらが寝起き画像となります。


t6001_20171204002157612.jpg t6002_20171204002159331.jpgt6003_20171204002200eff.jpgt6004_2017120400211064f.jpg


一晩寝かせて硬化した分、光沢度もUPしてます。

これだけでも充分な感じなんですけどね

いえいえ、当店のコートは基本2コートですから

更なる光沢を


てなワケで。。。。。

2nd coat  いっちゃいます。。。t7001_201712040021119dc.jpg

作業内容そのものは1st coat と殆ど同じなんですけど

このラウンドではTHP-PROを主に施工していきます。。。z5053_20170901222500a89.jpg

Hi Glass coat とは違い施工にはちょいとばかしコツが必要となります。


それでは早速。。。

ボンネット・カウルパネル。。。

t7002_20171204002113fe4.jpg t7003_20171204002114def.jpgt7004_201712040021169fa.jpg

         

t7005_20171204002043ac6.jpg t7006_20171204002044cbc.jpgt7007_20171204002045bf7.jpg


フロントバンパー廻り。。。。。

t7008_201712040020474d3.jpg t7009_201712040020498bb.jpgt7010_2017120400201960f.jpgt7011_201712040020211ab.jpgt7012_20171204002022d55.jpgt7013_20171204002024ebf.jpg


ルーフ。。。。。

t7014_20171204002025fba.jpg t7015_20171204001953058.jpg

         

t7016_20171204001955ad2.jpg t7017_20171204001956ed1.jpg


リヤー廻り。。。。。

t7018_20171204001958773.jpg t7019_20171204002000372.jpgt7020_2017120400192153b.jpgt7021_2017120400192372f.jpgt7022_201712040019242da.jpgt7023_20171204001926a5a.jpgt7024_20171204001927652.jpgt7025_201712040018573d0.jpgt7026_20171204001859a00.jpgt7027_2017120400190076d.jpgt7028_201712040019021b1.jpgt7029_201712040019038c1.jpg

ドアパネル廻り・各ピラー。。。

t7030_201712040018078a6.jpg t7031_20171204001809eae.jpgt7032_20171204001810344.jpgt7033.jpgt7034.jpgt7035.jpgt7036.jpgt7037.jpgt7038.jpgt7039.jpgt7040.jpgt7041.jpgt7042.jpg

ホイルキャップ・ワイパーアームにもキッチリとコートしておきます。

t7043.jpg 


2nd coat 終了~。。。t7044.jpgt7045.jpg

手間と時間は掛かってしまいますが、

同じコーティングをするのならやっぱりここまではやっておかないと気が済まないもので


で、もってこちらが完成画像となります。

t8001_20171204001626ba9.jpg t8002_201712040016284a0.jpgt8003.jpgt8004.jpgt8005.jpgt8006.jpgt8007.jpgt8008.jpgt8009.jpgt8010.jpgt8011.jpgt8012.jpgt8013.jpgt8014.jpgt8015.jpgt8016.jpgt8017.jpgt8018.jpgt8019.jpgt8020.jpgt8021.jpgt8022.jpgt8023.jpgt8024.jpgt8025.jpgt8026.jpgt8027.jpgt8028.jpgt8029.jpgt8030.jpgt8031.jpgt8032.jpgt8033.jpgt8034.jpgt8035.jpgt8036.jpgt8037.jpgt8038.jpgt8039.jpgt8040.jpgt8041.jpg


どうでしょうか。。。

今回もとってもイイ感じに仕上がりましたよ。

あとはこのまま4日ほどこのブース内で硬化乾燥させておきます。

Mさまにお渡し出来る頃には更に光沢度が増してピッカピカになっております。


今回も納得の作品に仕上がりました。。。ありがとうございました

また、何かありましたらいつでもお立ち寄りくださいませ。


最後にいつもの。。。やつを

t9001_20171204001238378.jpg t9002_20171204001240a86.jpg

おお~ Goodですじゃ~




今夜は何とか持ちました

この調子でまた頑張ってボチボチですがUPしていきますので

これからもどうぞ宜しくお願い致します。


おやすみなさいませ。。。



カテゴリ: ガラスコート(新車)

[edit]

Posted on 2017/12/08 Fri. 01:45    TB: 0    CM: 0

☆ SUBARU IMPREZA G4 ☆ 

そろそろ紅葉のいい季節

この週末辺りに何処か行ってみようかなぁ。。。。と

けど。。三連休だしねぇ。。何処行っても人多いでしょうね

覚悟して行かなくては


さて、今夜はちょいと長いですよ。。。きっと。。。

頑張ってUPさせて頂きます



今回のお車はこちら。。。。。

z1001_2017103121512551b.jpg z1002_20171031215127378.jpg

SUBARU IMPREZA G4 2.0i-S Eye Sight AWD  カラー/ダークグレーメタリック

いつもお世話になっているA自動車さまからご依頼頂きました。。。ありがとうございます

今回は久々の3coat です。

濃いお色のお車に3coat 。。。。仕上がりが楽しみですね


それでは早速。。。。。

まずはコート前の下準備。。その

マスキング。。ますきんぐ。。。。。

z1003_20171031215127331.jpg z1004_20171031215129ebf.jpgz1005_20171031215059915.jpgz1006_20171031215100f37.jpgz1007_20171031215101e06.jpgz1008_20171031215103fd1.jpgz1009_201710312151049f8.jpg

当店ではたとえ新車でも必ず「ひと磨き」をしております。

いわゆる「下地処理」ってやつです。

これをキッチリとやっておくのとおかないのとでは仕上がりに大きな差が生じてしまいます。

とは、言ってもお客さまが出来上がりを見られても多分お分かりにはならないと。。。

これはあくまでも私の「こだわり」なので

例えば、「新車」=「無傷」。。。殆どの方はそう思われてると思います。

もちろん、それが当然なんですけど。。。

ところが、実際のところなかなか無傷の新車ってのは無いですねぇ。。。残念ですが

あっ、ここで言ってるキズってのは大きな深いキズのことを言ってるわけではございませんので

いわゆる小キズ、線キズ、擦りキズ、洗車キズ。。。等々のことです。

それと、水染み、雨染み、鳥の糞跡。。等々

メーカーから出荷されてお客さまのお手元に届くまでには色んなことがありますからねぇ。。。

仕方ないと言ってしまえばそこまでなんですけど。。。

Glass coat はボディー表面を硬い被膜で覆ってしまいます。

何も見なかったことにしてそのままコートしてしまうと。。。

先ほどから言ってるキズ、染みってのはその下に残ったままってことになってしまいます。。。

それが許せないんですよね。。。なのでこの「ひと磨き」なんです。

それともう一つ。。。ってゆうか本来一番の目的はこちら

ボディー表面とコート剤の密着度を上げてやるってことです。

表面に付いているシリコンの除去。。。完全どスッピン状態にしてからのコーティング

これもまた私の「こだわり」なんです。


そんなこんなで、ポリッシング準備完了~z2001_20171031215028616.jpgz2002_2017103121502931a.jpg

今回は大きなダメージはありませんでしたので

いつもの相棒。。ギヤアクションP&ウレタンバフでOKです。

でも、やはり隅々までキッチリと磨きたいですからね。

その為にもこのマスキングはとても重要なんです。


さあ、それではポリッシング。。。スタート


ボンネット、前廻りから。。。

z2003_20171031215030f3f.jpg z2004_2017103121503275d.jpgz2006_201710312149563a7.jpgz2005_201710312150333fd.jpgz2007_20171031214957449.jpg

ルーフパネル。。。

z2008_20171031214958eff.jpg z2009_201710312150004e4.jpg

。。。。と、こんな感じでパネル1枚1枚をキッチリと磨き上げていきます。

ポリッシャーが入りきらない所はハンドポリッシャーで。。。

では、残りのパネル。。一気に

z2010_201710312150013b2.jpg z2011_20171031214900437.jpgz2012_201710312149010ee.jpgz2013_20171031214902213.jpgz2014_20171031214904aa0.jpgz2015_2017103121490524d.jpgz2016_20171031214819d8a.jpgz2017.jpgz2018.jpgz2019.jpgz2020.jpgz2021.jpgz2022.jpgz2023.jpgz2024.jpg


ポリッシング。。終了~

で、こちらが磨き上がって完全どスッピン状態となったG4です。

z3001_20171031214758840.jpg z3002_20171031214727acf.jpgz3003_20171031214728cf8.jpgz3004_20171031214729884.jpgz3005_20171031214731be1.jpgz3006_201710312147324da.jpgz3007_20171031214656923.jpgz3008_20171031214657275.jpgz3009_20171031214658302.jpgz3010_2017103121470019d.jpgz3011_20171031214701228.jpgz3012_20171031214631a22.jpgz3013_201710312146339a1.jpg

画像ではお伝え難いかも。。。ですが

ハッキリ言ってこの時点で既に新車よりも輝いてますよ

これでやっと下地処理が完了です。

ふぅ。。。ちと休憩ですぢゃ






てなワケで。。。

コーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート剤b6009.jpg

この2つのコート剤をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。



Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。



m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg




大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。



(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

当店ではこのコート材をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。


(今回は3coat ですけど)

上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

ホントはもっと楽な材料、施工方法もあるんですけどねぇ。。


車は「汗を搔いた分キレイになる」。。。


これもまた、私の「こだわり」ですかね




よっしゃ  1st coat いっちゃいますよ。

このラウンドで施工するコート剤はこちら。。。z5002_201709012234080b0.jpg

ベースコートとして使うには勿体ないような気もしますが

こいつをTop coat の下に入れることによって光沢に深みが増しますし

同時に保護膜の被膜厚UPにも貢献してくれますからね。


z4001_20171031214634a0f.jpg z4002_201710312146354f6.jpg

まずはボンネット。。。

z4003_201710312146364a6.jpg z4004_201710312146032f0.jpgz4005_20171031214604675.jpg

                

z4006_20171031214605af0.jpg z4007_2017103121460761f.jpgz4008_201710312146088df.jpg


カウルパネル。。。。z4009_201710312145369bb.jpgz4010_2017103121453790f.jpg


ルーフパネル。。。

z4011_20171031214538e80.jpg z4012_2017103121454046b.jpgz4013_20171031214541188.jpg

                

            z4015_2017103121450969e.jpg

トランクパネル。。。

z4016_201710312145103f8.jpg z4017_20171031214511056.jpg

         

z4018_2017103121451308a.jpg z4019_201710312144478cd.jpgz4020_20171031214448138.jpg


。。。。こんな感じでパネル1枚1枚をキッチリとコートしていきます。

残りのパネル。。一気に

z4021_20171031214449ec6.jpg z4022_201710312144514f6.jpgz4023_20171031214452811.jpgz4024_20171031214421004.jpgz4025_20171031214422efd.jpgz4027_20171031214425dc6.jpgz4028_201710312144263f7.jpgz4029_20171031214355c59.jpgz4030_20171031214357cda.jpgz4031_20171031214358d3e.jpgz4032_201710312143590ba.jpgz4033_201710312144017e9.jpgz4034_2017103121433381c.jpgz4035_201710312143348b8.jpgz4036_20171031214335b0c.jpgz4037_201710312143364c2.jpgz4038_20171031214338e03.jpgz4039_20171031214149510.jpgz4040_201710312141516e4.jpgz4041_2017103121415223e.jpgz4042_20171031214153564.jpgz4043_20171031214155cb1.jpgz4044_201710312141157e8.jpgz4045_20171031214116a13.jpg


もちろん、こいつも。。。z4046_20171031214117bf0.jpg 小さな抵抗なのかもしれませんけどね

更に。。。。。

z4047_201710312141180d2.jpg z4048_20171031214120185.jpgz4049_20171031214031f94.jpgz4050_20171031214033732.jpgz4051_20171031214034b88.jpgz4052_201710312140357ba.jpgz4053_20171031214037fc6.jpgz4054_20171031214010d36.jpgz4055_201710312140120e9.jpg

こういった所にもキッチリとコートです。

手間も時間も掛かりますが、やっておけばあとのお手入れが楽ちんですからね

洗車の際にここに付いた水滴を軽く拭き取るだけでいいんです。

たったそれだけでキレイを維持出来ますから


更に更に。。。z4056_201710312140132c6.jpgz4057_201710312140149cf.jpg ホイールにも

ここもよく汚れるところですからね。。。ブレーキダストから守ります。


で、1st coat 終了です。。。。。ふぅ

z4058_20171031214016f8b.jpg z4060_2017103121394821b.jpgz4061_20171031213948f21.jpg

この日の作業はここまで。。。

この状態で明日の朝まで硬化乾燥させておきます。

このまま2コート目をいっちゃうとせっかくの1コート目を溶かしながらのコートとなってしまいますからね。

同じ2コートするのであれば表面硬度が上がってからの方がより確実にコート被膜厚が稼げますので

んなワケで。。。

     
     。
     。
     。。。。
     。
     。
     あさァ~~




一晩寝かせたことによって表面硬度は3Hくらいになってます。


こちらが寝起き画像となります。

z5001_201710312139501de.jpg z5002_2017103121395265c.jpgz5003_201710312139106a5.jpgz5004_20171031213912f89.jpgz5005_20171031213913b7f.jpgz5006_20171031213914d96.jpgz5007_20171031213915721.jpg

硬化した分光沢度もUPしております。

これだけでも充分な感じなんですけどねぇ。。。

欲どおしい私としましてはぢゃ、更なる光沢と被膜厚UPのため。。。。


2nd coat  いっちゃいます。

z5008_201710312138383e9.jpg z5009_20171031213840148.jpg

施工自体は1st coat と殆ど同じなのですが一応画像はUPさせて頂きます。

z5010_201710312138406b2.jpg z5011_2017103121384213a.jpgz5012_2017103121384407e.jpgz5013_20171031213813585.jpgz5014_20171031213815525.jpgz5015_20171031213816602.jpgz5016_201710312138173a9.jpgz5017_20171031213819778.jpgz5018_20171031213746914.jpgz5019_20171031213748001.jpgz5020_20171031213749b6e.jpgz5021_20171031213750903.jpgz5022_2017103121375242e.jpgz5023_20171031213703909.jpgz5024_2017103121370554f.jpgz5025_201710312137062c8.jpgz5026_2017103121370714e.jpgz5027_2017103121370987b.jpgz5028_201710312136407d0.jpgz5029_20171031213642257.jpg


そんでもって。。。。。一晩放置。。。硬化乾燥させておきます。

     
     。
     。
     。。。。
     。
     。
     あさァ~~




2泊目の寝起き画像。。。。。


z6001_20171031213644ba4.jpg z6002_20171031213645503.jpgz6003_20171031213558ec4.jpgz6004_20171031213600421.jpgz6005_201710312136011c9.jpgz6006_2017103121360291b.jpg



どうでしょう。。。光沢度さらにUPしてます


ですが。。。今回は更にもう1coat 



3rd coat 。。。いっちゃいますよ


z6007_201710312136044a0.jpg z6008_20171031213518b28.jpg



このラウンドではTHP-PROを主に施工していきます。。z5053_20170901222500a89.jpg






ボンネット。。。


z6009_201710312135194eb.jpg z6010_201710312135208b0.jpgz6011_20171031213521d0e.jpg


                  


z6012_201710312135234ec.jpg z6013_201710312131564fd.jpgz6014_20171031213157911.jpg



画像では同じように見えてますが。。。


ちょいとばかしコツが必要です。。。こ、コツ??っすか



カウルパネル。。。。z6015_20171031213158f27.jpgz6016_20171031213159f8c.jpg


フロント廻り。。。。。


z6017_2017103121320185b.jpg z6018_20171031213131d8c.jpgz6019_20171031213133b4c.jpgz6020_2017103121313430f.jpgz6021_201710312131356e6.jpgz6022_20171031213137cdb.jpgz6023_2017103121311052d.jpg



ルーフパネル。。。。。


z6024_201710312131111c5.jpg z6025_20171031213112cba.jpgz6026_20171031213114379.jpg


          


z6027_20171031213115222.jpg z6028_20171031213044b67.jpg



トランクパネル。。。。。


z6029_20171031213046759.jpg z6030_20171031213046d78.jpgz6031_20171031213048729.jpg


             


z6032_201710312130499c4.jpg z6033_20171031213014a82.jpgz6034_2017103121301636a.jpg



リヤー廻り。。。。。


z6035_2017103121301736f.jpg z6036_20171031213018815.jpgz6037_2017103121302027b.jpgz6038_20171031212951ef8.jpgz6039_201710312129527cf.jpgz6040_20171031212954454.jpgz6041_2017103121295599a.jpg



ドアパネル。。。。。


z6042_20171031212957157.jpg z6043_20171031212922184.jpgz6044_201710312129242e4.jpgz6045_20171031212925a20.jpgz6046_2017103121292689b.jpgz6047_20171031212928479.jpg



こんな感じでこれまたパネル1枚1枚丁寧に確実にコートしていきます。


で、3rd coat 終了~


z6049_20171031212853194.jpg z6048_20171031212851926.jpgz6050_2017103121285447a.jpg


エンジンルームにもいっときましょ。。。。。z6051_20171031212856503.jpg


おっと、忘れるところでした。。z6052_20171031212857874.jpgz6053_201710312128251fe.jpg


最後にいつも採ってるサンプル用のちっこいブルーのスポンジ・・・


こいつの硬化具合を確認してお客さまにお渡し出来る日を決めております。


尚、今回はこの時点でナンバープレートが届いていませんでしたので


到着次第コーティングしておきますので。。。。。



てなわけで。。。


こちらが完成画像となります



z7001_201710312128260e5.jpg z7002_20171031212828d39.jpgz7003_2017103121282920e.jpgz7004_201710312128317b6.jpgz7005_20171031212741d6e.jpgz7006_20171031212742fe8.jpgz7007_20171031212743f5b.jpgz7008_201710312127442f0.jpgz7009_20171031212746660.jpgz7010_20171031190702753.jpgz7011_2017103119070413d.jpgz7012_2017103119070592b.jpgz7013_20171031190707373.jpgz7014_20171031190708362.jpgz7015_20171031190637616.jpgz7016_20171031190639614.jpgz7017_20171031190640e09.jpgz7018_20171031190642e90.jpgz7019_20171031190643931.jpgz7020_2017103119060590d.jpgz7021_20171031190607a24.jpgz7022_20171031190608e1f.jpgz7023_20171031190610c55.jpgz7024_20171031190612788.jpgz7025_20171031190535f27.jpgz7026_201710311905379cd.jpgz7027_20171031190538519.jpgz7028_20171031190539fa1.jpgz7029_20171031190541bff.jpgz7030_20171031190507eb5.jpgz7031_201710311905098b7.jpgz7032_201710311905100f7.jpgz7033_2017103119051267b.jpgz7034_201710311905130ff.jpgz7035_20171031190438079.jpgz7036_2017103119044033d.jpgz7037_20171031190442e83.jpgz7038_20171031190443181.jpgz7039_2017103119044521d.jpgz7040_20171031190416a48.jpgz7041_20171031190417dde.jpgz7042_2017103119041992a.jpgz7043_201710311904204f5.jpgz7044_20171031190422162.jpgz7045_20171031190347804.jpgz7046_20171031190349cf6.jpgz7047_20171031190350353.jpgz7048_201710311903516e5.jpg


やはり3コート。。。奥深い光沢感が出てます


このまま4日ほど硬化乾燥をさせておきますので


お客さまにお渡しする頃には更に輝いてますよ。



今回も納得の作品に仕上がりました。。。ありがとうございました


最後にいつもの。。。スッキリどや顔を



   z9001_20171031190353c80.jpg 


ほっほぉ男前ぢゃあ




。。。ふぅ、何とか持ちこたえました もう限界っす。


落ちます。。。おやすみなさいませぇ~~






カテゴリ: ガラスコート(新車)

[edit]

Posted on 2017/11/01 Wed. 00:53    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード