倉敷 岡山 ガラスコート Ripica

岡山・倉敷を拠点に頑張ってます^^ こだわりの車磨き職人のブログです。各種パーツ持ち込み取り付けもOK~。

12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02
 

☆ PORSCHE 911 Carrera 2 ☆ 

ここ数日間、本当に寒かったですねぇ

けど、岡山(南部)って所は住み易いってゆーか、災害の少ない所ってゆーか。。。

いやいや、ホントいい所です

反面、危機感に乏しいところもありますけどね。

私なんか何か事が起きたら一番にパニくるかも。。。


しかし。。。寒い。。寒かったっス

ここ数日間はブース内の温度。。。3度とかでしたよ

お陰で少し風邪気味でしたけど何とか頑張ってます。。。気合いぢゃ

寒波のピークも脱し少しの間は暖かくなるみたいですがまた次の寒波が。。。来るのでしょうか。


そんな中

今回のお車はこちら。。。。。


p1001_201601262259092c7.jpg p1002_20160126225910fc3.jpg

。。。カッコいい

しかもキレイです。

オーナーのHさま。。。きっと大切にされているのでしょう。


Glass coat をされるのは今回が初めてとお聞きしました。

この状態でも充分キレイですが更に磨きをかけてピッカピカに。。。とのご依頼を頂戴致しました。

はっきり言って。。。もう、た、堪らんです

久々に燃えてきました じっくりとやらせて頂きます。 


それでは、もう少し詳しく見ていきましょう。


ボンネット。。。前回り

p1003_20160126225912bcc.jpg p1004_201601262258506f3.jpg p1005_20160126225851d87.jpg p1006_20160126225853d17.jpg

ホントに良くお手入れをされてます。。。

ですが、どうしても付いてしまいますよねぇ。。。こういった洗車キズ、小キズ

p1007_20160126225854d00.jpg p1008_20160126225856982.jpg p1009_20160126225825af2.jpg

要するに、これをキッチリと除去してやれば更にピッカピカになるってことです。

結構大変なんですけどね


他のパネルもチェック、チェック

p1010_201601262258274c2.jpg p1011_20160126225828cec.jpg p1012_20160126225830dba.jpg p1013_20160126225831d2c.jpg p1014_2016012622574842b.jpg

大きなダメージはありませんでしたけど。。。

画像では少し分かりにくいですが左側面に結構深い線キズがありました。。。

爪がかかるくらいのキズですのでかなりの深さですねぇ。

まあ、可能な限り磨きこんでみましょう。



p1015_20160126225749f95.jpg p1016_20160126225751a3e.jpg p1017_20160126225752e8c.jpg p1018_201601262257542cd.jpg p1019_20160126225722049.jpg p1020_20160126225723f9e.jpg p1021_201601262257252ba.jpg


細かい所までしっかりとお手入れが行き届いてます 素晴らしいです。

ガラスサッシ、アウターハンドル辺りは少しクスミが見られます。。。経年劣化でしょうけど何とか戻ります。


さあ、まずはいつも通りの下準備。。。パーツの取り外しを

p1022_20160126225726c55.jpg p1023_20160126225728f42.jpgp1024_20160126225656efa.jpg

30年近く経ってますので、正直言ってあまり外したくないのですが。。。

気になるところはどうしても外しておきませんと。。。



さあ、マスキング ますきんぐ。。。

p2001_20160126225657364.jpg p2002_2016012622565984b.jpg p2003_201601262257014ab.jpg p2004_20160126225702d7d.jpg p2005_20160126225601252.jpg p2006_201601262256027e3.jpg

通常のマスキング。。。ってなワケにはいきそうもないことは薄々感じてましたけど。。。

まっ、何とかなるでしょう

一応、独立する前には塗装もやっておりましたから

何事も経験ですね やっておいて損をすることはありませんね。



ポリッシング準備完了~~

p2007_20160126225604112.jpg p3001_20160126225605bbb.jpg


研磨は3工程で行います。

1st cut 、2nd cut はシングルアクションPで。。。(ウールバフはその都度交換して)

p3002_20160126225607e52.jpg


3rd cut は仕上げにいつものギヤ・アクションP&ウレタンバフ

p3020_2016012622541205f.jpg

分かり易く言うと。。。研磨剤の大中小。。。みたいな感じです


因みにバフは新品です。。当店では使い回しはしておりません。(当たり前ですけどね)



チェックの際に気が付いていたのですが、途中で何度か塗装をされてるみたいでした。。。が

一応、研磨する前に膜厚のチェックもしておきましょう。


ボンネット。。。。。p3003_201601262255374bb.jpg p3004_20160126225539b3d.jpg

結構な膜厚です。。。

ルーフは。。。。。p3005_20160126225540b9f.jpg p3006_20160126225542e80.jpg

こちらも。。。。そこそこ

他のパネルも大体ルーフと同じくらいの膜厚がありました。

磨く側にしてみたら膜厚がそこそこあると正直「ほっ」とします。

ですが、問題はクリアー層がどれくらいあるか。。。なんですけどね



よっしゃ、気合い入れてピッカピカに磨き上げさせて頂きますよ

まずはボンネットからやっつけちゃいましょう

p3009_20160126225512bd8.jpg p3010_201601262255130ab.jpg


ここは特に小キズ、擦りキズがたくさんありましたので。。。念入りに

ただし、あまり深追いはしませんよ。

こういったキズは蛍光灯では見えません。

太陽光に近いハロゲンの明かりをあてて。。。

あっ、因みにこのハロゲンランプ。。。余ってたセンサーランプを使ってDIYしました

更に強烈な照明。。。メタルハライドランプも照射

p3011_20160126225515fb7.jpg p3013_20160126225445a1d.jpg

研磨スタート。。。

p3007_201601262255437e3.jpg p3012_20160126225517136.jpg p3014_2016012622544776c.jpg p3015_20160126225448e76.jpg

1st cut と 2nd cut それぞれ研磨剤とバフを替えながら丁寧に確実に研磨していきます。

p3016_20160126225450441.jpg p3017_20160126225451c0f.jpg p3018_20160126225409e72.jpg

仕上げはポリッシャーとバフを替え、研磨の際に付いたオーロラマーク(研磨キズ)をキレイに除去しながら光沢度を上げていきます。

p3019_2016012622541100e.jpg p3020_2016012622541205f.jpg p3021_2016012622541491e.jpg p3022_201601262254154be.jpg p3023_20160126225341524.jpg p3024_2016012622534388b.jpg

磨き上がったボンネットがこちら。。。。。

p3025_20160126225344dca.jpg p3026_2016012622534520d.jpg p3027_20160126225347626.jpg p3028_20160126225315ad2.jpg p3029_2016012622531729e.jpg

どうでしょうか、イイ感じに磨き上がりました

少しだけ納得出来ない箇所があるのですが。。。深追いはやめときましょうか。。ね。


この流れでカウルパネルを。。。。p3031_20160126225320e74.jpg

バフをあてる前にワイパーの付け根の部分。。。ここはポリッシャーが入りませんので手作業で。。。

p3032_20160126225321dc2.jpg

先ほど磨き上げたボンネットに再度マスキングをして研磨。。。。p3033_20160126225254459.jpg

p3034_201601262252557e8.jpg p3035_2016012622525608b.jpg p3036_20160126225258404.jpg p3037_20160126225259838.jpg

F/フェンダーも同様に。。。。。p3038_2016012622520081a.jpg

細かい箇所にはコンパクトポリッシャーを使って研磨していきます。

p3039_20160126225202ca6.jpg

F/バンパーも同じく。。。。。p3040_201601262252043df.jpg

こんな所も普段の掃除ではなかなか難しいですからね。

p3041_20160126225205f55.jpg p3061.jpg

そんなこんなでフロント回り。。。研磨完了~ ふぅ。。。

p3042_20160126225207f42.jpg p3043_2016012622512218c.jpg p3044_20160126225125942.jpg p3045_2016012622512615e.jpg p3046_20160126225127940.jpg p3047_20160126225128df0.jpg p3048_20160126225052078.jpg p3049_20160126225054b97.jpg p3050_20160126225055ebe.jpg p3051_201601262250574e0.jpg p3052_20160126225058271.jpg p3053_20160126225016254.jpg p3054_20160126225018f7f.jpg p3055_20160126225019f79.jpg p3056_201601262250203eb.jpg p3057_2016012622502233a.jpg p3058_20160126224831ae2.jpg p3059.jpg p3060.jpg

とってもイイ感じに光沢復活しましたね

小キズとか擦りキズ。。。確かに普段の見た目では分かりづらいです。

でも、こういった目に見えない小キズとかがいかに光沢の邪魔をしていたかがこれでよくお分かり頂けたと思いますが。。。

いつも言っておりますが。。。コーティングは下地処理が命です。

ここがキッチリと出来ていないとどんなに素晴らしいコーティング剤を使っても意味がありません。

時間と手間はアホみたいにかかっちゃいますがね これも私のこだわりでして。。。



ルーフ。。。いっちゃいます。

研磨前はこんな感じです。

p3062.jpg p3063.jpg p3064.jpg p3065.jpg

デポジット。。。きてますねぇ

まずはこいつを除去してやらないと。。。

余談ですが。。。サンルーフの水切りモール。。。マスキング結構大変でした



ポリッシング。。スタート

p3067.jpg p3068.jpg p3069.jpg p3070.jpg p3071.jpg p3072.jpg p3073.jpg p3074.jpg p3075.jpg p3076.jpg



ほい、研磨終了~

p3078.jpg p3079.jpg p3080.jpg p3081.jpg p3082.jpg p3083.jpg p3084.jpg p3085.jpg p3086.jpg

すみませんねぇ 毎回毎回、画像が多くて

同じような画像なんですけど。。。しゃあないですわ性分なもんで


こんな感じで、リヤーフェンダーからドアパネル。。。一気にいっちゃいます。

p3087.jpg p3088.jpg p3089.jpg p3090.jpg p3091.jpg p3092.jpg p3093.jpg p3094.jpg p3095.jpg p3096.jpg p3097.jpg p3098.jpg

左側面にそこそこなキズがありましたねぇ。。。

可能な範囲で研磨しておきましたが、少し残っちゃいますかねぇ。。。心残りですが


で、この日の作業はここまで。。。ふぅ。。。


。。。と、いうわけで。。。。。

     
     。
     。
     。
     。
     。
     あさァ~~


フルチャージ完了 

よっしゃあ 今日も頑張りまっせぇ~

p3099.jpg

この日も寒くって p3101.jpg
 
シャッター閉めてエアコンON   p3103.jpg p3102.jpg

このエアコンもメンバーのN氏から頂いたものでしてとっても重宝しております。。ハイ


さあ、今日はポリッシャーでは出来なかった部分をハンドポリッシャー手作業でやっちゃいますよ。

p3104.jpg p3105.jpg p3106.jpg p3107.jpg p3108.jpg p3109.jpg p3116.jpg p3117.jpg p3119.jpg p3120.jpg p3121.jpg p3122.jpg p3123.jpg


バンパーの隙間も。。。p3110.jpg p3111.jpg


更にホイルも。。。。

p3124.jpg p3125.jpg p3126.jpg


昨日、磨きかけて中断してた箇所。。。。。p3127.jpg

一応マスキングはしてたんですけどね。。。どうもねぇ  p3128.jpg


てなワケで やっぱり外しちゃいましょう

p3129.jpg p3131.jpg


あー、スッキリ

ここが気になってまして。。。。。p3130.jpg

取り外すのは何とかなるとは思ってたんですけどね、取り付けるのが結構大変なのが分かってましたので。。つい

いつもの「えい やあ」。。。ですわ


p3132.jpg p3133.jpg p3134.jpg p3135.jpg p3136.jpg p3137.jpg

ほっほぉ 超スッキリですわ


もうひとつ。。。納得出来てない箇所も。。。p3138.jpg


 いっときましょう


丁度この辺り。。。照明があたってる箇所にもう少しだけ小キズが。。。。。


研磨、研磨    p3141.jpg


p3142.jpg p3143.jpg

ふぅ、納得です


取り外しておいたパーツもキッチリと磨いておきました。  p3148.jpg

更にナンバープレートの取り付けステーが若干錆びてましたので塗装をしておきました。

p3149.jpg

プレート付けちゃうと見えるのは先の折れ曲がったところだけなんですけどね




さてと、これでやっと下地処理が完了です。


こちらが完全どスッピンのカレラくん。。。。。

p4001_20160126223607d8e.jpg p4002_20160126223608f4e.jpg p4003_20160126223609538.jpg p4004_20160126223611d1a.jpg p4005_2016012622342383e.jpg p4006_20160126220712adb.jpg p4007_2016012622071429e.jpg p4008_20160126220715148.jpg p4009_20160126220648ba0.jpg p4010_2016012622064967a.jpg p4011_20160126220650651.jpg p4012_20160126220652c3f.jpg p4013_20160126220556714.jpg p4014_20160126220558a70.jpg p4015_20160126220559ed4.jpg p4016_2016012622060128e.jpg

光沢。。。しっかりと復活しちゃいましたね



んなワケで。。。。。

コーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート剤。。。。。b6009.jpg

この2タイプのコート剤をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。。。

Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。

m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg

大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。

(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

当店ではこのコート剤をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。

上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

他にも吹き付ける材料及び施工方法もあるのですが、私はあえてこの材料、この施工方でやっております。

これも私の「こだわり」ですかね


今回のコーティングはオーナーのHさまとお話をさせて頂いた際に「3コート」をご提案させて頂きました。

深みのある光沢感とコート被膜厚が増して今回研磨して減少した塗膜を補うためにも。。。と


1st coat

この日もとっても涼しくて。。。p5001_201601262205293af.jpg


私の健康維持のためにもシャッター閉めてエアコンON。。。

p5003_20160126220532693.jpg p5002_20160126220530f12.jpg

職場の環境って大事ですよね。。。オイオイ。


p5004_2016012622053378b.jpg p5005_201601262204470f4.jpg

ここから一気にいっちゃいます。

p5006_20160126220448b1c.jpg p5007_201601262204501de.jpg p5008_20160126220451b8d.jpg p5009_20160126220349376.jpg p5010_20160126220351bc9.jpg p5011_20160126220352fc5.jpg p5012_201601262203535fd.jpg p5013_20160126220326170.jpg p5014_20160126220327191.jpg p5015_20160126220328ff5.jpg p5016_20160126220330c9a.jpg p5017_201601262202596be.jpg p5018_201601262203008ac.jpg p5019_20160126220301203.jpg p5020_20160126220303da1.jpg p5021_2016012622023016d.jpg p5022_201601262202322f9.jpg p5023_20160126220233e50.jpg p5024_20160126220235b16.jpg p5025.jpg p5026.jpg p5027.jpg p5028.jpg

1st coat 終了~

いつも通り、パネル1枚1枚キッチリとコートさせて頂きました。

ドアを開けた内側、ロッカーパネル、ピラー等々にも抜かりなく

もちろん取り外してたワイパーアーム、ナンバープレート等にも p5029.jpg


で、この日の作業はここまで。。。

p5030.jpg

この状態で一晩放置。。。明日の朝まで硬化乾燥をさせておきます。

同じ重ね塗りをするのであれば表面硬度が上がってからの方がより確実にコート被膜厚が稼げますからね。


。。。と、いうわけで。。。。。

     
     。
     。
     。
     。
     。
     あさァ~~


一晩寝かせたことにより表面硬度は3Hくらいになってます。

こちらが寝起きのカレラくん


p5031.jpg p5032.jpg p5033.jpg p5034.jpg p5035.jpg p5036.jpg

寝起きなのに結構スッキリしてますねぇ


実はこのコート剤。。。硬化すればするほど光沢度もUPしていきます。

もうこのままでも充分な光沢ですよ。。。このままでも。。。なんて冗談ですよ。

正直なところ。。。本当にダブルコート、トリプルコートしてるの??

。。。って思われる方もいらっしゃるかもです。

ましてや、自分の大切な愛車がどんな風になっているのか。。。どんな扱いを受けているのか。。。

心配になるじゃないですか。

それもあってこのブログやってます

やってることが同じなので自然と記事の内容もほとんどが同じことの繰り返しになっちゃいますけど。。。

お預かりしたお客様の大切なお車がどのようにしてキレイに仕上がっていくのか

このことを出来る限りお伝えするのが私の責務だと思っております。

分かり易く言うと、お客様に対する作業日報みたいなものですね



そんなこんなで

2nd coat いっちゃいます。

p6002_20160126215946efb.jpg p6001_201601262159442f1.jpg

p6003_20160126215947751.jpg p6004_20160126215949010.jpg p6005_20160126215921e67.jpg p6006_201601262159228a5.jpg p6007_20160126215924e1d.jpg p6008_20160126215925460.jpg p6009_20160126215854d3f.jpg p6010_201601262158564ab.jpg p6011_20160126215857579.jpg p6012_20160126215859315.jpg p6013_20160126215833b37.jpg p6014_2016012621583455f.jpg p6015_20160126215835839.jpg p6016_20160126215837d4a.jpg p6017_20160126215803309.jpg p6018_20160126215805868.jpg p6019_20160126215807ee7.jpg p6020_2016012621580819f.jpg p6021_2016012621574112c.jpg p6022_20160126215742fa5.jpg p6023_20160126215744c3f.jpg p6025_2016012621563665a.jpg p6026_2016012621563774e.jpg



2nd coat 終了~

通常のコートはここで終わりなのですが今回は3コートですので。。。

で、やっぱりこのまま一晩放置です p6024_20160126215746094.jpg


。。。と、いうわけで。。。。。

     
     。
     。
     。
     。
     。
     あさァ~~


照明なしの画像ではお分かりづらいとは思いますが。。。

p6027_2016012621563886c.jpg p6028_201601262156401b0.jpg p6029_20160126215559324.jpg

かなりイイ感じに仕上がってますよ

もうこれで充分なような気もしないでも・・・・なんて、冗談ですよ


さあ、3コート目。。。いっちゃいましょう

Top coat には「Ripica THP-PRO」 こいつで仕上げます。


p7001_2016012621560105e.jpg p7002_2016012621560263b.jpg


p7003_20160126215604b30.jpg p7004_20160126215536990.jpg p7005_20160126215537806.jpg p7006_20160126215539bd8.jpg p7007_20160126215540817.jpg p7008_20160126215501e4c.jpg p7009_20160126215501cd0.jpg p7010_201601262155026ba.jpg p7011_2016012621550487b.jpg p7012_20160126211556b5c.jpg


再びシャッター閉めてエアコンON     

p7013_20160126211557bc3.jpg p7014_20160126211559752.jpg p7015_201601262116015d4.jpg

3時間くらい硬化乾燥させておきます。。。。。


その間。。。しばし休憩を。。。

これをここまで読んでくださってた皆様もどうぞ。。。そろそろトイレ休憩でも



それにしても。。。今回は久々の大作?になってしまいました

なんせ若い時に憧れてた車ですからね

まるで自分の愛車くらいの思い入れで磨き上げてましたよ



こちら。。。完成画像です。

p8001_20160126211513df9.jpg p8002_20160126211514822.jpg p8003_2016012621151667b.jpg p8004_20160126211517b3c.jpg p8005_20160126211443a53.jpg p8006_2016012621144587d.jpg p8007_20160126211446089.jpg p8008_2016012621144874b.jpg p8009_201601262113433a9.jpg p8010_201601262113457ca.jpg p8011_201601262113469f8.jpg p8012_20160126211348ebc.jpg p8013_20160126211313a18.jpg p8014_201601262113152bc.jpg p8015_201601262113164f1.jpg p8016_20160126211318cfc.jpg p8017_20160126211246dc8.jpg p8018_2016012621124649d.jpg p8019_201601262112485b5.jpg p8020_201601262112497c5.jpg p8021_2016012621122450d.jpg p8022_20160126211225963.jpg p8023_20160126211227525.jpg p8024_201601262112305dc.jpg p8025_20160126211159a20.jpg p8026_20160126211202953.jpg p8027_20160126211203b77.jpg p8028_20160126211204a88.jpg p8029_201601262111338fa.jpg p8030_20160126211135259.jpg p8031_20160126211136431.jpg p8032_20160126211137448.jpg p8033_201601262111087d1.jpg p8034_20160126211110c50.jpg p8035_20160126211111b19.jpg p8036_2016012621111330e.jpg p8037_201601262110385d7.jpg p8038.jpg p8039.jpg p8040.jpg p8041.jpg p8042.jpg p8043.jpg p8044.jpg p8045.jpg p8046.jpg

どうでしょうこの深みのある光沢。。。

そして、何とも言えないこのボリューミィなお尻 Goodですぢゃ。。。オイオイ


とってもイイ感じに仕上がりましたよ

それにしても。。。いつ見てもイイものはやっぱりいいですねぇ。。。

ホント、芸術品ですよ


Hさま。。。今回はこのような素晴らしいお車をお任せくださいまして本当にありがとうございました

これを機会に今後ともまた何かございましたらその節にはどうぞ宜しくお願い致します


今回も納得の作品に仕上がりました。。。ありがとうございました。

そして、最後までご覧くださいましたあなたさま。。。お疲れ様でした。

実は書いてる私も。。。結構きてます。


最後にいつものスッキリどや顔を。。。。。


p9001_20160126210839d24.jpg

くうぅ。。。男前ぢゃあ

もう一丁。。。真横からの1SHOT。。。バックのロケーションがイマイチですがお許しくださいませ

p8047.jpg

このフォルム。。。堪りませんね


納車までブースの中でキッチリとお預かりしておきます。


おやすみなさいませ~。。。


スポンサーサイト

カテゴリ: ガラスコート(経年車)

[edit]

Posted on 2016/01/30 Sat. 01:11    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード