倉敷 岡山 ガラスコート Ripica

岡山・倉敷を拠点に頑張ってます^^ こだわりの車磨き職人のブログです。各種パーツ持ち込み取り付けもOK~。

01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03
 

☆ NISSAN DAYZ ROOX Highway star ☆ 

一雨ごとに春の予感が。。。。


けど、春の嵐また来そうですねぇ


今年は春一番が3,4回は吹くみたいですって


これも地球温暖化の影響なんでしょうかねぇ。。。


この忙しい時期に雨とか風はホントどうでもいいっス


納車の段取りが狂ってしまってもう大変ですわ



さあ、今夜も頑張ってUPしまっせぇ


。。。。最後まで持つかな。。。




今回のお車はこちら。。。。。


d1001_201702192325133de.jpg d1002_2017021923251580e.jpg


日産デイズ ルークス ハイウェイスター H27年式。。。


とってもキレイなお車ですねぇ


オーナーのNさま。。。


このブログを見てくださってのお客さまです。。。ありがとうございます


今回もいつも通り、事前にお越し頂いて色々とお話をさせて頂きました。


その節はお忙しい中わざわざお越し頂きまして誠にありがとうございました。



に、しても


このブログもスタートしてもう7年目に突入です。。。


ホント、今までにたくさんの方からお問合せを頂いたり


またこうして施工させて頂いたり。。。ありがたいことです。


やってることが同じなのでいつも同じ内容の記事になってしまいますけど。。。


まっ、こればっかりは仕方ありませんね


お客さまからお預かりした大切なお車。。


どのように施工したのかをお客さまにちゃんとご報告するための


言わば作業日報のようなものですので


私がやったことをそのまんま記事にしております。


文章力もなく、ただ画像が多いだけの記事ですが


オーナーの方に少しでも多くお伝え出来ればと。。。



そんなワケで


今回も頑張ってピッカピカに仕上げさせて頂きます



まずは洗車ですね。。。


いつものように下回り、タイヤハウスの中バンパーの裏側、隙間。。等々


小石、砂を噛んでいそうな箇所を高圧洗浄して。。。d1003_20170219232516cb4.jpg




ボディーはチェックも兼ねて優しく手洗い。。。d1004_20170219232518e49.jpg



拭き取りながら更にチェック。。。


d1005_2017021923245370f.jpg d1006_20170219232454a29.jpg d1007_20170219232456b76.jpg d1008_20170219232457dac.jpg


納車されて間がないのもあってホント綺麗なおくるまですね


若干の小キズ、磨きキズ。。それと隙間に残った汚れ、水垢。。これくらいです。


けど、どうせコーティングするのであれば、


私といたしましてもやはりこういったものを見て見ぬふりは出来ません。


ちゃんと除去してからでないと。。。ね



んなワケで、いつもの「こだわりの研磨加工」っす。



マスキング。。ますきんぐ


d2001_20170219232459cba.jpg d2002_201702192324260e5.jpg d2003_201702192324283af.jpg d2004_201702192324293f9.jpg d2005_20170219232430203.jpg d2006_20170219232432f15.jpg d2007_201702192322438e1.jpg d2008.jpg


ポリッシング準備完了です。


磨かなくていい所、磨いてはいけない所。。。


けど、隅々までキッチリと磨き上げたい。。


けど、けど高回転しているバフでキズなど入ったら大変です


それこそお客さまからお預かりしている大切なお車ですからね。。。


なので、このマスキング。。時間が掛かってもここはキッチリとです。



d3001_20170219232246290.jpg d3002_20170219232247395.jpg


シングルアクションP&ウールバフで小キズ、研磨キズ等を軽く除去していきます。


もちろんバフは新品です。。。当たり前ですけどね


まずはボンネットを仕上げてみましょう。。。


d3003_20170219232248d24.jpg d3004_20170219232216187.jpg d3005_2017021923221965e.jpg


       


d3006_201702192322192e8.jpg d3007_201702192322213e2.jpg



ギヤアクションP&ウレタンバフで仕上げていきます。


研磨剤はRipicaスーパーコンパウンド超微粒子 0.3ミクロン(ノンシリコン)


d3008_2017021923222242d.jpg d3009_20170219232149880.jpg


d3010_20170219232150acb.jpg d3011_201702192321548cb.jpg d3012_20170219232155247.jpg


             


d3014_20170219232125e66.jpg d3013_2017021923215548a.jpg d3015_201702192321275ea.jpg



こんな感じでパネル1枚1枚キッチリと磨き上げていきます。


では、残りのパネル。。一気に



d3016_2017021923212895f.jpg d3017_20170219232129663.jpg d3018_20170219232131f27.jpg d3019_2017021923204738b.jpg d3020_20170219232045eb2.jpg d3021_201702192320476d3.jpg d3022_2017021923204824e.jpg d3023_20170219232050e80.jpg d3024_20170219232011d7d.jpg d3025_201702192320136b9.jpg d3026_20170219232014dfe.jpg d3027_20170219232016a5a.jpg d3028_2017021923201701a.jpg d3029_2017021923194420d.jpg d3030_201702192319458e2.jpg d3031_201702192319476dd.jpg d3032_20170219231948494.jpg d3033_20170219231950665.jpg


ドアガラスのサッシ部分。。。d3034_20170219231916b60.jpg ここはシールテープなのでちょいと慎重に


d3035_20170219231917890.jpg d3036_20170219231919e4c.jpg d3037_20170219231920a2f.jpg d3038.jpg d3039.jpg d3040.jpg d3041.jpg d3042.jpg d3043.jpg d3044.jpg d3045.jpg d3046.jpg d3047.jpg d3048.jpg


アルミホイールはポリッシャーでは無理なので。。。


d4015.jpg  超スペシャルツールハンドポリッシャーでゴシゴシですぢゃ


このようにポリッシャーが入らない所は手作業で磨いていきます。


汗かいた分キレイになっていきますからね



でもって、磨き上がって完全どスッピン状態になったDAYZくんがこちら。。。


d4001_201702192316345ca.jpg d4002_20170219231635b03.jpg d4003_201702192316371f2.jpg d4004_20170219231638fea.jpg d4005_201702192316406a8.jpg d4006_20170219231608488.jpg d4007_20170219231609b15.jpg d4008_20170219231610e13.jpg d4009_20170219231612ccd.jpg d4010_20170219231614b9c.jpg d4011_20170219231542e83.jpg d4012.jpg d4013.jpg d4014.jpg d4016.jpg



イイ感じに磨き上がりましたよ


この「完全どスッピン状態」。。これも凄く大切なことなんです。


下地処理をすることによって小キズの除去は当然ですが


何よりも一番の目的は「コート剤との密着度を上げてやる」ってことなんです。


ボディー表面とコート剤との間には何もないのがBESTなんです





てなワケで。。。今日の所はこれくらいにしといちゃろ


明日の朝、再度チェックしてコーティングです。。。私の腕もパンパンですしね


     
     。
     。
     。
     。
     。
     あさァ~~


よっしゃあ ええ目覚めぢゃフルチャージ完了~


まずは。。。チェック、チェック


d5001_20170219231513217.jpg d5002_20170219231515fbe.jpg  バッチリです




それでは。。。


コーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート剤。。。。。b6009.jpg

この2タイプのコート剤をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。。。

Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。

m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg

大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。

(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

当店ではこのコート剤をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。

上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

ホントはもっと楽な材料、施工方法もあるんですけどねぇ。。


車は「汗を搔いた分キレイになる」。。。(今回2度目ですな^^)


これも私の「こだわり」ですかね




1st coat  いっちゃいます。


d5003_20170219231516ae2.jpg d5004_20170219231517911.jpg



d5005_201702192314325a8.jpg d5006_20170219231434df4.jpg d5007_20170219231436a60.jpg


                    


d5008_20170219231437e75.jpg d5009_201702192314385b5.jpg d5010_20170219231357667.jpg



ルーフ。。。


d5011_20170219231359769.jpg d5012_20170219231400d61.jpg d5013_2017021923140188f.jpg


          


d5014_20170219231403b0d.jpg d5015_20170219231111da6.jpg d5016_20170219231112639.jpg d5017_201702192311147ae.jpg d5018_20170219231115998.jpg d5019_20170219231117b22.jpg



こんな感じでパネル1枚1枚キッチリと仕上げていきます。



残りのパネル。。。一気にいっちゃいます。


d5020_2017021923103965b.jpg d5021_2017021923104099b.jpg d5022_20170219231042590.jpg d5023_20170219231043b1e.jpg d5024_20170219231045382.jpg d5025_2017021923100607d.jpg d5026_20170219231007980.jpg d5028_20170219231010656.jpg d5029_2017021923101219d.jpg d5030_20170219230915770.jpg d5031_20170219230917598.jpg d5032_20170219230918056.jpg d5033_20170219230919acc.jpg


更にはこういった所にも。。。


d5027_20170219231009bd8.jpg d5034_20170219230921b32.jpg d5035_201702192308396ed.jpg d5036_20170219230841622.jpg d5037_2017021923084268d.jpg d5038.jpg d5039.jpg d5040.jpg d5041.jpg d5042.jpg d5043.jpg d5044.jpg d5045.jpg d5046.jpg


外観がいくらキレイでもドアを開けたときにこういった所が薄汚れていたら気分も


なのでここにもしっかりとコートしておきます。


洗車の際に毎回水滴を軽く拭き取ってるだけでもこの状態をキープ出来ますので


結構な手間なんですけど、もし自分の車だったらここまではコートしてて欲しいよなぁ。。。って


思った所にはしております。



更に。。更に。。


d5051.jpg d5052.jpg d5053.jpg d5054.jpg


カウルパネル、アルミホイール、取り外しておいたワイパーアーム、ナンバープレート。。等々


タイヤとガラス以外は可能な限りコートしております



はい、これで1st coat 終了となります。


d5056.jpg d5057.jpg d5058.jpg



で、この日の作業はここまで。。。


この状態で一晩放置して翌朝まで硬化乾燥させておきます。


このまま2コート目をいっちゃうとせっかくの1コート目を溶かしながらのコートとなってしまいますので。。。


同じ2コートするのであれば表面硬度が上がってからの方がより確実にコート被膜厚が稼げますからね。


これもまた私の「こだわり」なんです



。。。と、いうわけで。。。。。

     
     。
     。
     。
     。
     。
     あさァ~~




一晩寝かせたことによって表面硬度は3Hくらいになってます。


こちらが寝起きのDAYZくん。。。


d6001_20170219230404add.jpg d6002_20170219230405a4c.jpg d6003_20170219230407bc7.jpg d6004_20170219230408ac4.jpg d6005_20170219230410265.jpg d6006_201702192303303cb.jpg


おおー朝っぱらからスッキリしてますなぁ


私とはエライ違いぢゃ


昨日コートしたばかりの状態はコート剤が硬化をしていない状態。。。液状ですな。


一晩寝かせたことによって被膜表面が硬化しこの光沢が出てくるってワケです。


このコート剤は硬化すればするほど光沢度もUPします。


しかも、当店のコートは2コート。。。


ここに更にもう1コートいっちゃうわけです


欲どおしい私は更なる光沢を求めて。。。



2nd coat  いっちゃいますよ。


施工方法自体は1st coat と殆ど同じなんですが


このラウンドではTHP-PROを主に施工していきます。


Hi Glass coat と違って施工方法にちょいとばかしコツが必要となります


では。。。。。


d6007_20170219230332fdd.jpg d6008.jpg 。。。気温。。低いっス


d6009.jpg d6010.jpg


       


d6011.jpg d6012.jpg d6013.jpg



気合い入れて一気に。。。。。


d6014.jpg d6015.jpg d6016.jpg d6017.jpg d6018.jpg d6019.jpg d6020.jpg d6021.jpg d6022.jpg d6023.jpg d6024.jpg d6025.jpg d6026.jpg d6027.jpg d6028.jpg d6029.jpg d6030.jpg d6031.jpg d6032.jpg d6033.jpg d6034.jpg d6035.jpg d6036.jpg d6037.jpg d6038.jpg d6039.jpg d6040.jpg d6041.jpg d6042.jpg d6043.jpg d6044.jpg d6045.jpg d6046.jpg d6047.jpg d6048.jpg d6049.jpg d6050.jpg d6051.jpg d6052.jpg d6053.jpg d6054.jpg d6055.jpg d6056.jpg d6057.jpg d6058.jpg d6059.jpg d6060.jpg


2nd coat 終了~。。。


ふぅちょいと休憩ぢゃな。。


先日、以前に施工されたお客さまが言われてましたが


「ナンバープレートを見てたらコート被膜がいつまでもあるのが分かる」。。って


そうなんですナンバープレートってのは表面にクリアー処理をされていないんですよね。


そこにこのGlass coat を施工することによって、いわゆるクリアー膜が出来るわけです。


ナンバープレートって虫が付いただけでも落とすの大変ですよね。


月日が経つと風化して塗装面が粉吹いたみたいになっちゃいますし


でも、そういったことがこのコートで払拭されちゃいます。


それはそこに硬い被膜があるからです。


そこにあるってことはボディー塗装面にもあるってことになりますからね


かと言って、Glass coat してるから少々汚れたままほっといても大丈夫。。。


ってことではありませんよ。


大切なお車。。汚れたら洗車これが大切です。


お手入れは基本的には水洗いの手洗い。。。もちろんWAX不要


もしどうしても洗車機へ。。。って時もWAX洗車はです。


一番安い、水洗い洗車でOKです。。。


出来れば優しく手洗いして頂きたいですけどね


汚れが溜る前にコマメな洗車。。。これが一番ですよ




んなワケで。。。


こちらが完成画像となります。


d7001_201702192256524ad.jpg d7002_20170219225653b99.jpg d7003_20170219225655579.jpg d7004_20170219225657589.jpg d7005_201702192256589df.jpg d7006_20170219225612604.jpg d7007_20170219225613c6b.jpg d7008_20170219225615c61.jpg d7009_20170219225617dc9.jpg d7010_201702192256183f9.jpg d7011_20170219225543b5e.jpg d7012_20170219225545e4d.jpg d7013_20170219225546d24.jpg d7014_201702192255479aa.jpg d7015_20170219225549b53.jpg d7016_201702192253275b9.jpg d7017_20170219225328459.jpg d7018_20170219225330c27.jpg d7019_20170219225331a1f.jpg d7020_2017021922533311f.jpg d7021_20170219225252159.jpg d7022_20170219225254e94.jpg d7023_2017021922525507b.jpg d7024_201702192252576ac.jpg d7025_201702192252581f6.jpg d7026_201702192252088f3.jpg d7027_201702192252105a4.jpg d7028_20170219225211e6c.jpg d7029_20170219225213ca0.jpg d7030_20170219225214b8c.jpg d7031_20170219225121d86.jpg d7032_20170219225122acb.jpg d7033_201702192251230cf.jpg d7034_2017021922512464f.jpg d7035_201702192251275c2.jpg d7036_2017021919162271f.jpg d7037_201702191916244b1.jpg d7038_20170219191626c6c.jpg d7039_20170219191627845.jpg d7040_20170219191628bee.jpg d7041_20170219191514cb8.jpg d7042_20170219191515ab3.jpg d7043_20170219191517d38.jpg d7044_2017021919151803b.jpg d7045_201702191915204a4.jpg d7046_20170219191444d61.jpg d7047_201702191914464aa.jpg d7048_20170219191447183.jpg d7049_20170219191448a1c.jpg



どうでしょうか、とってもイイ感じに仕上がりましたよ


納車が出来る硬度になるまではこのままこのブース内にて硬化乾燥させておきます。


Nさまにお渡し出来る頃には更に輝いてますよ



今回も納得の作品に仕上がりました。。。ありがとうございました。


また、Nさま、今回はたくさんある施工店の中から当店をお選びくださいまして誠にありがとうございました。


これを機に今後とも何かございましたらその節にはどうぞ宜しくお願い致します


。。。実はNさまには更にもう1台施工依頼を頂いておりまして。。。


重ね重ね本当にありがとうございます


もちろん、そちらのお車も今回同様キッチリと仕上げさせて頂きますので


どうぞ宜しくお願い致します。



最後にいつもの。。。スッキリどや顔を


d8001_201702191914507f6.jpg


Goodです。。。男前ぢゃあ





ふぅ。。。何とか持ちました

ケド。。もう限界ですぢゃ

。。。。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。落ちますおやすみなさいませ






スポンサーサイト

カテゴリ: ガラスコート(経年車)

[edit]

Posted on 2017/02/22 Wed. 01:48    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード