倉敷 岡山 ガラスコート Ripica

岡山・倉敷を拠点に頑張ってます^^ こだわりの車磨き職人のブログです。各種パーツ持ち込み取り付けもOK~。

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05
 

☆ MINI COOPER SD CROSSOVER ☆ 

お花見。。行かれましたか


私は先週の土曜日に行って来ましたよ。


曇り空で途中ちょこっと雨が降ってましたけどね。


ウチのメンバーはCampで慣れてますので。。。。sk001.jpg


いや~、ほぼ満開でした。。。やっぱ桜はいいですねぇ


sk002.jpg sk003.jpg sk004.jpg





さあ今夜も頑張ってUPUPですぢゃ



今回のお車はこちら。。。。。


c1001_20170409160255d8f.jpg c1002_2017040916025625b.jpg


BMW MINI COOPER SD  CROSSOVER  ALL4


カラー/ラピス・ラグジュアリー・ブルー・ソリッドxブラック


オーナーのTさま。。。。。


このたびは数ある施工店の中から当店へのご依頼、誠にありがとうございます。


またこちらのTさまに当店をご紹介くださったM倉敷さん感謝、感謝です。


当店のお客さまのMINIも何台かそちらでお世話になっております。。。


今後ともどうぞ宜しくお願い致します。



それでは早速作業に取り掛からせて頂きます。。。


まずは、いつも通りのマスキングから


c2001_201704091602576d7.jpg c2002_20170409160230e0d.jpg c2003_2017040916023123a.jpg c2004_20170409160233f34.jpg c2005_20170409160234a72.jpg c2006_20170409160235cb2.jpg c2007_20170409160237405.jpg c2008_20170409160209728.jpg c2009_20170409160211c91.jpg c2010_20170409160212316.jpg c2011_20170409160214db1.jpg


当店ではたとえ新車であっても必ずひと磨き(下地処理)をさせて頂いております。


特にこういったダークカラーのお車は念入りにさせて頂いてます。


とは言っても、そんなにガンガン磨くわけではありませんのでご安心くださいませ


その磨きの際にバフが当たってキズが入らないように。。。


出来るだけ隅々までキッチリと磨きたいのでいわゆる保護ですね。


お客さまからお預かりした大切なお車ですので



さあ、それではポリッシング。。。スタートです。c3001_201704091602156ec.jpg c3002_20170409160216cea.jpg



いつもの相棒。。ギヤアクションP&ウレタンバフで


ボンネットから。。。。。c3003_20170409160142477.jpg


c3005_2017040916014649f.jpg c3004_20170409160143175.jpg c3006_20170409160146294.jpg


こんな感じでパネル1枚1枚キッチリと磨き上げていきます。


残りのパネルも同様に。。。。。


c3007_201704091601490d0.jpg c3008_20170409160149cf0.jpg c3009_20170409160113c06.jpg c3010_20170409160115940.jpg c3011_2017040916011605f.jpg c3012_2017040916011822f.jpg c3013_20170409160119545.jpg c3014_20170409160121dfc.jpg c3015_201704091600484aa.jpg c3016_2017040916005029b.jpg c3017_20170409160051e27.jpg c3018_20170409160053040.jpg c3019_201704091600546c3.jpg c3020_20170409160056049.jpg c3021_201704091600216e2.jpg c3022_20170409160023dcb.jpg c3023_201704091600248a2.jpg c3024_20170409160026d7f.jpg c3025_20170409160027dc4.jpg c3026_20170409160028c72.jpg c3027_20170409155955283.jpg c3028_20170409155957ddc.jpg c3029_20170409155958092.jpg c3030_20170409160000fa5.jpg c3031_201704091600016a5.jpg c3032_201704091600033c6.jpg c3033.jpg



ポリッシング。。終了~


こちらが磨き上がったCOOPERくんですぢゃ


c4001_20170409155925316.jpg c4002_201704091559269ed.jpg c4003_20170409155928ea1.jpg c4004_201704091559295b3.jpg c4005_20170409155931cf1.jpg c4006_20170409155858ea7.jpg c4007_20170409155900c81.jpg c4008_20170409155901915.jpg c4009_20170409155903756.jpg c4010_20170409155904d56.jpg c4011_20170409155906677.jpg c4012_201704091558359b2.jpg c4013_20170409155836cf5.jpg c4014_20170409155838239.jpg c4015_201704091558393e8.jpg


濃い色のお車はこのひと磨きするだけで光沢度増しちゃいます


ただし、これはあくまでも副産物的なもの。。。


ここでの一番の目的はコート剤との密着度を上げてやるってことなんです


ボディー表面を完全どスッピンにしておいた方がより密着度がUPしますからね。


あと、小キズとかも可能な限り除去しておきます。


せっかくのGlass coat ですからね、下地はここくらいまでには仕上げておきたいものです。


手間と時間は掛かりますが。。。これも私の「こだわり」なんです





それでは。。。


コーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート材。。。。。b6009.jpg

この2タイプのコート材をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。。。

Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。

m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg

大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。

(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

当店ではこのコート材をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。

上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

ホントはもっと楽な材料、施工方法もあるんですけどねぇ。。


車は「汗を搔いた分キレイになる」。。。


これもまた、私の「こだわり」ですかね



1st coat 。。。いっちゃいますよ。c5001_20170409155841d06.jpg c5002_20170409155842189.jpg



ボンネットから。。。。。


c5003_201704091558078f2.jpg c5004_20170409155808034.jpg c5005_20170409155810e0f.jpg c5006_20170409155811abc.jpg c5007_20170409155813187.jpg c5008_20170409155814b28.jpg


               


c5009_20170409155741229.jpg c5010_20170409155743a02.jpg c5011_2017040915574468e.jpg




ルーフ。。。。。


c5022_2017040915563659d.jpg c5023_20170409155637f79.jpg c5024_2017040915563918b.jpg


            


c5025_2017040915564051a.jpg c5026_201704091556428ce.jpg c5027_2017040915560464f.jpg c5028_20170409155605eb8.jpg c5029_201704091556072ab.jpg c5030_201704091556081a5.jpg



こんな感じでパネル1枚1枚キッチリと仕上げていきます。


カウルパネル、フェンダーアーチ等々こういった樹脂パネルにもキッチリと。。。


c5012_2017040915574517e.jpg c5013_201704091557477f2.jpg c5014_20170409155749d7a.jpg


さあ、こんな感じで残りのパネルも。。。。。


c5015_20170409155707073.jpg c5016_20170409155709a77.jpg c5017_20170409155710e00.jpg c5018_201704091557124a8.jpg c5019_20170409155713193.jpg c5020_201704091557151c6.jpg c5021_2017040915563409b.jpg c5031_20170409155610f2a.jpg c5032_201704091556115b4.jpg c5033_20170409155531f54.jpg c5034_20170409155533306.jpg c5035_201704091555346ae.jpg c5036_2017040915553692b.jpg c5037_20170409155537c31.jpg c5038_2017040915553928c.jpg c5039_201704091555046f2.jpg c5040_20170409155505123.jpg c5041_201704091555073fe.jpg c5042_20170409155508050.jpg c5043_20170409155510169.jpg c5044_20170409155511f99.jpg c5045_2017040915542533c.jpg c5046_20170409155427183.jpg c5047_20170409155428bb7.jpg c5048_20170409155429d23.jpg c5049_20170409155431fc7.jpg c5050_2017040915543245b.jpg c5051_20170409154131e59.jpg c5052_20170409154132cb9.jpg c5053_20170409154134c44.jpg c5054_201704091541356a3.jpg c5055_20170409154137b1c.jpg



更に。。。


c5056_20170409154138421.jpg c5057_201704091541061a9.jpg c5058_2017040915410790d.jpg c5059_20170409154109710.jpg c5060.jpg c5061.jpg c5062.jpg c5063.jpg c5064.jpg c5065.jpg c5066.jpg c5067.jpg c5068.jpg c5069.jpg


各ドアの内側、各ピラー。。。等々にも同じくコートです


もし、この車が私自身のだとしたら。。。


ここまではしていて欲しいって思う所やっておきました。


更に、更に。。。。。


c5070.jpg c5071.jpg c5072.jpg


アルミホイール。。。ここもキッチリと施工させて頂いております。


ブレーキダストの汚れから守ってくれます。


最後に取り外しておいたワイパーアーム、ナンバープレート等にも


c5073.jpg



1st coat 終了~。。。。。c5074.jpg 。。。。。ふぅ。。。



で、この日の作業はここまで。。。


この状態で翌朝までブース内にて硬化乾燥をさせておきます。


このまま2コート目をいっちゃうとせっかくの1コート目を溶かしながらのコートとなってしまいます。


同じ2コートするのであれば表面硬度が上がってからの方がより確実にコート被膜厚が稼げますからね。


これもまたまた私の「こだわり」なんです




。。。と、いうわけで。。。。。

     
     。
     。
     。。。。グガアァ~・・ンゴゴゴゴ・・グガァ~
     。
     。
     あさァ~~




一晩寝かせたことによって表面硬度は3Hくらいになってます。


で、もって。。。こちらがCOOPERくんの寝起き画像となります



c6001_20170409153946f0f.jpg c6002_20170409153947af4.jpg c6003_20170409153948545.jpg c6004_20170409153950c84.jpg c6005_20170409153951b5d.jpg c6006_2017040915392046e.jpg c6007_2017040915392358a.jpg c6008_2017040915392433b.jpg c6009_201704091539254b6.jpg c6010_20170409153926920.jpg c6011_20170409153928984.jpg c6012_201704091538518ef.jpg



どうでしょうかもうこれで充分な程の輝き方してますよ。


なんですが。。。。。


欲どおしい私としましては更なる光沢を と、言うことで



2nd coat 。。。いっちゃいます。。。c7001_20170409153853bf6.jpg c7002_20170409153854dd6.jpg



作業そのものは1st coat とほとんど同じなんですけど。。。


このラウンドではTHP-PROを主に施工していきます。


1st coat で使用した Hi Glass coat もかなりの優れものなんですけど


当店ではその Hi Glass coat をベースコートとして


Top coat にこのTHP-PROを使っております。


ただし、施工方法にちょいとばかしコツが必要となりますがね



さあ、それでは作業スタート。。。


1st coat と同じような画像ですが。。お許しを



c7003_20170409153856d9b.jpg c7005_201704091538599ce.jpg c7006_20170409153826a4a.jpg


             


c7007_20170409153828ccc.jpg c7008_2017040915382940d.jpg c7009_2017040915383164b.jpg



それではここからは一気にいかせて頂きます。



c7010_20170409153832268.jpg c7011_20170409153833567.jpg c7012_20170409153801464.jpg c7013_2017040915380349a.jpg c7014_201704091538047d2.jpg c7015_2017040915380582e.jpg c7016_20170409153807db4.jpg c7017_201704091538090c4.jpg c7018_201704091537364d9.jpg c7019_20170409153737c7a.jpg c7020_201704091537397aa.jpg c7021_201704091537408ea.jpg c7022_201704091537425a6.jpg c7023_20170409153743473.jpg c7024_20170409153713240.jpg c7025_201704091537151a7.jpg c7026_2017040915371649b.jpg c7027_20170409153718307.jpg c7028_20170409153719c7f.jpg c7029_20170409153721da5.jpg c7030_20170409153643e70.jpg c7031_20170409153644355.jpg c7032_201704091536463f1.jpg c7033_20170409153647089.jpg c7034_20170409153649ba4.jpg c7035_201704091536502e7.jpg c7036_201704091536175e1.jpg c7037_20170409153619d3a.jpg c7038_20170409153620923.jpg c7039_201704091536223da.jpg c7040_20170409153623b4d.jpg c7041_20170409153625401.jpg c7042_2017040915355176e.jpg c7043_20170409153553f49.jpg c7044.jpg c7045.jpg c7046.jpg c7047.jpg c7048.jpg



エンジンルーム内にも。。。。。c7049.jpg c7050.jpg


ナンバープレートだって2コートですよ。。。。。c7052.jpg


c7051.jpg 今回はOPでボンネット裏にも。。。。。



で、最後にいつもの硬化具合をチェックするためのサンプルを採ってc7053.jpg


一番下のちっこいブルーのスポンジです。


こいつの硬化具合をみて納車日を決めております。


このGlass coat のコート材はMAX硬度になるまでには施工後約1週間掛かります。


なので当店では施工して直ぐに納車。。。てのは無理なんですよぉ。。すんません。


そのあたりがGlass coatと、ガラス系コートとの大きな違いですね。。硬化するコート材かそうではないか。。です。



2nd coat 終了です。。。。。c7054.jpg c7055.jpg


ブース内の湿度がやや高めなのでエアコンONで2時間くらい除湿しておきます。


このGlass coat 。。施工するにあたって空調設備は絶対に必要なんですよねぇ。。。


ホント手間の掛かるコート材ですよ。。。ケド。。Goodです



で、もって。。。。。


こちらが完成画像となります。



c8001_20170409153500b2d.jpg c8002_2017040915350147b.jpg c8003_20170409153503b63.jpg c8004_20170409153504bad.jpg c8005_20170409153424d75.jpg c8006_201704091534267cd.jpg c8007_20170409153427696.jpg c8008_20170409153429448.jpg c8009_20170409153430e7c.jpg c8010_201704091534326b4.jpg c8011_20170409153355600.jpg c8012_20170409153357936.jpg c8013_20170409153358231.jpg c8014_20170409153400df7.jpg c8015_2017040915340106a.jpg c8016_20170409153403415.jpg c8017_20170409153326fc1.jpg c8018_201704091533281f2.jpg c8019_201704091533295d8.jpg c8020_2017040915333126c.jpg c8021_20170409153332df9.jpg c8022_20170409153334cdd.jpg c8023_2017040915330023b.jpg c8024_20170409153302b1b.jpg c8025_20170409153303559.jpg c8026_2017040915330597d.jpg c8027_20170409153306a30.jpg c8028_20170409153308458.jpg c8029_2017040915322905e.jpg c8030_20170409153231f35.jpg c8031_2017040915323222f.jpg c8032_20170409153233c08.jpg c8033_20170409153235592.jpg c8034_20170409153236fa0.jpg c8035_20170409152307295.jpg c8036_20170409152309f83.jpg c8037_20170409152310eff.jpg c8038_201704091523122ca.jpg c8039_201704091523131de.jpg c8040_20170409152315991.jpg c8041_20170409152240bea.jpg c8042_2017040915224224b.jpg c8043_20170409152243abd.jpg c8044_201704091522452ab.jpg c8045_20170409152246455.jpg c8046_20170409152248968.jpg c8047_20170409152146567.jpg c8048_20170409152147107.jpg c8049_20170409152149818.jpg c8050_201704091521501da.jpg c8051_20170409152152929.jpg c8052_2017040915215491b.jpg c8053_20170409152119c85.jpg c8054.jpg c8055.jpg c8056.jpg c8057.jpg c8058.jpg c8059.jpg c8060.jpg c8061.jpg c8062.jpg c8063.jpg c8064.jpg c8065.jpg c8066.jpg



どうでしょうか。。とってもイイ感じに仕上がりましたよ


いつも通りキッチリとコートさせて頂きました。


あとはこのままこのブース内で納車まで硬化乾燥をさせておきます。


Tさまにお渡し出来る頃には更に輝いてますよ


このコート材は硬化すればするほど光沢度もUPしてきますからね。



ここから先はTさまのお手入れしだいですよ


この光沢を少しでも永く保つには「コマメな洗車」です。


当面は水洗いだけでOKですので。。。


汚れたら放置しないで速攻、「洗車」です。


とにかく一度洗車をしてみてくださいませ。。。


ホントあっという間に終わっちゃいますから 是非是非



今回も納得の作品に仕上がりました。。。ありがとうございました


またこれを機会に今後とも何かございましたらその節にはどうぞ宜しくお願い致します。



それでは最後に、いつものスッキリどや顔を。。。。。


c9002_2017040915202773b.jpg c9001_20170409152026a4f.jpg


ほっほぉ。。。男前ですぢゃあ



てなワケで。。。


私、そろそろ限界に近づいております


例のごとく。。。。。落ちます。。。。。それでは、また


。。。グガアァ~・・ンゴゴゴゴ・・グガァ~



スポンサーサイト

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2017/04/10 Mon. 00:51    TB: 0    CM: 1

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード