倉敷 岡山 ガラスコート Ripica

岡山・倉敷を拠点に頑張ってます^^ こだわりの車磨き職人のブログです。各種パーツ持ち込み取り付けもOK~。

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

☆ATRAI Wagon☆ 

凄かったですねぇ~。。。ロシアに落ちた隕石。。。恐ろしいことです

あんなのが東京都心にでも落ちてたら、負傷者1200人くらいの規模では済まなかったでしょうね

しかし、衝撃波って凄いPowerなんですねぇ。。。かめはめ波とどっちが。。。


んなワケで今日も頑張りまっス。

今月はもう予約でビッシリ埋まってしまいました

さらに来月中旬頃まではお受けできそうもありません。。。

お待ちのお客さま。。。申し訳ございませんが今しばらく。。。すみませんデス

なんせ、ポンコツ1馬力なもんで。。ハハ・・


さあ、今回も頑張ってピッカピカに仕上げまっせ~

お車は。。。こちら

ar1001.jpg ar1002.jpg

ATRAI Wagon  平成18年式 ホワイト(ソリッド)

実はこのソリッド(Topにクリアーコートされていないペイント)。。。

コーティング屋泣かせのペイントなんですよね。。

まず、クリアーがかかっていないので光沢が落ちやすいし、光沢を出すために研磨するにも

それなりの研磨技術を持っていないとなかなか難しいデス。

クリアー表面を磨いて光沢を出すのと塗料そのものの素材を磨きこんで光沢を出すのとでは、まったく違います。

当然、磨き過ぎると下が出ちゃいますし・・・。

それと、コート剤そのものが塗料の中に入り込んで?。。。表現が難しいですケド

通常の2コートでは表面に被膜として残りにくいみたいです。

なので、当店では最低4コートをお勧めしております。

当店で取り扱っている。。Ripica Hi Glass coat は、5コート(重ね塗り5回)

くらいまでならクラックが走りません。(当店の代車でTEST済み)

コート剤によっては2コートでもクラックがくることもあります。

クラックの主な原因は四季を通じての温度差。。。

車のボディーはほとんどが鉄板です。

温度が上がれば伸びるし冷えれば縮む。。。そこでクラックが走っちゃうワケです。

被膜厚を上げればよけいにクラックが目立ってしまいます。

でも、2コートでは表面のコート被膜はほんのわずか。。。

最初の2コート分はベースコート(捨てコート)と考えております。


柔軟性を持ったGlass coat剤。。。Ripica Hi Glass coat だから出来る

4コート。。。

少し費用は掛かりますが。。。ソリッドカラーのコーティングにはですよ。


おぉ~っと、またまた寄り道してしまいましたわ


このアトレイくん。。結構きてます。。ワクワクしてきました。。。

ar1003.jpg ar1004.jpg

ボンネット。。。光沢感・・ほとんどナシ

ar1005.jpg ar1006.jpg ar1007.jpg ar1008.jpg

側面も。。。かなり。。。

ar1009.jpg ar1010.jpg

ルーフも同じく。。。

その他の箇所も。。。

ar1011.jpg ar1012.jpg ar1013.jpg ar1014.jpg

軽と言えど。。。磨きがいがありそうです

よっしゃ、燃えてきたでぇ~

まずは、洗車をして。。。っと

ar1015.jpg ar1016.jpg

ますきんぐ。。マスキング

ar2001.jpg ar2002.jpg ar2003.jpg ar2004.jpg ar2005.jpg

ボンネットのウォッシャーノズル、ワイパーアーム等もキッチリ外してっと


研磨準備OK~

まずは、気になる前廻りからやっつけちゃいましょう

Before画像

ar2006.jpg ar2007.jpg ar2008.jpg
     。
     。
     。研磨中。。研磨中~とりゃあ~~
     。
     。
After画像。。。。。ほい

ar4003.jpg ar4004.jpg ar4005.jpg

どうでしょう、イイ感じに復活しました

気合入れて、その他のパネルも。。。

ar3001.jpg ar3002.jpg ar3003.jpg ar3004.jpg ar3005.jpg ar3006.jpg

ポリッシャーが入らないこんなところも。。。

ar4015.jpg


研磨加工。。。終了~

いやあ、かなり手ごわい相手でした。。。腕がパンパンですわ

ar4001.jpg ar4002.jpg ar4003.jpg ar4004.jpg ar4005.jpg ar4006.jpg ar4007.jpg ar4008.jpg ar4009.jpg ar4010.jpg ar4011.jpg ar4012.jpg ar4013.jpg ar4014.jpg

ここまで磨き上げておかないと納得が出来ない、困った性格なんですわ

何度も言いますが、Glass coatは透明な硬いペンキのようなモノです。

要はキッチリ整えた塗装面を硬いラップでガードするみたいな。。。

下地処理が完了した段階でくすんでいたのでは、どんなに優れたコート剤を使ってもダメなんです。

今回のようなソリッド塗装の場合は、特にそれが言えると思います。

それと、Glass coat 自体がクリアー塗装の役目をしてくれるのでは。。。と考えております。



。。。。。で、1st coat 完了です。

ar5001.jpg ar5002.jpg

ドア内、各ピラー、ホイル等々。。。隅々までキッチリと

ワイパーアーム、ナンバープレートにも。。。

ar5004.jpg

そして、この状態で一晩寝かしておきます。

より確実な被膜厚をかせぐためです。

一晩放置することによって表面硬度が約3Hくらいにはなります。

どうせ2コートするのであれば、被膜厚を少しでもUPさせたい。。。より確実に。。

時間は掛かってしまいますが、当店では最初からこのやり方で施工させて頂いております。


。。。てなワケで。。。

   
     。
     。
     。
     。
     。
     あさァ~~

....2nd coat 終了~


ar6001.jpg ar6002.jpg ar6003.jpg ar6004.jpg ar6005.jpg ar6006.jpg ar6007.jpg ar6008.jpg ar6009.jpg ar6010.jpg ar6011.jpg ar6012.jpg ar6013.jpg ar6014.jpg ar6015.jpg ar6016.jpg ar6017.jpg ar6018.jpg ar6019.jpg ar6020.jpg ar6021.jpg ar6022.jpg ar6023.jpg ar6024.jpg ar6025.jpg ar6026.jpg ar6027.jpg ar6028.jpg ar6029.jpg ar6030.jpg ar6031.jpg ar6032.jpg ar6033.jpg ar6034.jpg

ふぅ。。。疲れたぁ

いつもよりさらに画像が多いっス

でも、イイ感じでしょ。。。ピッカピカです

新車でご購入されたときよりも輝いてるかも。。。デス

ar6035.jpg




今回も納得の作品に仕上がりました。

ありがとうございました

またのご来店。。。お待ち致しております。


最後に。。。いつもの

ar6036.jpg

「復活~」。。。どや顔。。。でした。



めっちゃ、眠いっス。。。

おやすみなさいまし。。。

スポンサーサイト

カテゴリ: ガラスコート(経年車)

[edit]

Posted on 2013/02/20 Wed. 01:48    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://carspot.jp/tb.php/181-50095b59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード