倉敷 岡山 ガラスコート Ripica

岡山・倉敷を拠点に頑張ってます^^ こだわりの車磨き職人のブログです。各種パーツ持ち込み取り付けもOK~。

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

☆アコード HYBRID☆ 

sg001.jpg sg002.jpg sg003.jpg


紅葉。。。早く見に行かないと散ってしまいそうですね。。。

今週どこかで時間つくって行こうと思ってたんですが。。。行けるかな

今年の秋は1ヶ月くらい??だったかも

このままいくとホント夏と冬しかなくなっちゃいますね

なんとかならないものか。。。。。




さあ、今夜も頑張ってUPしまっせ~


今回のお車は。。。

ac1001.jpg ac1002.jpg

アコード HYBRID

けっこうデカイっすね。。。



ついでにエンジンルームをパチリ

ac1003.jpg

内装も。。。。。

ac6002.jpg


ホンダのHYBRIDもやはりトヨタ方式になっちゃいましたね。

これで、本当の意味のHYBRID競争が始まります。

しっかり競い合って新型バッテリー考えてくださいまし



ac2001.jpg ac2002.jpg

下地処理。。。ボディー全体を約2μ研磨させていただきました。

このひと磨き、するのとしないのとでは仕上がりに大きな差がでるんです。


メーカーの製造ラインから出て、すぐ隣に当店があれば話しは別ですが

ここに来るまでにはボディーにもいろんなものが付着もしてます。

洗車くらいではとうてい落ちないものもあるでしょうし

また、その洗車の際に使ったクロス?タオル?。。。どんな状態のもの?

洗車キズは入ってませんか?

納整センター等でシリコン系のWAXとかは使ってませんか?


そんなこんなを、たとえ時間が掛かっても

約2μの研磨加工できれいサッパリしてからコートさせて頂いてます。

これも、私の「こだわり」です

せっかくの Glass coat ですからね。


で、いつもの。。。。。。1st coat

ac3001.jpg ac3002.jpg



取り外したワイパーアーム、ナンバープレートにも

ac3003.jpg

このナンバープレートにGlass coat

施工されたみなさまから結構お喜びの声をいただいてます

ナンバープレートに使われている塗料はエナメル系の塗料で

当然、表面にクリアー塗装なんてものも施されていません。

1年も経てば色あせも出てきますし、研磨剤入りのWAXなんて使ったりしたら

数字の部分なんて簡単に剥がれてしまいます。(削れて下が出ちゃいます)

虫が着いちゃったりしたら、なかなか取れないし。。。

ところが、このGlass coat 表面を硬い透明なペンキでコートしちゃいますから

色あせもほとんど無く、虫が着いても比較的簡単に除去できます

今、当店でGlass coat を施工された方全員のかたに

サービスとして追加費用なしで施工させて頂いております。

新車の場合、ホイル、ホイルキャップもサービスさせて頂いております。


で、。。。

1st coat 完了後、この状態で一晩放置。。。硬化乾燥させて

翌日、さらにもう1コート

そうなんです、当店のコートはダブルコート(2度塗り)

メーカーさんは2時間のインターバルで2度目の施工OKとのことでしたが

どうも、納得ができず。。。

どうせ2度塗りするなら表面硬度が少しでもUPしてからのほうが

より確実にコート被膜厚が稼げると考えて。。。。

まあ、これも私の「こだわり」ですかね


。。。んなワケで。。。。。

     
     。
     。
     。
     。
     。
     あさァ~~


一晩寝かせて表面硬度も3Hくらいにはなってます。

この状態でコート剤を塗布しても下のコートを溶かすって可能性もかなり少なくなってるはずですからね。

それと、硬度がUPしたことにより、光沢度も昨日よりもUPしてます。。。

画像では判断しずらいかもしれませんけど



てなワケで。。。2nd coat スタート


ac4001.jpg ac4002.jpg ac4003.jpg


2nd coat 終了~

ac5001.jpg ac5002.jpg ac5003.jpg ac5004.jpg ac5005.jpg ac5006.jpg ac5007.jpg ac5008.jpg ac5009.jpg ac5010.jpg ac5011.jpg ac5012.jpg ac5013.jpg ac5014.jpg ac5015.jpg ac5016.jpg ac5017.jpg ac5018.jpg ac5019.jpg ac5020.jpg ac5021.jpg ac5022.jpg ac5023.jpg ac5024.jpg ac5025.jpg ac5026.jpg ac5027.jpg ac5028.jpg ac5029.jpg ac5030.jpg ac5031.jpg ac5032.jpg ac5033.jpg ac5034.jpg ac5035.jpg ac5036.jpg ac5037.jpg


いやあ今回も画像が多かったですわ


どうでしょう、イイ感じに仕上がりました


この状態でいつもどおり2日くらいはこのままブース内で硬化乾燥をさせておきます。


Ripica Hi Glass coat は乾燥して硬度が上がれば上がるほど光沢もUPします。

硬度は約1週間でMAX8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化

施工後は、とにかく洗車が楽ちんになっちゃいますよ。



今回も納得の作品に仕上がりました。。。。。ありがとうございました


最後に恒例の。。。

スッキリどや顔を


ac6001.jpg


ほっほぉ~~




んなワケで
。。。。。。。。。。。。。堕ちます。。。。。。。。。。。



スポンサーサイト

カテゴリ: ガラスコート(新車)

[edit]

Posted on 2013/11/14 Thu. 00:01    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://carspot.jp/tb.php/234-4f88087c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード