倉敷 岡山 ガラスコート Ripica

岡山・倉敷を拠点に頑張ってます^^ こだわりの車磨き職人のブログです。各種パーツ持ち込み取り付けもOK~。

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
 

アクティーにHIDを・・・ 

今日は車検で入庫したアクティーVにHIDを取り付けます。


こちらのお客様はほぼ毎日お仕事に使われていて、走行距離も20万Kmオーバー

夜に走られることも多く、「最近前が見づらい」って言われてましたので

HIDをお勧めいたしました。(55W/6000K)


少し以前のこういった、いわゆる「箱バン」とか「軽トラ」タイプのお車は

現行モデルとは違ってヘッドランプの奥にスペースがあまりなくて

取り付けるのがけっこう大変なんですよね

リレーレスタイプのものもありますが、個人的にはリレータイプの方が安定していますので

今回もリレー付きで作業させて頂きます。

お車にもよりますが、リレーレスの弱点と言っていいのかどうかはわかりませんケド・・・

Lo・Hiの切り替えの際に若干ですがタイムラグがあります。

一瞬ですが真っ暗になってしまうんです。。。。これがどうも気になってしまって

すべての車種でそうなるってわけではありませんが・・・

それに、少し安いですしね


それでは、取り付けスタートです

まずは、ライト横のクリアランスに入っているビス2本を緩めライト枠を取り外します。

このとき、あまり強引にするとワクが折れてしまうので気をつけて下さい。

act001.jpg

次にヘッドランプの取り付けビス3本を外しランプを取り外します。

act002.jpg

ここからは左右で作業内容がちがいますので・・・

まずは、左側から

グローブBOX下の物入れを取り外します。

act018.jpg

ヘッドランプのハーネスが通っているグロメットをハーネスごと前に引き抜きます。

そのグロメットにバラストから出ているハーネス2本とリレーハーネスからの2本、合計4本の配線を通します。

そのままでは通しにくいのでグロメットの一部をカットして配線を通した後に防水処理を施します。

この、防水処理はキッチリやっておかないと雨水等が室内に入ってきて

後々やっかいなことになりますのでお忘れなく。。。。。

act009.jpg

リレーもこちら側に取り付けます。

act019.jpg

次に右側です。。。。。

act004.jpg act005.jpg

画像の位置に直径2Cmくらいのメクラ蓋がありますので、そこからハーネスを引き込みます。

もちろん、左側と同様に防水処理を施します。

(防水はウエザーストリップ用のシーラーでも構いませんが、私はいつも「ブチルテープ」を使用してます。)

このときに外気導入用のネットの出っ張りをニッパー等でカットしておきます。

なんせ、スペースがないので邪魔なものは少しでもなくしてスペース確保デス。

室内側もかなりゴチャゴチャしててかなりやりにくいです

特にブレーキペダル周りには出来るだけ配線を持っていかないように気をつけてください

act007.jpg

バラストはこの位置に取り付けるのがBestだと思います。

タイラップ等を使って配線類はキッチリと固定しておきましょう

左右の配線が完了したら次にヘッドランプユニットからH4のバルブを抜き取ります。

その際、取り外した防水用のカバーのセンターを画像のようにカットしておきます。

act012.jpg act013.jpg

次にバーナーのカバーをバーナーから外し、カバーのみをランプに装着、固定します。

act014.jpg

先ほどセンターをカットした防水カバーを取り付けます。

act015.jpg

バーナーを周りにあてないようにゆっくりと入れて右に回しLockして準備完了です。

(左右同じように組み付けます。)

act016.jpg

あとは、各カプラーを接続してヘッドランプを元通り取り付けます。

act017.jpg

最後にバッテリーからの電源配線です。

アクティーの場合はセカンドシートの下あたりにバッテリーがありますので、

電源コードは延長する必要があります。

このときに気をつけないといけないのがコードの太さです。

細いコードは使用しないようにしてください。。。。電圧低下の原因になります。

act020.jpg act021.jpg act022.jpg act023.jpg act024.jpg

こんな感じでバッ直電源を取り出して、助手席側の足元まで配線をしてリレー電源と接続します。

バッテリーカバーに穴をあけて配線を通しますのでしっかりと絶縁することを忘れないように

すべての配線が終了したら各パーツを組み付ける前に点灯TESTをしておきましょう。

不具合で点灯しなかったらまたバラさなくてはいけなくなりますからネ。

act025a.jpg


ポジションもLEDに変更です

車検もこの状態で問題なくクリアしました

お客様もすっごく喜んでおられました

ちなみに作業時間は2時間弱でした。



実はこのときに別のお客様が「自分で取り付けたいのでフォローしてください」と・・・

2台並べての取り付けでした

st001.jpg st002.jpg








スポンサーサイト

カテゴリ: HID

[edit]

Posted on 2011/02/17 Thu. 22:52    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード