倉敷 岡山 ガラスコート Ripica

岡山・倉敷を拠点に頑張ってます^^ こだわりの車磨き職人のブログです。各種パーツ持ち込み取り付けもOK~。

01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03
 

Vitz Glass coat 仕上げです。。。。。 


1stコート終了後、一晩寝かせることによって表面は硬化してます。

この上に2ndコートをかけることによってコーティングの膜厚が増し

更なる光沢&保護膜が得られると考えております

そのぶん時間は掛かりますが・・・

実際、シングルコートとダブルコートとでは映り込みもまったく違います。

濃い色ほどよく分ります。

こちらの赤は少し明るい赤ですが、それでもこんな感じで仕上がります。。。。。。。


ブースの外で撮影してみました。

v3001.jpg v3002.jpg

新車ですけど、新車よりも数段輝きが増していますね。

次にブースの中での画像です。。。。。。

v3003.jpg v3004.jpg v3005.jpg v3006.jpg v3007.jpg v3008.jpg v3009.jpg v3011.jpg

エンブレムのような細かいところこそ丁寧に。。。。。

v3013.jpg v3010.jpg

もちろん、ドア内にもしっかりとコーティングします。

こういった場所は洗車の際についつい手抜きされる部分です。

一度汚れてしまうと少々こすったくらいではキレイにはなりません

コーティングをしっかりと施しておけばボディー同様、「スッ」っと落ちちゃいます

v3015.jpg v3016.jpg

それにしても、新型Vitzくん かなり男前になっちゃいましたよね。

個人的にはそう思うのですが・・・・v3019.jpg v3020.jpg

あっ、忘れるところでした。。。。。

vh001.jpg

アルミホイールは当然のことですが、最近ホイルキャップにも必ずコーティングしてます。

ブレーキダストで汚れて真っ黒になってるホイルキャップよく見かけますよね。

ところが、このコーティングをしてるお客様のホイルキャップ。。。めっちゃキレイなままなんですよ♪

ホイルキャップにガラスコートするとキャップを取り外す際にクラック(ヒビ)がはいっちゃうのでは・・・?

って、思ってたのですが、今当店で扱っているこちらのコーティング液剤 

Ripica Hi Glass coat

8H強の硬度を持ちながら、なおかつ柔軟性をも持たせた超スーパーなコーティング剤なんです

だから重ね塗りもOKなんです。

従来のコート剤は重ね塗りをして膜厚を稼ごうとすると、そのとき(施工時)には何も問題ないのですが

何ヶ月か経ったときにクラックが発生するパターンが多いのです。

ちなみに当店の代車2台のTop(ルーフ、ボンネット)には4回コートして2年以上経ちますが

まったくクラックは発生しておりません。

要するにホイルキャップの脱着時、通常のキャップのねじれ程度では問題なく対応できるということです。

足元はたとえキャップでも光ってないと。。。ね。











スポンサーサイト

カテゴリ: ガラスコート(新車)

[edit]

Posted on 2011/02/21 Mon. 20:13    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード