倉敷 岡山 ガラスコート Ripica

岡山・倉敷を拠点に頑張ってます^^ こだわりの車磨き職人のブログです。各種パーツ持ち込み取り付けもOK~。

01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03
 

☆ スティングレィ ☆ 

FIFA ワールドカップ。。。。。

うぅ~~ん。。。とにかく頑張れ~  日本

。。。。って、私も頑張らんと


さあ、仕事ぢゃ


今回のお車はこちら。。。。。

sg1001_20140620230015f78.jpg sg1002_201406202300171af.jpg sg1003_20140620230018ef2.jpg sg1004.jpg

平成22年式 スズキ Wagon R スティングレイ 走行4万Km 黒

パッと見た目はキレイなお車です。。。。が、

sg1005.jpg sg1006.jpg sg1007.jpg

Top面に無数のイオンデポジットが

色が濃いお車だとどうしてもこういうのが目立っちゃいますよね。。。


さっ、今回も頑張ってツルッツルのピッカピカに仕上げますかね。

まずは、マスキング、ますきんぐ。。。。。と

sg2001_20140620225943c90.jpg sg2002_20140620225944c8b.jpg sg2003_201406202259120d5.jpg sg2004_201406202259138c2.jpg


あらためて見てみると。。。こんな感じです。

sg2005_20140620225915395.jpg sg2006_20140620225916416.jpg sg2007_2014062022591809f.jpg sg2008_201406202258315ec.jpg


やっぱ、新車よりもこっちの方が燃えますね

よっしゃあピッカピカにしちゃいますか

今回はシングルアクションP&ウールバフで。。。。。1st cut

sg3002_20140620225834998.jpg

一番重症だったルーフから。。。。。

sg3003_201406202258355f1.jpg sg3004_20140620225837079.jpg sg3005_20140620225807ba0.jpg sg3006_201406202258097c1.jpg

今回の研磨は全部で3工程。。。

解り易く言えば、研磨剤を、大 中 小と段階ごとに研磨剤の粒子を小さくしていくワケです。

それに伴いポリッシャーも換えて磨いていきます。

sg3007_20140620225810327.jpg sg3008_20140620225812693.jpg sg3009_20140620225813a3e.jpg sg3010_2014062022572035e.jpg

ボンネットもかなりキテましたね。。。

研磨前。。。。。

sg2006_20140620225916416.jpg sg2007_2014062022591809f.jpg sg2008_201406202258315ec.jpg

1st cut 。。。。。

sg3011_20140620225721cb4.jpg sg3012_20140620225723c6d.jpg sg3013_20140620225724ad6.jpg

2nd cut 。。。。。

sg3014_20140620225726334.jpg sg3015_20140620225654f21.jpg sg3016_20140620225655110.jpg

3rd cut 。。。。。

sg3017_20140620225657eed.jpg sg3018_2014062022565851c.jpg sg3019_20140620225700f18.jpg

で、こんな感じに磨きあがりました。。。

sg3020_20140620225606633.jpg

もちろん、ただ磨けばいいって話ではありません。

クリアー層、わずか20数ミクロンの中での勝負になります。。。

いかに削らないでキズを取り、光沢を出すか

「最低限の研磨で最高の光沢を」。。。ここにもこだわってやってます


これでやっと研磨加工(下地処理)が終了です。。。

マスキングを外し脱脂した状態がこちらです。

sg4001_201406202256087d6.jpg sg4002_20140620225609b13.jpg sg4003_20140620225610c30.jpg sg4004_20140620225612f44.jpg sg4005_20140620225536b21.jpg sg4006_20140620225537533.jpg sg4007_20140620225540151.jpg sg4008_20140620225541e6b.jpg sg4009_20140620225542e6e.jpg sg4010_20140620225455eae.jpg sg4011_20140620225456605.jpg

どうでしょう、殆ど4年前のあの新車を納車されたときの状態に戻りましたよ

しかも、これはまだコート前の段階ですからね。

そもそも、コーティングとは。。。。。(私の考えですが。。。)

ボディー表面の塗装を保護する膜。。。保護膜と考えてます。

もちろん、光沢そのものをUPさせるって効果もありますが。。。これは副産物です。

どんなにいいコート剤を使っても下地処理がいいかげんだと本来の光沢も得られませんし

この Glass coat のように完全に硬化すれば8H強の硬さを持った膜でボディー全体を覆ってしまいますので

フタをする前にキッチリと磨き上げておきたいですからね。

何度も言ってますが。。。。。。

コーティングは磨き(下地処理)が9割です。

ましてや、今回のように下地が痛んでいるようなお車は特に。。。です。


で、やっとこさコーティング工程に。。。。。。。。

コート剤はいつものこいつで。。。。。sg5001_201406202254589a6.jpg

さあ、一気に 1st coat いっちゃいましょう~

sg5002_20140620225459678.jpg sg5003.jpg

1st coat スタート
     。
     。
     。コート中~
     。
     。
   終了~

sg5004.jpg sg5005.jpg sg5006.jpg sg5007.jpg

取り外しておいたワイパーアーム、ナンバープレートにも。。。。。sg5008.jpg

いつもどおり、ドアの内側、各ピラー、アルミホイール。。。。等々

可能な範囲でコート出来る所はキッチリとコートさせて頂きました

もちろん、そういった箇所も下地処理は施しております。。。ハンドポリッシュ(手作業)で


で、これまたいつもどおり

この状態で一晩放置。。。硬化乾燥させておきます。

1コートで「ハイ、終了~」でもいいんですが。。。

欲どうしいもんであともう1コートいっちゃいます。

当店のコートはダブルコート。。。2度塗りとなっております。

コート被膜は厚いほうがいいですからね。

なんでって。。。保護膜ですから


このまま2度目のコートをしても、せっかくのコート被膜を溶かしながらのコートになっちゃいますからね。

より確実にコート被膜厚を稼ぐためにも今夜一晩寝かせておきます。


。。。と、いうわけで。。。。。

     
     。
     。
     。
     。
     。
     あさァ~~


一晩寝かせたことによって表面硬度は3H(JIS鉛筆硬度)くらいになってます。

そして、なにより私もPower復活しましたしね。


2nd coat 前の画像です。

sg6001_20140620225327038.jpg sg6002_20140620225328be7.jpg sg6003_2014062022533045d.jpg sg6004_20140620225332272.jpg

画像ではお分かりにくいかとは思いますが、光沢度も確実にUPしてます。


ブース内の温度、湿度は。。。。。sg6005_20140620225333059.jpg

今日は硬化スピード。。。速そうですね~

このコート剤は大気中の湿分と結合して硬化するんですよ。

なので、高温多湿のこれからの時期が一番硬化速度が速くなっちゃうんです。


2nd coat スタート~
     。
     。
     。こーと中~。。。。。sg7001.jpg sg7002.jpg
     。
     。
   終了~

sg7004.jpg sg8001.jpg sg8002.jpg sg8003.jpg sg8004.jpg sg8005.jpg sg8006.jpg sg8007.jpg sg8008.jpg sg8009.jpg sg8010.jpg sg8011.jpg sg8012.jpg sg8013.jpg sg8014.jpg sg8015.jpg sg8016.jpg sg8017.jpg sg8018.jpg sg8019.jpg sg8020.jpg sg8021.jpg sg8022.jpg sg8023.jpg sg8024.jpg sg8025.jpg sg8026.jpg sg8028.jpg sg8029.jpg sg8030.jpg sg8031.jpg sg8032.jpg sg8033.jpg sg8034.jpg sg8035.jpg sg8036.jpg

どうでしょう。。。イイ感じで「復活」ですね

ピッカピカに輝いてます

お客様に納車する頃には更に光沢度UPしてます。


今回も納得の作品に仕上がりました。。。ありがとうございました


最後にいつものスッキリどや顔を。。。。


sg9001.jpg

おおぉ~男前ぢゃあ~


。。。。。。おやすみなさいましぃ。。。。。コテっ



スポンサーサイト

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2014/06/22 Sun. 01:46    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://carspot.jp/tb.php/272-6022ad7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード