倉敷 岡山 ガラスコート Ripica

岡山・倉敷を拠点に頑張ってます^^ こだわりの車磨き職人のブログです。各種パーツ持ち込み取り付けもOK~。

01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03
 

☆ フェアレディーZ(Z33) ☆ 

今夜はイントロなしで。。。。。



今回のお車はこちら。。。。。

z1001.jpg

平成19年式 日産フェアレディーZ (Z33)

いつもお世話になっている業者さまからのご依頼です。


パっと見はとってもキレイなお車ですね。

全体を細かくチェックしてみましょう。。。。。。

z1002.jpg z1003.jpg z1004.jpg z1005.jpg z1006.jpg z1007.jpg z1008.jpg z1009.jpg z1010.jpg z1011.jpg z1012.jpg z1013.jpg z1014.jpg

大きなダメージはなさそうですが、やはりTOP面には赤色特有のクスミが出てますね。。。

それと側面に小キズが見られます。

お客さまからのオーダーは「ピッカピカに。。。」とのこと

ご期待にお応えできるよう頑張ります


まずは洗車から。。。。。。

z2001.jpg

今の季節、前周りには無数の自殺虫の死骸が

あっ、こういったときにはRipicaのバグクリーナーがお勧めです

意外と簡単に取れちゃいますよ。


洗車後。。。マスキング、ますきんぐ。。。。

時間は掛かってしまいますが、ここはキッチリとしておかないと

出来るだけ隅々まで磨きたいですからね。

それと何よりもお客様の大切なお車です。。。バフでキズでもつけたら大変です

z2003.jpg z2004.jpg z2005.jpg z2006.jpg z2007.jpg z2008.jpg

これでやっと研磨作業の下準備が整ったワケです。。。が

USED CARの場合、気をつけないといけないのが。。。

塗装の厚みです。。。「膜厚」

この膜厚がどれくらいあるのかを計測して把握しておかないと後で取り返しのないことになっちゃいますから。。。

当店に来るまでに何処でどれくらい磨かれているか分からないですからねぇ。。。

ってことで。。。チェックです。

z2009.jpg z2010.jpg z2011.jpg z2012.jpg z2013.jpg z2014.jpg z2015.jpg z2016.jpg

やはり予想してたとおり。。。いや、場所によっては予想以上に削られてますねぇ。。。

ほとんどの場合、削り易い箇所ほどよく削られているんですよね。。。

研磨経験が薄いかたが磨くとよくこのようなことに。。。。


今回はかなり気を遣って慎重に磨き上げないといけませんね。。。頑張りましょう

さあ、それでは研磨作業にいっちゃいますか

z3001.jpg

今回使うポリッシャー&研磨剤。。。。。z3002.jpg

いざ参らん

とりゃああぁぁぁ~~

z3003.jpg z3004.jpg z3005.jpg z3006.jpg z3007.jpg z3008.jpg z3009.jpg z3010.jpg z3011.jpg z3012.jpg z3013.jpg z3014.jpg z3015.jpg z3016.jpg z3017.jpg z3018.jpg z3019.jpg

ポリッシャーが入らない所はハンドポリッシャー(手作業)で。。。

先ほどの膜厚計をあてながらの研磨加工は全部で3工程となります。


で、研磨加工。。。無事に終了~デス。

z6001.jpg z6002.jpg z6003.jpg z6004.jpg z6005.jpg z6006.jpg z6007.jpg z6008.jpg z6009.jpg z6010.jpg z6011.jpg z6012.jpg z6013.jpg z6014.jpg z6015.jpg z6016.jpg z6017.jpg

外に出して再度チェック。。。

z5001.jpg z5002.jpg z5003.jpg z5004.jpg z5005.jpg

イイ感じに磨き上がりました

この時点ではまだ下地処理が済んだだけです。。。。念のため

でも、コートする前の段階でここまでには仕上げておきたいものです。

いつも言ってますがコーティングの良し悪しは9割がこの下地処理で決まってしまいますから。。

私が一番こだわってるところです


因みに、取り外しておいたワイパーアームもこんな感じになってます。。。。

小さな抵抗かもしれませんけど

z6018.jpg z6019.jpg z6020.jpg


さて。。。っと、やっとこさコーティング工程に突入です

ブース内に戻して。。。。z7001.jpg


あぢぃんでシャッター閉めてエアコンONですわz7002.jpg z7003.jpg

使用するコート剤はいつものこいつです。。。z7004.jpg

                         Ripica Hi Glass coat

因みに硬化すると。。。。。

m1a_2014081602553721d.jpgm1b_20140816025538d85.jpg

大気中の湿分と結合して硬化します。

磨き上がったボディー全体にコート剤の隣にあるこのちっこいスポンジでもって

これからパネル1枚1枚に丁寧に塗布していくワケです。。。そこそこたいへんなんですよぉ

。。。しかも、当店のコートはダブルコート。。。そうなんです、ナント2度塗りなんですわ。。これが

ってぇことで。。。。まずは一回目

1st coat スタート。。。。。
      。
      。
      。コート中~~
      。
      。
    終  了~~

z8001.jpg z8002.jpg z8003.jpg z8004.jpg z8005.jpg z8006.jpg

ドアの内側、各ピラー、アルミホイール、カウルパネル。。。等々

ついでにですが。。。キャリパーにも可能な範囲ですがコートしときました

もちろん、先ほどのワイパーアーム、ナンバープレートにもキッチリとコートしておきました。

z8007.jpg


で、ひとまず本日の作業はここまで。。

このままの状態で一晩放置しておきます。。。。

2度目のコートをまだ乾ききっていない上にしてもせっかくのコート剤を溶かしながらの上塗りになってしまいますからね。

コート被膜をより確実に2倍の厚みにしたいですから


。。。と、いうわけで。。。。。

     
     。
     。
     。
     。
     。
     あさァ~~


一晩寝かせたことにより表面硬度は3H(JIS鉛筆硬度)くらいにはなってます。

ここで2度目のコート。。。ってワケです。

時間と手間は掛かりますが、どうせするなら。。。。ね



2nd coat。。。。。いっちゃいましょう~
      。
      。
      。コート中~~
      。
      。
    終  了~~。。。。。ちと休憩

でもって。。。。ほい、完成です。。。。

z9001.jpg z9002.jpg z9003.jpg z9004.jpg z9005.jpg z9006.jpg z9007.jpg z9008.jpg z9009.jpg z9010.jpg z9011.jpg z9012.jpg z9013.jpg z9014.jpg z9015.jpg z9016.jpg z9017.jpg z9018.jpg z9019.jpg z9020.jpg z9021.jpg z9022.jpg z9023.jpg z9024.jpg z9025.jpg z9026.jpg z9027.jpg z9028.jpg z9029.jpg z9030.jpg z9031.jpg z9032.jpg z9033.jpg z9034.jpg z9035.jpg z9036.jpg

どうでしょうか。。かなりイイ感じに仕上がりましたよ

最初、気になってたクスミも取れ、光沢感もかなりUPしたと思います。


この状態で3日ほどブース内で硬化乾燥させたのちに納車となります。

ちなみに、このコート剤。。。硬化すればするほど光沢度も増します。。。

お客様に納車する頃には更にピッカピカになってますから


今回も納得の作品に仕上がりました。。。。ありがとうございました



最後にいつものスッキリどや顔を。。。

z9038.jpg

よっしゃ、男前ぢゃ



。。。。。眠いっす。。。。今、新聞配達の人が。。。。これにて堕ちます。。。



スポンサーサイト

カテゴリ: ガラスコート(経年車)

[edit]

Posted on 2014/08/16 Sat. 04:20    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://carspot.jp/tb.php/280-6fcafe86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード