倉敷 岡山 ガラスコート Ripica

岡山・倉敷を拠点に頑張ってます^^ こだわりの車磨き職人のブログです。各種パーツ持ち込み取り付けもOK~。

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

2011年初磨き~^^ 

昨日入庫のBM116i 研磨作業スタートです。

昨日、閉店前に洗車し、ブースにて乾燥させておりました。

まずは、マスキングから・・・・

マスキング

このマスキング作業って地味ですが結構たいへん・・

でも、これを怠ると後々たいへんなことになっちゃったりします。。。

しっかりと保護しておきます^^


当店ではドア内にもガラスコートを施しますので

こういった箇所も丁寧に下地処理をしておきます。

いくら外回りが綺麗になってもドアを開けたところが汚れていたらガッカリですからね。


2-002.jpg


当然、ホイルもです^^

ホイルに着くブレーキダスト・・・あれは最悪です。

ガラスコートされたホイルは汚れが付着しても簡単に洗い流せます。

樹脂製のホイルキャップにも有効ですよ。

ちなみに、当店ではガラスコート施工のお客様には無料サービスとさせていただいております^^。


2-003.jpg


シングルポリッシャー&ギアアクション・ポリッシャーを使ってのファーストカット終了です。

この時点でもかなりの光沢が・・・・画像では分りづらいかとは思いますが・・

さらにこのあと、ギアアクション&仕上げ用のコンパウンドで1パネルごと丁寧に仕上げていきます。

ポリッシャーが入らない箇所はスペシャル・ツール・・・そう、「手」です^^

これくらい凄いツールはありません

汗をかいた分だけキレイになるのです・・・・ゴシゴシ

BM2-003a.jpg

マスキングを剥がし脱脂をしながらパネルごとにチェックをして研磨作業は終了です。

納得のいく仕事が出来ました^^

2-001.jpg


ここからやっとガラスコーティングの工程に入っていきます。

・・・・って、言ってもここまででほぼ90%の作業完了です^^

ここまでがホントたいへんなのです、あとはコツさえマスターすれば女性の方にだってできちゃいます。

でも、ガラスコートの素材そのものの選択・・・これは必須です!!

素材につきましては後日あらためて^^


当店の一押しコーティング素材です!!

Ripica Hi Glass coat

ripica001.jpg

せっかく丹精込めて磨き上げた作品にいいかげんなモノは使いたくありませんからね。

このコーティング剤・・・結構な優れモノ

当店では3年弱くらいの実績ですが、今のところお客様からの評価もかなりgoodです。

ただ、ひとつだけ難点が・・・・

このコーティング剤はWコートなのです。。。。。

そう、2回もコーティングしちゃうんです。

メーカーさんは2~3時間のインターバルで2回目のコーティングOKと言ってたのですが

ウチでは一晩寝かせて表面の硬化がイイ感じになったところへ再コートしてます。

その方がコーティングの厚みも稼げますからね^^

しかし・・・・その分、時間が掛かってしまいます・・・これが唯一の難点デス・・・・・。

けど、手間ひま掛けた分だけ間違いなくイイ作品に仕上がります。

結果、納車のときお客様の「笑顔」を見れるということに繋がりますから


そんなこんなで・・・・完成~!! ピッカピカに仕上がりました

BM3-001a.jpg BM3-002.jpg BM3-005.jpg BM3-004.jpg BM3-006.jpg

乾燥時間は施工後、最低24時間は必要になります。(気温、湿度等の関係で若干変わってきます)

こちらのT様にはたっぷりとお時間を頂いておりますので3日ほど乾燥をして納めさせていただきます。

T様、ありがとうございました。m(_ _)m




スポンサーサイト

カテゴリ: ガラスコート(経年車)

テーマ: 車関係なんでも - ジャンル: 車・バイク

[edit]

Posted on 2011/01/12 Wed. 22:37    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード