倉敷 岡山 ガラスコート Ripica

岡山・倉敷を拠点に頑張ってます^^ こだわりの車磨き職人のブログです。各種パーツ持ち込み取り付けもOK~。

01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03
 

☆ キャリィ Camping car ☆ 

田植えも終わり田んぼではカエルの大合唱が始まってます。。。

こいつら寝ないのか?。。。と、ふと疑問に思う今日この頃。。皆さんはどうお過ごしでしょうか。

なんのこっちゃ


さあ今夜も頑張ってUPしちゃいますよ~~。

。。。とは、言っても毎回変わり映えのしない記事ですがね

まあ、私の作業日報とでも思っていただけると幸いです。



今回のお車は。。。こちらです。

c1001_201506150008445a4.jpg c1002_2015061500084514b.jpg

最近、話題の軽のキャンピングカー。。。。

ベースはスズキ キャリィトラックです。

オーナーのKさま。。。

こちらのブログをご覧頂いてのご依頼でした。。。ありがとうございます。

ご入庫いただく前に事前に一度ご来店いただきましてしっかりとご説明をさせて頂きました。

その節はわざわざお越しいただきましてありがとうございました。


今回のお車。。。キャリィの白

と、言うことは。。。。

そうなんです、以前にも何度か施工させて頂きました。。。あの白でございます。

Topにクリアー塗装が施されていないタイプ

結論から申し上げますと。。。。。。

驚愕の 5coat イっちゃいます

オーナーのKさまとは打ち合わせの際にそのあたりはしっかりとご説明させていただきました。




さあ、そんなワケで早速。。。。。


チャリンコキャリア。。。外しておきましょう   c1003_2015061500084759f.jpg

マスキング。。ますきんぐ

c2001_20150615000848267.jpg c2002_201506150008115dc.jpg c2003_20150615000813281.jpg c2004_201506150008140e0.jpg c2005_2015061500081641b.jpg c2006_20150615000817bb9.jpg

マスキングしながら各パネルをチェックしてると。。。。

コンパウンド(研磨剤)の焼付きが多く見られました

下地処理にちょいと時間が掛かりそうですね

キャンピングカーのリヤはFRPで造られていてそれに塗装をしてあるのですが。。。

う~~ん仕上げの磨きが少し荒いみたいですねぇ。

コートする前にしっかりと磨き込んで手直しできる箇所は私が仕上げておきます


ポリッシング(下地処理)スタートです。c3001_201506150007466e8.jpg

通常ですとギヤアクションP&ウレタンバフのみの研磨でOKなのですが

今回はシングルアクションP&ウールバフも使用して磨き上げていきます。

c3002_20150615000747224.jpg

まずはルーフから。。。。。結構な高さですね

c3003_20150615000749211.jpg c3004_201506150007503b7.jpg c3005_201506150007528c0.jpg c3006_201506150007240ba.jpg c3007_20150615000726b67.jpg c3008_20150615000727c05.jpg c3009_20150615000729ddd.jpg

こんな感じでその他のパネルもキッチリと磨き上げていきます。

c3010_2015061500073047f.jpg c3011_20150615000657ede.jpg c3012_20150615000658c58.jpg c3013_2015061500065942f.jpg c3014_20150615000701f56.jpg c3015_201506150007021b3.jpg c3016_201506150006133ad.jpg c3017_201506150006152d1.jpg

時間、結構掛かりましたけど、イイ感じに磨きあがりました。

c4001_20150615000616e23.jpg c4002_201506150006187c3.jpg c4003_20150615000619523.jpg c4004_201506150005251e6.jpg c4005_20150615000526f6c.jpg c4006_20150615000528b58.jpg c4007_20150615000529a0c.jpg c4008_2015061500053176c.jpg c4009_20150615000452df9.jpg c4011_20150615000455721.jpg

研磨前に取り外しておいたドアミラー、ワイパーアーム、ナンバープレート。。。

こちらも同様にコート前に下準備をしておきます。c4010_201506150004541fc.jpg


これでやっと下地処理終了です

。。。。と、ここまでの作業が一番肝心なんですよね。

もうあとは。。。ひたすらコート、コートコートあるのみ

ただし、今回のコーティングは5コートです。。。

たぶん。。。こんなことやってるのウチくらいなもんでしょうね

時間は掛かるわ、手間掛かるわ。。。

でも、いいんですどうせやるなら納得のいく仕事がしたいので。。。


そもそも、何故5コートもする必要があるのか??

ここのところを少しだけお話しさせてくださいませ。。。(以前の記事にも記してましたが)


このGlass coat を使い始めてまだ最初の頃のことです。。。。

硬化して硬い被膜ができるってことを知った私が一番に思ったこと。。。

それは、今回のお車と同じようにTopコートにクリアー塗装が施されていないお車

ソリッドでクリアー無しのボディー全面にこいつを施工してやれば高硬度のクリアー層が作れるのでは。。。

と、考え早速施工してみました。。。通常の2コート

ですが、わずか数ヶ月で一気に効果ダウン。。。???えっ、なぜ??

下地処理に問題があったのかと再度研磨し直して再びコート。。。。。

と、ここであることに気が付いてしまったのです。。。。

ん?ボンネットはしっかりと効いている。。???なんで??

。。。。おおっもしかしたら。。。

実はボンネットは以前塗装したことがあって、その際にTopにクリアーをかけていたんですよね。

クリアー塗装をしてるボンネットには効果が出て塗装していないルーフには効果なし。。。フムフム

要するにクリアー層が無い塗装膜は分子がが粗く逆にGlass coat の分子は小さい。。。

染み込んでいっちゃうワケですね。

で、じゃあどれくらい染み込むのか。。。ってとこを把握しておかないと。。。ですよ。

ルーフではもう検証し辛いので他のパネルで検証してみました。

その結果。。。3コートくらいが丁度Topあたりかな。。。と(私なりの勝手な判断ですが。。。)

解り易く言うと、3コートまでがいわゆるベースコートでその上のコートが本来のGlass coat 被膜ってことです。

よって、「5coat」なのです。。。んーーー、ご理解頂けましたでしょうかね

それ以来、この施工方法でコートしたお車は洗車の際にも簡単に汚れが落ち

クロスにもボディーカラーが付着することもなくなりましたとさ

。。。。。。。おしまい



よっしゃあ~次いってみよ~


んなワケで。。。。。

コーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート剤。。。。。b6009.jpg

この2タイプのコート剤をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。。。

Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。

m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg

大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。

(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

当店ではこのコート剤をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。

上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。


てなワケで、1st coat イっちゃいます

c5002_201506150004587a3.jpg c5003_20150615000416d8a.jpg c5004_20150615000417768.jpg c5005_20150615000419115.jpg c5006_20150615000420d32.jpg c5007_20150615000422109.jpg c5008_201506150003511d3.jpg c5009_201506150003537f9.jpg c5010_20150615000354c97.jpg c5011.jpg c5012.jpg c5013.jpg c5014.jpg c5015.jpg c5016.jpg c5017.jpg

1st coat 終了。。。。。。

ドアの内側、アルミホイール、ワイパーアーム、ナンバープレート、ドアミラー。。。。等々、いつもどおりキッチリとコートさせて頂きました

この状態でブース内にて一晩放置。。。硬化乾燥後、2コート目を施工していきます。

このままこの上に2コート目を施工すれば時間的にも短縮されて作業効率も上がるんですけどね。。

しかし、それではせっかくの重ね塗りの意味を成しません。

より確実にコート被膜厚を稼ぐにはせめて表面硬度が少しでも上がってからの方がいいですからね。

時間も手間も掛かってしまいますが。。。。これも私の「こだわり」ですので。


。。。と、いうわけで。。。。。

     
     。
     。
     。
     。
     。
     あさァ~~


一晩寝かせたことにより昨日コートした表面硬度は3H(JIS鉛筆硬度)くらいには硬化しております。

この上に2コート目を施工するワケです。

2nd coat 。。。。。

c5019.jpg c5018.jpg c5020.jpg c5021.jpg

ここで1st coat のときと同じく一晩寝かせておきます。。。。。

     
     。
     。
     。
     。
     。
     あさァ~~


3rd coat 。。。。。。。

c6001_201506150003025cf.jpg c6002_201506150002222a9.jpg c6003_20150615000224084.jpg c6004_2015061500022539e.jpg c6005_201506150002274cc.jpg

4th coat 。。。。。

c7001_20150615000228fef.jpg c7002_201506150001481cf.jpg c7003_20150615000149813.jpg

5th coat 。。。。。

c8001_2015061500015196e.jpg c8002_20150615000153ce1.jpg c8003_20150615000154345.jpg c8004_201506150001130ff.jpg c8005_20150615000115fc5.jpg c8006_201506150001178e0.jpg c8007_20150615000118709.jpg c8008_20150615000119813.jpg c8009_20150615000031c80.jpg

ふぅ。。。。。何とか無事に5コート終了しました

画像ではお分かりにくいとは思いますが。。。

このコート剤、硬化すればするほど光沢度も増していきます。

施工していると日に日にピカピカになってくるんですよね


で、5コート終了後、取り外しておいた各パーツを元通り組み付けての画像がこちら。。。。

c9001_2015061500003283c.jpg c9002_2015061500003409c.jpg c9003.jpg c9004.jpg c9005.jpg c9006.jpg c9007.jpg c9008.jpg c9009.jpg c9010.jpg c9011.jpg c9012.jpg c9013.jpg c9014.jpg c9015.jpg c9016.jpg c9017.jpg c9018.jpg c9019.jpg c9020.jpg c9021.jpg c9022.jpg c9023.jpg c9024.jpg c9025.jpg c9026.jpg c9027.jpg c9028.jpg c9029.jpg c9030.jpg c9031.jpg c9032.jpg c9041.jpg c9042.jpg c9043.jpg c9044.jpg c9045.jpg c9046.jpg c9047.jpg

どうでしょうか光沢もしっかりと出て、とってもいい感じに仕上がりましたよ。

深みのある光沢によって高級感も出てきちゃいましたね

因みに。。。ちょいとお宅拝見室内も見せて頂きましょう。。。お邪魔致しま~す。

c9036.jpg c9033.jpg c9034.jpg c9037.jpg c9038.jpg c9039.jpg c9040.jpg

室内の仕上がり。。。結構いいですよーー

収納もかなりあるし。。。FFのファンヒーターまで内蔵ですすげぇ

ルーフはポップアップで上に2人、下に2人の計4人の就寝スペースも確保されてます。

キャンプ好きの私としましては興味津々です


オーナーのKさま。。。。

今回はたくさんある施工店の中から当店をお選びくださいまして誠にありがとうございました。

今後ともこれを機会にどうぞ宜しくお願い致します。

また何かございましたら何なりとお申し付けください。。。


最後にいつもの。。。スッキリどや顔を

c9050.jpg c9051.jpg



なんとか最後までもちました。。。。。ケド。。。もうダメぢゃ

。。。。。。。撃沈ッス。。。おやすみなさいませ~


スポンサーサイト

カテゴリ: ガラスコート(新車)

[edit]

Posted on 2015/06/21 Sun. 01:45    TB: 0    CM: 1

この記事に対するコメント

ありがとうございました

オーナーのKです。その節はありがとうございました。
この軽キャンピングカーは、他の同タイプ車と比べても内装ではかなり優れていると思いますが、おっしゃる通り、その分外装にはあまり神経を使っていないのかも知れません。
しかし、こちらの店が勤務先の近くにあり、ブログで見かけたことは不幸中の幸いでした。
私もガラスコーティングをやったことはなかったので、どんな業者がいいのかはさっぱり分かりませんでしたが、ガラスコーティングを吹き付けでやる業者も多い中、わざわざ小さいスポンジで手間暇かけてやっている所に、職人的なこだわりと技術を垣間見たような気がして、こちらの店に来ましたし、それは正解だと思います。
おかげさまで、FRPのわりに外観も美しく、洗車の時も水洗いだけで気持ちよく汚れが落ちます。
ガラスコート専用の洗車シャンプーをまだ使っておりませんが、
これを使えばワックス不要ということなので、不精者の私には実に有りがたいです。
また、よろしくお願いします。




URL | オーナーK #SEFye3cg

2015/06/23 17:53 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://carspot.jp/tb.php/329-5a1b2732
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード