倉敷 岡山 ガラスコート Ripica

岡山・倉敷を拠点に頑張ってます^^ こだわりの車磨き職人のブログです。各種パーツ持ち込み取り付けもOK~。

01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03
 

☆ TOYOTA PIXIS EPOCH ☆ 

本当にもうどうしようもないくらい暑いですねぇ~

あーーー、冬が待ち遠しい。。。

ありゃ、確か冬には間逆のこと言ってたような。。。

まっ、気にしない、気にしない


さっ、頑張りますよ。。。。


今回のお車はこちら。。。。。

p1001_2015072617132705c.jpg p1002_20150726171328a60.jpg

TOYOTAブランドの軽自動車 PIXIS EPOCH (ダイハツ イースのTOYOTAバージョン)

実はこちらのお車。。3年ほど前に一度、当店でHIDの取り付けをさせて頂いたことがありまして。。。

今回はそのHIDのバーナーの交換と Glass coat の施工 そして車検もついでに。。。と。。。。

オーナーのOさま。。本当にありがとうございます。


当然ですが、Glass coat 施工前に車検とバーナー交換は済ませておきました。


日頃のお手入れをよくされてるみたいで、とてもキレイなお車。。。。なのですが

細かく診てみますと。。。。。。。


p1003_2015072617130825d.jpg p1004_201507261713091bc.jpg p1005_201507261713118da.jpg p1006_2015072617131200c.jpg p1007_2015072617131489b.jpg p1008_20150726171244b3a.jpg p1009_2015072617124627b.jpg p1010_20150726171247158.jpg p1011_201507261712499da.jpg p1012_20150726171250e30.jpg

ほぼ全面に多数のデポジットが。。。。

特にTop面(ボンネット、ルーフ)はけっこうキツそうですね

オーナーのOさまが以前ご自分でコーティングをされたみたいで。。。

どうもその時のコート剤に問題があったのでは?。。。と。。。

全てを取り除くのは難しいことをお話ししてご理解頂いた上での作業スタートです。

可能な限り頑張って磨き上げてみます


隅々までキッチリと研磨するために。。。

マスキング。。ますきんぐ

p2001_20150726171224a3e.jpg p2002_20150726171226b4f.jpg p2003_20150726171149725.jpg p2004_2015072617115120d.jpg p2005_201507261711528ee.jpg p2006_20150726171153c0b.jpg p2007_20150726171155cd4.jpg


さあいつもどおりピッカピカに磨き上げまっせ~

p3001_20150726171126ab8.jpg

少しダメージが大きいので、今回はシングルアクションPにも参戦してもらいましょう。

p3002_20150726171128948.jpg

当店ではバフの使い回しはしておりません。。。1台1台その都度新品を使用しております。


まずは気になるボンネットからやっつけてみましょう。。。。

シングルアクションPで1st cut 及び 2nd cut

p3004_2015072617113113d.jpg p3005_2015072617113276c.jpg p3006_201507261710542cc.jpg p3007_2015072617105632e.jpg p3008_20150726171058b69.jpg

続いて3rd cut ギヤアクションPで。。。。p3014_201507261710356ac.jpg

p3010_201507261711008f7.jpg p3011_20150726171031c0e.jpg p3012_20150726171032225.jpg p3013_20150726171034fec.jpg

研磨加工。。。終了です。

p3015.jpg p3016.jpg p3017.jpg p3018.jpg p3019.jpg p3020.jpg

若干のデポジットは残りましたが、殆ど復活しましたよ


続いて最もデポジットが激しいルーフを。。。。。

p3044.jpg p3045.jpg p3046.jpg p3047.jpg p3048.jpg p3049.jpg p3050.jpg p3051.jpg p3052.jpg p3053.jpg

当然ですが、ボンネットよりもルーフの方が激しい状況です

研磨作業もボンネットよりも1cut 多い4工程となりました。


こんな感じで残りのパネルも1枚1枚丁寧にキッチリと磨き上げていきます。

p3022.jpg p3023.jpg p3024.jpg p3025.jpg p3026.jpg p3027.jpg p3028.jpg p3029.jpg p3030.jpg p3031.jpg p3032.jpg p3033.jpg p3034.jpg p3035.jpg p3036.jpg p3037.jpg p3038.jpg p3039.jpg p3040.jpg p3041.jpg p3042.jpg p3043.jpg p3054.jpg p3055.jpg p3056.jpg p3057.jpg p3058.jpg

研磨加工。。。終了~

完全どスッピンとなったPIXISくん。。。。

p4001_201507261705404ca.jpg p4002_201507261705413fd.jpg p4003_201507261705040f4.jpg p4004_20150726170506867.jpg p4005_20150726170507831.jpg p4006_20150726170508e68.jpg p4007_20150726170510098.jpg p4008_201507261704373a7.jpg p4009_201507261704383ae.jpg p4010_20150726170440209.jpg p4011_20150726170441874.jpg p4012_20150726170443081.jpg

先に取り外していたワイパーアーム、ナンバープレートもキッチリと研磨しておきます。

p4017_20150726170421958.jpg

こちらはハンドポリッシャーで。。。手作業っス

ナンバープレート。。。実は結構大変なんですよ

エナメル系の塗料なのでヘタな研磨剤を使うとすぐに下が出ちゃって、

文字の角なんてホント、あっと言う間ですからね。。。慎重に

この違いが画像でお分かり頂けますでしょうか???。。。p4016_20150726170419b25.jpg

白ボケてるところを研磨して光沢を出してます。。。

この上にコートしてやれば透明の硬い被膜が出来るワケです。。。ハードクリアーみたいなものですよ。


さあ、これでやっと下地処理が完了です。。。ふぅ。。。

いつも言ってますが、コーティングはこの下地処理がキッチリできていないと全くいただけません。。。

下地処理9割、コート1割って感じです。

どんなに素晴らしいコート剤を使ってもここはごまかせませんから

なので私はここに「アホー」かってくらい時間を掛けます。。。

ってゆーか、掛け過ぎちゃいます

これも私の「こだわり」なんで、仕方ありません


よっしゃ コーティング。。。イっちゃいましょう

p5001_2015072617034668b.jpg

この状態どうですか。。コート前でこの光沢これがだいじなんです


ブース内の気温、湿度はこんな感じです。。。。。p5002_201507261703470d4.jpg

結構暑いっス

シャッター閉めてエアコンONぢゃな

年式古いもので


んなワケで。。。。。

コーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート剤。。。。。b6009.jpg

この2タイプのコート剤をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。。。

Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。

m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg

大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。

(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

当店ではこのコート剤をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。

上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。


1st coat 。。。。。。。

p5003_20150726170349f9a.jpg p5004_201507261703511a6.jpg p5005_20150726170352256.jpg p5006_20150726170321b72.jpg p5007_201507261703220cb.jpg p5008_20150726170323e53.jpg p5009_20150726170324cd2.jpg p5010_20150726170326a45.jpg p5011_20150726164843d09.jpg p5012_201507261648449e1.jpg p5013_201507261648468a0.jpg p5014_20150726164847ae3.jpg p5015_20150726164849b5e.jpg p5016_201507261647552af.jpg p5017_201507261647567b0.jpg p5018_201507261647578be.jpg p5019_2015072616475964c.jpg p5020_20150726164801352.jpg p5021_201507261647117eb.jpg p5022.jpg

先ほど磨き上げたボディーを丁寧にラッピングしていくつもりで1枚1枚のパネルを仕上げていきます。

ドアを開けた内側。。。ステップ、ピラーにも当然コートしておきましたよ。。ここもボディーの一部ですからね。

アルミホイール、カウルパネル。。。等々、こちらもキッチリとコートです。

ワイパーアーム、ナンバープレートにも。。。p5023.jpg

1st coat 終了~

p5024.jpg

この日の作業はここまで。。。

この状態で一晩放置。。。。ブース内で硬化乾燥させておきます。

作業効率的には決していいとは言えませんが。。。

このまま2コート目を塗っていけば、せっかくの1コート目の表面を溶かしながらの施工となってしまいます。

同じ2コートするのであれば表面硬度が少しでも高くなってからの方がより確実にコート被膜厚が稼げますからね。

時間と手間は掛かってしまいますが、これもアホな私の「こだわり」なんですわ


。。。と、いうわけで。。。。。

     
     。
     。
     。
     。
     。
     あさァ~~


一晩寝かせたことにより表面硬度は3H(JIS鉛筆硬度)くらいになってます。

こちらが2nd coat 前の画像です。。。。

p6001_20150726164717918.jpg p6002_2015072616464854d.jpg p6003_20150726164649145.jpg p6004_20150726164651122.jpg p6005_20150726164652124.jpg

どうでしょうか、かなりイイ感じに輝いてるでしょう

実はこのコート剤。。硬化すればするほど光沢度もUPするんですよ

これだけでも充分なような気もするんですが。。。。

ところがドッコイショ欲どうしい私。。更なる光沢を。。。。


んなワケで。。。。

2nd coat 。。。イっちゃいます。

p7003_2015072616462547a.jpg p7004_20150726164627a68.jpg p7006_20150726164628a20.jpg p7007_201507261646306a2.jpg p7008_201507261645552ed.jpg p7010_20150726164556e36.jpg p7011_201507261645586db.jpg p7012_201507261645592fd.jpg p7013_201507261646015a5.jpg p7014_2015072616453366d.jpg p7016_20150726164536e0f.jpg p7017_20150726164538c32.jpg p7018_20150726164539f13.jpg p7019_20150726164506121.jpg

1st coat 同様。。。キッチリとコートさせて頂きました

しかも、このやり方だとデポジットも出来にくくお手入れも更に楽ちんになりますよ。

実は昨年の9月から当店のデモカーでTESTしてまして。。。

ナント、今現在で約10ヶ月デポジット無しです。。。

屋根なし屋外駐車で手入れは水洗い(手洗い)洗車のみ。

コーティング・カーシャンプーも使ってません。。。

なのに10ヶ月経った今現在でも超撥水しております

もちろん、光沢も落ちておりません。。。ピッカピカ状態です

ご興味がおありの方がいらっしゃいましたら是非是非


すみません。。。脇道に逸れてしまいました。。。。。。


えっと。。。。。

2nd coat 終了~~です。

p8001.jpg p8002.jpg p8003.jpg p8004.jpg p8005.jpg p8006.jpg p8007.jpg p8008.jpg p8009.jpg p8010.jpg p8011.jpg p8012.jpg p8013.jpg p8014.jpg p8015.jpg p8016.jpg p8017.jpg p8018.jpg p8019.jpg p8020.jpg p8021.jpg p8022.jpg p8023.jpg p8024.jpg p8025.jpg p8026.jpg p8027.jpg p8028.jpg p8029.jpg p8030.jpg p8031.jpg p8032.jpg p8033.jpg p8034.jpg p8035.jpg p8036.jpg p8037.jpg


ふぅ。。。。あっ、すみませんつい。。。

いつも思います。。。このブログUPする方がキツイっす

めっちゃ眠くなりますしね。。。歳。。ですかね

今夜はちと余談ごとが多いですね。。すんません


どうでしょうかかなりイイ感じに仕上がってますよ。

納車まであと3日くらい、このままブース内にて硬化乾燥をさせておきます。

納車の頃には更にピッカピカに輝いてますよ


オーナーのOさま。。。今回は誠にありがとうございました。

おかげさまで、今回も納得の作品に仕上がりました。

本当にありがとうございました。

また何かございましたらいつでもお越しくださいませ。。。


それでは、堕ちる前に。。。。。いつもの。。。

スッキリどや顔を

p9001.jpg p9002.jpg

おお~~ 男前~





。。。。。んーーーーーもう限界。。。OUT


。。。。。堕ちます。。。。


おやすみなさいませ~~

スポンサーサイト

カテゴリ: ガラスコート(経年車)

[edit]

Posted on 2015/07/28 Tue. 02:17    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://carspot.jp/tb.php/336-8f4be46d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード