倉敷 岡山 ガラスコート Ripica

岡山・倉敷を拠点に頑張ってます^^ こだわりの車磨き職人のブログです。各種パーツ持ち込み取り付けもOK~。

01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03
 

☆ SUBARU IMPREZA ☆ 

少し間が空いてしまいました

ありがたいことに、ここのところ忙しくさせて頂いてます。

で。。。夜PCの前に座ると速攻睡魔が。。。

誰か代わってくれえぇぇぇぇ・・・・・・

と、まあ。。言い訳でした




今回のお車はこちら。。。。。

i1001_201603080035238b7.jpg i1002_20160308003524f81.jpg

SUBARU IMPREZA 1.6i-L カラー/クリスタルホワイト・パール

いつもお世話になっている業者様からのご依頼です。

しかし、インプレッサも大きくなっちゃいましたねぇ。。。

最近のスバル車、全般的にひとまわり大きくなってますよね。

やはりアメリカでの人気が原因のひとつなのでしょうか。。。


さあ、今回もいつも通りキッチリと仕上げさせて頂きますよ

まずは。。。マスキング、ますきんぐ


i2001_20160308003526933.jpg i2002_20160308003527ae2.jpg i2003_201603080035292d6.jpg i2004_20160308003500889.jpg i2005_2016030800350117c.jpg i2006_20160308003503898.jpg i2007_20160308003504095.jpg i2008_20160308003506eae.jpg i2009_201603080034397f7.jpg


当店ではたとえ新車であっても必ずひと磨きしてからのコーティングとなります。

確かに時間も手間も掛かりますが、ここでのひと磨きとても重要な作業なんですよ

こだわってるコーティング屋さんは必ずコート前のポリッシングをされていると思います。

ただ、中にはこういった面倒なマスキングはせず、そのままいきなりポリッシングされてるところもあるみたいです。

もしマスキングもしないで磨けばどうなるか。。。

お客さまからお預かりした大切なお車です。。。少しでもキズつけたら大変なことになっちゃいます。

磨かなくていい所にまでバフを入れる必要はありませんし、

ヘタすると研磨キズが入って取れなくなってしまうような所もあるワケですから。。。

かと言って、真ん中のあたりだけ磨いて隅の方は磨かないなんてことでは意味がありませんし

キッチリと隅々まで磨き上げたいですからね。

でも・・

新車なのに??ってよく言われます

んーーー、そうですね、たとえばウチのすぐ隣にメーカーがあって

完成ラインから出てきたてのお車。。。これなら無傷なのかも

あっ、これは少々大げさですけどまあそう言うことですよ。

工場から出荷されて港で船積みされてまた最寄りの港で降ろされてそこから更に陸送。。。

こんな感じで皆さんの手元に到着するまでには何人もの人が乗り降りしてます。

途中で雨にもうたれますし、運が悪ければ鳥のフンだって

ハッキリ言って新車であってもキズもあります、雨染みもあります。。。。

そういったものを出来る限り除去してコーティング。。。ですよ。

それと1番の目的は「コート剤の密着度UP」これが大切なんです。

コート剤とボディーとの間には何もない方がいいに決まってますからね。

んなワケでこのマスキングは絶対なんですよ



そんなこんなで。。。下地処理作業に掛かります

i3001_20160308003443e41.jpg

気になるダメージもなかったのでいつものこいつで。。。i3002_201603080034441d7.jpg

ギヤアクションP&Ripica スーパーコンパウンド 超微粒子(0,3ミクロン ノンシリコン)

約1ミクロンほど研磨させて頂きます。


ポリッシング。。。スタート


i3003_20160308003417c2e.jpg i3004_2016030800341904d.jpg i3005.jpg i3006.jpg i3007.jpg i3008.jpg i3009.jpg i3010.jpg i3011.jpg i3012.jpg i3013.jpg i3014.jpg i3015.jpg i3016.jpg i3017.jpg i3018.jpg i3019.jpg i3020.jpg i3021.jpg i3022.jpg i3023.jpg

ポリッシング(下地処理)終了~

どスッピンになったインプレッサくんがこちら。。。。

i4001_20160308003220927.jpg i4002_20160308003221354.jpg i4003_2016030800322244d.jpg i4004_20160308003224cef.jpg i4005.jpg i4006.jpg i4007.jpg

少し光量不足ですねぇ。。。ストロボ使ってないもので・・・

それともカメラいかれちゃったかも。。NIKONくん酷使してるからなぁ

次回はCANONくんを使ってみますね




んなワケで。。。。。

コーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート剤。。。。。b6009.jpg

この2タイプのコート剤をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。。。

Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。

m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg

大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。

(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

当店ではこのコート剤をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。

上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

他にも吹き付ける材料及び施工方法もあるのですが、私はあえてこの材料、この施工方でやっております。

これも私の「こだわり」ですかね


1st coat 。。。。。  i5001_20160308003156bc0.jpg i5002_2016030800315830f.jpg

ブース内の気温、湿度。。。問題ありません。

室温が5℃を切っちゃうとコート不可となっちゃいますので、

その時には暖房を入れて加湿器ですわ



ボンネットから。。。。

i5003_201603080031295ce.jpg

このバカでかい手にこのちっこいスポンジなんとアンバランスな。。。ほっとけ

見た目よりも意外と結構な仕事しまっせぇ


i5004_20160308003131922.jpg i5005_2016030800313289d.jpg i5006_201603080031337a3.jpg

こんな感じでパネル1枚1枚キッチリとコートしていきます。

あと、こういった所にもキッチリとコート。。。。

i5008_20160308003109245.jpg i5009_201603080031116ff.jpg i5010_20160308003112ce0.jpg i5011_20160308003113742.jpg i5012_20160308003115b67.jpg i5013_20160308003048ee9.jpg i5014_201603080030491c8.jpg i5015_20160308003050681.jpg

こういった細かい所も可能な限りキッチリとコートさせて頂いております。

なので。。。こんなちっこいスポンジ使ってるんですよ。。。決してケチってるわけではございませんので


一気にいっちゃいますね。

i5007_201603080031353fe.jpg i5016_20160308003052d78.jpg i5017_201603080030532b1.jpg i5018_20160308003024709.jpg i5019_201603080030265ae.jpg i5020_2016030800302790c.jpg i5021_20160308003029452.jpg i5022_20160308003030908.jpg i5023_201603080030036bd.jpg i5024_20160308003004672.jpg i5025_201603080030053a0.jpg i5026.jpg i5027_201603080030099d9.jpg i5028_20160308002939cf4.jpg

i5032_20160308002945cc2.jpg i5033_20160308002917e8b.jpg i5034_2016030800291984e.jpg

アルミホイール、先に取り外しておいたワイパーアームにも抜かりなく


1st coat 終了です。

i5029_201603080029419e1.jpg i5030_201603080029425cf.jpg i5031_201603080029438fe.jpg

で、この日の作業はここまで。。。

この状態でブース内に一晩放置です。

このまま2コート目をしても、せっかくの1コート目を溶かしながらのコートとなっちゃいますからね。

同じ2コートするのであれば表面硬度が上がってからの方がより確実にコート被膜厚が稼げますから


。。。と、いうわけで。。。。。

     
     。
     。
     。
     。
     。
     あさァ~~


一晩寝かせたことにより表面硬度は3Hくらいになってます。

2コート目をする前の画像がこちら。。。。


i6001_20160308002920732.jpg i6002_20160308002921ad7.jpg i6003_201603080029234e7.jpg i6004_201603080028495eb.jpg i6005_201603080028508fa.jpg i6006.jpg


この状態でも充分輝いてますけど。。。。。

まだまだ


2nd coat いっちゃいます。。。i7001_20160308002854a6b.jpg i6007.jpg

ここからはTHP-PROとHi Glass coatとを使い分けてのコートとなります。


i7005.jpg i7004_20160308002820720.jpg i7006.jpg i7007.jpg i7008.jpg i7009.jpg i7010.jpg i7011.jpg i7012.jpg i7013.jpg i7014.jpg i7015.jpg i7016.jpg i7017.jpg i7018.jpg i7019.jpg i7020.jpg i7021.jpg i7022.jpg

ほい、2nd coat 終了~

i7023.jpg


この日は気温が低かったので暖房を入れたまましばらく放置です。。。。。


で、完成画像がこちらです。


i8001_20160308002642a54.jpg i8002_201603080026446e8.jpg i8003_201603080026140e7.jpg i8004_20160308002615bc8.jpg i8005_2016030800261704d.jpg i8006_201603080026182bf.jpg i8007_20160308002620fba.jpg i8008_20160308002554af5.jpg i8009_20160308002555f0e.jpg i8010_2016030800255685f.jpg i8011_201603080025589bf.jpg i8012_2016030800255960d.jpg i8013_2016030800252318a.jpg i8014_20160308002525155.jpg i8015_20160308002525353.jpg i8016_20160308002527f0f.jpg i8017_201603080025280e0.jpg i8018_20160308002452ffd.jpg i8019_20160308002453066.jpg i8020_2016030800245436d.jpg i8021_201603080024566c3.jpg i8022_20160308002457634.jpg i8023_201603080024287b1.jpg i8024_201603080024292b4.jpg i8025_201603080024309f3.jpg i8026_2016030800243160a.jpg i8027_20160308002433222.jpg i8028_201603080024017af.jpg i8029.jpg i8030.jpg i8031.jpg i8032.jpg i8033.jpg i8034.jpg i8035.jpg i8036.jpg i8037.jpg i8038.jpg i8039.jpg i8040.jpg i8041.jpg

バッチリいい感じに仕上がりましたよ

深みのある光沢いいですね。

この状態で硬化するまで保管しておきます。

納車する頃には更なる光沢が。。。。。


今回も納得の作品に仕上がりました。。。ありがとうございました


最後にいつものスッキリどや顔を。。。。。

i9001_20160308002311293.jpg

ほっほぉ。。。Goodですぢゃ


これからは超楽ちんな洗車を堪能してくださいませ


それでは今夜はこれにて。。。。。

おやすみなさいまし~


スポンサーサイト

カテゴリ: ガラスコート(新車)

[edit]

Posted on 2016/03/11 Fri. 01:17    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://carspot.jp/tb.php/368-8e0aaa20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード