倉敷 岡山 ガラスコート Ripica

岡山・倉敷を拠点に頑張ってます^^ こだわりの車磨き職人のブログです。各種パーツ持ち込み取り付けもOK~。

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
 

☆ MAZDA CX5 リペアコート ☆ 

いよいよ梅雨本番ですかねぇ。。。


田んぼに水が張られて田植えも始まりましたねぇ。


そう言えば、蛍もこの時期ですよ


また時間をみて観に行ってみましょうかね



あ、さて。。。


今回のお車はこちら。。。。。


c1001_201606042257277a1.jpg c1002_20160604225729efc.jpg


実はこちらのお車。。昨年の2月に当店で施工させて頂いたCX5。。。


今回のご入庫はちょっとしたアクシデントがありまして


他店で修理をされてその後2週間以上経った後に


当店へ、リペアコートでのご入庫です。



当たり前のことですが。。。


当店では施工させて頂いたお車には「施工証明書」を発行させていただいております。


保険修理の際に保険屋さんへご提示くだされば保険対応OKです



さあ、それでは早速作業に取り掛からせて頂きましょう


今回のリペアコートするパネルのチェックから。。。。。


ボンネット、ルーフパネル、Fフェンダー、Aピラー、ドアミラー。。。


メタルハライドランプを点灯して



まずはボンネット、フェンダー。。。


c1003_20160604225710496.jpg c1004_20160604225711fad.jpg c1005_201606042257133cc.jpg c1006_201606042257149df.jpg c1007_20160604225716c60.jpg



ルーフ。。。


c1008_201606042256430d0.jpg c1009_20160604225644f37.jpg c1010_2016060422564670e.jpg c1011_201606042256485bf.jpg c1012_20160604225649f42.jpg c1013_20160604225624eca.jpg



ドアミラー。。。c1014_20160604225625c80.jpg




バフ目がしっかりと出てます


んーーーー、このままの状態でコートするわけにはいきません


本来は塗装屋さんのお仕事なんですけどねぇ。。。



キッチリとバフ目を取り除いてからのコートですね。



マスキング、ますきんぐ。。。



c2001_20160604225626e86.jpg c2002_201606042256284ee.jpg c2003_20160604225629d1f.jpg c2004_20160604225557f95.jpg c2005_20160604225559261.jpg



ポリッシング準備完了


いざ


1st cut 。。。シングルアクションPで


c3001_20160604225600240.jpg c3003_201606042256039ae.jpg c3004_20160604225530ccb.jpg c3005_20160604225531685.jpg c3006_201606042255322d3.jpg



2nd cut 。。。ギヤアクションPで


c3007_20160604225534aea.jpg c3008_20160604225536940.jpg



ボンネット。。。研磨終了~


c4001_201606042255025fc.jpg c4002_20160604225503849.jpg c4003_20160604225504a1c.jpg c4004_2016060422550601c.jpg c4005_201606042255079c7.jpg c4006_20160605005638ee3.jpg c4007_20160605005640897.jpg c4008_20160605005641f8f.jpg c4009_2016060500564336d.jpg c4010_201606050056447ab.jpg c4011_20160605005609282.jpg c4012_20160605005610445.jpg



いい感じです、バフ目キレイにいなくなりましたね



こんな感じでフェンダー、Aピラー、ドアミラーも。。。。。


c4013_20160605005612b7f.jpg c4014_20160605005613e30.jpg c4015_20160605005615e07.jpg c4016_201606042254370f6.jpg c4017_20160604225438e10.jpg c4018_20160604225440481.jpg



ほい、研磨終了~


c5001_20160604225442643.jpg c5002_20160604225443c03.jpg c5003_20160604225412959.jpg c5004_20160604225414ab0.jpg c5005_20160604225415e41.jpg c5006_20160604225417592.jpg



ルーフも。。。。。


c6001_201606042254182c0.jpg c6002_2016060422532715a.jpg c6003_20160604225328efe.jpg c6004_20160604225330208.jpg c6005_20160604225331847.jpg c6006_20160604225332a10.jpg c6007_20160604225305f08.jpg c6008_20160604225307606.jpg c6009_20160604225308192.jpg c6010_20160604225309f44.jpg c6011_20160604225311f5c.jpg c6012_201606042252447c0.jpg c6013_20160604225245b59.jpg c6014_2016060422524775d.jpg c6015_20160604225248bcf.jpg



ついでにルーフスポイラーもいっときました


c7001_20160604225250197.jpg c7002_20160604225221acb.jpg



ふぅ。。。研磨作業終了です。


塗装屋さんがどこまで磨いているかが分かりませんからねぇ。。。


バフ目消しと言っても結構気を遣う作業なんですよ



気になってたバフ目もなんとかキレイに取れました






んなワケで。。。。。

いつものコーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート剤。。。。。b6009.jpg

この2タイプのコート剤をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。。。

Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。

m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg

大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。

(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

当店ではこのコート剤をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。

上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

他にも吹き付ける材料及び施工方法もあるのですが、私はあえてこの材料、この施工方でやっております。

これも私の「こだわり」ですかね




1st coat 。。。。。


c8001_201606042252233d2.jpg c8003_201606042252263ee.jpg c8005_20160604225139ad5.jpg c8006_20160604225141114.jpg c8007_20160604225142453.jpg c8008_201606042251441ce.jpg c8009_20160604225146387.jpg c8010_201606042251115cb.jpg c8011_20160604225113d3d.jpg



いつもどおり、このままの状態で一晩放置。。。硬化乾燥させておきます。




。。。と、いうわけで。。。。。

     
     。
     。
     。
     。
     。
     あさァ~~


一晩寝かせたことにより表面硬度は3Hくらいになってます。



c9001_20160604225114752.jpg c9002_20160604225115187.jpg c9003_20160604225117384.jpg



これだけでも十分な光沢です


このコート剤は硬化すればするほど光沢度もUPしてきますので。。。




んなワケで。。。更にもう1コート



2nd coat いっちゃいます。



c9004_20160604225047082.jpg c9005_20160604225048409.jpg c9006_20160604225050c01.jpg c9007_20160604225051d59.jpg c9008_20160604225053436.jpg c9009_2016060422501300a.jpg c9010_20160604225015e0b.jpg c9011_2016060422501633f.jpg c9018_20160604224839586.jpg



2nd coat 終了です。


右フロントフェンダー、右Aピラーあたりにもコートしておきましたよ


光沢感。。合わせておいた方がいいですからね


保険屋さんはみてくれませんけど。。サービス、サービス



このまま3日ほど硬化乾燥させて。。。


完成画像がこちらとなります。



c9012_20160604225017b7b.jpg c9013_2016060422501989e.jpg c9014_20160604224833f6b.jpg c9015_201606042248358c1.jpg c9016_20160604224836a0e.jpg c9017_20160604224837246.jpg c9019_201606042248015c4.jpg c9020_20160604224802eaf.jpg c9021_20160604224804b0d.jpg c9022_20160604224806957.jpg c9023_20160604224807940.jpg



このまますぐにお渡しするのではなく、


硬化具合をみてお客さまにお渡しするように心掛けております。


施工後しっかりと硬化させておいた方がいいですからね



基本的に Glass coat というものは施工してすぐには納車出来ません。


逆に施工したその日に納車出来るものに本物のGlass coatはあり得ないと考えます。


何故なら。。硬化しないから。。です。


中には無理やり硬化させるために硬化剤を入れてるのもあるみたいですが。。。


それって。。。どうなんでしょうかねぇ??


シロキサンが持つ本来の機能がそれらを足すことによって損なわれるのではないでしょうか。。。


とは言っても私には化学は無理っすチンプンカンプンですから。。。


あくまでも私自身が施工した感覚ですので


要は施工されたお客様の「笑顔」ですから



今回も納得の作品に仕上がりました。。。ありがとうございました。





スポンサーサイト

カテゴリ: リペアコート

[edit]

Posted on 2016/06/05 Sun. 01:27    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://carspot.jp/tb.php/384-23ce6a04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード