倉敷 岡山 ガラスコート Ripica

岡山・倉敷を拠点に頑張ってます^^ こだわりの車磨き職人のブログです。各種パーツ持ち込み取り付けもOK~。

01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03
 

☆ SUZUKI SWIFT Sport ☆ 

梅雨の合間をみて。。。先週の金曜日(6月10日)に北房のほたる観に行って来ました


土、日とほたる祭りだったので前日だったら少しでも人少ないかなと思って行ってみたんですが。。


h001_20160613133531b37.jpg h002_20160613133514fbc.jpg h003_20160613133516bf8.jpg h004_201606131335179ba.jpg h005_201606131335192aa.jpg h006_201606131335202d7.jpg


明るく見えますがこれでも19時半頃の画像なんです。


この頃はまだ殆ど人が居なかったんですけど


蛍が舞い始めるとそれに合わせて人がワンサカ


ほたる。。。スッゲェ居ました


画像に写ってる川全体がちょっとしたイルミネーション状態でしたよ


残念ですがほたるの画像は。。。上手く撮れませんでした



たぶんピークは来週中頃までかなぁ。。と、川沿いに住まれてるおねーさまが言われてました

(なので今週中頃まではOKかも)

倉敷からだと下道でも1時間ちょいくらいで行けますので夕方からドライブがてら足を運ばれてみてもいいのでは。。。


ただし、雨の日とか風の強い日は避けた方がいいかも。。です。


お車で行かれる方は北房振興局の駐車場に停めてあとは徒歩で。。近いですから


それと撮影するときはストロボOFFで。。。周りからヒンシュクかいますので


それにストロボ使っても蛍の光は撮れませんけど


北房ホタル。。。北房地域振興課のほたるメールより



さて。。。と




今回のお車はこちら。。。。。


s1001_20160612232704d5b.jpg s1002_20160612232649f05.jpg



SUZUKI SWIFT Sport 6MT  カラー/プレミアムシルバーメタリック(ZNC)


平成27年3月登録。。。


実はこちらのお車は昨年の3月に当店で一度施工させて頂いているお車なのです。


その節はありがとうございました。


で、今回のご入庫は。。。ちょいとしたアクシデントがございまして


その部分のリペアコートも兼ねて全面の再施工をと。。。ご依頼くださいました。



前回施工させて頂いて1年3ヶ月経ってますが。。。


しっかりとお手入れをされてますねぇ。。。ってお聞きしましたら


私のアドバイス通りに


「食器用洗剤をバケツに希釈して月に一度くらい洗車してるだけです」。。と


あと、ドアの内側、ボンネットを開けて内側の水滴も拭いてます。。とのことでした。


本当はもう少しこまめにされたいみたいでしたが、お仕事がお忙しいみたいですから仕方ないですよね。


それにしてもオーナーのFさま。。とってもお車を大切にされるかたですね。。Goodですぢゃ



さあ、それでは早速作業に取り掛からせて頂きましょう。


まずは洗車を兼ねてボディーチェックです


s1003_2016061223265185f.jpg s1005_20160612232654cfb.jpg s1004_20160612232652b29.jpg



どうでしょうか。。1年以上経っててもまだこの撥水力。。


因みに、ご自宅にはカーポート有りで職場では無しとのことでした。


それにしてもイイ感じに撥水してます


目立ったデポジットもなくとってもいい状態だと思います。


ただ、今回のように再塗装していわゆる「どスッピン」状態のパネルだけにコートした場合


その隣接するパネルとの光沢度がどうしても変わってきますからねぇ。。。


全面施工。。。とっても良い選択だと思います



こちらが今回の施工前の画像です。。。。。


s1006_20160612232655b8f.jpg s1007_20160612232626a27.jpg s1008_20160612232627d36.jpg s1009_2016061223262917f.jpg



それではポリッシング前の下準備。。。いつも通りのマスキングをキッチリと



s2001_20160612232630762.jpg s2002_201606122326321a2.jpg s2003_2016061223260506a.jpg s2004_20160612232606798.jpg s2005_2016061223260887e.jpg s2006_201606122326096db.jpg s2007_20160612232611f29.jpg s2008_20160612232544412.jpg s2009_20160612232545adf.jpg



ではでは、下地処理の研磨工程へ。。。。



殆どのダメージのない箇所には。。。s3001_20160612232548306.jpg s3002_20160612232550596.jpg


ギヤアクションP&ウレタンバフで。。


リペアされたパネル及びその隣接するパネルにはシングルアクションP&ウールバフ。。。


まあ、いつも通り、私の気が済むまで磨かせて頂きます


下地をキッチリとしておかないと。。。


Glass coat の硬い被膜で蓋をしてしまうわけですからね。



それでは一気に磨き上げてしまいましょう。。。



s3003_2016061223252768a.jpg s3004_20160612232525945.jpg s3005_2016061223252470a.jpg s3006_20160612232524689.jpg s3007_20160612232523f76.jpg s3008_20160612232452082.jpg s3009_201606122324549d8.jpg s3010_201606122324559a6.jpg s3011_201606122324570aa.jpg s3012_20160612232458a79.jpg s3013_2016061223243283b.jpg s3014_201606122324339b7.jpg s3015_201606122324347a6.jpg s3016_20160612232436a0f.jpg s3017_2016061223243771e.jpg s3018_20160612232412bdf.jpg s3019_201606122324131a9.jpg s3020_20160612232415270.jpg s3021_20160612232416a01.jpg s3022_20160612232418c64.jpg s3023_20160612232340c4c.jpg s3024_20160612232341715.jpg s3025_201606122323432ce.jpg s3026_20160612232344343.jpg s3027_201606122323467ed.jpg s3028_20160612232317d5e.jpg s3029_20160612232320ac3.jpg s3030_20160612232321b89.jpg s3031_20160612232322fab.jpg s3032_20160612232323590.jpg s3033_201606122322517b2.jpg s3034_201606122322528d0.jpg s3035_20160612232254d35.jpg



こんな感じでパネル1枚1枚キッチリと磨き上げていきます。


ポリッシャーが入らない所はハンドポリッシャーで。。。



で、こちらが磨き上がったSWIFTくんです


s4001_20160612232256ac8.jpg s4002_201606122322577ab.jpg s4003_201606122322293b4.jpg s4004_20160612232230500.jpg s4005_20160612232231234.jpg s4006_201606122322337fe.jpg s4007_20160612232234138.jpg s4008_2016061223220676a.jpg s4009_20160612232208a90.jpg s4010_2016061223220883a.jpg s4011_201606122322104fb.jpg s4012_20160612232212253.jpg s4013_20160612232131d7f.jpg s4014_20160612232133479.jpg s4015_201606122321349fd.jpg s4016_20160612232136f8e.jpg s4017_201606122321386ed.jpg s4018_201606122321097d2.jpg s4019_201606122321109e6.jpg s4020_20160612232112f79.jpg s4021_20160612232114d1f.jpg s4022_20160612232115e34.jpg s4023_2016061223204769c.jpg



どうでしょうか。。1年3ヶ月前の状態とほとんど変わらないと思いますよ


しかも、ウレタンバフのみで研磨した箇所は前回のGlass coatのTopをほんの少し削っただけですので


私のイメージとしては前回コートした2コート分の1,5coat くらいは残っている感じです





んなワケで。。。。。

いつものコーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート剤。。。。。b6009.jpg

この2タイプのコート剤をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。。。

Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。

m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg

大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。

(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

当店ではこのコート剤をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。

上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

他にも吹き付ける材料及び施工方法もあるのですが、私はあえてこの材料、この施工方でやっております。

これも私の「こだわり」ですかね




前回コートさせて頂いた時とコート剤、施工方法共に何も変わっておりません。。。


ただ一つ。。。私の年式がまた1年落ちました 



1st coat  いっちゃいます。s5001_20160612232048fd8.jpg s5002_20160612232050c46.jpg



s5003_201606122320519a8.jpg s5004_20160612232053009.jpg s5005_20160612232024c25.jpg s5006_20160612232025afe.jpg s5007_20160612232026a0c.jpg s5008_20160612232028ea2.jpg s5009_2016061223202994b.jpg



こんな感じでパネル1枚1枚キッチリと仕上げていきます。



それでは残りのパネルも一気にいっちゃいますね。



s5010_20160612232003f5a.jpg s5012_2016061223200447e.jpg s5013_20160612232006906.jpg s5014_201606122320072b6.jpg s5015_20160612232009f59.jpg s5016_2016061223194053c.jpg s5017_201606122319412e4.jpg s5018_201606122319426b9.jpg s5019_2016061223194414c.jpg s5020_20160612231945ecd.jpg s5021_201606122316456f6.jpg s5022_20160612231646631.jpg s5023_201606122316489fc.jpg s5024_20160612231649d5c.jpg s5025_20160612231651472.jpg s5026_20160612231618a73.jpg s5028_201606122316211b0.jpg



1st coat 終了です。




で、この日の作業はここまで。。。。s5029_201606122316232ef.jpg s5027_20160612231620ce4.jpg



この状態で一晩放置です。。明日の朝までこのブース内で硬化乾燥させておきます。


このまま2コート目をいっちゃいますと


せっかくの1コート目を溶かしながらのコートとなってしまいますからね。


同じ2コートするのであれば表面硬度が上がってからの方がより確実にコート被膜厚が稼げますからね。




。。。と、いうわけで。。。。。

     
     。
     。
     。
     。
     。
     あさァ~~





一晩寝かせたことにより表面硬度は3Hくらいになってます。


因みに。。私も一晩ぐっすり休ませて頂いてPower復活ですぢゃ。。。オイオイ




こちらが寝起きのSWIFTくんです。。。。。


s6001_20160612231624ea7.jpg s6002_201606122315543b5.jpg s6003_20160612231556ff1.jpg s6004_201606122315579ff.jpg s6005_20160612231559f34.jpg s6006_201606122316006b6.jpg s6007_201606122315323b1.jpg



一晩寝かせておいた分、硬化して光沢度もUPしてます。


さあ、それでは。。更にもう1コート



2nd coat  いっちゃいましょう。。。。s7001_20160612231533aeb.jpg s7002_20160612231535851.jpg



このラウンドではTHP-PROを主に施工していきます。


1st coat と比べると若干のコツと体力が必要になってきます



s7003_20160612231536061.jpg s7004_2016061223153879c.jpg s7005_201606122315110a2.jpg s7006_201606122315138ce.jpg s7007_20160612231514f87.jpg s7008_2016061223151515f.jpg



では、こちらも一気に。。。。。



s7011_2016061223144755f.jpg s7012_20160612231449e83.jpg s7013_201606122314512a3.jpg s7014_2016061223145209e.jpg s7015_20160612231418859.jpg s7016_20160612231419d67.jpg s7017_20160612231420bd1.jpg s7018_20160612231422981.jpg s7019_20160612231423df7.jpg s7020_20160612231351544.jpg s7021_20160612231353418.jpg s7022_20160612231355a0c.jpg s7023_20160612231356336.jpg s7024_201606122313580f9.jpg s7025_201606122313301e3.jpg s7026_201606122313322a0.jpg s7027_20160612231334831.jpg s7028_20160612231335537.jpg s7009_20160612231517e12.jpg s7010_20160612231446577.jpg s8026_20160612231101d79.jpg s7031_201606122313100c9.jpg s7032_20160612231312b0e.jpg s7030_20160612231308462.jpg



2nd coat 終了~


このまま2時間くらい硬化乾燥させたのち、取り外しておいたパーツを組み付けて。。。



こちらが完成画像です。。。。。



s8001_20160612231313cdf.jpg s8002_20160612231314065.jpg s8003_20160612231243057.jpg s8004_20160612231245157.jpg s8005_20160612231247d11.jpg s8006_20160612231247762.jpg s8007_20160612231249465.jpg s8008_20160612231219489.jpg s8009_20160612231221059.jpg s8010_20160612231222b4b.jpg s8011_20160612231224cf4.jpg s8012_20160612231225652.jpg s8013_20160612231155ab2.jpg s8014_20160612231156582.jpg s8015_2016061223115868c.jpg s8016_201606122311594e2.jpg s8017_20160612231201b26.jpg s8018_20160612231118885.jpg s8019_20160612231119da0.jpg s8020_20160612231121743.jpg s8021_20160612231123a87.jpg s8022_20160612231124d8d.jpg s8023_20160612231056940.jpg s8024_20160612231058f33.jpg s8025_201606122311002f2.jpg s8026_20160612231101d79.jpg s8027_201606122311022ed.jpg s8028_201606122310334be.jpg s8029_201606122310343a3.jpg s8030_201606122310369a1.jpg s8031_20160612231038d3b.jpg s8032_20160612231039719.jpg s8033_20160612231010def.jpg s8034_20160612231012753.jpg s8035_20160612231012159.jpg




とってもイイ感じに仕上がりましたよ。


やはり被膜厚が増えるとその分光沢に奥行きが出ますねぇ。。。


この深みのある光沢。。。Goodです



納車までこのままこのブース内でもう暫く硬化乾燥させておきますね。


当店では硬化具合をみて納車させて頂いておりますので。。



Fさま。。。今回もまた当店にご依頼くださいまして誠にありがとうございました。


いつも通りではございますが、誠心誠意キッチリと施工させて頂きました。


今後もまた何かございましたらその節にはどうぞ宜しくお願い致します。



今回も納得の作品に仕上がりました。。。ありがとうございました。


最後にいつものスッキリどや顔を。。。。。ついでに。。どや尻も



s9001_201606122310139d5.jpg s9002_20160612231015f36.jpg



ほっほお。。。どっちもGoodですぢゃ




スポンサーサイト

カテゴリ: ガラスコート(経年車)

[edit]

Posted on 2016/06/13 Mon. 02:38    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://carspot.jp/tb.php/386-837ce421
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード