倉敷 岡山 ガラスコート Ripica

岡山・倉敷を拠点に頑張ってます^^ こだわりの車磨き職人のブログです。各種パーツ持ち込み取り付けもOK~。

01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03
 

☆ VELLFIRE Z G-EDITION ☆ 

梅雨も明けちゃいましたねぇ。。。


さあ、いよいよ夏本番です


海だ。。山だ。。川だ。。って何年か前までは言ってましたが。。。


。。無理です もう無理です


エアコンの効いた涼しい部屋でグータラしときたいですぢゃ


この暑さ。。。堪らんっス


やっぱ、歳には勝てねぇ~んすかねぇ


とは言っても、たぶんまた行っちゃうんでしょうケドね




さっ、仕事 仕事


今回のお車はこちら。。。。。


v1001_20160712224107d5a.jpg v1002_201607122241097a2.jpg


TOYOTA VELLFIRE カラー/202ブラック


オーナーのTさま。。。今回はご依頼くださいまして誠にありがとうございます。


いつも通りキッチリと仕上げさせて頂きます。




ここで、突然ですが。。。


セルフリストアリングコート。。。

少し前からレクサスの上位モデルには採用されていたのですが

ヴェルファイアも今回のモデルから

従来のクリア塗装と違って柔軟性を持つクリア塗装。。。

洗車などによる小さな擦り傷を自己修復するセルフリストアリングコートが採用されました。。。

が、例えばこちらの202ブラックはそれでなくてもキズが付きやすいとてもデリケートな塗装なのに

この上更に柔らかいTop coat (クリア塗装)を使うのはどうかと。。。

もちろん色々なご意見があるんでしょうけど

いくら自己修復する塗料とはいえキズが入りやすいってのはねぇ。。。

洗車くらいでキズが入っちゃうと今回のような黒のお車では洗車なんて出来ませんよ。

そりゃあ、キズが入っても直ぐその日の内に再生してくれるんでしたら問題はないでしょうけど

そんなワケありませんしねぇ。。。

ちなみに、お湯をかけると修復速度が増すみたいですけど。。。

カップ麺のように3分で。。なんてこともないでしょうし


と、なるとですよ。。。再生する前にまた次の洗車でキズが入ってしまうってことになっちゃいますよ。

もちろん、修復できるキズの深さってのもそんなに深いものは無理ですからね。。。


でしたら、Glass coat で硬い保護膜を生成して洗車キズから守ってやった方がより効果的だと思いますが。。。


と、言うことで今回もしっかりと「こだわりコート」施工させて頂きます




まずは。。。洗車ですね。


それこそ洗車キズが入らないように。。。と



v1003_20160712224110199.jpg v1004_20160712224112684.jpg





続いて、マスキング。。ますきんぐ。。。。。


当店ではコーティング前にたとえ新車であっても必ずひと磨きをしております。


目的は。。。


それこそ洗車キズ、小キズ等の除去。。。同時に研磨することにより光沢度もUPさせます。


更に一番の目的は。。。コート剤との密着度を上げてやることにあります


表面に付着しているシリコン等の除去をしてやることによってより強固な密着が得られます。


いわゆる「下地処理」ってやつですね。


これをキッチリとやっているのとやっていないのとでは仕上がりにも大きな差が生じてしまいます。


ここは時間と手間が掛かっちゃいますけど。。。



v2001_20160712224047aaf.jpg v2002_201607122240487ee.jpg v2003_2016071222405078c.jpg v2004_20160712224051810.jpg v2005_20160712224053549.jpg v2006_20160712224027f64.jpg v2007_20160712224029bc1.jpg v2008_201607122240303e4.jpg



お客さまからお預かりした大切なお車です。。。


バフが当たってキズなど付けてしまったら大変ですし、


磨かないでいい所もありますし、逆に隅々までキッチリと磨いておきたいですからね。



ポリッシング準備完了~。。。。。v3001_201607122240314be.jpg v3002_20160712224033469.jpg



いつもの相棒。。。


ギヤアクションP&ウレタンバフで。。。


研磨剤はRipicaスーパーコンパウンド超微粒子(0.3ミクロン  ノンシリコン)


いつもより慎重に研磨していかないと。。。


力加減ひとつで逆に塗装表面を傷めてしまう恐れがあるセルフリストアリングコートですからね。


そういったこともちゃんと理解したうえで研磨をしていかないと取り返しがつかないことになってしまいます。



そんなこんなで。。。


ポリッシング。。。スタートです。


ルーフ。。。



v3015_201607122239273ef.jpg v3016_2016071222392870b.jpg v3017_201607122239309cf.jpg v3019_20160712223900332.jpg v3020_201607122239017c1.jpg v3022.jpg



磨き上がった画像がこちら。。。。。



v3029.jpg v3028.jpg v3027.jpg v3025.jpg v3024.jpg



ひと磨きすることにより光沢度も増してイイ感じでしょう



更に残りのパネルも1枚1枚キッチリと磨き上げていきます。



v3003_201607122240060ab.jpg v3004_20160712224008daa.jpg v3005_20160712224009e1a.jpg v3006_20160712224010fe8.jpg v3007_20160712224012e67.jpg v3008_2016071222394579f.jpg v3009_20160712223947e64.jpg v3010_2016071222394860d.jpg v3011_20160712223950b7d.jpg v3012_20160712223951ae3.jpg v3013_20160712223924d7a.jpg v3014_201607122239256c1.jpg




ポリッシング終了~



v3030.jpg v3031.jpg v3032.jpg v3033.jpg v3034.jpg v3035.jpg v3036.jpg v3037.jpg




これでやっと下地処理が完了です。






んなワケで。。。。。

コーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート剤。。。。。b6009.jpg

この2タイプのコート剤をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。。。

Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。

m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg

大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。

(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

当店ではこのコート剤をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。

上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

他にも吹き付ける材料及び施工方法もあるのですが、私はあえてこの材料、この施工方でやっております。

これも私の「こだわり」ですかね





1st coat 。。。いっちゃいます。




v4001_2016071222322152f.jpg


と、思ったんですが。。。。。この日は暑くて



v4004_20160712223225d0f.jpg v4005_201607122232264c9.jpg シャッター閉めてエアコンON。。。



v4002_2016071222322293f.jpg v4003_20160712223223b77.jpg 外気温度がほぼ35度



湿度も結構高かったんですが、イイ感じになりましたね。


作業も気持ちよく出来ますし





1st coat  いっちゃいます。


ボンネットから。。。。。


v4015.jpg v4016.jpg v4017.jpg v4018.jpg




ルーフ。。。。。


v4006_2016071222310643c.jpg v4007_20160712223108fcb.jpg v4008_20160712223109d8c.jpg v4009_2016071222311179f.jpg v4010_20160712223113b6a.jpg v4011_20160712223045dd8.jpg v4012_20160712223046680.jpg v4013.jpg v4014.jpg



こんな感じでパネル1枚1枚キッチリとコートしていきます。



v4020.jpg v4021.jpg v4022.jpg v4023.jpg v4024.jpg v4025.jpg v4026.jpg v4027.jpg v4028.jpg v4029.jpg v4030.jpg v4031.jpg v4032.jpg v4033.jpg v4034.jpg v4035.jpg v4036.jpg v4037.jpg v4038.jpg v4039.jpg v4040.jpg



ドアを開けた内側、各ピラーにも施工。。。


v4042.jpg v4043.jpg v4044.jpg v4045.jpg v4046.jpg v4047.jpg v4048.jpg v4049.jpg v4050.jpg v4051.jpg v4052.jpg


フューエルリッドの中も。。。


もちろんアルミホイールにも。。。。。v4053.jpg


更には。。。。。v4054.jpg ナンバープレート、ワイパーアームにも




。。。で、1st coat 無事終了~です。。。。ふぅ。。。。



どうせコートするならここまでしておいた方が後々のお手入れが楽ですからね。


時間と手間はかなり掛かってしまいますけど。。。




この日の作業はここまで。。。v4055.jpg



この状態で一晩放置しておきます。


同じ2コートするのであれば表面硬度が上がってからの方がより確実にコート被膜厚が稼げますからね。


このまま2コート目をいっちゃうとせっかくの1コート目を溶かしながらのコートとなってしまいますので。。。


これもまた私の「こだわり」なんです。




。。。と、いうわけで。。。。。

     
     。
     。
     。
     。
     。
     あさァ~~


一晩寝かせたことにより表面硬度は3Hくらいになってます。

そして私も一晩ぐっすり寝かせて頂いたことでPower全開。。フルチャージ完了でございます   





こちらが寝起きの画像です。


v5001_2016071222263870f.jpg v5002_201607122226408e7.jpg v5003_20160712222641846.jpg v5004_20160712222643dda.jpg v5005_20160712222644a25.jpg v5006_201607122226151ab.jpg



よっしゃええ感じぢゃ


硬化した分光沢度もUPしてますね。


このまま納車しても充分OKって感じですが


ここで終わらないのがCARSPOTなんですよ


欲どおしい私としましては。。ですぢゃ


更にもう1コート。。。いっちゃいますよ~



2nd coat 。。。スタートです。


このラウンドではTHP-PROを主に施工していきます。



v5007_20160712222617a2e.jpg v5008_20160712222618a7a.jpg



この日も昨日同様、シャッター閉めてエアコンONです。


1st coat 同様に。。。一気にいかせて頂きます



v5009_201607122226191a9.jpg v5010_2016071222262104f.jpg v5011_201607122225431fe.jpg v5012_201607122225440a7.jpg v5013_20160712222545f17.jpg v5014_20160712222547476.jpg v5015_201607122225489cc.jpg v5016_201607122225175c6.jpg v5017_20160712222518e35.jpg v5018_20160712222520361.jpg v5019_20160712222521859.jpg v5020_201607122225232bc.jpg v5021_2016071222245374d.jpg v5022_20160712222454d24.jpg v5023_20160712222456756.jpg v5024_20160712222457786.jpg v5025_20160712222459350.jpg v5026_201607122224284b8.jpg v5027_201607122224294b7.jpg v5028_20160712222431004.jpg v5029_201607122224329ab.jpg v5030_20160712222434dea.jpg v5031_20160712222323398.jpg v5032_20160712222325588.jpg v5033.jpg v5034.jpg v5035.jpg v5036.jpg v5037.jpg v5038.jpg v5039.jpg v5040.jpg v5041.jpg v5042.jpg v5043.jpg



。。。と、まあやってることは1st coat と同じなんですけどね


私の性分として一応UPしておかないと気が済まないものでして



で、このまま2時間くらい硬化させておいて。。。。って普段はそんな感じなんですけど


この時はちょうど3日間のお休みを頂いて浜松まで可愛い孫たちに会いに行ってました


なのでしっかりと硬化乾燥が出来てましたよ。



完成画像がこちらです。


v6001_20160712222221184.jpg v6002_20160712222223df6.jpg v6003_20160712222153675.jpg v6004_20160712222154572.jpg v6005_20160712222156818.jpg v6006_201607122221572b1.jpg v6007_20160712222159279.jpg v6008_20160712222126c8c.jpg v6009_20160712222127bf2.jpg v6010_20160712222129e6c.jpg v6011_201607122221306ec.jpg v6012_201607122221329ab.jpg v6013_20160712222052c73.jpg v6014_20160712222054be4.jpg v6015_20160712222055e8b.jpg v6016_201607122220575e4.jpg v6017_20160712222058678.jpg v6018_2016071222202194e.jpg v6019_201607122220221a3.jpg v6020_201607122220244f3.jpg v6021_2016071222202522c.jpg v6022_20160712222027de7.jpg v6023_20160712221955922.jpg v6024_201607122219574e9.jpg v6025_201607122219589e6.jpg v6026_201607122219595a9.jpg v6027_20160712222001b3e.jpg v6028_20160712221845de3.jpg v6029_20160712221846ff7.jpg v6030_20160712221848e37.jpg v6031_20160712221849cc4.jpg v6032_20160712221851e73.jpg v6033_2016071222182080a.jpg v6034_20160712221822d3a.jpg v6035_20160712221823a77.jpg v6036_20160712221824ace.jpg v6037_201607122218253d6.jpg v6038_20160712221754d78.jpg v6039.jpg v6040.jpg v6041.jpg




どうでしょうか。。。とってもイイ感じに仕上がってますよ


テッカテカのピッカピカです


Tさま。。。ここからのお手入れ、黒は大変でしょうけど。。。


このGlass coat は洗車が凄く楽ちんですのでしっかりと洗車してあげてくださいませ


そしてこの光沢をしっかりと維持してあげてくださいませ~。



今回も納得の作品に仕上がりました。。。ありがとうございました。


また何かございましたらその節にはどうぞ宜しくお願い致します。



最後にいつものスッキリどや顔を。。。。。



v6042.jpg


ん~~~、男前ぢゃあ






スポンサーサイト

カテゴリ: ガラスコート(新車)

[edit]

Posted on 2016/07/13 Wed. 00:34    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://carspot.jp/tb.php/389-2c69cb36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード