倉敷 岡山 ガラスコート Ripica

岡山・倉敷を拠点に頑張ってます^^ こだわりの車磨き職人のブログです。各種パーツ持ち込み取り付けもOK~。

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
 

☆ SUZUKI Lapin Mode ☆ 

しかし。。。


あぢぃッス。。。


エアコンの前から離れられませんねぇ


ここんところ午後からはついついシャッター閉めてエアコンONですわ


歳なのかもねぇ。。。今年のこの暑さには勝てそうもありません。。。くぅーー


皆さんも熱中症対策しっかりとお取りくださいませ。。。



あっ、さて


今回のお車はこちら。。。。。


l1001_20160731215956e0c.jpg l1002_201607312159572e2.jpg



平成15年式 SUZUKI ラパン MODE。。。カラー/シャンパンゴールド


実はこちらのラパン。。


5年ほど前(2011年9月)に当店で一度施工させて頂いているお車なんですよね。


(その当時にはまだTHP-PRO が存在してなかった)


その時は花壇の水やりの為に使ってる地下水が毎回ボンネットにかかって


かなりの水染みが出来てて、それこそかなり研磨したのを覚えてます。


地下水の水質にもよりますが確かにあまりよくないような気がします。。。


特に水滴を拭き取らずそのまま放置したままにしておくと雨水よりも酷いことになってしまう事もありますので皆さんも洗車の時はお気をつけられた方がいいかと。。。


で、ナント、今回も。。。また同じ状態での入庫でございます。。


前回の Glass coat 被膜内で収まっててくれたらいいんですけどねぇ。。。



まずは洗車をしてそれぞれのパネルをチェックしていきましょう。


l1003_201607312159360e7.jpg l1004_2016073121593827b.jpg



l2001_201607312159394b6.jpg l2002_20160731215941785.jpg l2003_20160731215942f04.jpg



ボンネットにデポジット以外に何やら引っ掻き傷のようなものが。。。


l2004_20160731215913c1b.jpg l2005_201607312159143df.jpg l2006_2016073121591635c.jpg


これはちょっと深そうですねぇ。。。よりによってボンネットとは



ルーフは。。。。


l2007_20160731215917e91.jpg l2008_20160731215919700.jpg l2009_201607312158521a6.jpg l2010_20160731215854459.jpg


こちらも全面にデポジットが。。。



その他のパネルもこんな感じです。。。。。


l2011_201607312158552df.jpg l2012_201607312158578e9.jpg l2013_201607312158588b1.jpg l2014.jpg l2015.jpg l2016.jpg




よっしゃいつもどおりキッチリと仕上げさせて頂きましょう



マスキング。。ますきんぐ


l3001_201607312158372e0.jpg l3002_20160731215838ff4.jpg l3003_2016073121581065e.jpg l3004_2016073121581170c.jpg l3005_20160731215813beb.jpg l3006_20160731215814b1f.jpg



ポリッシング準備完了です。。。l4001_201607312158161d5.jpg l4002_20160731215747347.jpg



まずはこの手強そうなボンネットからやっつけていきましょう


研磨剤はいつもより番手を上げて慎重に研磨していくことになります。


クリアー層に穴でもあけてしまったら大変ですからね。。


シングルアクションPで回転速度を落とし気味で少しずつ処理していきます



l4003_20160731215748e74.jpg l4004_20160731215750e68.jpg l4005_201607312157510d4.jpg l4006_20160731215753db9.jpg l4007_20160731215722fc0.jpg l4008_2016073121572311c.jpg l4009_2016073121572581c.jpg l4010_20160731215726eb2.jpg l4012_2016073121565731c.jpg



ふぅ。。。何とかイイ感じに磨き上がりましたね。



この調子でルーフもいっちゃいますよ。。。l4013_20160731215659984.jpg


1st cut。。。


l4014_20160731215700cf7.jpg l4015_20160731215702e95.jpg l4016_20160731215703321.jpg


2nd cut。。。


l4024_20160731215556025.jpg l4025_20160731215557f00.jpg l4026.jpg


3rd cut。。。


l4032_20160731215504b3f.jpg l4033_201607312155062d0.jpg





その他のパネルもこんな感じでパネル1枚1枚キッチリと仕上げていきます。


l4017_20160731215634f70.jpg l4018_201607312156368e7.jpg l4019_20160731215637648.jpg l4020_201607312156393d2.jpg l4021_20160731215640861.jpg l4022_20160731215553278.jpg l4023_20160731215554952.jpg l4027_20160731215527c6c.jpg l4028_20160731215528176.jpg l4029_2016073121553030a.jpg l4030_20160731215531b4a.jpg l4031_2016073121553390b.jpg l4034_20160731215507aa3.jpg l4035_201607312155092e9.jpg l4036_2016073121551084c.jpg l4037_20160731215432bb7.jpg l4038_2016073121543344a.jpg l4039_201607312154340ea.jpg l4040_201607312154364b5.jpg l4041_2016073121543825a.jpg l4043_20160731215358c8b.jpg



ポリッシング終了~。。。。。l4044_2016073121540095b.jpg



磨き上がったラパンくんがこちら。。。。。



l5001_20160731215402749.jpg l5002_201607312154038e7.jpg l5003_20160731215335aed.jpg l5004_20160731215337694.jpg l5005_201607312153386c4.jpg l5006_20160731215340682.jpg l5007_2016073121534173c.jpg l5009_201607312153138bd.jpg



ホイルはポリッシャーでは無理ですので。。。


ハンドポリッシャーで l5008_201607312153114ef.jpg




これでやっと下地処理が完了です。


ここまでをキッチリとやっておかないと後の仕上がりに大きな差が出ちゃいますので。。


やはりボディーコーティングで一番大切なのは「磨き」ですね。


いつも言ってますが。。。


どんなに素晴らしいコート剤を使っても下地がしっかりと出来上がっていないとダメなんです。







んなワケで。。。。。

コーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート剤。。。。。b6009.jpg

この2タイプのコート剤をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。。。

Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。

m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg

大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。

(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

当店ではこのコート剤をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。

上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

他にも吹き付ける材料及び施工方法もあるのですが、私はあえてこの材料、この施工方でやっております。

これも私の「こだわり」ですかね








。。。と、いつもならこのペアのコート剤での施工なのですが。。。


今回は少し時間が掛かるんですけど1st coat も 2nd coat も


THP-PROで施工してみようと思います。。。。。ほっほぉ


以前にもお話しさせて頂いたんですけど。。。


このTHP-PROはコート被膜厚がHi Glass coatに比べて若干ですが厚いんです。


ただ、初期硬化速度が非常に遅く。。。しかも硬化する前に重ね塗り不可なんです。


てなワケで。。。1st coat と 2nd coat との施工間隔をそのときの気温、湿度にもよりますが


今の時期で最低でも中3日はあける必要があるんですよねぇ。。。


以前に TEST Coat してどエライことになってしまって。。。大変だったんですよぉ


何でも思いついたことは直ぐに試してみたくなっちゃいますもので


で、今回は前回と今回でかなりの研磨をしたのを踏まえて


研磨加工で薄くなってきたクリア層をこのTHP-PRO Glass coat で


少しでも厚く補ってやろうと考えての施工となります。。。その分、時間は掛かってしまいますがね。


もちろんお客さまにもお話をさせて頂いてご了承のうえでの作業となります。



それでは改めてコーティングスタートです。。。l6001_201607312153153b2.jpg l6002_20160731215316632.jpg


エアコンつけて湿度もバッチリです



1st coat 。。。



l6003_2016073121531712e.jpg l6004_201607312152492a7.jpg l6005_2016073121525083e.jpg l6006_20160731215252305.jpg



こんな感じで一気に仕上げていきます。


l6007_2016073121525393b.jpg l6008_201607312152553c0.jpg l6009_20160731215219e56.jpg l6010_201607312152215b4.jpg l6011_20160731215222883.jpg l6012_2016073121522445a.jpg l6013_20160731215225f77.jpg l6014_201607312151582f0.jpg l6015_20160731215159d7b.jpg l6016_2016073121520128f.jpg l6017_20160731215202e74.jpg l6018_20160731215204006.jpg l6019_201607312150593fe.jpg l6021_20160731215102fc3.jpg l6022_20160731215103339.jpg



1st coat 終了~。。。。。l6020_20160731215101bc3.jpg



この状態で今回は3日ほど硬化乾燥させておきます。


その間、溜まりに溜った雑用をしながら身体も休めておきませんと




。。。と、いうわけで。。。。。


3日間ほどこのまま

     
     。
     。
     。
     。
     。
     あさァ~~





いつものように硬度チェック用のスポンジに染み込ませておいたスポンジの硬化具合をみて。。




2nd coat 。。。  いっちゃいます。。。l7001_20160731215105a0d.jpg l7002_20160731214723b80.jpg



丸々3日間硬化乾燥させて。。。どうですか、この光沢


これだけでも十分な気が。。。 なんちゃって


んなワケにはいきませんよ、今回の一番の目的はコート被膜厚UP。。ですからね。



l7003_20160731214724cb3.jpg l7004_201607312147268ed.jpg l7005_20160731214727bbd.jpg l7006_20160731214729dca.jpg l7007_20160731214647ccc.jpg l7008_2016073121464920f.jpg l7009_20160731214651b39.jpg l7010_201607312146523f9.jpg l7011_201607312146537fe.jpg l7012_20160731214613aee.jpg l7013_2016073121461537c.jpg l7014_20160731214616b44.jpg l7015_20160731214618439.jpg l7016_20160731214620f75.jpg l7017_201607312145153f8.jpg l7018_201607312145163c4.jpg l7019_20160731214518ab5.jpg l7020_20160731214519b61.jpg l7021_20160731214522989.jpg l7022_20160731214409b5e.jpg l7023_20160731214410a6f.jpg l7024_20160731214412b27.jpg l7025_20160731214413398.jpg l7026_20160731214415aae.jpg



2nd coat 終了~。。。。。


THP-PROのダブルコート。。。やはり厚みを感じますねぇ


イイ感じですよ。。




完成画像がこちらになります。



l8001_20160731214346c73.jpg l8002_201607312143478a4.jpg l8003_20160731214349a05.jpg l8004_201607312143503bb.jpg l8005_20160731214322850.jpg l8006_20160731214323edb.jpg l8007_201607312143247cb.jpg l8008_20160731214326396.jpg l8009_201607312143270f9.jpg l8010_20160731214259fdd.jpg l8011_2016073121430186e.jpg l8012_201607312143023ec.jpg l8013_20160731214303a27.jpg l8014_201607312143056a1.jpg l8015_20160731214238a0f.jpg l8016_201607312142394b3.jpg l8017_20160731214240b45.jpg l8018_20160731214242b68.jpg l8019_20160731214243a2e.jpg l8020_20160731214205625.jpg l8021_201607312142070f9.jpg l8022_2016073121420850b.jpg l8023_20160731214210166.jpg l8024_2016073121421135e.jpg l8025_20160731214121107.jpg l8026_20160731214123b55.jpg l8027_20160731214125d1c.jpg l8028_20160731214126eda.jpg l8029_201607312141274d4.jpg l8030_20160731214037127.jpg l8031_20160731214038e16.jpg l8032_2016073121403979c.jpg l8033_201607312140413c1.jpg




画像では伝わり難いかも。。ですが


なかなかいい感じに仕上がりましたよ


とても13年前のお車には見えませんでしょ


気になってたボンネットもバッチリです


あと3日ほどこの状態で硬化乾燥すれば更に光沢度もUPしてますよ。




今回も納得の作品に仕上がりました。。。Oさま、ありがとうございました


ただし、出来ましたら花壇から少し離して保管して頂いた方がよろしいかと。。。



最後にいつものスッキリどや顔を。。。。。



l9001_201607312140437f7.jpg


ほっほぉ。。。ナイスぢゃあ





んなワケで。。。すんません。。落ちます


おやすみなさいませ~










スポンサーサイト

カテゴリ: ガラスコート(経年車)

[edit]

Posted on 2016/08/01 Mon. 01:28    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://carspot.jp/tb.php/391-54923321
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード