倉敷 岡山 ガラスコート Ripica

岡山・倉敷を拠点に頑張ってます^^ こだわりの車磨き職人のブログです。各種パーツ持ち込み取り付けもOK~。

01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03
 

☆ DAIHASTU CAST STYLE ☆ 

しかし。。。


ここんとこ雨ばかりですねぇ


おかげで事務所の塗装工事が長引いちゃってます。。。


ご迷惑をお掛けしてますが今しばらくの間お時間を。。。


けど。。17号が逸れてくれて助かりました




さっ、今夜も頑張ってUPさせて頂きますよ



今回のお車はこちら。。。。。


c1001_201609230039388cf.jpg c1002_2016092300393950b.jpg


ダイハツ キャスト スタイル カラー/ディープブルークリスタルマイカ。。。


今回、当店でお買い上げくださいましたオーナーのFさま


私が独立する以前からのお客さまYさまの姪御さんでして。。。。。


そうしてみると本当に長いことお付き合いさせて頂いております。


ありがたいことです



さあ、今回もいつも通りキッチリと仕上げさせて頂きますよ


まずは。。。室内作業を。。。c1003_20160923003941f05.jpg


ナビ本体はご予算的なことも考慮してNX615Wをチョイス。


スペック的には申し分ないですし、地図Dataの無料更新も付いてますしね


バックカメラは純正OPで装着


アダプターはデータシステムさんのものを使用してます。


あとはドライブレコーダーといつものUSBポート(スマホ充電端子付き)



さっ、まずは配線の取り回しがし易いように各パーツの取り外しから。。。


c1005_20160923003918789.jpg c1006_20160923003920a8a.jpg c1007_20160923003921032.jpg


ドライブレコーダー、TVアンテナ、GPS。。等々の配線をSPメーター裏を通して。。。


c1010_20160923003858acd.jpg c1009_20160923003925693.jpg c1008_20160923003923f0e.jpg


助手席側はグローブBOX裏から。。。


ハンドルリモコンの配線をして。。。c1011_20160923003900f28.jpg  全ての配線をセンターへ


あとは各ハーネスに音止めのスポンジテープを巻き、ヘッドユニットを組み付けて


で、こんな感じです。。。c1012_2016092300390107c.jpg


バックモニターのガイドラインの設定もキッチリと。。。。。


c1013_20160923003903b9e.jpg c1014_201609230039041a6.jpg



室内作業。。終了です。



続いてGlass coat いっちゃいますよ~


c2001_201609230038402e7.jpg


しかし、これまたGlass coat 映えしそうないい色ですよねぇ


よっしゃ、ピッカピカに仕上げさせて頂きますよ



マスキング。。ますきんぐ


c2002_20160923003841387.jpg c2003_2016092300384289e.jpg c2004_2016092300384317e.jpg c2005_20160923003845965.jpg c2006_20160923003818653.jpg c2007_20160923003820eb3.jpg


当店ではたとえ新車であってもコート前には必ずひと磨きをさせて頂いております。


一番の目的は塗装表面に付着しているシリコン等の除去。。。こうすることによって


コート剤とボディー表面との密着度を上げてやることが出来ると考えております。


更にはこのひと磨きすることにより塗装表面に付いた洗車キズ、小キズ、雨染み等も取り除くことも出来ます。


時間と手間は掛かってしまいますが、せっかくのGlass coat。。。


キッチリと納得の出来る仕事がしたいので



で、ポリッシング準備完了ですねc3001_20160923003822a6a.jpg


いつもの相棒で。。。c3002_20160923003823304.jpg  ギヤアクションP&ウレタンバフ


研磨剤はRipicaスーパーコンパウンド超微粒子。。ノンシリコン


こいつでボディー表面を1ミクロンほど研磨させて頂きます。



ポリッシング。。スタートです。



ボンネットから。。。


c3003_20160923003824954.jpg c3004_20160923003736697.jpg c3005_20160923003737f7e.jpg c3006_2016092300373941e.jpg


こんな感じでパネル1枚1枚キッチリと磨き上げていきます。


c3007_20160923003740819.jpg c3008_20160923003742de9.jpg c3009_20160923003703b65.jpg c3010_20160923003704b7a.jpg c3011_20160923003706e21.jpg c3012_20160923003707ace.jpg c3013_201609230037099e7.jpg c3014_2016092300363928b.jpg c3015_201609230036410b8.jpg c3016_20160923003642abf.jpg c3017_20160923003644e6f.jpg c3018_20160923003645512.jpg c3019_20160923003611925.jpg c3020_201609230036123df.jpg c3021_20160923003614e4e.jpg c3022_2016092300361546b.jpg c3023_201609230036172bc.jpg c3024_20160923003512e7a.jpg



ポリッシング(下地処理)終了~


c4001_20160923003514eb7.jpg c4002_20160923003515878.jpg c4003_20160923003516971.jpg c4004_201609230035186e9.jpg c4005_20160923003450494.jpg c4006_201609230034517da.jpg c4007_20160923003453730.jpg c4008_201609230034547b2.jpg



この時点で既に新車よりも輝いてますよ


完全どスッピンになったこのツルツルボディーに。。。


さあ、いつもの Glass coat。。。いっちゃいましょう



c5002_20160923003427e1b.jpg


この日もやはり湿度が高いですねぇ。。。


今の時期は仕方ないんですけどね。


ただ、このコート剤。。施工するにあたって施工中は湿度低い方が段取りがいいんですよ。


あまり湿度が高すぎると施工中に硬化が始まってしまいますので。。。


ここは、やはり。。。c5003_20160923003428fba.jpg 。。。除湿中~



この間に昼飯食っとこ



んなワケで。。。。。

コーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート剤。。。。。b6009.jpg

この2タイプのコート剤をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。。。

Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。

m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg

大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。

(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

当店ではこのコート剤をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。

上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

他にも吹き付ける材料及び施工方法もあるのですが、私はあえてこの材料、この施工方でやっております。

これも私の「こだわり」ですかね






c5001_20160923003456cec.jpg c5004_20160923003430f77.jpg



まだ少し高いので、このまま除湿しながらコート作業進めていきます。




1st coat 。。。いっちゃいます。


c5005_20160923003431dfc.jpg c5006_20160923003433c45.jpg c5007_201609230034069a9.jpg c5008_20160923003407993.jpg c5009_20160923003409435.jpg c5010_20160923003410cef.jpg


こんな感じでパネル1枚1枚キッチリと仕上げていきます。



では残りのパネルも。。。一気にいかせて頂きます。


c5011_20160923003412f44.jpg c5012_20160923003345b0d.jpg c5013_2016092300334618a.jpg c5014_20160923003348a89.jpg c5015_2016092300334964f.jpg c5016_201609230033507b1.jpg c5017_20160923003323f86.jpg c5018_20160923003325204.jpg c5019_20160923003327470.jpg c5020_201609230033287c7.jpg c5021_2016092300333067a.jpg c5022_20160923003304835.jpg c5023_201609230033051b9.jpg c5024_201609230033078ba.jpg c5025_201609230033084db.jpg c5026_20160923003309339.jpg c5027_20160923003059e19.jpg c5028_2016092300310140c.jpg c5029_20160923003102f68.jpg c5030_20160923003104c7b.jpg c5031_20160923003106707.jpg c5032_20160923003032a95.jpg c5033_201609230030340aa.jpg c5034_20160923003036065.jpg c5035_2016092300303774e.jpg c5036_2016092300303889d.jpg c5037_201609230030114f7.jpg c5038_201609230030120ab.jpg c5039_201609230030131e9.jpg c5040_20160923003015957.jpg



もちろん。。。こういった所にもキッチリと


c5043_2016092300293330e.jpg c5044_201609230029355cc.jpg c5045_20160923002936684.jpg c5046_2016092300293810d.jpg c5047.jpg c5048.jpg c5049.jpg c5050.jpg c5051.jpg c5052.jpg c5053.jpg c5054.jpg c5055.jpg c5056.jpg


ドアを開けた内側、各ピラー。。。



更に。。更に。。。カウルパネル、ホイルキャップ、ワイパーアーム、鉄ちんホイールまでも


c5041_20160923003017367.jpg c5057.jpg c5058.jpg



この時点では登録がまだでしたのでナンバープレートはありませんが


後にしっかりと抜かりなくコートしておきますので



もう、これでもかあ~。。ってくらいやっちゃってますよ


もちろん、無駄なことはしてませんよ。


どれも小さな抵抗かもしれませんが。。効果はちゃんとあります



で、1st coat 終了です。。。c5042_201609230029327ed.jpg



この日の作業はここまで。。。


この状態で一晩放置しておきます。


このまま2コート目をいっちゃうとせっかくの1コート目を溶かしながらのコートとなってしまいますので。。。


同じ2コートするのであれば表面硬度が上がってからの方がより確実にコート被膜厚が稼げますからね。



時間も手間も掛かってしまいますけど、これもまた私の「こだわり」なんです。



。。。と、いうわけで。。。。。

     
     。
     。
     。
     。
     。
     あさァ~~




一晩寝かせたことによって表面硬度は3Hくらいになってます。


ついでに。。。私も一晩寝かせてもらったことによりPower UPですぢゃ



で、こちらが寝起きのCASTくん。。。


c6001_20160923002829a6f.jpg c6002_2016092300283172f.jpg c6003_201609230028042cb.jpg c6004_2016092300280501d.jpg c6005_201609230028075e2.jpg c6006_20160923002808836.jpg c6007_20160923002810897.jpg c6008_20160923002745a07.jpg



このコート剤は硬化すればするほど光沢度もUPしていきます。


画像ではお分かり難いかも。。ですが、この状態でも充分輝いてますよ


ですが。。。欲どおしい私としましては。。ぢゃ


更なる光沢ももちろんですが、コート被膜の厚みも少しでもぶあちぃほうがええぢゃろう。。と



んなワケで


2nd coat 。。。いっちゃいましょう   c7001_201609230027451af.jpg


作業そのものは1st coat とほとんど同じなのですが


このラウンドではTHP-PROを主に施工していきます。


このコート剤は1st coat と違って硬化スピードが遅いので湿度が多少高くても大丈夫なんです。


ただし、施工方法にはちょいとばかしコツが必要になります



同じような画像になっちゃいますがお許しを。。。



c7003_20160923002748737.jpg c7004_20160923002750501.jpg c7005_2016092300271989f.jpg c7006_2016092300272199d.jpg c7007_20160923002722359.jpg c7008_20160923002724425.jpg c7009_20160923002725dd7.jpg c7010_2016092300265858f.jpg c7011_2016092300265924e.jpg c7012_2016092300270037f.jpg c7013_20160923002702262.jpg c7014_201609230027031ad.jpg c7015_20160923002634141.jpg c7016_2016092300263697f.jpg c7017_20160923002637a52.jpg c7018_20160923002639d76.jpg c7019_201609230026409e4.jpg c7020_201609230026136b8.jpg c7021_20160923002614e42.jpg c7022_201609230026152a4.jpg c7023_2016092300261668d.jpg c7024_20160923002618527.jpg c7025_2016092300254715a.jpg c7026_201609230025498d8.jpg c7027_201609230025500d8.jpg c7028_20160923002552d35.jpg c7029_2016092300255301a.jpg c7030_2016092300252164e.jpg c7031_20160923002523fc3.jpg c7032_20160923002524339.jpg



2nd coat 終了~


ふぅ。。。ちょいと休憩ぢゃな


2nd coat は結構キツイです。。。施工時間も1st の1.5倍ほど掛かっちゃいますので。。。


途中で手も休められませんし


まっ、施工箇所も多いですしね


けど、現段階ではこのコート剤が一番のお気に入りですので



そんなこんなで。。。。。


完成画像。。こちらとなります。



c8001_20160923002526bef.jpg c8002_20160923002527bd9.jpg c8003_20160923002456333.jpg c8004_201609230024570b0.jpg c8005_20160923002459e5d.jpg c8006_20160923002500ca8.jpg c8007_201609230025025d3.jpg c8008_20160923002432cba.jpg c8009_20160923002434db0.jpg c8010_20160923002436ce3.jpg c8011_20160923002437851.jpg c8012_20160923002438ea8.jpg c8013_2016092300240958e.jpg c8014_20160923002410046.jpg c8015_20160923002412b16.jpg c8016_20160923002413b4e.jpg c8017_201609230024155c5.jpg c8018_201609230023451f2.jpg c8019_2016092300234662e.jpg c8020_201609230023487fd.jpg c8021_201609230023494e2.jpg c8022_20160923002351fd3.jpg c8023_20160923002320318.jpg c8024_20160923002322ccd.jpg c8025_20160923002323173.jpg c8026_20160923002325b0f.jpg c8027_201609230023261a9.jpg c8028_20160923002258605.jpg c8029_20160923002259212.jpg c8030_20160923002301afe.jpg c8031_20160923002302aa0.jpg c8032_20160923002304494.jpg c8033_201609230022341b1.jpg c8034_201609230022342b8.jpg c8035_20160923002236403.jpg c8036_20160923002237a47.jpg c8037_2016092300223949c.jpg c8038_20160923002202010.jpg c8039_20160923002203cf6.jpg c8040_20160923002204e2c.jpg c8041_20160923002206a22.jpg



どうでしょうか、とってもイイ感じに仕上がってますよ。


いつも通りキッチリと仕上げさせて頂きました。


納車までこのままこのブース内で硬化乾燥させておきますので


Fさまにお渡し出来る頃には更にピッカピカ状態になってます。



今回も納得の作品に仕上がりました。。。ありがとうございました


ここから先はFさまのお手入れに掛かってきます。


お手入れと言っても「洗車」だけです。。WAXは不要ですので


いくらGlass coat してるからといってもGlass coat は万能薬ではありませんから。


普段からのお手入れ「洗車」が凄く大切なんですよ


汚れたら洗う


これが鉄則ですぢゃ


汚れたまま放置してたら洗車するのもおっくうになっちゃいます。


そうすると更に汚れる。。。


少しくらい擦ってキズが付いても気にしなくなる。。


いずれ洗車もしなくなる。。


運転も荒くなる。。ぶつけてキズが入る。。。って



こんなことにはなって欲しくはありませんからね


普段から愛情をいっぱい注いでいれば車はいつも元気でピッカピカですよ。



それでは最後に。。。


いつものスッキリどや顔で。。。。。


c9001_20160923002207b94.jpg


おお~Goodですぢゃ




今夜もおっさん。。よお頑張った


落ちます。。。おやすみなさいませ~



スポンサーサイト

カテゴリ: ガラスコート(新車)

[edit]

Posted on 2016/09/23 Fri. 00:47    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://carspot.jp/tb.php/398-df702fd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード