倉敷 岡山 ガラスコート Ripica

岡山・倉敷を拠点に頑張ってます^^ こだわりの車磨き職人のブログです。各種パーツ持ち込み取り付けもOK~。

01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03
 

☆ NISSAN NOTE e-power by nismo ☆ 

雪。。。降りませんねぇ


今年こそは絶対に。。。いや、たぶん。。。んーー、きっと


SKIと温泉ぢゃ


なんか2,3年行ってないぞ。。。毎年、板のチューニングだけしてるような





あっ、さて。。。


今回のお車はこちら。。。。。


q1001_20170105160200a49.jpg q1002_201701051602013ff.jpg


今、話題の日産ノート e-power。。。nismoバージョン


イイっすねぇ




昨年末ギリギリにサティオさまからのご依頼でした。


納車は年明け。。。ってぇことは。。私の休みは


なぁ~んてありがたいことです。。感謝、感謝です。


おかげでゆっくりと施工することが出来ましたからね。


大晦日にはコーティング終了してましたから


お正月休みの間しっかりと硬化させておくことが出来ましたよ。



では、いつもどおりその作業工程の記事(作業日報)を書かせて頂きますね。


ホント。。。いつもどおり。。ですが


以前にも記しましたが。。。


お客さまの大切なお車をお預かりしている以上


これは私の義務だと思って毎回書かせて頂いております。


ご自分の愛車がどのように扱われているのか、どんな作業をしているのか。。。等々


私でも思いますよ。。。


「ホンマにちゃんとしょんけぇ~~」。。。と

翻訳いたしますと。。。(本当にきっちりとしてくれてるのか)と


全てをお伝えしきれてはないかと思いますが、これからもこんな感じですが頑張って書いていきます。




まずは、洗車後。。。


ひと磨き前の下準備。。。マスキング、ますきんぐ


q2002_20170105155818e06.jpg q2001_20170105160202708.jpg q2003_201701051558191f1.jpg q2004_20170105155821972.jpg q2005_20170105155822d0c.jpg q2006_201701051558250df.jpg q2007_20170105155757ace.jpg q2008_20170105155759962.jpg


最近のお車。。アラウンドビューモニター車が多いですよね。

なのでカメラレンズもしっかりとマスキングです。


q4018_201701051553537e2.jpg q4019_20170105155355627.jpg



当店では新車であっても必ずこの「ひと磨き」やってます


新車と言えども小キズ、擦り傷(洗車キズ)、雨染み。。。等々、結構いろんなことがおきているんですよね。


いつも言ってますが、メーカーがウチの隣ならその心配も殆どないんでしょうけど


コーティングしてしまうとそういったものが硬い被膜の下に埋もれてしまいます。


確かにそれでごまかせるものもあるでしょうけど私はどうも。。。


「可能な限り除去してからコーティング


それと一番の目的はコート剤との密着度を上げてやること


表面に付着しているシリコンの除去。。。これが一番大切だと思っております。


ひと磨きすることによってこのようなことがクリアーになるわけです。


これも私の「こだわり」なんです。



さあ、ポリッシング。。。いっちゃいましょう


q3001_20170105155800689.jpg q3002_20170105155802c89.jpg いつもの相棒です。


ギヤアクションP&ウレタンバフ。。研磨剤はRipicaスーパーコンパウンド超微粒子


q3003_201701051558030b0.jpg q3004_2017010515573197b.jpg q3005_20170105155733a3d.jpg q3006_201701051557348ef.jpg q3007_201701051557366ed.jpg


こんな感じでパネル1枚1枚キッチリと仕上げていきます。


q3008_2017010515573727e.jpg q3009_20170105155709f32.jpg q3010_20170105155711669.jpg q3011_20170105155712b1d.jpg q3012_2017010515571467d.jpg q3013.jpg q3014_20170105155641322.jpg q3015_2017010515564304d.jpg q3016_20170105155644ab3.jpg q3017_2017010515564608f.jpg q3018.jpg q3019.jpg q3020.jpg q3021.jpg q3022.jpg q3023.jpg q3024.jpg q3025.jpg q3026.jpg q3027.jpg q3028.jpg q3029.jpg


ポリッシャーが入らない所はハンドポリッシャーで。。。


で、磨き上がって脱脂した状態がこちらになります。


q4001_20170105155504f43.jpg q4002_20170105155506904.jpg q4003_20170105155507731.jpg q4004_2017010515550983a.jpg q4005_20170105155438916.jpg q4006_20170105155440dea.jpg q4007_2017010515544152b.jpg q4008_20170105155443065.jpg q4009_20170105155445742.jpg q4010_201701051554129ca.jpg q4011_2017010515541412c.jpg q4012_201701051554152e2.jpg q4013_20170105155417844.jpg q4014_2017010515541861b.jpg q4015_20170105155349054.jpg q4016_20170105155351abd.jpg q4017_20170105155352fdb.jpg



q4020_20170105155156d4d.jpg q4021_201701051551570fa.jpg ポリッシング。。。終了~


完全どスッピン状態です


けど、この時点で新車よりも間違いなく輝いてますから



これでやっと下地処理が終わりここからコーティング工程に移っていけるワケなんです。



ふぅ。。。ちょいと休憩ですな




んなワケで。。。。。

コーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート剤。。。。。b6009.jpg

この2タイプのコート剤をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。。。

Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。

m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg

大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。

(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

当店ではこのコート剤をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。

上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

他にも吹き付ける材料及び施工方法もあるのですが、私はあえてこの材料、この施工方でやっております。

これも私の「こだわり」ですかね




1st coat 。。。 いっちゃいましょう。


q5001_20170105155159e1c.jpg q5002_2017010515520137d.jpg


少し湿度が高いので硬化スピードに気を付けてコートしていきます。


q5003_20170105155202d76.jpg q5004_201701051551315d1.jpg q5005_20170105155133945.jpg q5006_20170105155134dc2.jpg q5007_20170105155136f60.jpg q5008_20170105155138430.jpg


コーティングもこんな感じでパネル1枚1枚キッチリと丁寧に確実に仕上げていきます。


カウルパネルにも。。。q5009_20170105155104c18.jpg q5010_20170105155106bb1.jpg


では、残りのパネル。。一気にいかせて頂きます。


q5011_20170105155107486.jpg q5012_201701051551093c1.jpg q5013_20170105155111a74.jpg q5014_20170105155028d5c.jpg q5015_2017010515503096b.jpg q5016_20170105155031771.jpg q5017_20170105155033634.jpg q5018_20170105155034f6e.jpg q5019_201701051550044a7.jpg q5020_201701051550058c9.jpg q5021_20170105155007420.jpg q5022_201701051550081f9.jpg q5023_20170105155010484.jpg q5024_20170105154942e8e.jpg q5025_20170105154944e22.jpg q5026_20170105154945ffc.jpg q5027_201701051549472ef.jpg q5028_201701051549486da.jpg q5029.jpg q5030.jpg q5031.jpg



ホイールにも。。。。


q5032.jpg q5033.jpg q5034.jpg



更にはこういった所にも。。。


q5035.jpg q5036.jpg q5037.jpg q5038.jpg q5039.jpg q5040.jpg q5041.jpg q5042.jpg q5043.jpg q5044.jpg q5045.jpg q5046.jpg q5047.jpg q5048.jpg q5049.jpg q5050.jpg q5051.jpg q5052.jpg q5053.jpg q5054.jpg


もし私の車だったらここまではするだろう。。。という所全てコートしてます


あっ、もちろん。。。ここにもです。。q5057.jpg



この日、途中であまりにも湿度が高いのでエアコンONして除湿してました。


q5059.jpg q5058.jpg



1st coat 終了~   q5056.jpg q5055.jpg



この日の作業はここまで。


この状態で一晩放置して翌朝まで硬化乾燥させておきます。


同じ2コートするのであれば表面硬度が上がってからの方がより確実にコート被膜厚が稼げますからね。


このまま2コート目をいっちゃうとせっかくの1コート目を溶かしながらのコートとなってしまいますので。。。


時間も手間も掛かってしまいますけど、これもまた私の「こだわり」なんです。



。。。と、いうわけで。。。。。

     
     。
     。
     。
     。
     。
     あさァ~~




一晩寝かせたことによって表面硬度は3Hくらいになってます。


ついでに。。。私も一晩寝かせてもらったことによりPower UPですぢゃ



で、こちらが寝起きのNOTEくんですぢゃ。


q6001_20170105153838801.jpg q6002_20170105153840c13.jpg q6003_20170105153841396.jpg q6004_201701051538007ae.jpg q6005_20170105153801eb9.jpg q6006_201701051538033bb.jpg


私と違って朝っぱらからスッキリしてますねぇ




では、早速2コート目を


このラウンドではTHP-PROを主に施工していきます。


施工の仕方は1st coat と基本的には同じなんですけど


ちょいとばかしコツが必要となります。



てなワケで2nd coat 。。。スタート


q7001_20170105153804fc1.jpg q7002_201701051538062cd.jpg


この日は湿度はバッチリなんですが気温がちょいと低いですなぁ


んなワケで。。。q7003_20170105153731579.jpg  ON


このGlass coatは空調が絶対不可欠ですね。。。ホント手間が掛かるやつですわ


けど、手間掛けた分イイものに仕上がりますからね



一気にいかせて頂きます


q7004_201701051537332f3.jpg q7005_2017010515373479a.jpg q7006_20170105153736323.jpg q7007_20170105153737bfb.jpg q7008_20170105153647a3b.jpg q7009_20170105153648441.jpg q7010_20170105153650b84.jpg q7011.jpg q7012.jpg q7013.jpg q7014.jpg q7015.jpg q7016.jpg q7017.jpg q7018.jpg q7019.jpg q7020.jpg q7021.jpg q7022.jpg q7023.jpg q7024.jpg q7025.jpg q7026.jpg q7027.jpg q7028.jpg q7029.jpg q7030.jpg q7031.jpg q7032.jpg q7033.jpg q7034.jpg q7035.jpg q7036.jpg q7037.jpg q7038.jpg q7039.jpg q7040.jpg q7041.jpg q7043.jpg q7042.jpg p01a.jpg


2nd coat 終了~


1st coat 同様、隅々にまでキッチリとコートさせて頂きました。


ガラスとタイヤ以外は


q8001_2017010515325827d.jpg q8002_201701051533000b8.jpg q8003_20170105153301af1.jpg q8004_201701051533030c1.jpg q8005_20170105153229fd1.jpg q8006_201701051532308ea.jpg



この状態でしばし放置。。


その後、取り外しておいたパーツを組み付けて。。。



こちらが完成画像となります。


q9001_201701051532320e5.jpg q9002_201701051532339be.jpg q9003_201701051532357fc.jpg q9004_2017010515315954d.jpg q9005_20170105153201a38.jpg q9006_20170105153202988.jpg q9007_201701051532045ea.jpg q9008_201701051532069a5.jpg q9009_201701051531363be.jpg q9010_20170105153138eda.jpg q9011_201701051531397a8.jpg q9012_201701051531418de.jpg q9013_20170105153143f25.jpg q9014_201701051531025d7.jpg q9015_20170105153103267.jpg q9016_20170105153105f7b.jpg q9017_20170105153106b8b.jpg q9018_20170105153108131.jpg q9019_20170105153036559.jpg q9020_20170105153038d5c.jpg q9021_20170105153039dcf.jpg q9022_2017010515304198f.jpg q9023_20170105153042dd9.jpg q9024_201701051530145e3.jpg q9025_20170105153016ba0.jpg q9026_20170105153017153.jpg q9027_20170105153019676.jpg q9028_20170105153021942.jpg q9029_2017010515295108e.jpg q9030_20170105152953ff7.jpg q9031_201701051529546b0.jpg q9032_201701051529564cc.jpg q9033_20170105152957df6.jpg q9034_20170105152926db3.jpg q9035_2017010515292786b.jpg q9036_20170105152929af3.jpg q9037_201701051529306b0.jpg q9038_20170105152932b34.jpg q9039_2017010515282208a.jpg q9040_2017010515282354c.jpg q9041_20170105152824b81.jpg q9042_20170105152825c16.jpg q9043_201701051528266cc.jpg q9044_20170105152707383.jpg q9045_201701051527098c0.jpg q9046_20170105152710d26.jpg q9047.jpg q9048.jpg q9049.jpg q9050_20170105152644dd6.jpg q9051.jpg q9052.jpg q9053.jpg q9054.jpg q9055.jpg q9056.jpg q9057.jpg q9058.jpg q9059.jpg q9060.jpg q9061.jpg q9062.jpg q9063.jpg q9064.jpg q9065.jpg q9066.jpg q9067.jpg q9068.jpg q9069.jpg q9070.jpg



どうでしょうとってもイイ感じに仕上がりましたよ


今回は画像いつもよりも多目にUPさせて頂きました。



このコート剤は施工後約1週間で完全硬化、しかも硬化すればするほど光沢度もUPしますので


納車の頃には今よりも更にピッカピカに輝いてますよ




今回も納得の作品に仕上がりました。。。ありがとうございました




ここから先はオーナーさまのお手入れしだいです。


お手入れと言ってもホント「洗車」のみです


よほどの油汚れ以外は水洗いのみで充分です。


市販のカーシャンプーはあまりお勧めしておりません。


もしどうしても使われる場合は一度にせずそれこそパネル1枚1枚。。ってな感じで洗って


洗剤分が乾く前にすかさず流水にてしっかりと流してやってくださいませ。


洗剤本来の泡ならまだいいんですが泡が沢山立つように発泡剤が入っている洗剤がほとんどです。


こいつが結構悪さをしちゃうんですよね


泡が沢山立ってる方がイイ!。。。みたいに思われてるかたのほうが多いみたいですからね。


ヘタなカーシャンプーよりは台所用の洗剤の方がいいですよ。


ただし、かなり濃いのでしっかりと希釈する必要はありますけどね。


あと、洗車後の拭き取りの際に水滴を残さないようにしっかりと拭き取ることが大切です。


特にTop面とドアを開けた内側。。ピラーとかステップ。。


ボンネットも開けてカウルパネル。F/グリル廻りもです。


当店ではそんな所にもしっかりとコートしておりますので


ホント軽く水滴を取るくらいのつもりで拭いて頂けると結構キレイなままですので


是非是非




最後にいつものスッキリどや顔を。。。。。


q9080.jpg q9081.jpg q9082.jpg


おおぉ~Goodですぢゃ





スポンサーサイト

カテゴリ: ガラスコート(新車)

[edit]

Posted on 2017/01/06 Fri. 21:25    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://carspot.jp/tb.php/411-965b6fe4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード