倉敷 岡山 ガラスコート Ripica

岡山・倉敷を拠点に頑張ってます^^ こだわりの車磨き職人のブログです。各種パーツ持ち込み取り付けもOK~。

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
 

☆ HONDA FIT SHUTTLE ☆ 

今年の桜は早いのか遅いのか。。。


花見の日程が組みづらいですねぇ


皆さんはもう決められましたか?





さっ、今夜も頑張ってUPさせて頂きますよ~



今回のお車はこちら。。。。。


f1001_2017032021540089a.jpg f1002_20170320215402854.jpg


HONDA FIT SHUTTLE HYBRID カラー/ブラックパール  走行/37000Km


オーナーのNさま。。。


先日このブログでもUPさせて頂きましたが。。


NISSAN DAYZのコーティングもご依頼くださいました。


その節はありがとうございました


実はこちらのFIT。。施工前に一度お預かりさせて頂いて


クォーターパネルとドアパネルの鈑金塗装をさせて頂きました。


こちらが修理前の画像となります。。。


ff001.jpg ff001a.jpg ff002.jpg


これはさすがに私のバフマジックではどうにもなりませんので


いつもお世話になってる 「IMPRESSION」さんにお任せです。


仕事が丁寧でとても頼りになる塗装屋さんですよ。


で、修理後は。。。。。


ff2001.jpg ff2002.jpg


バッチリです


このままお預かりしてコーティング。。。ってなワケにはいかないのがGlass coat なんです。


基本的には10日~2週間くらいは間を空けて頂いております。


塗料が完全に乾くのを待たないでコートした場合。。。


Glass coat の透明感が損なわれるからです。


コート剤が硬化する際に塗料から出される、いわゆるガスがコート被膜の中に入り込み


クスミが出るのだと考えております。


なので当店では塗装後直ぐにはコーティングは出来ません。。。


これも私の「こだわり」なんです


Nさまにも約2週間ほどこの状態でお乗り頂きました。



で、今回改めてのご入庫です。。。f1003_201703202154034bd.jpg


全体的に小キズ・線キズ・クスミ。。。ちょいとばかし多いですね


f1004_20170320215405484.jpg f1005_201703202154063f3.jpg f1006_20170320215407f8f.jpg f1007_201703202153309c7.jpg f1008_20170320215331bbe.jpg f1009_20170320215333ea7.jpg f1010_201703202153349d9.jpg f1011_20170320215336f10.jpg f1012_20170320215338c7b.jpg f1013_20170320215241aa2.jpg f1014_20170320215242946.jpg


。。。。と、ざっとこんな感じです。


普段毎日乗られていれば皆さんこんな感じですよね


さっ、まずは洗車、洗車。。。


f1015_20170320215244f8c.jpg f1016_20170320215246423.jpg f1017_201703202152473bd.jpg


黒はこんな感じ。。水をかけたときの状態になればキレイに見えるんですよ。


目指すはこの感じです


洗車後、いつものように拭き取りをしながら再度状態をチェックです。


f1018_20170320215248cea.jpg f1019_20170320215205385.jpg f1020_2017032021520785c.jpg f1021_20170320215208297.jpg f1022_20170320215210086.jpg


パッと見、キレイに見えますけどね。。。



よっしゃあ作業スタートです


マスキング。。ますきんぐ



f2001_2017032316065037e.jpg f2002_20170323160652d1d.jpg f2003_20170320215134f6b.jpg f2004_20170320215136c95.jpg f2005_20170320215136956.jpg f2006_20170320215138caf.jpg f2007_20170320215140ef8.jpg f2008_201703202151410f0.jpg f2009_201703202150026eb.jpg f2010_201703202150042bb.jpg f2011_201703202150067cf.jpg f2012_2017032021500723d.jpg f2013.jpg f2014.jpg f2015.jpg



今回は新車ではありませんからねぇ。。。いつもよりもしっかり目にマスキングです。



では、ポリッシング。。。いっちゃいますよ


f3001_2017032021493611c.jpg f3002_201703202148499c3.jpg


基本は3cut 。。。状態を視ながら2cut だったり4cut だったりとなります。


出来る限りオリジナルの塗装は残したいですからね



ボンネット。。。。。


f2016.jpg f2017.jpg f2018.jpg f2019.jpg


キズ・染み・クスミ。。。。。多数です


1st cut 。。。。。


f3004_2017032021485380c.jpg f3005_20170320214854efd.jpg


2nd cut 。。。。。


f3006_20170320214855229.jpg f3007_2017032021485790f.jpg


シングルアクションPでバフは研磨剤ごとに交換です。。f3008_201703202147429dc.jpg


とりあえず分かり易いようにボンネット3分の1はまだ磨いておりません。


で、仕上げにいつものギヤアクションP&ウレタンバフで


f3009_20170320214744e02.jpg f3010_201703202147453be.jpg f3011_20170320214747e6f.jpg




f3012_2017032021474808a.jpg f3013_20170320214750af4.jpg f3014.jpg


向かって左側が研磨前の状態です。



でもって、こちらが残りも磨き上げた画像となります。


f3019.jpg f3021.jpg f3022.jpg


と、まあこんな感じでパネル1枚1枚キッチリと仕上げていきます。


結構神経使いますよ。。時間も掛かりますしね。。


でも最終的には。。いつも言ってますが


「お客さまの笑顔」ですから


その一瞬の笑顔で全てが報われちゃいます


磨きをされてる方はみんな同じではないですかねぇ。


さあ残りのパネルもこんな感じで磨き上げていきまっせ~



フロント回り。。。。。


f3023.jpg f3025.jpg f3026.jpg f3028.jpg f3029.jpg f3030.jpg f3031.jpg f3032.jpg f3033.jpg f3034.jpg f3035.jpg


フロント回り。。。終了~


f3036.jpg f3037.jpg f3038.jpg


イイ感じに磨き上がってますよ



次。。ちと大変なルーフいっちゃいます


研磨前。。。。。。


f3056.jpg f3057.jpg f3058.jpg f3059.jpg f3060.jpg f3061.jpg f3062.jpg f3063.jpg f3064.jpg f3065.jpg



研磨スタート~


f3066.jpg f3067.jpg f3068.jpg f3069.jpg f3070.jpg f3071.jpg f3072.jpg f3073.jpg f3074.jpg f3075.jpg f3076.jpg f3077.jpg


ルーフ。。。研磨完了


f3078.jpg f3079.jpg f3080.jpg f3091.jpg f3093.jpg f3094.jpg f3095.jpg



こちらもイイ感じに磨き上がりましたね。。


ただ、樹液か強烈な鳥の糞かは分かりませんが完全には取り除けなくて


少し跡が残ってしまいましたけど、あまり深追いはしない方がいいですからね。



それでは残りのパネル。。。この調子で一気に


f3041.jpg f3043.jpg f3045.jpg f3046.jpg f3047.jpg f3048.jpg f3049.jpg f3050.jpg f3051.jpg f3052.jpg f3053.jpg f3054.jpg f3055.jpg


ポリッシャーが入らない所はハンドポリッシャーでキッチリと。。。


そんなこんなでポリッシング終了です。。。


ふぅ。。。もう腕がパンパンっす


でも、この工程が一番大切ですからね


手抜きは出来ません



で、もってこちらが磨き上がって完全どスッピン状態になったFITくんになります


f4001_201703202138598cc.jpg f4002_20170320213901413.jpg f4003_20170320213902b22.jpg f4004_201703202139043f6.jpg f4005_20170320213830ab5.jpg f4006_20170320213832f34.jpg f4007_201703202138335f0.jpg f4008_20170320213835281.jpg f4009_2017032021383613e.jpg f4010_2017032021383869f.jpg f4011_201703202137525d9.jpg f4012_20170320213753254.jpg f4013_2017032021375560e.jpg f4014_20170320213756441.jpg f4015_20170320213758a8e.jpg f4016_201703202137597fc.jpg f4017_20170320213714b01.jpg f4018_2017032021371565e.jpg f4019_20170320213717308.jpg f4020_20170320213718e62.jpg f4021_20170320213719ef0.jpg f4023_20170320213648e47.jpg


どうでしょうかまだコート前ですがここまで復活しました


。。。って、これが私の「こだわりの下地処理」なんです。


時間が掛かってもやはり自分自身が納得出来るまで磨き上げる。。。


こだわりを持って磨き上げている職人さんは皆同じだと思いますよ。


どんなに凄い、どんなに高価なコート剤を使って施工しても


この下地処理がいい加減だと出来上がったものもそれなりになってしまうと思います。


結果、お客さまからは笑顔は頂けないんだと。。常に私はそう考えます。。。(ほっほぉ



それでは。。。


コーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート剤。。。。。b6009.jpg

この2タイプのコート剤をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。。。

Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。

m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg

大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。

(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

当店ではこのコート剤をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。

上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

ホントはもっと楽な材料、施工方法もあるんですけどねぇ。。


車は「汗を搔いた分キレイになる」。。。


これも私の「こだわり」ですかね



1st coat 。。。。。f5001_20170320213650974.jpg f5002_20170320213651766.jpg



ボンネット。。。。。


f5003_2017032021365332c.jpg f5004_20170320213654090.jpg f5005_201703202136560e9.jpg


             


f5006_20170320213616db8.jpg f5007_20170320213618510.jpg f5008_20170320213619600.jpg



こんな感じでコーティングもパネル1枚1枚キッチリと仕上げていきます。


ルーフ。。。。。


f5017_20170320213555e30.jpg f5018_201703202135006ed.jpg f5019.jpg


             


f5020.jpg f5021.jpg f5022.jpg



残りのパネル。。。一気にいっちゃいます


f5009_20170320213621828.jpg f5010_20170320213622d66.jpg f5011_201703202136245e2.jpg f5012_20170320213548ccf.jpg f5013_201703202135491a0.jpg f5014_20170320213550cb5.jpg f5015_2017032021355255f.jpg f5016_201703202135548ee.jpg f5023.jpg f5024.jpg f5025.jpg f5026.jpg f5027.jpg f5028.jpg f5029.jpg f5030.jpg f5031.jpg f5032.jpg f5033.jpg f5034.jpg f5035.jpg f5041_20170323234444112.jpg f5042.jpg



更にこういった所にも。。。キッチリとコートです。


f5036.jpg f5037.jpg f5038.jpg f5039.jpg f5040.jpg f5045.jpg


ドアを開けたらドロドロだった。。。てのはいただけませんからねぇ


可能な範囲ですがここにもコートしておきます。


洗車後についた水滴を軽く拭き取って頂くだけで充分ですので洗車の際にはお忘れなく。。です。


それと、ナンバープレートもワイパーアームもキッチリと研磨させて頂いた上でコートしております。


特にナンバープレートには効果絶大ですよ。


これからあったかくなってくると虫たちがプレート目がけて飛び込んできますからねぇ


こんなときにGlass coat してたらホント簡単に洗い流せてしまいますから


是非是非体験してみてくださいませ



でもって、1st coat 終了~。。。f5043.jpg f5044.jpg


この日の作業はここまで。。。


この状態で一晩放置しておきます。


このまま2コート目をいっちゃうとせっかくの1コート目を溶かしながらのコートとなってしまいますので。。。


同じ2コートするのであれば表面硬度が上がってからの方がより確実にコート被膜厚が稼げますからね。


これもまた私の「こだわり」なんです





。。。と、いうわけで。。。。。

     
     。
     。
     。。。。グガアァ~・・ンゴゴゴゴ・・グガァ~
     。
     。
     あさァ~~




一晩寝かせたことによって表面硬度は3Hくらいになってます。


で、こちらが寝起きの私です。。。。。。はい要らないねぇおいおい。


すんません


こちらが寝起きのFITくんですぢゃ


f6001_201703202132406f6.jpg f6002_20170320213207095.jpg f6003_20170320213209dc9.jpg f6004_2017032021321064b.jpg f6005_20170320213212cdd.jpg f6006_20170320213213417.jpg f6007_2017032021321470a.jpg f6008_201703202131401c3.jpg f6009_20170320213142c5e.jpg f6010_201703202131436f1.jpg f6011_20170320213145248.jpg


おおーー私と違って朝っぱらからスッキリしとるなあ


昨夜はまだコートしたてで殆ど液体が乗っかてるって感じでしたが


一晩置いたことによって硬化した分光沢度がUPしたと言うことです


このコート剤は硬化すればするほど光沢度が増してきますので



さあ欲どおしい私としましては更なる光沢度UPを目指して。。。。。


更にもう1コート。。。。。


2nd coat 。。。。。いっちゃいますよf7001_201703202131465c8.jpg f7002_20170320213148615.jpg


作業内容は1st coat と殆ど同じなのですが


このラウンドではTHP-PROを主に施工していきます。



f7003_20170320213113992.jpg f7004.jpg f7005.jpg


             


f7007.jpg f7008.jpg f7009.jpg


画像では1st coat と同じに見えちゃいますが、ちょいとばかしコツ(技)が必要となります


カウルパネルにも2コートです。。。。。f7010.jpg


では、ここからは一気に。。。。。


f7011.jpg f7012.jpg f7013.jpg f7014.jpg f7015.jpg f7016.jpg f7017.jpg f7018.jpg f7019.jpg f7020.jpg f7021.jpg f7022.jpg f7023.jpg f7024.jpg f7025.jpg f7026.jpg f7027.jpg f7028.jpg f7029.jpg f7030.jpg f7031.jpg f7032.jpg f7033.jpg f7034.jpg f7035.jpg f7036.jpg f7037.jpg f7038.jpg


2nd coat 終了です。。。。。


1st coat の1.5倍強の時間が掛かります。


いつも通り一番最後の画像のブルーのちっこいスポンジ。。


乾燥硬度をチェックするためにサンプルとしてコート剤を染み込ませてあります。


こいつの硬化具合をみて納車日を決めております。


なので当店では施工後即納車。。なんてのはまず無理ですので



で、2時間ほど経って取り外しておいた部品を組み付けて。。。。。



こちらが完成画像となります。


f8001_201703202128197d1.jpg f8002_2017032021282180d.jpg f8003_20170320212822a36.jpg f8004_20170320212749265.jpg f8005_201703202127518d7.jpg f8006.jpg f8007.jpg f8008.jpg f8009.jpg f8010.jpg f8011.jpg f8012.jpg f8013.jpg f8014.jpg f8015.jpg f8016.jpg f8017.jpg f8018.jpg f8019.jpg f8020.jpg f8021.jpg f8022.jpg f8023.jpg f8024.jpg f8025.jpg f8026.jpg f8027.jpg f8028.jpg f8029.jpg f8030.jpg f8031.jpg f8032.jpg f8033.jpg f8034.jpg f8035.jpg f8036.jpg f8037.jpg f8038.jpg f8039.jpg f8040.jpg f8041.jpg f8042.jpg f8043.jpg f8044.jpg f8045.jpg f8046.jpg f8047.jpg f8048.jpg f8049.jpg f8050.jpg f8051.jpg f8052.jpg f8053.jpg f8054.jpg f8055.jpg f8056.jpg



ごめんなさいねぇ。。。またまた画像が多いですけど


これもまた私の「こだわり」のひとつなんですよねぇ。


付き合いもない、初めて行くような店にご自分が大切にされている愛車を預けてくださるわけですから


ご依頼頂いた以上は私にはお客さまにこの施工内容を出来る限り事細かくお伝えする義務があると考えてますので。。。


言わばこれは「作業日報」なんですよね。


もしも私がお客さまの立場だったら。。。って考えたときこの日報的なブログしか思い浮かばなかったもので


んなワケでして長ぁ~~い作業日報ですがこれからもお付き合いのほど宜しくお願い致します




今回も納得の作品に仕上がりました。。。Nさま本当にありがとうございました


これを機にまた何かございましたら、その節にはどうぞ宜しくお願い致します



最後にいつものスッキリどや顔を。。。。。


f9001_20170320212341ea4.jpg


おおー Goodですぢゃ



更に更に。。。。。なんぢゃ、なんぢゃ


Before Afterを


f1010_201703202153349d9.jpg f8050.jpg



f1021_20170320215208297.jpg f8005_201703202127518d7.jpg



f1003_201703202154034bd.jpg f8002_2017032021282180d.jpg



f1004_20170320215405484.jpg f8001_201703202128197d1.jpg



f1002_20170320215402854.jpg f8004_20170320212749265.jpg



f1008_20170320215331bbe.jpg f8013.jpg



めっちゃ眠たくなってきましたのでこれくらいにしときます


だめぢゃ。。。もう限界


チェックする気力もないっす。。。


おやすみなさいませぇぇぇぇ




スポンサーサイト

カテゴリ: ガラスコート(経年車)

[edit]

Posted on 2017/03/20 Mon. 22:41    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://carspot.jp/tb.php/422-4bcfe69d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード