倉敷 岡山 ガラスコート Ripica

岡山・倉敷を拠点に頑張ってます^^ こだわりの車磨き職人のブログです。各種パーツ持ち込み取り付けもOK~。

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
 

☆ DAIHASTU CANBUS ☆ 

ちわ


突然ですが。。。


今回のお車はこちら。。。。。


c1001_20170326012822a87.jpg c1002_201703260128242eb.jpg


ダイハツ CANBUS X LTDメイクアップSAⅡ


カラー/パールホワイトⅢⅹファインミントメタリック。。。


とっても可愛い色ですよねぇ


実はこのCANBUSくん、当店でデモカーにしようと思ってたんですけど


たまたま来られた当店のお客さま(Nさま)が「買う」ってことになりまして


昨年の11月からずぅぅ~~~っとお預かりしておりました


なんでも、娘さんが免許取るまで「置いといてぇ~」。。。と


で、今回晴れて免許取られて納車。。。となるハズだったんですが


免許は、まだみたいッス (納車はさせて頂きました)


でも、いいねぇ最初から新車なんて。。。ご両親に感謝しないとね



8インチナビ(パノラマモニター付き)は最初から取り付けてありましたので


今回追加のOPは。。。。。c1003_20170326012825765.jpg ドラレコとETC


あとはシートカバー、バイザー。。。etc


そしてGlass coat もありがとうございます



早速、室内の作業をやっちゃいましょう。


c1004_2017032601280250a.jpg c1006_2017032601280557f.jpg c1007_20170326012806be6.jpg c1010_2017032601273112c.jpg c1011_20170326012732408.jpg


いつも通り配線はキッチリとです。



ほい、Glass coat いっちゃいますよ


マスキング。。ますきんぐ。。。。。


c2001_20170326012734682.jpg c2002_201703260127369df.jpg c2003_201703260127372f1.jpg c2004_201703260127388bc.jpg c2005_20170326012706183.jpg c2006_201703260127071d0.jpg c2007_201703260127093a8.jpg


メッキパーツが多いですねぇ。。。


よっしゃ、コート前のひと磨きです。。。c3001_2017032601271017f.jpg c3002_20170326012712c59.jpg


いつもの相棒。。。ギヤアクションP&ウレタンバフで


研磨剤はRipicaスーパーコンパウンド超微粒子(ノンシリコン)


たとえ新車でもここはキッチリ磨いておきませんとね


コート剤とボディー表面との間には何もない方がより密着度がUPしますから



それでは研磨スタートです。


c3003_201703260127138cb.jpg c3004_20170326012637128.jpg c3005_20170326012639f40.jpg c3006_20170326012640500.jpg c3007_20170326012642ba1.jpg c3008_2017032601264335b.jpg c3009_20170326012645ccd.jpg c3010_201703260126122b7.jpg c3011_20170326012614e83.jpg c3012_20170326012615c51.jpg c3013_20170326012617ca7.jpg c3014_20170326012618cbb.jpg c3015_20170326012620b8d.jpg c3016_2017032601253980b.jpg c3017_20170326012540a6f.jpg c3018_20170326012542dea.jpg c3019_20170326012543afe.jpg c3020_20170326012545a7c.jpg c3021_20170326012547c06.jpg c3022_20170326012514d70.jpg


ポリッシング。。終了~


こちらが完全どスッピン状態になったCANBUSくんになります。


c4001_20170326012516763.jpg c4002_201703260125176c7.jpg c4003_2017032601251830a.jpg c4004_20170326012519c5c.jpg c4005_2017032601252168a.jpg c4006_20170326012444231.jpg c4007_20170326012446985.jpg c4008_201703260124474d2.jpg


画像では判断しにくいかも分かりませんが。。。


すでにこの時点で新車よりも輝いてますよ



これでやっと下地処理が完了したワケです。


何と言ってもコーティングはこの下地処理が一番大切ですからね




それでは。。。


コーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート剤。。。。。b6009.jpg

この2タイプのコート剤をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。。。

Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。

m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg

大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。

(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

当店ではこのコート剤をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。

上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

ホントはもっと楽な材料、施工方法もあるんですけどねぇ。。


車は「汗を搔いた分キレイになる」。。。


これも私の「こだわり」ですかね



1st coat 。。。いっちゃいます。c5001_201703260124491de.jpg c5002_201703260124515e8.jpg


空気は超乾燥してますねぇ。。。施工後に加湿器が必要になりそうです。


先ほども説明させて頂きましたが、湿度が低すぎたら硬化スピードは遅くなります。


施工中はかえってこれくらいの方がやり易いんですけどね



まずはボンネットから。。。。。


c5003_20170326012452194.jpg c5004_20170326012420fba.jpg c5005_20170326012422555.jpg


こんな感じでパネル1枚1枚キッチリと仕上げていきます。


カウルパネルにも。。。。。c5006_20170326012423bb3.jpg


それでは残りのパネル。。。一気にいかせて頂きます。


c5007_201703260124254f3.jpg c5008_20170326012426382.jpg c5009_201703260124287f9.jpg c5010_20170326012340c0a.jpg c5011_20170326012342b75.jpg c5012_2017032601234372f.jpg c5013_2017032601234574f.jpg c5014_201703260123464bf.jpg c5015_20170326012347a19.jpg c5016_20170326012316ffe.jpg c5017_201703260123173e5.jpg c5018_20170326012319dfa.jpg c5019_20170326012321730.jpg c5020_201703260123222d9.jpg c5021_20170326012324f9d.jpg c5022_20170326012249afc.jpg c5023_20170326012251e71.jpg c5024_2017032601225213f.jpg c5025_20170326012254c91.jpg c5026_2017032601225502a.jpg c5027_20170326012257bdc.jpg c5028_2017032601220445f.jpg c5029_20170326012206e37.jpg c5030_20170326012207a8c.jpg c5031_20170326012209864.jpg c5032_201703260122114d4.jpg c5033_201703260122129d5.jpg c5034_201703260121384c6.jpg



更にこういった所にも。。。しっかりとコートです


c5035_20170326012139ba5.jpg c5036_20170326012141d21.jpg c5037_20170326012143fdb.jpg c5038_20170326012144360.jpg c5039_20170326012145f22.jpg c5040_20170326012114b7c.jpg


外観がキレイでもドアを開けたらドロドロ


ホイルキャップ(ホイル)にブレーキダストが付着してドロドロ


ナンバープレートに虫が付いて跡が取れない。。。プレートが白ボケる。。。等々


こういったこともこのGlass coat しておけば洗車の際に軽く洗い流すだけでOK


ドアを開けた内側。。ピラーも洗車後に軽く水滴を拭き取るだけでOK


ホントGlass coat しておけば洗車が超楽ちんになって毎回洗うのが楽しくなりますよ。


ただし、Glass coat は万能薬でも特効薬でもありません。。。


「Glass coat してるから大丈夫」。。ではありません。


基本、汚れたら洗車 コマメな洗車これが鉄則です。


水洗いだけで充分ですしホント簡単に汚れが取れちゃいますので


このCANBUSクラスのお車でしたら洗車から拭き取りまで慣れれば30分もあればOKですよ。


是非是非、お試しくださいませ



。。。え~~と、どこまででしたっけ


あっ、そうそう。。。1st coat が終わったとこでした。



c5041_20170326012116669.jpg c5042_201703260121177af.jpg


で、この日の作業はここまで。。。


この状態でこのまま朝までブース内にて硬化乾燥させておきます。


このまま2コート目をいっちゃうとせっかくの1コート目を溶かしながらのコートとなってしまいますので。。。


同じ2コートするのであれば表面硬度が上がってからの方がより確実にコート被膜厚が稼げますからね。


時間も手間も掛かってしまいますが、これもまた私の「こだわり」なんです



。。。と、いうわけで。。。。。

     
     。
     。
     。。。。グガアァ~・・ンゴゴゴゴ・・グガァ~
     。
     。
     あさァ~~




一晩寝かせたことによって表面硬度は3Hくらいになってます。


こちらが寝起きのCANBUSちゃんです。


c6001_20170326012119623.jpg c6002_20170326012120c1a.jpg c6003_20170326012122464.jpg c6004_20170326012050ad5.jpg c6005_2017032601205135d.jpg c6006_20170326012052729.jpg c6007_201703260120555f9.jpg c6008_201703260120552b5.jpg


一晩経ち硬化した分光沢度もUPしてます。


これだけでも充分な感じなんですけどねぇ。。。。


冗談ですよ



2nd coat  いっちゃいますよ。。。c7001_201703260120578f4.jpg c7002_2017032601133979d.jpg



作業内容は1st coat と殆ど同じなんですけど


このラウンドではTHP-PROを主に施工していきます。


では。。。一気に



c7003_20170326011340082.jpg c7005_20170326011343e84.jpg c7006_20170326011345635.jpg c7007_2017032601134663f.jpg c7008_20170326011314cb7.jpg c7009_2017032601131665e.jpg c7010_20170326011317778.jpg c7011_2017032601131961d.jpg c7012_20170326011320f51.jpg c7013_20170326011322402.jpg c7014_20170326011251ffc.jpg c7015_201703260112523d1.jpg c7016_201703260112535df.jpg c7017_20170326011255e15.jpg c7018_2017032601125652a.jpg c7019_201703260112585a1.jpg c7020_20170326011226f03.jpg c7021_20170326011227fa8.jpg c7022_201703260112283ca.jpg c7023_201703260112301d7.jpg c7024_201703260112310ab.jpg


2nd coat 終了~


このTHP-PROをTop coat として施工し始めて2年以上が経過しましたが


おかげさまで施工されたお客さまにもとっても喜んで頂いております


ただ、施工にはちょいとばかしコツが必要となりますがね


当店のデモカーもTEST施工して3年近くなりますがまだまだ撥水し続けてますよ。


気になるデポジットも殆ど見られませんし。。。


この状態を維持するのにやってることは「洗車」だけです。


しかもシャンプー無しの水洗いのみです。


汚れたら洗車。。。それだけです。


デポジットが出来るスキを与えないってことですよ。



さてっと。。。CANBUSちゃん


こちらが完成画像となります。



c8001_20170326010829db8.jpg c8002_2017032601083071a.jpg c8003_20170326010832c32.jpg c8004_201703260108335a0.jpg c8005_20170326010834fdb.jpg c8006_2017032601080007e.jpg c8007_20170326010802796.jpg c8008_20170326010803090.jpg c8009_20170326010805558.jpg c8010_20170326010806e03.jpg c8011_20170326010808625.jpg c8012_20170326010734fd1.jpg c8013_20170326010735b66.jpg c8014_201703260107375a1.jpg c8015_201703260107382db.jpg c8016_20170326010740ff1.jpg c8017_20170326010741082.jpg c8018_20170326010706df9.jpg c8019_201703260107074e5.jpg c8020_2017032601070950b.jpg c8021_201703260107108a2.jpg c8022_20170326010712340.jpg c8023_20170326010713cdf.jpg c8024_20170326010637315.jpg c8025_20170326010639cdc.jpg c8026_20170326010640fbb.jpg c8027_20170326010642487.jpg c8028_20170326010643a33.jpg c8029_2017032601064529b.jpg c8030_20170326010611131.jpg c8031_20170326010613141.jpg c8032_20170326010614294.jpg c8033_2017032601061677d.jpg c8034_20170326010618d77.jpg c8035_2017032601061907d.jpg c8036_201703260105428b2.jpg c8037_201703260105440c2.jpg c8038_20170326010546833.jpg c8039_20170326010547512.jpg c8040_20170326010548e27.jpg c8042_20170326010550a7b.jpg



とってもイイ感じに仕上がりましたよ


いつも通り可能な限り隅々までキッチリとコートさせて頂きました。


爽やかな色がこのGlass coat によって更に際立ってますね。



今回も納得の作品に仕上がりました。。。ありがとうございました


事故しないように安全運転ですよ


そして、可愛がってあげてくださいませ。



最後にいつものスッキリどや顔を。。。。。


c9001_20170326010525af8.jpg


おおー可愛いですねぇ。。。




取り扱いで何か不明な点などありましたらいつでもご連絡くださいませ


今回も本当にありがとうございました




スポンサーサイト

カテゴリ: ガラスコート(新車)

[edit]

Posted on 2017/04/01 Sat. 01:18    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://carspot.jp/tb.php/423-4a2036a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード