倉敷 岡山 ガラスコート Ripica

岡山・倉敷を拠点に頑張ってます^^ こだわりの車磨き職人のブログです。各種パーツ持ち込み取り付けもOK~。

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
 

☆ NISSAN NOTE e-power X ☆ 

ついに梅雨入りしちゃいましたねぇ


嫌な季節です。。。


けど。。。梅雨と言えば蛍


先日、北房ホタルメール来てました。。。


内容は。。。。。。


真庭市北房地域では、5月下旬からホタルが飛び始め

少しずつ増えてきています。

気温がまだ低いことから、平年より若干遅れ気味となっています。

見ごろを迎えるのは6月中旬頃になると思われます。

 

おすすめの観賞スポットは、ホタル観賞路のある

北房振興局~呰部商店街裏です。

お車は北房振興局駐車場にお停めください。

 

★気温と湿度の高い夜にホタルはよく飛びます。

(雨の日や風の強い日はホタルはあまり飛びません)

 

北房のホタルは備中川数キロに渡って発生します。

感動の光のショーをお楽しみいただけるはずです。

お気を付けてお越しください。


。。。。。。。とのことでした。


倉敷からは少し時間は掛かりますが行ってみる価値はあると思いますよ。。是非是非


昨年も凄い数の蛍が乱舞、乱舞でしたからねぇ


今年も時間つくって行ってみるつもりです




あっ、さて。。。


今回のお車はこちら。。。。。


n1001_2017060223430990c.jpg n1002_20170602234310f4f.jpg


日産ノート e-power X カラー/シャイニングブルーM


オーナーのMさま。。。。。


今回も当店でのお買い上げ。。誠にありがとうございます


ホントいつもお世話になっております。


いつも通りキッチリと仕上げさせて頂きますね。



まずはOPの取り付けから。。。。。n1003_20170602234312d57.jpg



こちらのNOTEもそうですが、ステアリングリモコンはメーカーOP装着となってます。


日産はスバルとは違ってあと付けは不可。。。


これくらいは標準装備にしておいて欲しいですよねぇ。。日産さん


あっ、もちろんこのNOTEくんにはちゃんと付けてますよ


さあ、それでは早速。。。。。


いつも通りキッチリと取り付けるために、まずは各パーツの取り外しから


n1004_2017060223431395c.jpg n1005_20170602234315187.jpgn1006_201706022343161ae.jpgn1006a.jpgn1007_201706022342383ec.jpgn1009_2017060223424196c.jpgn1008_20170602234240ffa.jpg



ちょいと手間がかかるバックカメラからいっちゃいましょう


n1010_201706022342437e2.jpg ガーニッシュを取り外して。。。


カメラ取付位置をカット。。。


n1011_20170602234244616.jpg n1012.jpgn1013.jpg


次にカメラハーネスを通す穴開けちゃいます


n1014.jpg 切粉が隙間に入り込まないようにしっかりと養生をしておきます。


裏側にも同じく養生をしておきます。


あとは「えいやあ」と。。。。。n1015.jpg


防錆処理を施して。。。n1016.jpg


ハーネスを前まで通していきます。この際、振動音が出ないようにしっかりと処理をしてから通していきます。


n1017.jpg n1018.jpgn1019.jpgn1020.jpgn1021.jpg



ETC、ドラレコも同様に。。。。。


n1021a.jpg n1021b.jpgn1022.jpg


あとはそれぞれ本体を取り付けて。。。。


n1023.jpg n1024.jpg


ここで、仮止めしていたバックカメラをモニターで確認しながら固定して


n1027.jpg  ガーニッシュを取り付け


ガイドラインの調整もキッチリと。。。。。


n1028.jpg n1029.jpg


ほい、室内作業。。完成です。


n1025.jpg n1026.jpg



ふぅ。。。ちょいと休憩ッス。。。


それにしても、この「e-Power」。。。結構売れてますよねぇ。


駆動はモーターのみ。。。立ち上がりから太いトルクでほんと軽~く動いてくれますね


充電用、その他補器類を動かすために搭載されているエンジン音も


市街地走行では殆ど気にならない程度の音です。


高速ではそこそこの回転数になるみたいですが。。。


一度、高速で走ってみたいですねぇ




さてと。。。


それではここからコーティング作業に移っていきたいと思います。



まずはコーティング前の下準備。。。下地処理を


ポリッシャーを使ってボディー表面に付着しているシリコンの除去していきます。


と、同時に雨染み、洗車キズ、小キズ。。。等々の除去も。


コーティングを施工するにあたってここが一番大切な工程になります。


当店ではたとえ新車であっても必ずこの「こだわりのひと磨き」やっております



マスキング。。。ますきんぐ


n2001_20170602233900c9f.jpg n2002_201706022339014dc.jpgn2003_201706022339039f1.jpgn2004_201706022339043b9.jpgn2005_20170602233825334.jpgn2006_201706022338278e0.jpgn2007_20170602233828d56.jpg



出来るだけ隅々まで磨きたいですからね。。


かといってお客さまからお預かりしている大切なお車ですので


キズでも付けたらたいへんですから。。。


ここはしっかりとガードです



では、下地処理に取り掛かります


ポリッシング。。n3001_20170602233830ae1.jpgn3002_2017060223383164b.jpg


いつもの相棒。。ギヤアクションP&ウレタンバフ


もちろん、バフは新品のものを使用します。


当店ではバフの使い回しはしておりません


研磨剤はRipicaスーパーコンパウンド超微粒子(ノンシリコン)



ボンネットから。。。。。


n3003_201706022338339e8.jpg n3004_20170602233739976.jpg


こんな感じでパネル1枚1枚キッチリと磨き上げていきます。


それでは残りのパネルも一気にいかせて頂きます。


n3005_20170602233740731.jpg n3006_20170602233741ff2.jpgn3007_20170602233743e75.jpgn3008_20170602233745532.jpgn3009_2017060223374663e.jpgn3010_20170602233713803.jpgn3011_2017060223371575f.jpgn3012_20170602233717df2.jpgn3013_20170602233718413.jpgn3014_201706022337197a0.jpgn3015_20170602233721e52.jpgn3016_20170602233652724.jpgn3017_2017060223365342c.jpgn3018_20170602233655d04.jpgn3019_2017060223365612f.jpgn3020_20170602233658fcd.jpgn3021_20170602233659f3a.jpgn3022_20170602233610d35.jpgn3023_20170602233612253.jpgn3024_2017060223361364e.jpgn3025_201706022336152ae.jpgn3026_20170602233616860.jpgn3027_20170602233618aa8.jpg



ポリッシャーでは入りきらない所はハンドポリッシャーでキッチリと


で、磨き上がって完全どスッピンとなったNOTEくんの画像がこちら。。。


n4001_20170602233520312.jpg n4002_201706022335221da.jpgn4003_20170602233523666.jpgn4004_20170602233525584.jpgn4005_2017060223352665e.jpgn4006_2017060223352846d.jpgn4007_201706022334307f4.jpgn4008_2017060223343131b.jpgn4009_201706022334322f4.jpgn4010_20170602233434492.jpg



どうでしょうか。。


この段階ですでに新車よりも輝いてますよ


確実に光沢度もUPしております。


しかも、デポジットも消えてつるっつるの状態です。


この状態までに仕上げてからのコーティングなんです。


Glass coat は特にです。。。


ここに硬い被膜で蓋をするようなものですからね。


下地処理もしないでいきなりコートしたら。。どうでしょうか?


デポジットも洗車キズも小キズも。。。全てがコート剤の下に残ってしまうってことになります。


下地処理がいかに重要かお分かりいただけましたでしょうか。


なので、私はたとえ新車でも必ずこうして「ひと磨き」やっちゃってます。


これも私の「こだわり」なんです。






それでは。。。


コーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート材。。。。。b6009.jpg

この2タイプのコート材をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。。。

Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。

m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg

大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。

(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

当店ではこのコート材をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。

上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

ホントはもっと楽な材料、施工方法もあるんですけどねぇ。。


車は「汗を搔いた分キレイになる」。。。


これもまた、私の「こだわり」ですかね



1st coat 。。。。いっちゃいます。



n5001_2017060223343575e.jpg n5002_20170602233437407.jpg



ブース内の気温、湿度共にバッチリです。


特にこの湿度はGlass coat の硬化スピードに大きく関わってきますので。。。



ボンネット。。。。。


n5003_20170602233239a56.jpg n5004_20170602233241c9f.jpgn5005_2017060223324234b.jpg



カウルパネルにも。。。。。n5006_20170602233243f4d.jpgn5007_201706022332459aa.jpg



仕上げるとこうなります。。。。。


n5008_20170602233246244.jpg n5009_20170602233211d60.jpgn5010_20170602233213643.jpgn5011_201706022332143e3.jpg



ルーフ。。。。。


n5025_2017060223311132f.jpg n5026_20170602233113ffb.jpgn5027_2017060223303636c.jpg



同じく仕上げると。。。。。


n5028_201706022330386c9.jpg n5029_20170602233040ed9.jpg



こんな感じでパネル1枚1枚キッチリと仕上げていきます。



では、残りのパネルも一気にいかせて頂きます。



n5012_20170602233216454.jpg n5013_20170602233217b98.jpgn5014_20170602233219be1.jpgn5015_20170602233137892.jpgn5016_2017060223313859f.jpgn5017_2017060223314009a.jpgn5018_20170602233141ea0.jpgn5019_20170602233143b3a.jpgn5020_20170602233144de8.jpgn5021_20170602233105929.jpgn5022_201706022331077ae.jpgn5023_20170602233108903.jpgn5024_201706022331106b4.jpgn5030_20170602233041616.jpgn5031_20170602233042df3.jpgn5032_20170602233044fe6.jpgn5033_20170602233001a8f.jpgn5034_20170602233002308.jpgn5035_20170602233004698.jpgn5036_20170602233005c89.jpgn5037_20170602233007570.jpgn5038_20170602233009d5e.jpgn5039_20170602232909282.jpgn5040_20170602232911aee.jpgn5041_201706022329121ee.jpgn5042_20170602232914f70.jpgn5043_2017060223291511c.jpgn5044_2017060223291739d.jpgn5045_20170602232839daf.jpgn5046_20170602232840381.jpg



ドアを開けた内側まで。。。。


n5049_20170602232844011.jpg n5050_201706022328461fa.jpgn5051_201706022328138ad.jpgn5052_20170602232814e38.jpgn5053_20170602232815ad3.jpgn5054.jpgn5055.jpgn5056.jpgn5057.jpgn5058.jpgn5059.jpg


更にはワイパーアーム、ホイルキャップ、鉄ちんホイールにも。。。


n5060.jpg n5061.jpgn5048_20170602232843336.jpg


ホイルはアルミホイルに組み替えるのですが


こちらの鉄ちんホイールは冬のスタッドレス用に使用します。


なのでこちらにもGlass coat しておきました



この時にはまだ登録前でしたのでここにはありませんが。。。


ナンバープレートにもキッチリとコートしております。



で、1st coat 終了~。。。。。n5047_20170602232842905.jpg


n6001_201706022258275ac.jpg n6002_20170602225729cc4.jpgn6003_20170602225730b57.jpgn6004_2017060222573206e.jpg



で、この日の作業はここまで。。。


この状態で翌朝までブース内にて硬化乾燥をさせておきます。


このまま2コート目をいっちゃうとせっかくの1コート目を溶かしながらのコートとなってしまいます。


同じ2コートするのであれば表面硬度が上がってからの方がより確実にコート被膜厚が稼げますからね。


これもまたまた私の「こだわり」なんです




。。。と、いうわけで。。。。。

     
     。
     。
     。。。。
     。
     。
     あさァ~~




一晩寝かせたことによって表面硬度は3Hくらいになってます。



因みにこちらが寝起き画像となります。。。。。


n7001_2017060222573330c.jpg n7002_20170602225735a44.jpgn7003_20170602225736381.jpg



硬化した分、深みのある光沢になってます。


これだけでも充分な感じなんですけどねぇ。。。


欲どおしい私は更なる光沢を。。。。


と、言うことで



2nd coat 。。。。。いっちゃいますよ。



作業そのものは1st coat とほとんど同じなんですけど。。。


このラウンドではTHP-PROを主に施工していきます。


1st coat で使用した Hi Glass coat もかなりの優れものなんですけど


当店ではその Hi Glass coat をベースコートとして


Top coat にこのTHP-PROを使っております。


ただし、施工方法にちょいとばかしコツが必要となりますがね



さあ、それでは作業スタート。。。


1st coat と同じような画像ですが。。お許しを



n8001_201706022256400d0.jpg n8002_2017060222564222f.jpg



n8003_20170602225643909.jpg n8004_20170602225645db7.jpgn8005_2017060222564642c.jpg


n8006_20170602225648821.jpg n8007_201706022256090c6.jpgn8008_20170602225611a9b.jpgn8009_20170602225612313.jpgn8010_20170602225614ed7.jpg





n8011_20170602225615110.jpg n8012_201706022256170dd.jpgn8013_201706022255448d5.jpg



n8014_20170602225546a3c.jpg n8015_20170602225547ab9.jpgn8016_20170602225549938.jpg




n8017_20170602225550cff.jpg n8018_20170602225552a42.jpgn8019_2017060222551413c.jpgn8020_20170602225515403.jpgn8021_2017060222551773d.jpgn8022_20170602225518779.jpgn8023_201706022255200ef.jpgn8024_20170602225521aa0.jpgn8025_201706022254425b7.jpgn8026_20170602225443f53.jpgn8027_20170602225443e61.jpgn8028_201706022254454ab.jpgn8029_20170602225447616.jpgn8030_2017060222544942c.jpgn8031_20170602225409227.jpgn8032_201706022254105c7.jpgn8033_20170602225411cf3.jpgn8036_20170602225420fe2.jpgn8037_201706022253354b2.jpg



で、ここで注文してたアルミホイールが入荷しましたので


タイヤを組み替える前に。。。


Glass coat しておきます。


当店でアルミホイールをご購入頂いた方には4本(裏表両面)Glass coat サービスさせて頂いております。



n8039_20170602225338926.jpg n8040_20170602225341715.jpgn8041_201706022253417b6.jpgn8042_201706022253435bc.jpgn8043_20170602225252951.jpgn8044_201706022252533aa.jpg



2nd coat 終了~



こちらが完成画像となります。


n9001_201706022252547df.jpg n9002_20170602225255e92.jpgn9003.jpgn9004.jpgn9005.jpgn9006.jpgn9007.jpgn9008.jpgn9009.jpgn9010.jpgn9011.jpgn9012.jpgn9013.jpgn9014.jpgn9015.jpgn9016.jpgn9017.jpgn9018.jpgn9019.jpgn9020.jpgn9021.jpgn9022.jpgn9023.jpgn9024.jpgn9025.jpgn9026.jpgn9027.jpgn9028.jpgn9029.jpgn9030.jpgn9031.jpgn9032.jpgn9033.jpgn9034.jpgn9035.jpgn9036.jpgn9037.jpgn9038.jpg



とってもイイ感じに仕上がりましたよ。


ブルーに深みが出ましたね。


硬化すれば更に光沢度も増してきますのでもっともっと輝きますよ



今回も納得の作品に仕上がりました。。。Mさま本当にありがとうございました


また何かございましたらいつでもお越しくださいませ。



最後にいつものスッキリどや顔を。。。。。


n9050.jpg 


ほっほぉ。。男前ぢゃあ




てなワケで。。。。今夜はこのあたりで。。。。


おやすみなさいませ~






スポンサーサイト

カテゴリ: ガラスコート(新車)

[edit]

Posted on 2017/06/03 Sat. 00:22    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://carspot.jp/tb.php/429-a5078b2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード