倉敷 岡山 ガラスコート Ripica

岡山・倉敷を拠点に頑張ってます^^ こだわりの車磨き職人のブログです。各種パーツ持ち込み取り付けもOK~。

01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03
 

☆ TOYOTA C-HR G HYBRID ☆ 

Uターン。。。始まりましたねぇ

お車の方。。。渋滞の中、大変です

事故しないようにお気を付けくださいませ。。。



お盆の間黙々と頑張って仕上げていた

今回のお車はこちら。。。。。

c1001_20170815170111cbf.jpg c1002_20170815170113830.jpg


TOYOTA C-HR Gグレード HYBRID カラー/ブルーメタリック

オーナーのNさま。。。

この度は当店でのご契約、誠にありがとうございました

ご契約当初では納車が10月頃になる予定でしたが。。。

良かったです思ってたよりも早く入荷されました。

お盆前に入ってきましたので、盆休み返上して頑張りますので

まっ、その方がゆっくりと落ち着いて作業が出来ますからね


今回のOPはこちら。。。c1003_20170815170113c9c.jpg

ナビ、ETC、ドラレコ、ヘッドランプHID。。。

バックビューカメラはメーカーOPでナビレディーをチョイス

それと、Glass coat です。



では、早速Glass coat 以外のOPを済ませてしまいましょう


まずは、ヘッドランプ。。。ハロゲンをHIDに変更です。

フォグはLEDが標準装備でしたので今回はこのままで。。。

c1004_20170815170116868.jpg fcl/55W6000K コンバージョンキットを装着

ただし、HB4バーナーを若干加工しないと装着出来ません。

c1005_20170815170050d33.jpg c1006_20170815170051d28.jpgc1007_20170815170052576.jpgc1008_20170815170054f19.jpg

点灯チェック。。。c1009_201708151700551c6.jpg


c1010_20170815165957583.jpg c1011_2017081516595924b.jpg 

LEDフォグがちと貧弱に感じちゃいますけど。。。当面はこのままで


よっしゃ、次。。。

室内作業に取り掛かります

c1012_20170815170000ab9.jpg c1013_20170815170001e0c.jpg

いつも通り配線をキッチリと取り廻すためにまずはパーツの取り外しを。。。

c1014_201708151700023d2.jpg c1015_201708151659330c9.jpgc1016_20170815165935edf.jpgc1017_201708151659368cc.jpgc1018_20170815165937c62.jpgc1019_20170815165939bf5.jpg


TV-ANT、ETC、ドラレコを貼り付けて。。。c1020_20170815165906c83.jpg


各ハーネスをセンターに。。。。c1021_20170815165907c88.jpgc1022_20170815165908fc8.jpg

c1023_20170815165910a83.jpg c1024_201708151659117f8.jpgc1025_20170815165843c6e.jpg

走行中に干渉音が出ないようにしっかりとクランプしておきます。

カプラー類はスポンジテープで巻いて他と干渉しても音が出ないように固定

奥の方で「カタカタ」異音がしたら嫌ですからねぇ


ETCユニットも純正の取り付け位置へキッチリと納めておきました。

c8054_2017081516341105c.jpg 


c8055_20170815163412ab3.jpg こちらはサービスで取り付けさせて頂きました

USBポット。。。スマホ充電もOKですよ。


で、センターユニットを組み付けて。。。。c1026_20170815165844a0a.jpg

バックモニターのガイドラインの設定をして。。。。

c1027.jpg c1028.jpgc1029.jpg


取り外しておいた各パーツを組み付けて。。。

c8051_20170815163406c59.jpg c8052_201708151634088f0.jpgc8053_201708151634093fe.jpg


はい、室内作業。。。完了です。

ブログに書いちゃうと簡単そうに見えちゃいますけど。。。

結構気を遣う作業なんですよ



次、Glass coat いっちゃいまっせ~

世の中はお盆休み。。。私はコツコツとただひたすら仕事ぢゃ、仕事ぢゃ


よっしゃー

マスキング。。ますきんぐ

。。。 あっ、いえ、決してヤケクソじゃあありませんからね


いつも通りキッチリと。。。

c2001_2017081516571460c.jpg c2002_201708151657157e0.jpgc2003_20170815165716223.jpgc2004_20170815165718e23.jpgc2005_20170815165719df8.jpgc2006_20170815165606417.jpgc2007_20170815165608bd0.jpgc2008_2017081516560897f.jpg

隅々までキッチリと磨き上げたいですからね。

いつも言ってますけど。。。

こいつをしっかりとやっておくことによって隅々までキッチリと磨けますし

何よりもお客さまからお預かりした大切なお車ですからね

キズが付かないようにしっかりとガードしておきませんと。。。

手間と時間は掛かりますがこの作業はとても重要なんですよ。


ここでのひと磨きはとても重要で

一番の目的はコート剤との密着度を上げてやることです

表面に付着しているシリコン等の除去。。。

これをすることにより同時に小キズ、擦りキズ、洗車キズ、水染み。。。なども除去していきます。

新車イコール無傷。。。なんてことはほぼありませんからね。


実際にこちらのお車にもTop面にはデポジットが多数見られました。

軽微なデポジットの場合、洗車の際には現れますが乾いてしまうとその姿は見えなくなってしまいます。

でも、そこにデポジットがある以上放っておくわけにはいきません。

水滴の受け皿が出来てる上にコーティングをしてもその受け皿は無くなることなくその場に残ってるわけですからね。


んなワケで。。。

これからいつもの。。。コート前の「ひと磨き」

いわゆる下地処理を施していきます。


c3001_20170815165610222.jpg c3002_20170815165611de1.jpg

いつもの相棒。。。

ギヤアクションP&ウレタンバフで表面を軽く研磨していきます。

まずは、ボンネット及び前廻りから

c3003_20170815165500c55.jpg c3004_20170815165501fd6.jpgc3005_20170815165502e44.jpgc3006_20170815165504e1b.jpgc3007_20170815165506578.jpgc3008_201708151654292af.jpgc3009_20170815165430d56.jpg


こんな感じでパネル1枚1枚をキッチリと磨き上げていきます。

では、残りのパネル。。。一気にいかせて頂きます。


c3010_20170815165431456.jpg c3011_20170815165433285.jpgc3012_20170815165434cfd.jpgc3013_20170815165349401.jpgc3014_201708151653514f8.jpgc3015_20170815165352d8c.jpgc3016_20170815165353b28.jpgc3017_20170815165355f61.jpgc3018_20170815165320bca.jpgc3019_20170815165321ad4.jpgc3020_2017081516532288a.jpgc3021_2017081516532332a.jpgc3022_20170815165325162.jpgc3023_20170815165231242.jpgc3024_20170815165232815.jpgc3025_20170815165233171.jpgc3026_20170815165235351.jpgc3027_201708151652368ef.jpgc3028_20170815165207df3.jpgc3029_20170815165208e56.jpgc3030_20170815165209bb1.jpg


で、こちらが磨き上げて完全どスッピンになったC-HRくんとなります。

c4001_20170815165211f8f.jpg c4002_20170815165212b42.jpgc4003_20170815165048327.jpgc4004_20170815165049023.jpgc4005_20170815165050b8b.jpgc4006_2017081516505188f.jpgc4007_20170815165053929.jpgc4008_20170815165022ee0.jpgc4009_2017081516502398c.jpgc4010_2017081516502463e.jpgc4011_20170815165026382.jpgc4012_20170815165027521.jpgc4013_20170815164949e87.jpgc4014_20170815164950c28.jpg


どうでしょうか。。。この時点ですでに新車よりも輝いてますよ。

同じコーティングするのであれば下地処理の段階でここまでには仕上げておきませんとね。

手間と時間は掛かりますが。。。

これも私の「こだわり」なんです。


さあ、これで下地処理も終わり

ここからやっとGlass coat に入っていきます。


それでは早速。。。。

コーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート剤b6009.jpg

この2つのコート剤をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。



Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。



m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg




大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。



(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

当店ではこのコート材をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。

上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

ホントはもっと楽な材料、施工方法もあるんですけどねぇ。。


車は「汗を搔いた分キレイになる」。。。


これもまた、私の「こだわり」ですかね



1st coat c5001_20170815164951024.jpg。。。。。いっちゃいます。


ボンネット。。。

c5002_20170815164953b63.jpg c5003_20170815164954b1a.jpg

         

c5004_20170815164914c08.jpg c5005_20170815164916514.jpgc5006_20170815164917536.jpg

こちらもこんな感じでパネル1枚1枚をキッチリと仕上げていきます。

c5007_20170815164919121.jpg c5008_201708151649201b3.jpgc5009_20170815164832b4f.jpgc5010_2017081516483427b.jpg

フェンダーアーチ、バンパー。。。こういった樹脂丸出しのとこにもキッチリとコートしていきます。


では、残りのパネルもこんな感じで。。。一気にいかせて頂きます。


c5011_20170815164803dfa.jpg c5012_2017081516480523b.jpgc5013_20170815164806ad7.jpgc5014_20170815164808086.jpgc5015_20170815164809069.jpgc5016_201708151647346ee.jpgc5017_20170815164736231.jpgc5018_201708151647374be.jpgc5019_20170815164739836.jpgc5020_20170815164740077.jpgc5021_20170815164709487.jpgc5022_20170815164710d1a.jpgc5023_20170815164711651.jpgc5024_20170815164713779.jpgc5025_20170815164714526.jpgc5026_201708151646283c4.jpgc5027_2017081516462923c.jpgc5028_20170815164630c07.jpgc5029_20170815164632001.jpgc5030_20170815164633c09.jpgc5031_201708151645431f2.jpgc5032_201708151645457ae.jpgc5033_201708151645469bc.jpgc5034_20170815164547bfb.jpgc5035_20170815164549d6a.jpgc5036_201708151645144e7.jpgc5037_20170815164516844.jpgc5038_20170815164517da7.jpgc5039_20170815164518aed.jpg


更にはこういった所にもキッチリとコートです

c5042_20170815164447072.jpg c5043_20170815164448354.jpgc5044_20170815164449233.jpgc5045_20170815164451201.jpgc5046_20170815164421a16.jpgc5047_20170815164422181.jpgc5048_2017081516442396e.jpgc5049_20170815164425b23.jpgc5050_201708151644268a7.jpgc5051_20170815164357245.jpgc5052_20170815164359b0a.jpgc5053_20170815164400261.jpgc5054_20170815164401595.jpgc5055_20170815164404887.jpgc5056_20170815164330a95.jpgc5057_20170815164332735.jpgc5058_20170815164333122.jpgc5059_201708151643344eb.jpgc5060_20170815164336688.jpgc5061_20170815164305b08.jpg


ドアを開けたこういった所。。。ウェザーストリップよりも外側

各ピラー、フューエルリッド内部にも。。。


アルミホイールにも。。。

c5062_201708151643076c4.jpgc5063_20170815164308861.jpgc5064_20170815164309bb2.jpg

取り外しておいたワイパーアームにもいっちゃいますよ。

もちろん、ナンバープレートにもc5040_20170815164520d51.jpg


基本的に。。。

もしも自分の車だったらここまではコートしておいて欲しいって所はやってます。

。。。やはり、手間と時間は掛かりますが。。。ね


c5041_2017081516444525f.jpg 。。。1st coat 終了です。

この日の作業はここまで。。。

このままの状態で一晩放置。。。硬化乾燥をさせておきます。

この状態で2コート目をいくとせっかくの1コート目を溶かしながらのコートとなってしまいますからね。

同じ2コートするのであれば表面硬度が上がってからの方がより確実にコート被膜厚が稼げますので

これもまた私の「こだわり」なんです



。。。と、いうわけで。。。。。



     
     。
     。
     。。。。
     。
     。
     あさァ~~




一晩寝かせたことによって表面硬度は3Hくらいになってます。



因みにこちらが寝起き画像となります。。。。。


c6001_2017081516431188a.jpg c6002_2017081516424369e.jpgc6003_20170815164245fd2.jpgc6004_20170815164246b95.jpgc6005_20170815164247430.jpgc6006_2017081516424912a.jpgc6007_20170815164221600.jpg


硬化した分、光沢度も増してます。

どうでしょうイイ感じに輝いてるでしょう

このコート剤は硬化すればするほど光沢度もUPしますので



さあ、それでは2nd coat 。。。いっちゃいますよ。

作業そのものは1st coat とほとんど同じなんですけど

このラウンドではTHP-PROを主に施工していきます。


c7001_20170815164223a06.jpg c7002_20170815164223d72.jpgc7003_20170815164225034.jpg

この日は湿度がかなり高かったのでまずはブース内の除湿をしてからの作業となりました。

では、一気に。。。。


c7004_2017081516422655e.jpg c7005_20170815164149e32.jpgc7006_201708151641511a4.jpgc7007_20170815164152e60.jpgc7008_20170815164153c5f.jpgc7009_201708151641556b8.jpgc7010_20170815164120631.jpgc7011_20170815164121d9b.jpgc7012_20170815164122a99.jpgc7013_2017081516412499e.jpgc7014_20170815164125963.jpgc7015_201708151641278f8.jpgc7016_201708151640554af.jpgc7017_2017081516405634a.jpgc7018_2017081516405703e.jpgc7019_20170815164059eb2.jpgc7020_20170815164100ceb.jpgc7021_2017081516410206f.jpgc7022_2017081516402666e.jpgc7023_20170815164028e65.jpgc7024_20170815164029ce9.jpgc7025_20170815164030fb4.jpgc7026_20170815164032f32.jpgc7027_20170815164033b92.jpgc7028_201708151639576a2.jpgc7029_20170815163959efa.jpgc7030_20170815164000086.jpgc7031_20170815164001474.jpgc7032_201708151640039b1.jpgc7033_20170815164004037.jpgc7034_20170815163931aa7.jpgc7035_20170815163933220.jpgc7036_20170815163934665.jpgc7037_20170815163935432.jpgc7038_201708151639375d5.jpgc7039_20170815163938644.jpgc7040_20170815163902dbf.jpgc7041_2017081516390488a.jpgc7042_201708151639055e7.jpgc7043_20170815163906f36.jpg


2nd coat 終了~c7044_201708151639082cc.jpgc7045_20170815163909ae5.jpg  


このあとエアコンを止めてシャッターOPEN。。。

ブース内の温度、湿度を上げて一気に硬化させていきます。


で、こちらが完成画像となります。

c8001_20170815163842ca4.jpg c8002_20170815163844306.jpgc8003_20170815163845013.jpgc8004_20170815163808ffb.jpgc8005_201708151638096e0.jpgc8006_201708151638102ce.jpgc8007_20170815163812a10.jpgc8008_20170815163813a2c.jpgc8009_201708151637361c2.jpgc8010_201708151637386f2.jpgc8011_20170815163739fe9.jpgc8012_20170815163740df9.jpgc8013_2017081516374143f.jpgc8014_201708151637090d5.jpgc8015_2017081516371040c.jpgc8016_20170815163711f59.jpgc8017_20170815163713eda.jpgc8018_201708151637143cf.jpgc8019_20170815163645555.jpgc8020_20170815163646a76.jpgc8021_201708151636473b4.jpgc8022_20170815163649162.jpgc8023_20170815163650b34.jpgc8024_20170815163621946.jpgc8025_20170815163623be9.jpgc8026_201708151636235d5.jpgc8027_201708151636252ec.jpgc8028_20170815163626b21.jpgc8029_201708151635511ec.jpgc8030_2017081516355216a.jpgc8031_20170815163554a81.jpgc8032_2017081516355517a.jpgc8033_2017081516355771e.jpgc8034_201708151635220b2.jpgc8035_20170815163524055.jpgc8036_20170815163525e1c.jpgc8037_201708151635260e4.jpgc8038_201708151635279c5.jpgc8039_201708151634580da.jpgc8040_20170815163500a21.jpgc8041_20170815163501a79.jpgc8042_20170815163503997.jpgc8043_20170815163505591.jpgc8044_2017081516343621b.jpgc8045_20170815163437a38.jpgc8046_201708151634394f6.jpgc8057_20170815163339aac.jpgc8058_20170815163340476.jpg


どうでしょうか。。。。とってもイイ感じに仕上がりましたよ。

Nさまにお渡し出来る頃(8月18日)にはしっかりと硬化して

光沢度もUPしてますから

それまではこのブース内にてしっかりと保管しておきますので



今回も納得の作品に仕上がりました。。。Nさま本当にありがとうございました。

ここから先はNさまのお手入れにかかってます。

しっかりと洗車してあげてくださいませ。

汚れたら洗車ですよ。


それでは最後にいつものスッキリどや顔を。。。。。

c9001_20170815163342c20.jpg c9002_20170815163343eca.jpg

ほっほぉ男前ぢゃあ

18日。。。お待ち致しております。

晴れますよーーに



。。。。。落ちます。。。一気に眠気が。。。

おやすみなさいませ


スポンサーサイト

カテゴリ: ガラスコート(新車)

[edit]

Posted on 2017/08/16 Wed. 02:03    TB: 0    CM: 1

この記事に対するコメント

先日は私のC-HR ありがとうございました!
コーティングのおかげで非常に洗いやすく、高速など乗ったあとでもすぐ汚れが落ちるので助かってます。今後もよろしくお願いします。

URL | #-

2017/09/18 19:12 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://carspot.jp/tb.php/439-95bc2def
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード