倉敷 岡山 ガラスコート Ripica

岡山・倉敷を拠点に頑張ってます^^ こだわりの車磨き職人のブログです。各種パーツ持ち込み取り付けもOK~。

01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03
 

☆ TOYOTA Porte ☆ 

一気に寒くなってきましたねぇ。。。秋は短し。。かな

体調管理しっかりとしていないとホント風邪ひきそうですよ。

皆さんもお気を付けくださいませ。

それにしても台風21号の進路が心配です。

何も今来なくっても。。。

この長雨にはもうウンザリですね


。。つい愚痴ってしまいました。。すんません。

よっしゃ、今夜も頑張ってUPさせてもらいますよ。

今回のお車はこちら。。。。。

p1001_20171018142510f33.jpg p1002_20171018142512c9d.jpg

TOYOTA Porte F ala mode (ポルテ アラモード)カラー/クリームベージュ H26年式

オーナーのAさま。。。今回は再施工のご依頼を頂きました。ありがとうございます

実はこちらのお車。。ちょうど3年前、新車ご購入時に施工させて頂いたお車なんです。

その時はこのブログを見て頂いてのご入庫でした。

その節は大変お世話になりました。。。ありがとうございました。

こうしてリピートして頂けるのは本当にありがたいですし何よりも今後の励みにもなります。

感謝、感謝ですね


さあ、今回も前回同様キッチリとお仕事させて頂きますよ

まずは洗車をしながら各パネルの状態をチェックしていきます。

p1007_201710181424477f4.jpg p1008_201710181424481d8.jpg

よくお手入れをされてるみたいで。。。キレイです

p1009_20171018142450ee9.jpg p1010_20171018142451425.jpg

Top面に若干のデポジットが見られる程度なので

デポジットクリーナーで除去したのちに軽く研磨すれば大丈夫でしょう

ただ、少し残念な箇所が。。。。。

p1011_20171018142425dcd.jpg p1006_2017101814244698c.jpg  リヤゲートにへこみが

今回は塗装しないで簡単に修理してください。。。と

そこそこのダメージです。。。ここ結構硬い所ですし。。。

塗装をこれ以上割らないように。。。

と、言うことでここはいつもお世話になってるインプレッションさんに

で、こんな感じに。。。。。

p1012_201710181424271e4.jpg p1013_20171018142428126.jpgp1014_20171018142430ac4.jpg

ほっほぉさすがイイ感じです。  ありがとさんでした


では、いつも通り。。。ひと磨き前の下準備

マスキングから

p2001_20171018142431032.jpg p2002_20171018142354470.jpgp2003_20171018142356499.jpgp2004_2017101814235778e.jpgp2005_20171018142359b8e.jpgp2006_201710181424003f7.jpg

軽度のデポジットでしたので、洗車の際にこいつでデポジットを除去しておきました。

d1003_20171018233629e08.jpg  Ripica イオンデポジットクリーナー

出来ることなら研磨剤は極力使いたくないですからね。

で、このクリーナーでも取れきれないようなデポジット。。。掘れ込んでるようなヤツは

その掘れ込みに合わせてボディー表面を削っていかなければなりません。。。

この場合は仕方ないので可能な範囲ですが削らせて頂いております。

ただし、深追いはしたくないので。。。そこは私の長年の感で


今回のこちらのPorteくんは普段からしっかりとお手入れをされてたようなので

そんなに重篤な状態ではありませんでした。

ただ、使われていたら知らず知らずのうちについてしまうのがキズです

こちらのお車にも若干ですが気になったところがありましたので

その辺りも踏まえて可能な範囲ですが研磨しながら1枚1枚のパネルを仕上げていこうと思います。


それでは、ここからは下地処理の工程に。。。

p3001_20171018142123bdc.jpg p3002_201710181421233aa.jpg

ポリッシャー、研磨剤を使い分けキッチリと磨き上げていきます。

バフはどちらも新品です。。。当店では使い回しはしておりませんので


まずはボンネット、前廻りから

p3003_20171018142125790.jpg p3004_20171018142126f0d.jpgp3005_2017101814204805b.jpgp3006_20171018142049e01.jpgp3007_20171018142050c11.jpgp3008_2017101814205166e.jpgp3009_201710181420538c9.jpg


側面及びリヤー廻り。。。

p3010_20171018141905070.jpg右F/ドアに少し気になるキズが。。。

シングルアクションPで軽く研磨。。。p3011_2017101814190757d.jpg


p3012_20171018141909947.jpg ギヤアクションPで仕上げを

右/Rドアも同じように。。。。。p3013_20171018141910dde.jpgp3014_20171018141911cfb.jpg

R/ゲートパネル。。。。。

p3015_201710181418441b2.jpg p3016_20171018141845993.jpgp3017_20171018141847441.jpgp3018_20171018141848aa7.jpgp3019_201710181418501bb.jpgp3020_20171018141821e7b.jpg

左側面も同様に。。。。。

p3021_20171018141823a23.jpg p3022_201710181418247f8.jpgp3023_20171018141825f91.jpgp3024_20171018141827b25.jpgp3025_2017101814175817e.jpg


ルーフ。。。。。

p3026_20171018141800cd6.jpg p3027_20171018141801c48.jpgp3028_20171018141803b25.jpgp3029_20171018141804b4d.jpg


こんな感じで全てのパネルを1枚1枚キッチリと磨き上げていきます。

p3030_20171018141735f63.jpg  ポリッシング。。終了~


こちらが磨き上がったPorteくんとなります。

p4001_2017101814173768c.jpg p4002_20171018141738aa5.jpgp4003_20171018141740b95.jpgp4004_20171018141741a8d.jpgp4005_201710181417091b3.jpgp4006_201710181417114ac.jpgp4007_2017101814171230d.jpgp4008_2017101814171466f.jpgp4009_20171018141715ff6.jpgp4010_20171018141624853.jpgp4011_201710181416253c4.jpg

ほぼ3年前の状態に戻りましたよ

これでやっと下地処理が完了です。

完全どスッピンになってしまいましたケド肌艶バッチリです




てなワケで。。。

コーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート剤b6009.jpg

この2つのコート剤をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。



Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。



m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg




大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。



(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

当店ではこのコート材をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。

上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

ホントはもっと楽な材料、施工方法もあるんですけどねぇ。。


車は「汗を搔いた分キレイになる」。。。


これもまた、私の「こだわり」ですかね




よっしゃ  1st coat いっちゃいますよ。

このラウンドで施工するコート剤はこちら。。。z5002_201709012234080b0.jpg

ベースコートとして使うには勿体ないような気もしますが

こいつをTop coat の下に入れることによって光沢に深みが増しますし

同時に保護膜の被膜厚UPにも貢献してくれますからね。


では。。。。。

p5001_20171018141627958.jpg 

ボンネット。。。。。

p5003_2017101814163074c.jpg p5004_201710181416031cb.jpg

         

p5005_2017101814160569c.jpg p5006_20171018141606b43.jpgp5007_20171018141608b2e.jpg


カウルパネルにも。。。

p5008_20171018141610a04.jpg p5009_20171018141540af1.jpg

         

p5010_2017101814154160a.jpg p5011_201710181415438b6.jpg

ルーフパネル。。。。。

p5018_2017101814152563c.jpg p5019_20171018141454933.jpg

         

p5020_20171018141456699.jpg p5021_2017101814145774b.jpg


こんな感じでパネル1枚1枚をキッチリとコートしていきます。

では、残りのパネル。。。一気にいかせて頂きます。

p5012_20171018141545e9d.jpg p5013_20171018141546600.jpgp5014_20171018141519a68.jpgp5015_20171018141520c8c.jpgp5016_20171018141522256.jpgp5017_20171018141523dfb.jpgp5022_20171018141459c1c.jpgp5023_201710181415009a9.jpgp5024_2017101814143266f.jpgp5025_201710181414347f0.jpgp5026_2017101814143525a.jpgp5027_20171018141437b95.jpgp5028_20171018141438bb4.jpgp5029_20171018141412862.jpgp5030_20171018141414365.jpgp5031_20171018141414d30.jpgp5032_2017101814141655e.jpgp5033_20171018141417600.jpgp5034_20171018141123e13.jpgp5035_201710181411255e7.jpgp5036_20171018141126601.jpgp5037.jpgp5038.jpgp5039.jpg

もちろん、こういった所にも。。。

p5040.jpg p5041.jpgp5042.jpgp5043.jpgp5044.jpgp5045.jpgp5046.jpgp5047.jpgp5048.jpgp5049.jpgp5050.jpgp5051.jpg


ホイルキャップにも。。。。。

p5052.jpg p5053.jpgp5054.jpgp5055.jpg

鉄チンホイールにも。。。。p5057.jpg

取り外しておいたワイパーアーム、ナンバープレートにも。。。p5056.jpg


で、1st coat 終了です。。。。。p5058.jpg

この日の作業はここまで。。。

このまま2コート目をいっちゃうとせっかくの1コート目を溶かしながらのコートとなってしまいますからね。

同じ2コートするのであれば表面硬度が上がってからの方がより確実にコート被膜厚が稼げますので

んなワケで。。。一晩このまま寝かせて硬化乾燥させておきます。

     
     。
     。
     。。。。
     。
     。
     あさァ~~




一晩寝かせたことによって表面硬度は3Hくらいになってます。



こちらがPorteくんの寝起き画像となります

p6001_2017101814093882d.jpg p6002_201710181409393f1.jpgp6003_201710181409415dd.jpgp6004_20171018140942c49.jpgp6005_20171018140916606.jpgp6006_20171018140917eaf.jpgp6007_20171018140919cee.jpgp6008_201710181409200dd.jpg

一晩寝かせただけで光沢度UPしてます。。。

このコート剤は硬化すればするほど光沢度もUPしますので

これだけでも充分な感じなんですけどね

欲どおしい私としましてはこれだけでは物足らず。。。。。


2nd coat  いっちゃいますよ。     p7001_20171018140922a1e.jpg

作業そのものは1st coat と殆ど同じなのですが

このラウンドではTHP-PROを主に施工していきます。。。z5053_20170901222500a89.jpg

ここが前回のコーティングと大きく違ってきます


それでは。。。一気にいかせて頂きます。


p7002_20171018140851d8c.jpg p7003_20171018140853956.jpgp7004_20171018140854842.jpgp7005_201710181408565ae.jpgp7006_20171018140857d0e.jpgp7007_2017101814082905c.jpgp7008_201710181408316de.jpgp7009_20171018140832404.jpgp7010_201710181408345b1.jpgp7011_20171018140835a2b.jpgp7012_201710181408028aa.jpgp7013_20171018140803059.jpgp7014_20171018140805039.jpgp7015_20171018140806ea8.jpgp7016_20171018140808f60.jpgp7017_20171018140736b8a.jpgp7018_2017101814073839c.jpgp7019_2017101814073988d.jpgp7020_201710181407407b2.jpgp7021_20171018140742613.jpgp7022_20171018135801348.jpgp7023_20171018135803780.jpgp7024_2017101813580409c.jpgp7025_201710181358063f2.jpgp7026_20171018135807f5c.jpgp7027_201710181357280e0.jpgp7028_20171018135730751.jpgp7029_2017101813573115a.jpgp7030_201710181357337a6.jpgp7031_20171018135734834.jpgp7032_20171018135704411.jpgp7033_20171018135705201.jpg


最後に硬化チェック用のスポンジにコート剤を染み込ませて。。。p7034_20171018135707b4f.jpg

2nd coat 終了~

このちっこいブルーのスポンジの硬化具合を確認してお客さまにお渡し出来る日を決めております。


取り外してたパーツを組み付けて。。。。

こちらが完成画像となります。


p8001_20171018135708ff8.jpg p8002_2017101813571042d.jpgp8003_20171018135637b1e.jpgp8004_20171018135639c63.jpgp8005_201710181356402a5.jpgp8006_201710181356426d2.jpgp8007_20171018135643d70.jpgp8008_20171018135611220.jpgp8009_20171018135613fbe.jpgp8010_201710181356140ab.jpgp8011_20171018135616872.jpgp8012_20171018135617d33.jpgp8013_201710181355494e9.jpgp8014_201710181355519e7.jpgp8015_20171018135552850.jpgp8016_20171018135554af7.jpgp8017_201710181355559f8.jpgp8018_201710181355219d0.jpgp8019_2017101813552333d.jpgp8020_201710181355245fd.jpgp8021_20171018135526893.jpgp8022_201710181355275e2.jpgp8023_20171018135449f35.jpgp8024_20171018135450ad4.jpgp8025_20171018135452d0f.jpgp8026_20171018135453e14.jpgp8027_20171018135455106.jpgp8028_20171018135422a69.jpgp8029_20171018135424834.jpgp8030_201710181354254c2.jpgp8031_20171018135427e9c.jpgp8032_201710181354280fa.jpgp8033_20171018135401d77.jpgp8034_20171018135403075.jpgp8035_20171018135404a81.jpgp8036_201710181354063f0.jpgp8037_2017101813540743c.jpgp8038_20171018135317020.jpgp8039_20171018135319da2.jpgp8040_201710181353208a5.jpgp8041_201710181353227ae.jpgp8042_20171018135323a3c.jpgp8043_201710181352555df.jpgp8044_2017101813525762a.jpgp8045_20171018135258e6c.jpgp8046_20171018135300340.jpgp8047_2017101813530120f.jpgp8048_20171018135232330.jpgp8049_20171018135233742.jpgp8050_201710181352338c2.jpg



p9001_20171018135235a93.jpg 

p9002_2017101813523757e.jpg 

とてもイイ感じに仕上がりました

新車と並べても遜色ないくらいに。。。



今回も納得の作品に仕上がりました。。。ありがとうございました


Aさま今後ともまた何かございましたらその節にはどうぞ宜しくお願い致します。

お手入れは今までと同じようにされていれば充分かと思います。

何かご不明な点がございましたらいつでもご連絡くださいませ。

今回も本当にありがとうございました




スポンサーサイト

カテゴリ: ガラスコート(経年車)

[edit]

Posted on 2017/10/20 Fri. 01:48    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://carspot.jp/tb.php/446-cfac808c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード