倉敷 岡山 ガラスコート Ripica

岡山・倉敷を拠点に頑張ってます^^ こだわりの車磨き職人のブログです。各種パーツ持ち込み取り付けもOK~。

01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03
 

☆ TOYOTA TANK-G ☆ 

気が付くともう12月。。。。。

ホント1年は、あっっちゅうまですわ

。。。毎年この時期になると口にしてますね

さっ、今夜は何とか頑張りますよ。。。たぶん



今回のお車はこちら。。。。。

t1001_20171204003145c81.jpg t1002_2017120400314757f.jpg

TANK G カラー/ブライトシルバーM

オーナーのMさま。。大変長いことお待たせ致しました。

8月にご注文頂いてやっと先日入ってきました。。。3ヶ月チョイ掛かりましたよ

さあ、それでは早速仕事にかからせて頂きます。

今回もいつも通り、キッチリと仕上げさせて頂きますよ

まずはOPの取り付けから。。。。t1003_20171204003148317.jpg

ナビ・ドラレコ・ETC。。。等々

バックカメラはMOPでナビレディーをチョイス。

では、室内のバラシから。。。。。t1004_201712040031492b4.jpg


t1005_2017120400315148b.jpg t1006_20171204003124e85.jpgt1007_20171204003125b19.jpgt1008_201712040031274ae.jpg

いつも通り配線をキッチリと通してクランプしておきたいですからね

邪魔するものは片っ端から取っ払っていきます。

この季節になると冷えてピンが硬くなっちゃいますので取り外す前に

ヒーター全開で室内を温めておいた方がパネルが外し易くなります。(ワンポイントアドバイス)

あとはそれぞれをキッチリと取り付けてハーネスをしっかりとクランプして。。。

t1009_20171204003128149.jpg t1010_20171204003130fa8.jpgt1011_20171204003102e9f.jpgt1012_20171204003104773.jpg

室内の取り付け作業は終了です。。。t1014_2017120400310750d.jpgt1013_201712040031058ea.jpg

バックカメラのガイドラインを設定して。。。t1015_2017120400310821e.jpgt1016_20171204003033ed7.jpg

あっ、こちらは当店からのサービスで取り付けさせて頂いておきました。t1017_20171204003035fa5.jpg

スマホの充電端子と音楽DataのUSB入力端子です。。。純正ぽくてイイ感じでしょ。




よっしゃ、それではGlass coat いっちゃいますよ。

まずは。。。下地処理の下準備、マスキングから

t2001_201712040030364fc.jpg t2002_20171204003038aed.jpgt2003_20171204003040888.jpgt2004_20171204003011e96.jpgt2005_20171204003012da8.jpgt2006_201712040030147af.jpg

当店ではたとえ新車であっても必ず施工前の「ひと磨き」をやっております。

いわゆる下地処理ですね。

隅々までキッチリと磨き上げたいのとコンパウンドが着いては困るような所もあります。

そして何よりも、大切なお客さまからお預かりしたお車にキズがつかないようにと。。。

そういった意味でもこのマスキングはとっても大事なんですよ



この磨きを入れることによって雨染みであったり洗車の際に付いた小さなキズであったり。。

そういったものを除去することが出来ます。

そして一番の目的はコート剤との密着度を上げてやるってことです。

軽く研磨することによって表面に付着しているシリコン等を除去してどスッピンにしてやるってことです。

汚れ、雨染み、小キズ、シリコン等々を残したままその上を硬い被膜で覆ってしまう。。。

これはいかがなものでしょう。。。

自分の車にそういった施工は絶対にしてもらいたくありませんからね。。ほっほぉ

んなワケで、私はいつも「自分の車だったら。。。」を意識して施工させて頂いております。


では、ポリッシング。。。スタートt3001_201712040030156b3.jpgt3002_201712040030173ee.jpg  

こちらのTANKくんには大したダメージも無く問題ありませんでしたので

いつもの相棒。。ギヤアクションP&ウレタンバフで。。。

バフは使い回しをしておりません。その都度新品を使用しております。。。当然ですけどね。

研磨剤はRipicaスーパーコンパウンド超微粒子(ノンシリコン)


まずはボンネット、前廻りから。。。

t3003_2017120400295064d.jpg t3004_20171204002951d67.jpgt3005_201712040029534d5.jpgt3006_201712040029542e3.jpgt3007_20171204002956a91.jpgt3008_201712040029289b8.jpg


ルーフ。。。。。

t3021_20171204002843807.jpg t3022_20171204002845522.jpg


。。。と、こんな感じでパネル1枚1枚をキッチリと磨き上げていきます。

では、残りのパネルも。。。一気に

t3009_20171204002930be2.jpg t3010_20171204002931e50.jpgt3011_20171204002933c94.jpgt3012_2017120400293402d.jpgt3013_2017120400290648a.jpgt3014_201712040029085a5.jpgt3015_20171204002909802.jpgt3016_20171204002911434.jpgt3017_20171204002912ba0.jpgt3018_20171204002839428.jpgt3019_2017120400284083a.jpgt3020_201712040028427dd.jpgt3023_201712040028132d3.jpgt3024_20171204002815a91.jpg


ポリッシング。。終了~

で、こちらが磨き上がって完全どスッピン状態となったTANKくんとなります。

t4001_20171204002817d8e.jpg t4002_201712040028183e4.jpgt4003_20171204002819d45.jpgt4004_20171204002753ca1.jpgt4005_20171204002755e75.jpgt4006_201712040027566fd.jpgt4007_20171204002757761.jpg

ハッキリいって、この段階で新車よりも輝いてますよ


これでやっと下地処理が完了しました。。。ふぅ。。ちと休憩ですな



てなワケで。。。

コーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート剤b6009.jpg

この2つのコート剤をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。



Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。



m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg




大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。



(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

当店ではこのコート材をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。



上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

ホントはもっと楽な材料、施工方法もあるんですけどねぇ。。


車は「汗を搔いた分キレイになる」。。。


これもまた、私の「こだわり」ですかね




よっしゃ  1st coat いっちゃいますよ。

このラウンドで施工するコート剤はこちら。。。z5002_201709012234080b0.jpg

ベースコートとして使うには勿体ないような気もしますが

こいつをTop coat の下に入れることによって光沢に深みが増しますし

同時に保護膜の被膜厚UPにも貢献してくれますからね。


t5001_20171204002759d54.jpg t5002_2017120400272791c.jpg



まずはボンネットから。。。

t5003_20171204002729491.jpg t5004_2017120400273098c.jpgt5005_2017120400273141a.jpg

             

t5006_20171204002733529.jpg t5007_2017120400250717d.jpgt5008_20171204002508f9e.jpg

カウルパネルにも。。。。。t5009_2017120400250951e.jpg


ルーフパネル。。。。。

t5016_20171204002438e7e.jpg t5017_20171204002410b8b.jpg

         

t5018_20171204002411618.jpg t5019_20171204002412420.jpgt5020_20171204002413df6.jpg


こんな感じでパネル1枚1枚をキッチリとコートしていきます。

では、残りのパネル。。。一気にいかせて頂きます。


t5010_20171204002510854.jpg t5011_20171204002512b87.jpgt5012_20171204002432f17.jpgt5013_20171204002434d66.jpgt5014_20171204002435b6d.jpgt5015_20171204002437cef.jpgt5021_20171204002415389.jpgt5022_20171204002346c3b.jpgt5023_2017120400234716c.jpgt5024_20171204002349f07.jpgt5025_20171204002349c6d.jpgt5026_20171204002351285.jpgt5027_20171204002251b19.jpgt5028_201712040022527df.jpgt5029_20171204002253f29.jpgt5030_2017120400225522a.jpgt5031_20171204002256851.jpgt5032_2017120400222954f.jpgt5033_2017120400223050f.jpgt5034_201712040022317ef.jpgt5035.jpgt5036.jpgt5037.jpg

1st coat 終了~

この日の作業はここまで。。。t5038.jpg

このまま2コート目をいっちゃうとせっかくの1コート目を溶かしながらのコートとなってしまいます。。。

一晩寝かせて表面を硬化させたところで2コート目を入れていきます。

同じ2コートするのであれば表面硬度が上がってからの方がより確実にコート被膜厚が稼げますので

手間と時間は掛かりますが。。これもまた私の「こだわり」なんです。


んなワケで。。。

     
     。
     。
     。。。。
     。
     。
     あさァ~~




一晩寝かせたことによって表面硬度は3Hくらいになってます。


こちらが寝起き画像となります。


t6001_20171204002157612.jpg t6002_20171204002159331.jpgt6003_20171204002200eff.jpgt6004_2017120400211064f.jpg


一晩寝かせて硬化した分、光沢度もUPしてます。

これだけでも充分な感じなんですけどね

いえいえ、当店のコートは基本2コートですから

更なる光沢を


てなワケで。。。。。

2nd coat  いっちゃいます。。。t7001_201712040021119dc.jpg

作業内容そのものは1st coat と殆ど同じなんですけど

このラウンドではTHP-PROを主に施工していきます。。。z5053_20170901222500a89.jpg

Hi Glass coat とは違い施工にはちょいとばかしコツが必要となります。


それでは早速。。。

ボンネット・カウルパネル。。。

t7002_20171204002113fe4.jpg t7003_20171204002114def.jpgt7004_201712040021169fa.jpg

         

t7005_20171204002043ac6.jpg t7006_20171204002044cbc.jpgt7007_20171204002045bf7.jpg


フロントバンパー廻り。。。。。

t7008_201712040020474d3.jpg t7009_201712040020498bb.jpgt7010_2017120400201960f.jpgt7011_201712040020211ab.jpgt7012_20171204002022d55.jpgt7013_20171204002024ebf.jpg


ルーフ。。。。。

t7014_20171204002025fba.jpg t7015_20171204001953058.jpg

         

t7016_20171204001955ad2.jpg t7017_20171204001956ed1.jpg


リヤー廻り。。。。。

t7018_20171204001958773.jpg t7019_20171204002000372.jpgt7020_2017120400192153b.jpgt7021_2017120400192372f.jpgt7022_201712040019242da.jpgt7023_20171204001926a5a.jpgt7024_20171204001927652.jpgt7025_201712040018573d0.jpgt7026_20171204001859a00.jpgt7027_2017120400190076d.jpgt7028_201712040019021b1.jpgt7029_201712040019038c1.jpg

ドアパネル廻り・各ピラー。。。

t7030_201712040018078a6.jpg t7031_20171204001809eae.jpgt7032_20171204001810344.jpgt7033.jpgt7034.jpgt7035.jpgt7036.jpgt7037.jpgt7038.jpgt7039.jpgt7040.jpgt7041.jpgt7042.jpg

ホイルキャップ・ワイパーアームにもキッチリとコートしておきます。

t7043.jpg 


2nd coat 終了~。。。t7044.jpgt7045.jpg

手間と時間は掛かってしまいますが、

同じコーティングをするのならやっぱりここまではやっておかないと気が済まないもので


で、もってこちらが完成画像となります。

t8001_20171204001626ba9.jpg t8002_201712040016284a0.jpgt8003.jpgt8004.jpgt8005.jpgt8006.jpgt8007.jpgt8008.jpgt8009.jpgt8010.jpgt8011.jpgt8012.jpgt8013.jpgt8014.jpgt8015.jpgt8016.jpgt8017.jpgt8018.jpgt8019.jpgt8020.jpgt8021.jpgt8022.jpgt8023.jpgt8024.jpgt8025.jpgt8026.jpgt8027.jpgt8028.jpgt8029.jpgt8030.jpgt8031.jpgt8032.jpgt8033.jpgt8034.jpgt8035.jpgt8036.jpgt8037.jpgt8038.jpgt8039.jpgt8040.jpgt8041.jpg


どうでしょうか。。。

今回もとってもイイ感じに仕上がりましたよ。

あとはこのまま4日ほどこのブース内で硬化乾燥させておきます。

Mさまにお渡し出来る頃には更に光沢度が増してピッカピカになっております。


今回も納得の作品に仕上がりました。。。ありがとうございました

また、何かありましたらいつでもお立ち寄りくださいませ。


最後にいつもの。。。やつを

t9001_20171204001238378.jpg t9002_20171204001240a86.jpg

おお~ Goodですじゃ~




今夜は何とか持ちました

この調子でまた頑張ってボチボチですがUPしていきますので

これからもどうぞ宜しくお願い致します。


おやすみなさいませ。。。



スポンサーサイト

カテゴリ: ガラスコート(新車)

[edit]

Posted on 2017/12/08 Fri. 01:45    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://carspot.jp/tb.php/449-73331f0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード