倉敷 岡山 ガラスコート Ripica

岡山・倉敷を拠点に頑張ってます^^ こだわりの車磨き職人のブログです。各種パーツ持ち込み取り付けもOK~。

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07
 

☆ SUZUKI ALTO TURBO-RS ☆ 

しかし、今年の冬はホント寒かったですよねぇ

おかげで、今シーズンはSKIに3回も行っちゃいましたよ

って、言ってもほとんど温泉目当てですけどね

ブーツもヒビが入ってしまって新調したことですし来シーズンはもう少し頑張って行きますよ。

。。。って、そうこう言ってるうちにもうすぐお花見のシーズンですよ

ホント一年なんて、あっという間ですねぇ。。。



さあ、今夜も頑張ってUPUP



今回のお車はこちら。。。。。

a1001_20180306004522748.jpg a1002_2018030600452456e.jpg

スズキ アルトTURBO-RS AGS カラー/ブルーイッシュブラックパール3

オーナーのSさま。。。

今回お車の買い替えで、当初は中古車をということでしたが

ここらあたりになりますと新車と値段がくっついてきますし

事故車も結構多いですからねぇ。。。

で、新車の見積もりをさせて頂いた結果。。

こちらの「新車」をご購入頂きました。。。ありがとうございました


主に通勤用として使われるので

ナビは今乗られてるお車からの移設となりました。

ただ、「音は少しでもいい音で聴きたい」。。。とのことで

a1003_20180306004525410.jpg  F/スピーカーは交換します。

純正スピーカーはちと貧弱ですからねぇ

それと、もちろんGlass coat もSETで


さあ、それでは早速作業に取り掛かりましょう

まずは室内作業から。。。。。

a1004_201803060045272c8.jpg a1005_20180306004528eb5.jpga1006_20180306004500694.jpg

いつも通り、配線の取り回しがし易いように各パーツの取り外しを。。。

そこそこ冷えていたのでまずはヒーター全開で室内をガンガンに温めておいて。。

こうすることによって、パネルを止めてあるピンが柔らかくなって取り外しが楽になるんですよ


スピーカー交換

純正のペラいスピーカーを取り外して。。。

a1007_20180306004501e8a.jpg a1008_20180306004502d7d.jpga1009_201803060045042b6.jpg

吸音スポンジを貼り付けて。。。a1010_20180306004505c34.jpg

スピーカーをキッチリと取り付けて。。。。。a1011_2018030600443200a.jpg

交換終了~  a1012_20180306004434ca0.jpga1013_20180306004435262.jpg 


センターユニット。。。。。

TVのフィルムアンテナは古いのを張り替えるわけにはいかないので新品を貼り付けです。

各ハーネスをキッチリとクランプしながらセンターへ。。。

a1014_20180306004436fbc.jpg 

メーターパネルを外してその奥を通しました。。。a1015_20180306004438c8a.jpg


カプラーには音止めのスポンジを巻きつけて。。。a1016_20180306004405208.jpg

センターユニットを納めて。。。a1017_20180306004407548.jpg


室内作業。。終了~  a1018_201803060044082f7.jpg


あっ、オーディオ用のUSBハブ rs01.jpg これはサービスしておきましたよ



よっしゃあ Glass coat いっちゃいましょう  a1019_2018030600441076f.jpg


コート前のひと磨き。。。マスキング。。ますきんぐ

a2001_20180306004411dc9.jpg a2002_2018030600433344a.jpga2003_201803060043351dc.jpga2004_2018030600433658d.jpga2005_20180306004338222.jpga2006_2018030600434084e.jpga2007_20180306004311289.jpg

たとえ新車でも必ずひと磨きをしております。。。これだいじ

一番の目的はコート剤との密着度を上げてやることにあります。

表面に付着したシリコン等の除去。。。

更には研磨することによって洗車キズ、小キズ、水染み等々の除去も出来ますし

同時に光沢度もUPしますからねえ


ポリッシング。。。

a2008_20180306004313c67.jpg 

今回、気になるようなダメージはありませんでしたので

いつもの相棒。。。a2009_2018030600431480c.jpg ギヤアクションP&ウレタンバフで。。。

バフはもちろん新品ですよ。。。当たり前ですけどね


では。。。。。一気に

a2010_20180306004316f0c.jpg a2011_20180306004317094.jpga2012_201803060042426a4.jpga2013_20180306004244c20.jpga2014_20180306004245c95.jpga2015_201803060042471a8.jpga2016_20180306004248119.jpga2017_201803060042182ab.jpga2018_2018030600422097d.jpga2019_20180306004221a1d.jpga2020_20180306004223b19.jpga2021_2018030600422437a.jpga2022_20180306004154ee3.jpga2023_20180306004156739.jpga2024_20180306004157a0d.jpga2025_20180306004159a24.jpga2026_20180306004200e8c.jpga2027_20180306004111abd.jpga2028_201803060041125cb.jpga2029_20180306004114b3e.jpg

。。。と、こんな感じでパネル1枚1枚をキッチリと磨き上げておきました。


で、こちらが完全どスッピン状態になったアルトくんになります。。。。。

a3001_2018030600411571c.jpg a3002_201803060041174bb.jpga3003_20180306004051586.jpga3004_201803060040522b5.jpga3005_20180306004053068.jpga3006_201803060040553c7.jpga3007_201803060040567da.jpga3008_20180306004022187.jpg

当店「こだわりのひと磨き」どうでしょうかイイ感じに磨き上がってますでしょう。。。

下地処理は手間も時間も掛かりますが、とても重要な工程なんですよ

コーティングは下地処理がキッチリと出来ているか否か。。。ここに掛かっています。

んなワケで。。。


コーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート剤b6009.jpg

この2つのコート剤をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。



Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。



m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg




大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。



(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

通常、当店ではこのコート材をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。


上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

ホントはもっと楽な材料、施工方法もあるんですけどねぇ。。


車は「汗を搔いた分キレイになる」。。。


これもまた、私の「こだわり」ですかね



よっしゃ  1st coat いっちゃいますよ。。。。a4001_20180306004024116.jpg

このラウンドで施工するコート剤はこちら。。。z5002_201709012234080b0.jpg

ベースコートとして使うには勿体ないような気もしますが

こいつをTop coat の下に入れることによって光沢に深みが増しますし

同時に保護膜の被膜厚UPにも貢献してくれますからね。


ボンネット。。。。。

a4003_20180306004026d55.jpg a4004_2018030600402852f.jpga4005_2018030600395668e.jpg

                 

a4007_20180306003959a36.jpg a4006_20180306003957b62.jpga4008_20180306004000739.jpg


カウルトップ。。。a4009_20180306004002c88.jpga4010_201803060039343b8.jpg


フロント廻り。。。。。

a4011_20180306003936d1a.jpg a4012_20180306003937d0f.jpga4013_20180306003939af3.jpga4014_20180306003941e4d.jpga4015_20180306003853d3e.jpga4016_201803060038548a4.jpg

                 

a4017_2018030600385611a.jpg a4018_201803060038584b4.jpga4019_20180306003859496.jpga4020_20180306003832eb2.jpg




ルーフ。。。

a4021_2018030600383465b.jpg a4022_20180306003835311.jpga4023_20180306003837d1a.jpg

                

      a4024_20180306003838481.jpg a4025_20180306003808a45.jpg


リヤーゲート。。。。。

a4026_20180306003809ec9.jpg a4027_201803060038117ab.jpga4028_20180306003813b2c.jpg

               

      a4029_201803060038147e8.jpga4030_20180306003741199.jpg



リヤー廻り。。。。

a4031_201803060037422c9.jpga4032_20180306003744a50.jpga4033_20180306003745984.jpg

               

a4034_20180306003747561.jpga4035_201803060037126c4.jpga4036_20180306003714427.jpga4038_20180306003717c6c.jpga4039_20180306003718638.jpg


ドア廻り。。。。。

a4040_201803060036145fe.jpga4041_20180306003615f50.jpga4042_201803060036179c3.jpga4043_20180306003618516.jpga4044_20180306003620e05.jpga4045_20180306003550aa7.jpga4046_2018030600355157b.jpga4047_2018030600355302f.jpga4048_20180306003554840.jpga4049_20180306003556d86.jpga4050_20180306003524691.jpga4051_20180306003526677.jpga4052_20180306003527b69.jpga4053_20180306003529acb.jpg


a4054_201803060035307ff.jpga4055_20180306003455687.jpg

一般的なコーティングですと、ここで完成となるんでしょうけど

当店では更に。。。。。

a4057_201803060034584ae.jpg a4058_20180306003459106.jpga4059_20180306003501a99.jpga4060_20180306003431485.jpga4061_201803060034332d1.jpga4062_20180306003434eba.jpga4063_20180306003436d02.jpga4064_20180306003437a86.jpga4065_201803060034065dd.jpga4066_201803060034085c6.jpga4067_201803060034102b2.jpga4068_20180306003411cc4.jpga4069_2018030600341266d.jpg

おぉ~デカい手ぢゃのぉ。。。いやいや、これで結構ええ仕事するんですよぉ

と、まあこういった所にもキッチリとコートしております。

なので、洗車の際にここも軽くでいいですから水滴を拭き取ってやってくださいませ。

それだけでも結構「キレイ」を保てますから

手間も時間も掛かるんですけど。。。

「もし、私の車だったら絶対にここまではコートするだろう」。。ってところはしっかりコートしておりますので


更に。。。。。

a4070_20180306003338170.jpg a4071_20180306003340aa2.jpga4072_201803060033412ae.jpg

ホイルにもコートです

ブレーキダストの汚れから守ってくれますので。


更に更に。。。。。

a4073_201803060033430f1.jpg alt01_20180308180754858.jpg

ワイパーアーム、ナンバープレートにもコートです。

ナンバープレートってクリアー塗装なんてしてませんからねぇ。。。

すぐ白ぼけてきちゃうんですよ。

Glass coat することによって硬い被膜が出来ますから色ボケもしにくくなります。

それにこれからの季節は虫の飛び込み自殺も増えてきますし。。。

なかなか取れないですよね

これもGlass coat することによって簡単に除去できますよ。


a4074_20180306003344102.jpg  で、これでやっと1st coat 終了です。。。ふぅ。。


この日の作業はここまで。。。

このまま2コート目をいっちゃうとせっかくの1コート目を溶かしながらのコートとなってしまいますからね。

同じ2コートするのであれば表面硬度が上がってからの方がより確実にコート被膜厚が稼げますので

このままこの状態で一晩放置。。。硬化乾燥させておきます。


これもまた私の「こだわり」なんです。



んなワケで。。。

     
     。
     。
     。。。。
     。
     。
     あさァ~~




一晩寝かせたことによって表面硬度は3Hくらいになってます。



で、こちらが寝起き画像となります。。。。

a5001_20180306003315032.jpg a5002_2018030600331686e.jpga5003_20180306003318792.jpga5004_20180306003320797.jpga5005_20180306003240ae8.jpga5006_201803060032424ee.jpga5007_20180306003244be0.jpg


硬化した分、光沢度もUPしてます。

これだけでも充分な感じなんですけどね。。。

ダメなんです。。。欲どおしい私としましては更なる光沢を求めて・・・

更にもう1コート。。。。。


2nd coat  いっちゃいます。。。。。a6001_20180306003245584.jpg


作業そのものは1st coat と殆ど同じなんですけど

このラウンドではTHP-PROを主に施工していきます。。。z5053_20170901222500a89.jpg


ボンネット。。。。。

a6003_201803060031591c9.jpg a6004_201803060032017d4.jpga6005_20180306003203865.jpg

               

a6006_20180306003204303.jpg a6007_20180306003205942.jpga6008_20180306003135954.jpg


1st coat 同様、こんな感じでパネル1枚1枚をキッチリとコートしていきます。


ここから先は一気にいかせて頂きますね

a6009_20180306003136969.jpg a6010_20180306003138415.jpga6011_20180306003139dc4.jpga6012_20180306003141a09.jpga6013_20180306003113180.jpga6014_20180306003114e98.jpga6015_20180306003116732.jpga6016_20180306003117a29.jpga6017_2018030600311990f.jpga6018_20180306003045f26.jpga6019_20180306003046814.jpga6020_20180306003048be2.jpga6021_2018030600304978d.jpga6022_20180306003051d5f.jpga6023_201803060030195de.jpga6024_20180306003020ea9.jpga6025_2018030600302225d.jpga6026_20180306003023c64.jpga6027_201803060030251e1.jpga6028_20180306002952bfb.jpga6029_20180306002954027.jpga6030_20180306002955754.jpga6031_2018030600295753e.jpga6032_20180306002958b88.jpga6033_20180306002927550.jpga6034_20180306002928b99.jpga6035_20180306002930fdf.jpga6036_201803060029310e6.jpga6037_20180306002933efe.jpga6038_20180306002850792.jpga6039_201803060028528d2.jpga6040_20180306002853080.jpga6041_20180306002855481.jpga6042_20180306002856952.jpga6043_20180306002828cba.jpga6044_20180306002829e26.jpga6045_20180306002831be6.jpga6046_20180306002832976.jpg


a6047_20180306002834638.jpg a6048_20180306002804fdf.jpga6049_20180306002806e7d.jpga6050_20180306002807cde.jpg



最後にいつものサンプルを採って。。。a6051_201803060028093ee.jpg


2nd coat 終了~

a6052_20180306002810a2f.jpg  

このブルーのちっこいスポンジの硬化具合を確認してお客さまにお渡し出来る日を決めております。

その時の気温、湿度によって硬化速度も変わってきます。

今の時期ですと空気が乾燥しておりますので天気のいい日には加湿器で湿度を上げて硬化速度を調整しております。

逆に夏場は高温多湿になってきますのでエアコンで除湿しながらやっております。

Glass coat の施工には空調設備が必要ですね



んなワケで。。。

こちらが完成画像となります。

a7001_20180306002742d09.jpg a7002_20180306002743e5e.jpga7003_201803060027445f8.jpga7004_201803060027469ee.jpga7005_20180306002748dd1.jpga7006_20180306002651a2d.jpga7007_20180306002653463.jpga7008_20180306002654225.jpga7009_20180306002656837.jpga7010_20180306002657567.jpga7011_20180306002624571.jpga7012_20180306002626b59.jpga7013_20180306002628511.jpga7014_20180306002629cfa.jpga7015_20180306002630e1f.jpg


a7016_20180306002601eac.jpg a7017_20180306002602b1a.jpga7018_2018030600260455a.jpga7019_2018030600260504e.jpga7020_20180306002607267.jpga7021_20180306002537070.jpga7022_20180306002539bea.jpga7023_2018030600254038d.jpga7024_20180306002542814.jpga7025_201803060025430a1.jpga7026_20180306002514aac.jpga7027_2018030600251538d.jpga7028_20180306002518a3e.jpga7029_20180306002518cf6.jpga7030_201803060025201c0.jpga7031_201803060024537ea.jpga7032_2018030600245463e.jpga7033_2018030600245548c.jpga7034_20180306002456e9e.jpga7035_20180306002458da1.jpg


a7036_20180306001658965.jpg a7037_20180306001700e25.jpga7038_20180306001701d6b.jpga7039_20180306001703a75.jpga7040_201803060017047b2.jpga7041_2018030600163403c.jpga7042_2018030600163582c.jpga7044_201803060016389eb.jpga7045_20180306001640c01.jpg


a7046_20180306001606dd1.jpg a7047_20180306001607668.jpga7043_20180306001637d64.jpg


どうでしょうかとってもイイ感じに仕上がりましたよ。

このまま3,4日このブース内で硬化乾燥させておきますので

Sさまにお渡し出来る頃には更に輝いてますよ



今回も納得の作品に仕上がりました。。。ありがとうございました。

ここから先はSさまのお手入れ次第ですよ

頑張って洗車洗車洗車。。。です。


最後にいつもの

スッキリどや顔を。。。


a8001_20180306001610706.jpg a8002_201803060016115ef.jpg

ほっほぉ~ 男前ぢゃあ~



てなワケで。。。。。本日もいい時間になってしまいました
そろそろ限界ですな

落ちます。。。おやすみなさいませ




スポンサーサイト

カテゴリ: ガラスコート(新車)

[edit]

Posted on 2018/03/10 Sat. 01:08    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://carspot.jp/tb.php/458-589e2ea2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード