倉敷 岡山 ガラスコート Ripica

岡山・倉敷を拠点に頑張ってます^^ こだわりの車磨き職人のブログです。各種パーツ持ち込み取り付けもOK~。

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07
 

☆ HONDA VEZEL RS ☆ 

お久しぶりです。。。 

とうとう梅雨入りしちゃいましたねぇ

連休明けて事故が続きましてその対応に追われてました

ここに来てやっとひと段落。。。でもないんですけど

手が空いてるときに少しでもUPしておきませんと。。



今回のお車はこちら。。。。。

v1001_20180604172114dbd.jpg v1002_201806041721151a3.jpg

平成29年式 ホンダ ベゼル RS カラー/ブラックP

こちらのお車はご近所の車屋さん。。。C.S.Kちゃんさまからのご依頼です。

今回もいつも通りキッチリと仕上げさせて頂きますよ


さて、まずはお車の状態を。。。

v1003_20180604172054365.jpg v1004_201806041720567a7.jpgv1005_201806041720564c0.jpgv1006_20180604172058b3d.jpg

パッと見はキレイですよねぇ。。。

ところが、メタルハライドランプを点灯すると。。。v1007_201806041721001c8.jpg


ボンネット。。。

v1008_20180604172033098.jpg v1009_20180604172034bb4.jpgv1010_201806041720356a3.jpgv1011_201806041720378eb.jpgv1012_20180604172039c46.jpg


ルーフ。。。

v1013_20180604172014210.jpg v1014_20180604172015b54.jpgv1015_20180604172016d4d.jpg


ドアパネル。。。

v1016.jpg v1017.jpg


v1018.jpg v1019.jpgv1020.jpg


。。。と、まあこんな感じで課題は盛沢山ですね


よっしゃ、 気合い入れてひと磨きさせてもらいましょう

まずは。。。マスキングから

v2001_20180604233313df9.jpg v2002_20180604233318cbf.jpgv2003_2018060417180585d.jpgv2004_20180604171806972.jpgv2005_20180604171807bba.jpgv2006_20180604171809e89.jpgv2007_201806041718104b5.jpgv2008_20180604171742136.jpgv2009_201806041717434a5.jpgv2010_20180604171744246.jpg

出来る限り隅までキッチリと磨き上げたいですからね

かと言って、研磨したくない所もあります。。。

お客さまからお預かりした大切なお車ですからね

マスキングはしっかりと確実に。。。です。


研磨前にTop面だけですが、うっすらと付いた鉄粉が気になりましたので軽く除去しておきました。

v3001_20180604171746ed9.jpg v3002_20180604171747865.jpgv3003_20180604171716cac.jpg


これで、研磨準備完了です。。。v3004_20180604171718267.jpg

今回は基本3工程。。。場所によって4工程の研磨になります。

分かり易く言うと、ポリッシャー、研磨剤をとっかえひっかえで最低でも車3周するってことです。

これが「下地処理」ってやつです

ここがしっかり出来ていないと、どんなに素晴らしいコート剤を使っても全く意味ありません。

ただし、磨けばいいってものでもありません。。磨き過ぎは禁物ですからね。


さあそれではいっちょいっちゃいますか 

シングルアクションP&ウールバフで。。。もちろんバフは新品ですよ。

当店ではバフの使い回しはしておりませんので


ボンネットから。。。

1st cut 。。。。。v3005_20180604171719da2.jpg

      v3006_201806041717208d5.jpgv3007_201806041717213f5.jpg 

2nd cut 。。。。。v3008_20180604171652f46.jpg バフを交換して。。

v3011_20180604171656208.jpgv3012_20180604171657fa4.jpgv3013_20180604171629e74.jpg   


この時点で先程の洗車キズは殆ど消えてます。。。

v3014_20180604171630151.jpgv3015_20180604171631516.jpgv3016_20180604171633c1d.jpg  


更に。。。。ギヤアクションP&ウレタンバフで。。。

3rd cut 。。。。。v3018_20180604171609217.jpg v3019_20180604171610073.jpg


こちらが磨き上がったボンネットになります

v3020_20180604171611681.jpg v3021_2018060417161318f.jpgv3022_201806041716145be.jpgv3023_20180604171548044.jpgv3024_201806041715496aa.jpgv3025_20180604171550825.jpg


メタルハライドランプを消すと。。。。。

v3026_201806041715525b0.jpg v3027_20180604171553d50.jpgv3028_20180604171527590.jpg

どうでしょうか。。。イイ感じに磨き上がりましたよ


こんな感じでパネル1枚1枚をキッチリと丁寧に確実に磨き上げていきます。。。



では、残りのパネル。。。一気にいかせて頂きます。

v3029_20180604171528e89.jpg v3030_20180604171529f98.jpgv3031_20180604171531d47.jpgv3032_20180604171532dc3.jpgv3033_20180604171507859.jpgv3034_20180604171509790.jpgv3035_20180604171510fd9.jpgv3036_20180604171512c60.jpgv3037_20180604171513675.jpgv3038.jpgv3039.jpgv3040.jpgv3041.jpgv3042.jpgv3043.jpgv3044.jpgv3045.jpgv3046.jpgv3047.jpgv3048.jpgv3049.jpgv3050.jpgv3051.jpgv3052.jpgv3053.jpgv3054.jpgv3055.jpgv3056.jpgv3057.jpgv3058.jpgv3059.jpgv3060.jpgv3061.jpgv3062.jpgv3063.jpgv3064.jpgv3065.jpgv3066.jpg


ポリッシング。。終了~

ふぅ。。。ちょいと休憩ですな


で。。。

こちらが磨き上がって完全どスッピン状態となったVEZELくんとなります。

v4001_20180604171251b96.jpg v4002_20180604171222914.jpgv4003_20180604171223623.jpgv4004_2018060417122484e.jpgv4005_20180604171225b7a.jpgv4006_20180604171227de8.jpgv4007_201806041711581d7.jpgv4008_20180604171200e3a.jpgv4009_20180604171201e03.jpgv4010_2018060417120240e.jpgv4011_20180604171204ca3.jpgv4012_2018060417113721b.jpgv4013_20180604171139263.jpgv4014_20180604171141a0b.jpg

どうでしょうか。。。ええ感じに磨き上がりましたよ

これでやっと下地処理が完了です。

ここまでが大変なんです。。。コーティングは下地処理が9割ですからね。


てなワケで。。。

コーティング工程に移らせて頂きます。

こちらが当店一押しのコート剤b6009.jpg

この2つのコート剤をどう使い分けるかがポイントです。

当店独自の施工方法で。。。



Ripica Hi Glass coat  THP-PRO

どちらも硬化するとこんな感じになっちゃいます。



m1a_20150208002759249.jpgm1b_20150208002800ebb.jpg




大気中の湿分と結合して結晶化。。ガラス質にとても近い分子構造をもつ物質に変化

施工後、約1週間でMAX硬度8H強(JIS鉛筆硬度)まで硬化します。



(ちなみに標準的なクリアー塗装の硬度は3Hくらいとされてます)

通常、当店ではこのコート材をダブルコート(2度塗り)する方法で施工しております。


上の画像に写っている、このちっこいスポンジを使って。。。。です。

ホントはもっと楽な材料、施工方法もあるんですけどねぇ。。


車は「汗を搔いた分キレイになる」。。。


これもまた、私の「こだわり」ですかね




よっしゃ  1st coat いっちゃいますよ。。。。v5001_20180604171142496.jpg

このラウンドで施工するコート剤はこちら。。。z5002_201709012234080b0.jpg

ベースコートとして使うには勿体ないような気もしますが

こいつをTop coat の下に入れることによって光沢に深みが増しますし

同時に保護膜の被膜厚UPにも貢献してくれますからね。


ボンネット。。。

     v5003_20180604171112f55.jpg v5004_20180604171114a7d.jpg

             

v5005_2018060417111424d.jpg v5006_201806041711164b9.jpgv5007_20180604171117bf0.jpg


フロント廻り。。。。。

v5008_2018060417104330a.jpg v5009_20180604171045496.jpgv5010_20180604171045f54.jpgv5011_2018060417104751d.jpgv5012_20180604171048689.jpgv5013_20180604171021f9e.jpgv5014_2018060417102321d.jpg

               

v5015_2018060417102480b.jpgv5016_20180604171025760.jpgv5017_201806041710271db.jpg 


カウルトップ。。。

v5018_20180604171000512.jpg v5019_201806041710012b0.jpgv5021_20180604171004f87.jpg

エンジンルーム。。。v5022_2018060417100513d.jpg


ルーフパネル。。。。。

v5024_201806041709403b3.jpg v5026_20180604170942843.jpgv5025_20180604170941969.jpg

                

     v5027_201806041709445a7.jpgv5028_20180604170911948.jpg


リヤー廻り。。。。

v5029_20180604170913b10.jpg v5030_2018060417091356a.jpgv5031_201806041709151da.jpgv5032_201806041709165c7.jpgv5033_20180604170847554.jpgv5034_20180604170849691.jpgv5035_20180604170849756.jpgv5036_20180604170851d7b.jpgv5037_201806041708526e4.jpgv5038_2018060417081896b.jpgv5039_20180604170819058.jpgv5040_20180604170820998.jpgv5041_20180604170822851.jpgv5042_20180604170823544.jpgv5043_20180604170755dcb.jpgv5044_2018060417075644f.jpgv5045_20180604170757b64.jpgv5046_201806041707588ef.jpgv5047_20180604170800593.jpgv5048_20180604170725050.jpgv5049_201806041707264f8.jpg

              

v5050.jpg v5051.jpgv5052.jpgv5053.jpg



ドアパネル。。。。。

v5054.jpg v5055.jpgv5056.jpgv5057.jpgv5058.jpgv5059.jpgv5067.jpg

              

v5060.jpg v5061.jpgv5062.jpgv5063.jpgv5064.jpgv5065.jpgv5066.jpg


更に。。。。。

v5067.jpg v5068.jpgv5069.jpgv5070.jpgv5071.jpgv5072.jpgv5073.jpgv5074.jpgv5075.jpgv5076.jpgv5077.jpgv5078.jpg
       

ホイールにも。。。v5079.jpgv5080.jpg 


取り外しておいたワイパーアーム、ナンバープレートにも。。。

v5081.jpg 


。。。と、まあこんな感じで、とことん納得いくまでコートさせて頂いております

手間も時間も掛かりますけど、「もし、自分の車だったら。。。」って思ったら

ついついこうなってしまうんですよ

なので、お急ぎのかたは当店は向きません


てなワケで。。。。。

1st coat 終了となります。

この日の作業はここまで。。。v5082.jpg

この状態で一晩放置。。。翌朝までこのまま硬化乾燥させておきます。

作業効率を考えるとこのまま2コート目をいってしまうのがベストなんですけど。。。

せっかくの1コート目を溶かしながらのコートとなってしまいますからね。。

時間掛かってもここはガマンです。

これもまた私の「こだわり」なんです


んなワケで。。。

     
     。
     。
     。。。。
     。
     。
     あさァ~~




一晩寝かせたことによって表面硬度は3Hくらいになってます。


v6001_2018060417043275f.jpgv6002_20180604170433e0c.jpgv6003_201806041704346b1.jpgv6004_20180604170435b81.jpgv6005_20180604170437c1d.jpgv6006_20180604170405e86.jpgv6007_2018060417040738e.jpgv6008_20180604170408b8b.jpgv6009_201806041704096eb.jpg   

硬化した分、光沢度もUPしてますね よしよし

では。。。

2nd coat  いっちゃいます。。。。。。v6010_2018060417041083f.jpg


作業そのものは1st coat と殆ど同じなんですけど

このラウンドではTHP-PROを主に施工していきます。z5053_20170901222500a89.jpg


     
ボンネット。。。

v6012_201806041703426db.jpg v6013_20180604170343e31.jpgv6014_20180604170345d23.jpg

              

v6015_2018060417034627f.jpg v6016_201806041703144cf.jpgv6017_20180604170315a7c.jpg


こんな感じで1コート目と同じくパネル1枚1枚をキッチリとコートして仕上げていきます。

では、残りのパネル。。。一気にいかせて頂きます


v6018_201806041703162e8.jpg v6019_201806041703192f5.jpgv6020_2018060417031939f.jpgv6021_20180604170244329.jpgv6022_20180604170245669.jpgv6023_20180604170247a55.jpgv6024_20180604170248a6d.jpgv6025_201806041702498c3.jpgv6026_20180604170222a97.jpgv6027_20180604170224257.jpgv6028_201806041702251f4.jpgv6029_20180604170227061.jpgv6030_20180604170228489.jpgv6031_20180604170201edf.jpgv6032_20180604170202f58.jpgv6033_20180604170203f0e.jpgv6034_20180604170204876.jpgv6035_20180604170206a82.jpgv6036_201806041701307bf.jpgv6037_201806041701324b2.jpgv6038_20180604170132111.jpgv6039_20180604170134fa2.jpg


最後にいつもの硬化確認用のサンプルを採って。。v6040_20180604170135439.jpg

2nd coat 終了~。。。。。v6041_20180604170105a4f.jpg

このブルーのちっこいスポンジの硬化具合を確認して、お客さまにお渡し出来る日を決めております。

施工後の気温、湿度によって硬化速度は変わってきますので。。。

施工完了後最低でも3,4日くらいは必要ですね。

硬化しないうちにはお客さまにお渡し出来ません。。。色々と難儀でしょう。。ほんまに


そんなこんなで

こちらが完成画像となります。


v7001_20180604170108e24.jpg v7002_20180604170110c3b.jpgv7003_201806041701118e9.jpgv7004_201806041700405bc.jpgv7005_20180604170041507.jpgv7006_201806041700425b7.jpgv7007_20180604170044e20.jpgv7008_2018060417004752b.jpgv7009_20180604170016c09.jpgv7010_20180604170018104.jpgv7011_20180604170019f44.jpgv7012_20180604170020003.jpgv7013_20180604170021b35.jpgv7014_201806041659493b9.jpgv7015_20180604165951098.jpgv7016_20180604165951e5f.jpgv7017_2018060416595491c.jpg


v7018_20180604165955bb7.jpg v7019_20180604165925208.jpgv7020_20180604165928d92.jpgv7021_20180604165928944.jpgv7022_20180604165931606.jpgv7023_2018060416593195a.jpgv7024_20180604165854a1c.jpgv7025_20180604165857213.jpgv7026_20180604165857a01.jpgv7027_201806041658592ab.jpgv7028_20180604165900101.jpgv7029_20180604165831d2f.jpgv7030_20180604165833dd4.jpgv7031_201806041658341a9.jpgv7032_201806041658350ab.jpgv7033_201806041658362da.jpgv7034_20180604165806c87.jpgv7035_20180604165808152.jpgv7036_20180604165809bcf.jpgv7037_20180604165810771.jpgv7038_20180604165812ca3.jpgv7039_20180604165737d19.jpgv7040_20180604165738af3.jpgv7041_201806041657393ab.jpgv7042_20180604165741e34.jpgv7043_201806041657425a4.jpgv7044_20180604165712478.jpgv7045_20180604165713653.jpgv7046_2018060416571452a.jpgv7047_201806041657151bb.jpg


v7048_201806041657175ae.jpg v7049_201806041656440d4.jpgv7050.jpgv7051.jpgv7052.jpgv7053.jpgv7054.jpgv7055.jpgv7056.jpgv7057.jpgv7058.jpgv7059.jpgv7060.jpgv7061.jpg


いかがでしょうか

いつも通りキッチリと仕上げさせて頂きました。

納車までの数日間、このままこのブース内で引き続き硬化乾燥させておきますので

お客さまが引き取りに来られる頃には更に光沢度もUPしております。


ここから先はお客様のお手入れしだいです。

この「綺麗」を維持するのに必要なことは

「洗車」です。。。汚れたら「洗車」です。

Glass coat したことによって洗車に掛かる時間も大幅に短縮されますし

汚れが簡単に落とせるようになります。

洗車してキレイになれば洗車が楽しくなります。

拭き取りの際には各ドアを開けてそこに付いている水滴も軽くでいいですから拭き取ってやってくださいね。

また何か気になることがありましたらいつでもご連絡くださいませ

今回は本当にありがとうございました


最後にいつものスッキリどや顔を。。。


v8001_20180604165551471.jpg v8002_2018060416555207d.jpg

おお~男前ですぢゃ~

 
スポンサーサイト

カテゴリ: ガラスコート(経年車)

[edit]

Posted on 2018/06/04 Mon. 19:02    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://carspot.jp/tb.php/466-63b54ccd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード