倉敷 岡山 ガラスコート Ripica

岡山・倉敷を拠点に頑張ってます^^ こだわりの車磨き職人のブログです。各種パーツ持ち込み取り付けもOK~。

01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03
 

エスティマ アエラス Take2 

今日は事故車両が3台も入ってきて大忙しな一日でした

幸いにして大きな怪我をされてるかたはいなくて良かったです。。。

保険会社に事故報告をしたり代車の段取りとかで・・・あっというまに1日が終わっちゃいましたね。

事故に遭わないように気をつけないといけません。。。人事ではありません。

皆さんもお気をつけて運転してくださいまし


早速ですが・・・

エスティマくんリニューアル。。。続編です。

今日は、一番時間が掛かりそうなルーフの研磨作業を・・・

状態は、ハッキリ言ってあまりよろしくありません。。。

かなり劣化が進んでいますし、5年前に施工されたコート剤そのものが悪さをしてるような感じですね・・・。

まずは膜厚を見てみましょう。

estrf2001.jpg estrf2003.jpg estrf2004.jpg estrf2006.jpg estrf2005.jpg estrf2010.jpg estrf2007.jpg

ご覧になってお分かりかと思いますが、膜厚にかなりのバラつきが

121~88μ。。。。削れる箇所とあまり削れない箇所がありますね。

予想通り時間が掛かりそうです。。。よっしゃあ~、根性入れてボチボチと磨きますか

estrf2011.jpg estrf2012.jpg

まずは、計測して一番薄かった箇所を磨きました。

分かりますでしょうか?蛍光灯の映り込みでお分かり頂けると思うのですが。。。

膜厚が薄い箇所ですから、使用するコンパウンド及びバフにとっても気を遣いました。

どうしても落としきれないところもありますが、まずまずの仕上がりだと思います

こんな感じでルーフ全体を慎重に且つ大胆に磨き込んでいきます

estrf2014.jpg estrf2015.jpg estrf2016.jpg estrf2017.jpg

フィニッシュ・ポリッシュは後ほど。。。まずはひと段落です。

やはり、磨ききれない箇所もありましたが、なんとか作業前に比べると光沢も比べ物にならないくらいにまで復活しました

それでは、このままボンネット・Fバンパー廻りに突入しちゃいましょう。

estb2001.jpg estb2002.jpg estb2004.jpg estb2005.jpg estb2006.jpg

ボンネットのルーフ同様デポジット多数

飛び石によるキズもたくさんありました。

膜厚はルーフに比べると大丈夫ぽいですね。

それでは。。。。。とりゃあ~。。。。。

estb2008.jpg estb2009.jpg estb2010.jpg estb2011.jpg estb2012.jpg estb2013.jpg estb2014.jpg estb2015.jpg estb2017.jpg estb2018.jpg estb2019.jpg estb2020.jpg estb2021.jpg

ボンネットも若干キズが取りきれませんでしたが、なんとか復活しました

画像ではキレイに見えてしまうのですが、現車を見るとところどころに小キズが・・・・。

こちらも後ほどフィニッシュポリッシュの際に再度調整を。。。

次・・・バンパ~に取り掛かりまぁ~す。

バンパーには無数のバグが・・・・・・

まずは、こいつらからやっつけないと

大丈夫、Ripicaには最強のバグクリーナーがあります

これも結構スグレものなんです

ボディーを傷めずバグのたんぱく質だけを溶かしてしまうんです。

ホント、あっという間に簡単に落とせちゃいますから

また機会がありましたらご紹介させて頂きます。

。。。。。てなわけで、バンパーはこんな感じです。

estbnp2001.jpg estbnp2002.jpg estbnp2003.jpg estbnp2004.jpg estbnp2005.jpg estbnp2006.jpg estbnp2007.jpg

大きなキズもなんとかクリアーしました。

バンパーの膜厚は非常に薄いですからすぐに下地が見えちゃいます。。。気をつけないと。


さあ、このノリで残りのパネルも頑張ってポリッシュ、ポリッシュ~

est3001.jpg est3002.jpg est3003.jpg

リヤーパネルでたいへんなのはエンブレム廻りです。

当然、ポリッシャーは使えませんから必然的に手作業となります。

けっこう時間も掛かりますが、ここで手を抜くと仕上がりに大きな差が・・・・。

スライドドアにもキズがたくさんありました。見逃すわけにはいきません

こんな感じです。。。。。。。。

est3004.jpg est3005.jpg est3006.jpg est3007.jpg est3008.jpg est3009.jpg est3010.jpg est3011.jpg est3012.jpg

続いてFドアパネル。。。。。。

est3013.jpg est3014.jpg est3015.jpg est3016.jpg est3017.jpg est3018.jpg est3019.jpg

反対側も同じ要領で。。。。。。。。

est3020.jpg est3021.jpg est3022.jpg est3023.jpg est3024.jpg est3025.jpg est3026.jpg est3027.jpg

さらに全体にフィニッシュ・ポリッシュを施して。。。。。研磨作業の終了です

。。。。。で、こうなっちゃいました。。。。。まずは、外で

est4001.jpg est4002.jpg est4003.jpg est4004.jpg est4006.jpg

次にブースの中で。。。。。。。。。

est4007.jpg est4008.jpg est4009.jpg est4010.jpg est4011.jpg est4012.jpg est4013.jpg est4014.jpg est4015.jpg est4016.jpg est4017.jpg est4019.jpg est4020.jpg est4021.jpg est4022.jpg est4023.jpg est4024.jpg

今回は画像の量がめっちゃ多いですが・・・・

研磨作業の段階でここまでの下地処理が出来て尚且つここまでの光沢を出せておけばOKだと思います

あくまでも今の状態は、研磨加工が終わった段階ですから

いわゆる「どスッピン」です。

さあ、酸化する前に1st coatで蓋しておきましょう

est4025.jpg

この状態で一晩寝かせておいて、明日の朝、表面が効果するのを待って、さらにもう1coatです。

今夜はここで終了~

続きはまた明日UPしまぁ~す。


スポンサーサイト

カテゴリ: ガラスコート(経年車)

[edit]

Posted on 2011/10/12 Wed. 02:43    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://carspot.jp/tb.php/73-057ef7ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード